飛鳥 (旅客船)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Amadea departing Bremerhaven
アマデア(2007年8月)
艦歴
船名: 1991–2006: 飛鳥
2006-: アマデア[1]
所有: 1991–2000: 日本郵船
2000–2006: 郵船クルーズ
2006-: アマデア・シッピングカンパニー[1]
運用: 1991–2006: 郵船クルーズ
2006-: フェニックス・ライゼン[1]
船籍: 1991–2006: 日本の旗 日本
2006-:バハマの旗 バハマ[1]
建造: 三菱重工業長崎造船所[1]
建造費: $150 million[2]
造船番号: 2050[1]
進水: 1991年4月6日[1]
取得: 1991年12月[1]
処女航海: 1991年12月24日[1]
運航開始: 1991年12月24日[1]
識別: IMO番号: 8913162
現状: 運行中
主要目
タイプ: クルーズ船
総トン数: 28,856 GT[2]
2,248 DWT[1]
全長: 192.82 m (632 ft 7 in)[1]
全幅: 24.70 m (81 ft 0 in)[1]
喫水: 6.20 m (20 ft 4 in)[1]
出力: 2 × MAN-三菱 7L58/64
17,300 kW (combined)[1]
機関: 2プロペラ[2]
速力: 21ノット (39 km/h; 24 mph)[1]
船客定員: 604人(飛鳥)[3]
624人 (アマデア)[2]
乗組員: 292[2]

飛鳥(あすか)とは、日本郵船の子会社、郵船クルーズが所有・運航していた外航クルーズ客船である。

1991年10月28日三菱重工業長崎造船所で竣工・就航。2006年3月に「飛鳥II」が就航するまでは、日本籍で最大の客船であった。

当初は日本郵船が所有し、郵船クルーズが運航する形を取っていたが、2000年3月に所有権も郵船クルーズに移った。

2006年2月20日ドイツの船会社「フェニックス・ライゼン」社に売却され、現在はバハマ籍の「アマデア(AMADEA)」としてバルト海を中心に就航している。

世界一周クルーズ[編集]

1996年より、約100日をかけての世界一周クルーズを催行、飛鳥の代名詞となる。2005年まで、計10回の世界一周クルーズを実施した。 但し、2004年に実施の「南極南米クルーズ」は、厳密には世界一周はしておらず、このため郵船クルーズでは2005年の世界一周クルーズでは「10回目の『ワールドクルーズ』」という表記を使用している。

料金は一人当り約 360万円からロイヤルスイートの 1800万円まで。 実際には「早期申込み割引」により、この約 11% 引きの金額となる。

ただ、マスコミではもっぱら最高額の「1800万円」ばかりが喧伝され、「手の届かないもの」、「お金持ちだけの世界」のイメージが流布され、一般的なクルーズの普及を逆に阻害した面もある。

100日間にわたる旅行であることから、乗客層に現役世代は少なく、既にリタイアした人が多数を占め、平均年齢は70歳前後。

スケジュール[編集]

運航パターン[編集]

飛鳥 - 高松港

※以下は就航末期の標準的な運航パターンであり、実際には毎年少しずつ異なる/スケジュールが前後する。

  • 4月初旬~7月中旬
    • 世界一周クルーズ(約100日間)
  • 7月中旬~8月下旬
    • いわゆる「夏休みクルーズ」。
      東北三大阿波踊り、各地の花火大会などを巡る、中・短期のクルーズ。
    • 世間一般のイメージ(=高齢者が多い)とは異なり、この時期は家族連れの乗船が多く、ベビーシッターが乗船し、臨時のプレールームも設けられる。
  • 8月下旬~9月下旬
  • 9月下旬~10月中旬
    • 秋の日本一周クルーズ、中国・四国、九州方面。
  • 10月中旬~11月下旬
  • 11月下旬~12月上旬
  • 12月上旬~下旬
    • いわゆる「クリスマスクルーズ」として、ワンナイトないしは2泊のクルーズ。
  • 12月下旬~1月上旬
  • 1月上旬~下旬
    • 一番の閑散期であるこの時期に、年一回のドックを実施。
  • 1月下旬~3月初旬
  • 3月
    • 春の日本一周クルーズなど、もっぱら日本近海のクルーズ。


クルーズに寒さは似つかわしくないことから、手堅い集客が見込まれるクリスマスの時期を除き、南西諸島やグアム・サイパン、季節が逆の南半球に逃げ、温暖さを求めていく、というポリシーが読み取れる。

チャータークルーズ[編集]

飛鳥のパンフレットを見ると、例えば 8月下旬から9月下旬や、10月中旬から11月下旬にかけてなど、スケジュールが記されていない期間がある。これはいわゆるチャーター、すなわち地方公共団体旅行会社や一般企業などに船(と乗組員)を丸ごと貸す、「チャータークルーズ」期間である。

郵船クルーズはチャータークルーズのスケジュールを非公開としているが、当該地方公共団体や企業の集客のための宣伝や、各港湾の出入港予定表の寄港予定といった形で情報が出る。そのため、これらの情報を丹念に収集すれば、スケジュールを追いかけることは可能である。

サービス[編集]

  • 客室の差以外は全て同等のサービスであり、食事の内容に差をつけたり、上級客室の乗客用の専用ラウンジなどは設けていない。(モノクラス)
  • 但し、上級客室の乗客に対しては、「ソーシャル・オフィサー」がコンシエルジェ的役目を果たしたり、ショーやイベントの際に優先席を設けるなど、それなりの便宜は図っている。
  • 船内で提供される飲食物は基本的には無料であるが、寿司「海彦」とルームサービスお酒炭酸飲料は別料金である。
  • 夕食は二回制。
    これはメインダイニングの席数が乗客定員の半数強にとどまるため。
    (乗客数がダイニングの席数を下回ると一回制となる)
  • 朝食昼食はダイニングで和食が、リドカフェでビュッフェ形式の洋食が提供される。
    お腹に余裕があれば、両方で食べることも可能である。
  • 三食以外にも、夕刻には軽食が「ビスタラウンジ」で提供され、また23時からは夜食もあり、その気になれば一日五食も可能である。
  • 船内で上演されるショーや映画の観覧も無料である。
  • ショーは食事の時間に合わせ、二回制で催される。
    ラスベガス風のショーや、専属マジシャンによるマジックショーが中心であるが、クルーズによっては外部より芸能人、演奏家や落語家を招いてのイベントもある。

船長[編集]

歴代船長[編集]

  • 初代  稲垣孟(いながき・たけし)
  • 2代目 石河溥史(いしかわ・ひろし)
  • 3代目 山田登(やまだ・のぼる)
  • 4代目 野崎利夫(のざき・としお)
  • 5代目 幡野保裕(はたの・やすひろ)→ 郵船クルーズ本社 専務取締役に
  • 6代目 小田武(おだ・たけし)→ 飛鳥II 初代船長に
  • 7代目 末永守(すえなが・まもる)→ 飛鳥II 2代目船長に

「何代目船長」と称しているが、実際には2名が3~4ヶ月毎に交代で乗船する形を取っている。
(2005年であれば、小田船長と末永船長が交互に乗船していた)

名誉船長[編集]

2000年7月より数度に亘り、『若大将クルーズ』と銘打ったテーマクルーズを催し、ゲストの加山雄三が「名誉船長」を務めた。

そのクルーズでは、乗船時のウェルカムラインに加山雄三自らが立ち、乗客を迎えるのであるが、加山の船長服の着こなしがあまりに自然であったため、熱烈なファンであるはずの乗船客が本人とは気付かず、目の前を素通りしていき、加山が苦笑する場面が見られた。(フジテレビ系列のスーパーニュースでもこの場面は放映された)
もちろん、一たび気付かれた後からは、嬌声を上げての握手+記念撮影の連続、となった。

飛鳥II 投入へ[編集]

世界一周クルーズの項で述べた通り、当初は「お金持ちの乗り物」のイメージが先行したが、その後、集客は順調に伸び、21世紀に入る頃より、特に夏場のハイシーズンにおいては満船の状態が続くようになり、「予約が取れない」と乗船希望客の不満が募るようになった。

運営する側としてもこれはビジネスチャンスを逃していることに他ならず、キャパシティの増大が必須となり、第二船の投入や、より大型の新造船の建造等が検討されたが、結果として、同じ日本郵船グループのクリスタルクルーズ社が運航する「クリスタル・ハーモニー」を日本向けに改造し、「飛鳥II」として代替投入、これに伴い「飛鳥」は売船されることとなった。(2005年3月31日プレスリリース

アマデア時の船影

売船、アマデアに[編集]

飛鳥は2006年2月11日のアジアグランドクルーズ、横浜港帰還をもってその運航を終了、同日三菱重工業横浜製作所に入渠、2月20日ドイツの船会社、フェニックス・ライゼン社に売却された。

フェニックス・ライゼン社は同船を改装、「アマデア(AMADEA)」と命名、バハマ籍のクルーズ客船となった。
3月12日に横浜港大さん橋にて見学会が開催され、船内が公開された。
横浜市港湾局 ~ アマデア就航風景

6デッキに、船首にあった「飛鳥」の文字がオブジェとして飾られている。
案内役の説明によると、「船名変更のために船体から切り取られた『飛鳥』の文字(鉄板)がドックの鉄屑置き場に無造作に捨ててあった。『これを使わない手は無い』と思い、慌ててそれを引きずり出し、文字の部分だけを切り抜き、オブジェに仕上げた」とのことである。
ただ、その「飛」の字体がやや崩れているのは、ご愛嬌であろう。

この他にも、田村能里子による壁画「季の奏(きのしらべ)」や、和室「游仙」がその名もずばり「飛鳥」と改名された上、そのまま残されるなど、船内には旧飛鳥の痕跡が随所に残されている。
これは「前の船に敬意を表するため」であるとのこと。

また、そもそも「AMADEA」と命名したのは、船内各所にある「飛鳥」の「A」のロゴがそのまま使えるから、という理由とのこと。(但し著作権契約上、旧飛鳥のロゴ使用は船内に限られる)

3月12日昼と翌3月13日夜には、大さん橋の左右に旧「飛鳥」(=「アマデア」)と「飛鳥II」が並ぶ光景が見られた。
同夜、「アマデア」は欧州に向けてのデビュークルーズに出航した。

2007年3月には世界一周クルーズの中途で横浜港大阪港広島港那覇港にそれぞれ寄港し、初の日本への里帰りを実現。特に3月6日、横浜・山下の大桟橋ではやはり世界一周の途中に寄港した「クイーン・エリザベス2」と並んで停泊、という晴れ姿も披露した。

なお、マスコミでは盛んに「飛鳥『引退』」という表現がなされたが、スクラップにされたのならともかく、上記の通り、現役として活躍中であり、正しい表現とはいえない。

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Asklander, Micke. “M/S Asuka (1991)” (Swedish). Fakta om Fartyg. 2009年2月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e Ward, Douglas (2008). Complete Guide to Cruising & Cruise Ships. Singapore: Berlitz. pp. 188–189. ISBN 978-981-268-240-6. 
  3. ^ Miller, William H (1995). Pictorial Encyclopedia of Ocean Liners, 1860-1994. Mineola: Dover. p. 11. ISBN 0-486-28137-X. 
  4. ^ 日本財団図書館(電子図書館) 船の科学館 もの知りシート

参考文献[編集]

  • 船舶技術協会『船の科学』1992年1月号 第45巻第1号
  • 海人社『世界の艦船 増刊 世界のクルーズ客船 2009-2010』2009年12月号増刊 No.716
  • 海人社『世界の艦船』1992年1月号 No.445
  • 海人社『世界の艦船』2006年6月号 No.659

外部リンク[編集]