大信田礼子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おおしだ れいこ
大信田 礼子
本名 大信田 礼子(同じ)
生年月日 1948年9月15日(65歳)
出生地 日本の旗 日本 京都府京都市
職業 女優歌手
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1966年 - 現在
活動内容 1966年:ミス10代コンテスト(米国)世界大会優勝
同年:NHK『太郎』でデビュー
1970年:「女の学校」で歌手デビュー
配偶者 都倉俊一1974年 - 1978年

大信田 礼子(おおしだ れいこ、1948年9月15日 - )は、京都府京都市出身の女優歌手

人物・来歴[編集]

京都府立鴨沂高等学校在学中の1966年、アメリカで開かれたミスコンテスト10代女王コンテスト世界大会で優勝したのがきっかけで、同年にNHKの「太郎」でデビュー。1967年、駒沢学園女子高校卒業。

抜群のスタイルを生かしてアクション映画を中心に多数の映画に出演、東映『ずべ公番長』シリーズ全4作の主演などで人気を得た。

1970年「女の学校」でCBSソニーから歌手デビュー。以後、歌手とテレビドラマの仕事が増えた。レコードプロデューサーは酒井政利だったが、ライバル社を押しのけて酒井が射止めた『同棲時代-今日子と次郎-』(1973年公開、由美かおる主演、1970年代初頭に大ブームを呼んだ上村一夫の劇画の映画化)の主題歌「同棲時代」を歌い、今日までの代表曲になる。大信田自身も映画に出演。

テレビドラマでは、東京12チャンネル1969年から始まった『プレイガール』が有名。

1974年、「同棲時代」を作曲した作曲家都倉俊一と結婚し引退状態となったが1978年に離婚、カムバックした。現在は舞台公演を中心に、活動している。

エピソード[編集]

  • 歌手の沢田研二とは高校の同級生。
  • 阪神時代の江夏豊が彼女の大ファンだった。
  • ドラマ『旅がらすくれないお仙』のかみなりお銀役で髪をアップにして男物の海パンを履いて走り回るのは彼女自身のアイデア。
  • 都倉からプロポーズされたとき、「あなたの手帳には女の電話番号ばかりだ」と断ったら、目の前で手帳を破って暖炉の火で燃やす姿にシビレて結婚を決意したらしい。
  • 『同棲時代』は最初、作曲家の都倉とソリが合わなかったので「アカン」と思っていたが、それを聞いた酒井政利は「(それなら逆に)ヒットするかもしれない」と思ったようだ。
  • キイハンター』と撮影場所が同じだったので、アクションシーンの殺陣が二三手、同じだったことがあったらしい。
  • ブレイク前の仮面ライダー出身俳優と交際し、当時出始めたばかりの写真誌に歩行者天国でのデートを撮られたことがある。
  • 都倉俊一との離婚の理由は、仕事の時は厳しくクールだったが、家庭では異常性とも言える重度のマザコンでその言動と態度に因って極限状態に陥り滅入ってしまったため。
  • 大韓航空機爆破事件を描いた韓国映画『政治犯・金賢姫/真由美』(1990年、申相玉監督)に、金賢姫の教育係の日本人女性李恩恵田口八重子)役で出演した。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 銭形平次 ~きよしの平次 立志編~(2013年、明治座

ディスコグラフィ(CBSソニー[編集]

EP(シングル・アナログ盤)[編集]

  • 「女の学校/あなたの女」(1970年8月)
  • 「女はそれをがまんできない/それがどうした」(1971年5月)
  • 「ノックは無用/かんこんロック」(1971年11月)
  • 「何がどうしてこうなった/あなたにおまかせ」(1972年5月)
  • 「嵐を呼ぶ女/あの愛をもう一度」(1972年10月21日
  • 「同棲時代/今日子と次郎」(1973年2月21日
  • 「愛のくらし-同棲時代/夏の日」(1973年7月1日

LP(アルバム・アナログ盤)[編集]

  • 「女はそれをがまんできない/ノックは無用」(1971年12月) 品番:SOND-66072
  • 「大信田礼子セカンド・アルバム - MORE ABOUT REIKO OSHIDA -」(1972年8月) 品番:SOLJ-28
  • 「同棲時代 - LOVES SWEET ERRORS -」(1973年4月21日) 品番:SOLJ-58
  • 「愛のくらし-同棲時代 - 今日子と次郎のゆくえ-」(1973年9月21日) 品番:SOLJ-86

写真集[編集]

  • 「週刊プレイボーイ特別編集」(関口照生撮影)(1983年
  • 「ロドスへの招待状」(佐藤健撮影)(1992年