五郎八姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

五郎八姫(いろはひめ、文禄3年6月16日1594年8月2日)- 寛文元年5月8日1661年6月4日))は、徳川家康の六男・松平忠輝の正室。伊達政宗の長女。母は正室の愛姫田村清顕の娘)。院号は天麟院(てんりんいん)。

生涯[編集]

越後高田城三重櫓(新潟県上越市)

文禄3年(1594年)6月16日、京都聚楽第屋敷にて生まれた。政宗と正室の愛姫との間に結婚15年目にして初めて授かった待望の嫡出子であり、当然夫妻は伊達家後継者となる男児誕生を熱望していたであろうが、生まれたのは女児だった。このため、男子名である五郎八しか考えていなかった政宗が、そのまま五郎八姫と命名したといわれている[1]

五郎八姫は、聚楽第から伏見大坂と各地を転々としたが、慶長4年(1599年)1月20日に有力大名との関係を深めようとする家康の策謀の一つとして、徳川家康の六男・松平忠輝越後高田藩初代藩主)と婚約することとなる。慶長8年(1603年)には伏見から江戸に移り、慶長11年(1606年)12月24日に忠輝と結婚した。忠輝との仲は睦まじかったが子供は生まれなかったと言われている。そして元和2年(1616年)、忠輝が改易されると離縁され、父の政宗のもとに戻り、以後は仙台で暮らした。

このとき、仙台城本丸西館に住んだことから、西館殿とも呼ばれた。寛文元年(1661年)5月8日、死去。享年68。墓所は松島の天隣院[2]

逸話[編集]

  • 大変美しく聡明であり、父政宗を「五郎八姫が男子であれば」と嘆かせたほどであった。聡明な五郎八姫を弟であり仙台藩2代藩主の忠宗も頼りにしていたという(2人は共に愛姫との子)。
  • 生母の愛姫が(一時期)キリシタンだったことから、五郎八姫もキリシタンだったと言われている。彼女が忠輝と離婚した時は20歳代前半の若さであり、父政宗や母愛姫は愛娘の五郎八姫を心配し再婚を持ちかけたが、五郎八姫は断り続けていたといわれている。両親や周囲にいくら勧められても終生再婚しなかったのは、教義上「離婚」を認めないキリシタンの信仰ゆえ、と一般には考えられている。

登場作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「御男子の故を以て名付け玉へるは、北御方(正夫人の意、ここでは愛姫を指す)の御腹に嗣君誕生し玉はん事をあらかじめ祝し玉ふと云云」(『伊達治家記録』より)。
  2. ^ 現在、瑞巌寺併設の資料館には、父・伊達政宗像と母・陽徳院愛姫像と共に、尼僧姿の嫡女・天麟院五郎八姫像も展示されている。