やまとなでしこ (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
やまとなでしこ
ジャンル ドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
監督 石原隆(企画)
演出 若松節朗
平野眞
脚本 中園ミホ
相沢友子
出演者 松嶋菜々子
堤真一
矢田亜希子
筧利夫
須藤理彩
押尾学
相島一之
今井陽子
市毛良枝
森口瑤子
東幹久
西村雅彦
音声 ステレオ放送
字幕 あり
やまとなでしこ
放送時間 月曜 21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2000年10月9日 - 12月18日(11回)
プロデューサー 岩田祐二
オープニング MISIAEverything
恋とはどんなものかしら
やまとなでしこ ディレクターズカット
放送時間 21:00 - 23:22(142分)
放送期間 2001年4月6日(1回)

特記事項:
第3話は日本シリーズ中継延長のため1時間繰り下げ、最終話は20分拡大での放映。
テンプレートを表示

やまとなでしこ』は、2000年10月9日から12月18日まで毎週月曜日21:00 - 21:54に、フジテレビ系の「月9」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は松嶋菜々子

全11回で平均視聴率26.4%、最高視聴率は34.2%。この数字はコメディドラマとしては、1977年9月26日以降では史上2番目の記録である(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。

概要[編集]

素敵な王子様を見つければ、幸せなお姫様になれると信じる客室乗務員の女性と彼女に振り回される貧乏な男性を通して、男と女の出会いの不思議を描くロマンスコメディ。コメディの基本である「本質の取り違え」を押えながら夢を見ずにいられない女性の孤独を演じた松嶋菜々子の代表作となった。

視聴率は月9では3年ぶりに30%を突破し、同枠ではひさびさのヒット作となった。本作は恋愛ドラマとしては2009年9月現在、同枠の中での最後の30%達成ドラマである。2001年4月6日には、『金曜エンタテイメント』枠で「恋とはどんなものかしら やまとなでしこ ディレクターズカット」が放送された。

再放送は、『チャンネルα』枠にて2008年までに8度されており(毎年基本的に11月から12月にかけての時期)、東海テレビ放送や関西テレビでも毎年のように再放送されていたが、2009年以降は出演者の不祥事により、フジテレビをはじめ各系列局やCS放送のフジテレビワンツーネクスト、BSデジタル放送のBSフジにおいても再放送は行われていない。

内容が生々しいことから、日本航空などの航空会社からの協力を得ることができなかったこともあり、製作時に現役の客室乗務員や、日本航空の客室乗務員を解雇されタレントになった島田律子などに取材し、作品のディテールを作った。また、脚本の中園ミホはフジテレビ社員と現役客室乗務員との合コンをセッティングした。

2003年には、韓国キム・ヒソン主演によりリメイクされた。なお、フジテレビ系のドラマでリメイク権が売れたのは、これが初めてのことであった。中国語圏でも放映されているが、その際の題名は『大和撫子』ではなく『大和拝金女』であった。

ストーリー[編集]

客室乗務員の神野桜子は、気配り上手で類まれな美貌を持つが、貧しい漁師の家に生まれた過去から、玉の輿に乗るべく、合コンに情熱を燃やしていた。大病院の御曹司を射止めても、更なる標的を狙う桜子の前に現れたのは、超金持ちの医者・中原欧介。しかし本当の彼は、小さな魚屋で恋愛に臆病だった。 心よりお金が大事と公言する一方で亡き母が教えてくれたお金では買えないたった一つのものが頭を離れない桜子が本当の恋を見つけるまでを描く。

キャスト[編集]

ドラマ中で『魚春』の配達車として使われていたトヨタ・ファンカーゴ

レギュラー出演者[編集]

(タイトルバックでのキャスト紹介順に掲載)

神野 桜子(じんの さくらこ)
演 - 松嶋菜々子
本作の主人公。1972年12月18日生まれ。物語開始時27歳。スチュワーデス
富山の貧乏人の娘。幼少時の極貧体験がトラウマとなり、「この世で一番嫌いなものは貧乏。女を幸せにしてくれるのはお金だけ」という考えを持つ歪んだ性格になった。唯一の武器と豪語する若さと美貌を生かし、大金持ちの男性との玉の輿結婚を夢見て客室乗務員になる。機内では搭乗者の名刺を集め、退勤後はひたすら合コンに走る「合コンの女王」。とある合コンで出会った東十条をとりあえずの本命としながらも、もっと凄い大金持ちがいるのではと考え、夜な夜な合コンを繰り返す。そんな中、佐久間がセッティングした合コンで欧介と出会う。決め台詞の殺し文句は「今夜はたった一人の人にめぐり逢えたような気がする」。
中原 欧介(なかはら おうすけ)
演 - 堤真一
慶明大学理学部数学科卒業後、マサチューセッツ工科大学に留学するも挫折、さらに父親が亡くなったことで『魚春』を母親の富士子と切り盛りするようになる。35歳。だが、父親が多額の借金を残し、客には値切られることがしょっちゅうで経営は厳しい状況。また、留学中、数学に没頭するあまりフラれてしまった当時の恋人・雪子の事を7年間ずっと引きずっている。そんな中、佐久間に連れて行かれた合コンで雪子にそっくりな桜子に出会い、彼女に一目惚れする。自身を金持ちの医者と偽り、本当の事を言えないまま桜子と付き合い始めてしまう。
塩田 若葉(しおた わかば)
演 - 矢田亜希子
桜子の後輩の客室乗務員。23歳。桜子のような考え方を歪んでいると思いながらも、ちゃっかり彼女に便乗して合コンには参加している。佐久間がセッティングした合コンで欧介に惚れ、『魚春』を手伝うなど積極的に欧介に近づく。
粕屋 紳一郎(かすや しんいちろう)
演 - 筧利夫
欧介、佐久間の大学時代からの親友。35歳。『渋谷アップル信用金庫』勤務。欧介と同じく独身だが、酒癖が悪く、女と合コンが好き。制服のコスプレが好きなようである。合コンで出会ったなみに惚れるが、なかなか相手にされない。
奥山 なみ(おくやま なみ)
演 - 須藤理彩
桜子の後輩の客室乗務員で、合コン仲間。24歳。若葉と同期である。冷えた家庭で育ち、常に複数の男性をはべらしていないと気が済まない性格。粕屋と花房の二股を掛ける。
花房 礼二(はなぶさ れいじ)
演 - 押尾学
慶明大学付属病院の研修医で佐久間の後輩。25歳。なみから惚れられるが、本人は軽い付き合い程度にしか思っておらず、他にも女がいるプレイボーイ。なみを巡って、粕屋からは敵視されている。
岩村 実(いわむら みのる)
演 - 相島一之
桜子等が勤務する『エアードリーム』のチーフパーサー。35歳。押しが弱く桜子の魅力に心酔してしまっている。いつも桜子や他の客室乗務員を食事に誘うが、うまくかわされている。
武藤 操(むとう みさお)
演 - 今井陽子
桜子と同期の客室乗務員で合コン仲間。27歳。下町生まれのサラリーマン一家の長女で、多少男っぽい性格だが、後輩からの信頼は厚い。桜子の徹底振りに感心しながらも、桜子たちを冷静な目で見つめる堅実な性格。
梨本 安武(なしもと やすたけ)
演 - 林光樹
岩村の後輩のパーサー。30歳。おっちょこちょいで、よく遅刻やミスをしては、岩村から怒られている。
高石 舞(たかいし まい)
演 - 板倉香
蝶野 唯(ちょうの ゆい)
演 - 望月さや
三沢 綾(みさわ あや)
演 - 新穂尚子
新人の客室乗務員の3人組。桜子の玉の輿話にいつも耳を傾ける。最終話では舞が合コン仲間に昇格。
立川 恵(たちかわ めぐみ)
演 - 加賀野泉
慶明大学付属病院勤務の看護師。花房と怪しい関係に…。
中原 富士子(なかはら ふじこ)
演 - 市毛良枝
欧介の母親。55歳。夫の死後、ボストンから帰国した欧介と二人で『魚春』を切り盛りする。しかし、最近は体調を崩しており、慶明大学付属病院に入院中。その後、退院は1度したが欧介が競馬に行っているときにまた倒れて再度入院してしまった。欧介の青春を奪ったのは自分だと後悔しており、35歳になってもまだ独身である欧介の身を案じている。また、終盤まで桜子のことを知らず、初めて会った時は雪子と勘違いしていた。
佐久間 真理子(さくま まりこ)
演 - 森口瑤子
佐久間の妻。33歳。女好きな夫に目をつぶりながらも、しっかりと夫婦の実権は彼女が握っている。欧介、粕屋、佐久間とは大学時代に鉄道研究会で出会い、真理子は同サークルで紅一点であったらしく、男性陣は結構彼女を狙っていたという。夫婦間には子供はいないが、料理やガーデニングなど趣味に生きている。桜子の純粋な所をいち早く見抜き、「あの子なら本当の欧介君のことを知っても大丈夫」と欧介を励ます。
東十条 司(ひがしじゅうじょう つかさ)
演 - 東幹久
1970年3月9日生まれ。30歳。大病院『東十条一郎病院』の御曹司。桜子の意図には全く気づかず彼女を完全に信じ込んでいる。世間知らずで苦労をしたことがないお坊ちゃまだが、性格は純粋なお人好しで、最終回では自分のことを「世界一のアッシー」と言うほどである。また、黒電話を知らず、第8話で欧介の家を訪れた時は、興味深々な目で見つめていた。年収は8億。また、「東十条」は、京浜東北線の駅で「王子」の隣駅であることから、「王子の一歩手前」という含意がある。
佐久間 為久(さくま ためひさ)
演 - 西村雅彦
欧介、粕屋の大学時代からの親友で慶明大学付属病院勤務の外科医。39歳。二人よりも年上だがこれは浪人しているため。妻・真理子がいるが、女と合コンが好きで真理子には尻に敷かれている。大きな一軒家に住んでおり、欧介や粕屋らは何かとこの家に集まっている。ニューヨークの医学学会への出張からの帰りの飛行機で、桜子らと出会い、合コンの約束を取り付ける。この合コンが桜子と欧介の出会いとなる。

ゲスト出演者[編集]

主なゲスト

榊原慶明大学名誉教授(さかきはらけいめいだいがくめいよきょうじゅ)
演 - 梅野泰靖(2,3話)
現在は東十条の病院で顧問をしている医師。高齢かつ酒に酔っていたせいか、欧介を慶明大学医学部医学科のOBと誤解する。
東十条 一郎(ひがしじゅうじょう いちろう)
演 - 清水章吾(3,6,9,10,11話)
1945年6月4日生まれで、東十条の父親。55歳。血液型はA型。大病院『東十条一郎病院』の院長。趣味はオペラ鑑賞・世界遺産巡りである。
東十条 華江(ひがしじゅうじょう はなえ)
演 - 泉晶子(3,6,9,10,11話)
1949年9月14日生まれで、東十条の母親。51歳。血液型はO型。旧姓西園寺。趣味は音楽鑑賞である。
岡本 寛(おかもと ひろし)
演 - 井田州彦(4話)
欧介のMIT留学時代の友人。日本に帰ってきて結婚式を挙げる[1]
安井 ゆり(やすい ゆり)
演 - 辻香緒里(4話)
桜子らの同僚CAだったが、岡本と結婚するため寿退社する。
宮脇 祐也(みやわき ゆうや)
演 - 浜田学(5話)
桜子が中学時代に恋焦がれていた同級生。現在は洋服ブランド『Foxey(フォクシー)』の社長になっていた。同窓会にて再会し、いつものパターンで彼に近づこうとするが、彼から思わぬ仕打ちを受ける。
高杉 祥子(たかすぎ しょうこ)
演 - 岩橋道子(5話)
桜子の同級生。旧姓藤崎。空港で偶然桜子に会い、同窓会があることを知らせる。
西岡 寛平(にしおか かんぺい)
演 - 郷田ほづみ(6,7,8話)
アップル信用金庫麻布支店勤務。魚春に対して、3000万円の借金を理由に土地の差し押さえにかかると通告する。
壇 六助(だん ろくすけ)
演 - 西村淳二(7話)
魚春のお得意さんで馬主でもある。負け続けの自分の馬を欧介が勝つと予想し、その通りになる。鯛の代金をその馬に賭け、儲けた50万円を欧介に渡し、次の予想も頼む。
神野 撫子(じんの なでしこ)
演 - 片岡礼子(7話)
桜子の亡き母親。桜子が小学校を卒業する年に亡くなった。富山の港では一番の美人だったという。
神野 勝(じんの まさる)
演 - 小野武彦(9話)
1937年8月8日生まれ。桜子の父親で漁師。63歳。桜子に呼ばれて上京し、9年ぶりに桜子と再会するが、子供時代からすっかり容貌が変わった桜子に驚愕する。東十条家との顔合わせの際、田舎者丸出しの姿を晒さないために、「理想のお父様マニュアル」を演じるよう桜子から強いられる。
黒河教授(くろかわきょうじゅ)
演 - 柴俊夫(9,10,11話)
欧介の大学時代の恩師。途中で挫折した欧介に再び数学をやってみないかと持ちかける。

その他ゲスト

スタッフ[編集]

制作スタッフ[編集]

技術スタッフ[編集]

  • 技術プロデューサー - 佐々木俊幸
  • 撮影 - 伊藤清一
  • TD - 栗栖直樹
  • 照明 - 本橋義一、高橋幸司
  • 映像 - 千葉研
  • 音声 - 国澤藤一
  • VTR - 浜田麻理
  • 編集 - 深沢佳文
  • ライン編集 - 大方泉
  • 音響効果 - 伊東晃
  • MA - 古跡奈歩
  • 選曲 - 塚田益章
  • カメラ - 島村宏明
  • 撮影助手 - 土田豪介
  • 照明助手 - 後藤雅彦、藤本潤一、黒井宏行、浅沼弘二
  • 音声助手 - 中山大輔、矢川祐介
  • 編集助手 - 平川正治、杉山英希
  • 音効助手 - 相磯裕子
  • 技術プロデュース補 - 松下真史

美術スタッフ[編集]

  • 美術プロデューサー - 杉川廣明
  • 美術デザイン - 塩入隆史(フジテレビ)
  • 美術進行 - 泉佳子
  • 大道具 - 比留間正幸、和田幸政、鈴木克弥
  • 装飾 - 山内康裕、小池敦之
  • 持道具 - 能勢直子
  • アクリル装飾 - 中村哲治、竹中大悟
  • 電飾 - 森智
  • 衣裳 - 小平理恵
  • スタイリスト - 谷口みゆき
  • メイクアップ - 森田京子、佐々木博美
  • 進行助手 - 久保典子
  • 衣裳助手 - 高橋久美子
  • スタイリスト助手 - 金子英和
  • メイクアップ助手 - 西島容子
  • 生花装飾 - 石川玲子
  • 植木装飾 - 佐川忠由
  • 鉄骨 - 日下信二
  • タイトル - 山形憲一
  • タイトルバック写真 - 渡部伸
  • タイトルCG - 西村了
  • スチール - チャールズ村上

その他スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率
第1話 2000年10月9日 ずっと探してた人 中園ミホ 若松節朗 24.9%
第2話 2000年10月16日 恋を失うとき 21.4%
第3話 2000年10月23日 二人きりの夜 平野眞 25.8%
第4話 2000年10月30日 ラブホテル事件 23.6%
第5話 2000年11月6日 恋と洋服 相沢友子 若松節朗 26.7%
第6話 2000年11月13日 顔以外愛せない 中園ミホ 平野眞 25.9%
第7話 2000年11月20日 素直になれなくて 若松節朗 24.6%
第8話 2000年11月27日 やさしいウソ 相沢友子 平野眞 26.5%
第9話 2000年12月4日 彼女が泣いた夜 中園ミホ 若松節朗 25.4%
第10話 2000年12月11日 逃げ出した花嫁 平野眞 28.3%
最終話 2000年12月18日 いつか王子様が 若松節朗 34.2%

平均視聴率26.4%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

最終話は74分の拡大版で、瞬間最高視聴率は22:10の39.9%。共同テレビ制作の連続ドラマでは、最大のヒット作となった。

やまとなでしこ総集編[編集]

概要[編集]

2001年4月6日金曜エンタテイメントの枠で放送。正式タイトルは「恋とはどんなものかしら〜やまとなでしこ・ディレクターズカット〜20世紀最後の合コンで出会った伝説のカップルが今夜帰ってきた」である。放送時間は21:00 - 23:22。視聴率は19.6%を記録。また、関東では2004年4月3日土曜ワイド枠で再放送されている。

ストーリー[編集]

放送部分を再編集して、新撮部分を加えたディレクターズカット版。桜子と欧介が結婚した後も、粕屋と佐久間は相変わらずスチュワーデスと合コンを繰り返していた。ある合コンの席で、粕屋と佐久間は「合コンで知り合って素晴らしい結婚をした友人がいる…」と女性たちを口説く。それは桜子と欧介の出逢いから結婚するまでのいきさつを彼女たちに語ることであった。

キャスト[編集]

*は新撮部分の出演者。

スタッフ[編集]


派生作品[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 代々木ゼミナール数学講師に岡本寛がいるが、脚本の中園ミホと岡本寛講師は小学校時代の同級生である。中園の公演によると、欧介のキャラクターは岡本氏をモデルとしているという。

外部リンク[編集]

フジテレビ系 月曜9時枠の連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
バスストップ
(2000年7月3日 - 9月18日)
やまとなでしこ
(2000年10月9日 - 12月18日)
HERO
(2001年1月8日 - 3月19日)