大追跡 (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大追跡
ジャンル 刑事ドラマ
放送時間 火曜日 21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1978年4月4日 - 1978年9月26日(26回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
企画 加藤教夫(日本テレビ)、梅浦洋一東宝
監督 長谷部安春村川透松森健西村潔小澤啓一野田幸男櫻井一孝・他
脚本 播磨幸治柏原寛司永原秀一佐治乾金子成人峯尾基三・他
プロデューサー 山口剛日本テレビ)、石井幸一東宝
出演者 加山雄三
沖雅也
長谷直美
柴田恭兵
藤竜也ほか
オープニング 大野雄二「大追跡のテーマ」
エンディング 同上

特記事項:
ナレーター:森山周一郎
テンプレートを表示

大追跡』(だいついせき)は、1978年4月4日から1978年9月26日にかけて毎週火曜日21:00 - 21:54に日本テレビ系列で放映された刑事ドラマ。全26話。

概要[編集]

検挙率をアップすべく、通常の捜査体制から追い出された5人の刑事たちを集めた神奈川県警本部の特殊セクション、『遊撃捜査班』。横浜を主な舞台に、管轄内で発生した全ての事案への介入権を持ち、所轄署の捜査では進展しない事件を全くの別行動で解決していく彼らの活躍を、銃撃戦やカー・スタントなど激しいアクション、気のきいたセリフ、そして随所に散りばめられたユーモアを交えて描く。

特徴[編集]

日本テレビ系火曜夜9時枠の前番組『大都会 PARTII』の成功を受け、東宝が誇る大スター・加山雄三をフィーチャーし、前作のハードアクションの中に垣間見られたコミカルな要素をより一層強調した作品である。プロデューサー・岡田晋吉らによる企画原案『追跡者』はアクションとともに人間ドラマ色を強くアピールした作品として立案されており、シリーズ当初も海外ドラマ風のシリアスかつオーソドックスなアクション刑事ドラマとしてのカラーが強いものだったが、回を追う毎にキャスト・スタッフ双方によるアドリブや遊びギャグがエスカレートする結果となり、後の『探偵物語』『プロハンター』『あぶない刑事』などのコミカル・アクションへの布石を作った。

本作では監督の村川透の強い推薦により、後に『あぶない刑事』で大ブレイクするミュージカル俳優・柴田恭兵が初の連ドラレギュラー出演を果たしている。また、日活を離れて以降、久世光彦演出のホームドラマや『愛のコリーダ』などの文芸作品で演技派としての地位を確立しつつあった藤竜也も、本作をきっかけに姉妹篇である『プロハンター』、『ベイシティ刑事』『裏刑事』など、本来の古巣とも言えるハードボイルド・アクションの世界へ再び傾倒していった。元々『大都会 PARTII』と『PARTIII』のインターバルを埋める目的で制作された本作だが、結果的に最高視聴率は20%に迫る成功を収め、続篇の企画も立てられた。この企画は紆余曲折を経て『俺たちは天使だ!』へと結実するが、メインキャストである沖雅也の死去により、正統な続篇は実現不可能なものとなった。

横浜が舞台の刑事ドラマの特徴として、ロケ地が山手本牧エリアに偏る傾向があるが、本作は、メインキャストの所属を神奈川県警察本部の刑事部に設定したことにより、山手本牧エリアのみならず、横浜駅周辺も主なロケ地として登場する。 

主な出演者[編集]

神奈川県警察本部
刑事部遊撃捜査班長・警部。捜査第一課の課長補佐時代に銀行篭城事件で強行突入を指示した結果、容疑者を死なせてしまった為、新設の部署で刑事部長直属の遊撃捜査班班長に左遷され、数々の難事件を押し付けられる羽目になった。
一見冷酷非情で、捜査の為に水原たちを敢えて危地に立たせることも多いが、部下を信頼してのことであり、苦衷をにじませた表情を垣間見せることもある。ライフル狙撃の名手。
  • 矢吹 史朗(やぶき しろう)沖雅也
真面目一辺倒で、融通が全く利かない堅物刑事。しかし水原や滝本に感化され、次第に砕けた様子を見せるようになっていった。空手の達人である一方、カナヅチという弱点があるが、それを逆手にとって容疑者を脅したことがあった。
男性顔負けのドライビングテクニックと、気性の荒さの持ち主。他人から女性扱いされ、見下されることが大嫌いだが、それでも時折見せる女らしい表情で、水原にはかわいがられている。
捜査に向かう車中でも、ヘラヘラしながら平気で漫画雑誌を読むような、現代風の若者。真面目な表情を見せることはあまりないが、悪を憎む刑事魂は真っ当に持ち合わせている。お調子者で人がよく、遊撃捜査班のムードメーカー的存在。
  • 水原 慎介(みずはら しんすけ)藤竜也
階級は巡査部長。第1話では裏浜警察署捜査係の部長刑事として、ヘロイン密輸が絡んだ殺人事件を単独捜査していたが、その捜査主体を遊撃捜査班に横取りされ、ライバル関係になるが、事件解決後に遊撃捜査班にスカウトされた。
性格はややルーズで通俗的な分、枠に囚われた了見を嫌う型破りな男。非情とも思える新田の命令には真っ向から反発し、他のメンバーが「新田さん」と呼ぶのに対し、彼だけは「新田」と呼び捨てにすることが多い。しかし、県警上層部から無理難題を押し付けられる新田の苦労には、理解を示している様子。
赤いジャンパーにジーンズ姿がトレードマークで、斜に構えたポーズを取ることが多いが、トレーニングを欠かさない肉体派でもある。酒と女が大好きで、酒がらみの失策がしばしばある一方、女性は優しく丁重に扱うので、事件解決の糸口になったことも何度かあった。
その他
  • 高岡 巌(たかおか いわお)渡辺文雄(セミレギュラー)
刑事部長・警視正、所轄では扱いきれなくなった人材を隔離し、なおかつ所轄がてこずっている犯罪に対処するために、遊撃捜査班を立ち上げた。
刑事たちの行きつけの喫茶店「みなとコーヒー」のマスター。四六時中チェスに耽っているが、実際はそれほど詳しくはない。腕相撲が異様に強かったり、妙な知識に詳しいなど、謎が多い人物。

放映リスト[編集]

話数 放送日
(1978年)
サブタイトル 脚本 監督 ゲスト出演者 視聴率(%)
1 4月4日 ハイエナが集まった 播磨幸治 長谷部安春 宍戸錠川合伸旺黒部進穂積隆信八名信夫灰地順阿藤海 13.4
2 4月11日 狙撃者スナイパーの目が光る 柏原寛司 藤岡重慶岡本麗井上博一松山照夫山本廉井上茂 13.3
3 4月18日 悪女が躍る 永原秀一 村川透 吉行和子山口美也子清水紘治中島葵 17.8
4 4月25日 首領ドンを撃て 播磨幸治 中島ゆたか南原宏治岡崎二朗林泰文大前均山本清 15.3
5 5月2日 潜入刑事 永原秀一 長谷部安春 曽根晴美片桐竜次田口久美天本英世汐路章 15.5
6 5月9日 ワルは眠らせろ 佐治乾 青木義朗八城夏子片岡五郎関山耕司武藤章生外山高士榎木兵衛 16.5
7 5月16日 札束と赤いバラ 和久田正明 村川透 伊佐山ひろ子江角英明丹古母鬼馬二辻萬長田中明夫粟津號中井啓輔 10.6
8 5月23日 必死の追走 柏原寛司 緑魔子深江章喜磯村健治山西道広上野山功一、宍戸錠 13.3
9 5月30日 現金輸送車強奪 柏原寛司 澤田幸弘 浜田晃三谷昇福本清三伊藤高 11.7
10 6月6日 永原秀一 林ゆたか織本順吉中西良太、穂積隆信 14.3
11 6月13日 女豹が跳んだ 柏原寛司 野田幸男 青木英美宮口二朗野瀬哲男 16.5
12 6月20日 殺し屋に墓はない 和久田正明 片桐竜次、川崎あかね佐原健二中田博久 14.4
13 6月27日 横浜チンピラ・ブギ 金子成人 村川透 峰のぼる国谷扶美子飯山弘章草薙幸二郎宮井えりな 12.5
14 7月4日 大逆転 峯尾基三 待田京介テレサ野田、岡本麗、関川慎二 13.8
15 7月11日 黒い影 柏原寛司 松森健 睦五朗木下哲矢絵沢萌子、八名信夫、二見忠男 8.3
16 7月18日 暴行魔Wダブル 和久田正明 西村潔 大野木克志麻生淳子門馬勝美 16.0
17 7月25日 殺し屋 金子成人 風吹ジュン岸田森蟹江敬三山本麟一 11.0
18 8月1日 レディー・キラー 柏原寛司 松森健 石橋蓮司志賀勝田中浩、黒部進、頭師孝雄、草薙幸二郎、野川愛森愛小笠原弘 13.6
19 8月8日 ご不要な亭主、始末します 永原秀一
柏原寛司
櫻井一孝 丹古母鬼馬二、川崎あかね、稲野和子、伊佐山ひろ子、
田口久美、中島葵、宮井えりな、山口美也子、横森久中庸介北川陽一郎
14.5
20 8月15日 日の丸愚連隊 蘇武道夫 曽根晴美、近藤宏山本昌平小林昭二、阿藤海 10.9
21 8月22日 危険なハイウェイ 峯尾基三 西村潔 ホーン・ユキ、南原宏治、松本敏男 12.8
22 8月29日 淳子のミステリー・ゾーン 佐治乾 大信田礼子大塚国夫、浜田晃、内田昌宏金井美稚子 17.5
23 9月5日 殺人刑事ウォンテッド 和久田正明 小澤啓一 菅貫太郎小池雄介、岡本麗、岡本ひろみ、江角英明、梅津栄、粟津號 11.9
24 9月12日 爆殺魔 峯尾基三 清水紘治、蟹江敬三、清水理絵仙波和之
北川欽三五條博花原照子久遠利三柿沼大介
14.8
25 9月19日 横浜コネクション 山田正弘
柏原寛司
小池要之助 山本麟一、片桐夕子、片桐竜次、金子研三下之坊正道
石光豊大竹智子藤原すみよ小山ひとみ菅沼赫
13.3
26 9月26日 サヨナラは銃弾で… 柏原寛司 村川透 安部徹、大前均、宇南山宏吉浜正皓、草薙幸二郎、潮健児三角八郎
根岸一正、阿藤海、松田優作(特別出演)、中島ゆたか(特別出演)
13.0

ゲスト出演者の補足[編集]

スタッフ[編集]

音楽[編集]

いずれも作曲は大野雄二。
オープニング、エンディング:「大追跡のテーマ」

演奏:大野雄二とYou & The Explosion Band

挿入歌:「Shadows of a Man」「I'll Be Gone」

作詞:奈良橋陽子、歌:Tom Snyder
  • エンディングシーンで度々使われたヴォーカル曲「Shadows of a Man」は、番組中や放映当時に発売されたサウンドトラック盤LPではノンクレジットだったが、CD化の際に番組内では未使用の「I'll Be Gone」と共にゴダイゴのドラマー、トミー・スナイダー(Tom Snyder名義)の歌唱であることが明らかにされた。

スタッフ[編集]

放送終了後の影響[編集]

  • シリーズ後半に顕著だが、メンバー同士が現場で出会ったり、行動開始の際等に同時に掌を縦に上げながら互いに「オットー」と言うお決まりの仕草がある。コミカルな中にもチームワークの良さを端的に表すフレーズだが、設定ではなく、撮影現場でアドリブ的に出てきたアイデアという。他にも「ワン、ツー、スリー、ゴー!!」などのフレーズがある。藤竜也柴田恭兵長谷直美らは、それぞれの後の出演作(『俺たちは天使だ!』、『プロハンター』、『あぶない刑事』)にて、この動作をセルフパロディとして用いている。
  • 藤竜也は、後に出演した『プロハンター』において、元神奈川県警刑事の探偵・水原という本作の人物設定を引き継いだかのような役で登場する。ただしこちらは「水原 淳」という名前の別人であり、ストーリー上は本作品とは全く繋がりがない。

テーマ曲の流用[編集]

  • 「大追跡のテーマ」は、後に同じ日本テレビ系のスポーツ情報番組『独占!!スポーツ情報』のオープニングテーマとして使われ(1990年代中頃)、さらに1980年代終盤にはザ・グレート・カブキの入場テーマにも使われた。また、サントラ盤に収録のBGM「One O'clock Fever(非常線25時)」も1980年代前半に『ズームイン!!朝!』の一コーナー「あどべんちゃあレディ」のテーマ曲に使われていた。