マルト・ケラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルト・ケラー
Marthe Keller
生年月日 1945年1月28日(69歳)
出生地 スイスの旗バーゼル
職業 女優、オペラ演出家
活動期間 1964年 -
主な作品
映画
マラソンマン
ブラック・サンデー
ヒア アフター
テレビドラマ
怪盗紳士アルセーヌ・ルパン

マルト・ケラーMarthe Keller1945年1月28日 - )は、スイス女優オペラ演出家

来歴[編集]

バーゼル出身。幼少期からバレエを習っていたが、16歳の時、スキー中の負傷により断念、女優を志す。ベルリンのいくつかの劇場で働いた[1]後、1964年にデビューし、ドイツのテレビドラマやドイツ映画フランス映画などヨーロッパ各国の映画に多数出演、可憐な美しさで知られるようになる。

1976年、『マラソンマン』でハリウッド映画に進出。『ブラック・サンデー』のテロリスト役や『ボビー・デアフィールド』のアル・パチーノの相手役、ビリー・ワイルダー監督の『悲愁』、クリント・イーストウッドが監督した『ヒア アフター』の医師役などで知られる。

第30回カンヌ国際映画祭1977年)では審査員を務めた。

1999年にはフランシス・プーランクオペラカルメル派修道女の会話』でオペラ演出家デビュー、フランス批評家協会から最優秀オペラ公演賞を受賞するなど高い評価を受けた。2004年には、初のメトロポリタン歌劇場モーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』を演出した[2][3][4]2006年には日本でも公演された[5])。

主な出演作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Cori Ellison, "Reaching the Top of the Opera World by Accident". New York Times, 29 February 2004.
  2. ^ Anthony Tommasini, "A Monster From Mozart, Oozing Seductive Charm". New York Times, 3 March 2004.
  3. ^ Martin Bernheimer, "Don Giovanni/Metropolitan Opera, New York". Financial Times, 3 March 2004.
  4. ^ Peter G. Davis, "Shaving Crème". New York Magazine, 22 March 2004.
  5. ^ [1]

外部リンク[編集]