スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スター・ウォーズ
エピソード6 ジェダイの帰還
Star Wars Episode VI
Return of the Jedi
監督 リチャード・マーカンド
脚本 ローレンス・カスダン
ジョージ・ルーカス
製作 ハワード・カザンシャン
リック・マッカラム (特別篇)
製作総指揮 ジョージ・ルーカス
出演者 マーク・ハミル
ハリソン・フォード
キャリー・フィッシャー
アンソニー・ダニエルズ
ビリー・ディー・ウィリアムズ
イアン・マクダーミド
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 アラン・ヒューム
編集 ショーン・バートン
マーシャ・ルーカス
デュウェイン・ダンハム
配給 20世紀フォックス
公開 オリジナル版:
アメリカ合衆国の旗 1983年5月25日
日本の旗 1983年7月2日
特別篇:
アメリカ合衆国の旗 1997年3月14日
日本の旗 1997年7月26日
上映時間 132分
137分 (特別篇)
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $32,500,000
興行収入 $572,700,000
前作 エピソード5/帝国の逆襲
次作 エピソード1/ファントム・メナス
テンプレートを表示

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』( - きかん、Star Wars Episode VI Return of the Jedi)は、1983年に公開されたアメリカSF映画

1983年に公開された作品は、日本では『スター・ウォーズ ジェダイの復讐』と題され、《特別篇》公開時にもそれが踏襲されていたが、後に変更された。

概要[編集]

スター・ウォーズ・シリーズ』の3番目に発表された作品である。1997年には最新CG技術などを使ってシーンの差し替えなどが施された『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐 特別篇』が公開された。2012年現在発売されているDVDは、さらに変更が加えられている。

第56回アカデミー賞では音響・視覚効果における特別業績賞を受賞した。また、作曲賞美術賞にもノミネートされた。

ストーリー[編集]

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。

エピソード5より1年後、ルーク・スカイウォーカーレイア姫は惑星タトゥイーンに住む犯罪王、ジャバ・ザ・ハットの宮殿に潜入し、ハン・ソロを救出する。

その後、修行を終えるため惑星ダゴバに戻ったルークは、死の床にあった師ヨーダと霊体として現れたオビ=ワン・ケノービから、ダース・ベイダーの正体がかつての彼の父アナキン・スカイウォーカーであること、さらにもう一人のアナキンの子供の存在を知らされる。

一方、帝国は森の惑星エンドアの軌道上に第2デス・スターの建造を進めており、最終段階視察のためにベイダー、更に皇帝パルパティーン自らが来訪していた。その情報を入手した同盟軍は、アクバー提督の下で全勢力をつぎ込んだ最後の反攻作戦を立案する。デス・スター攻撃隊長に志願したランド・カルリシアンミレニアム・ファルコン号を貸したソロは、ルーク、レイア達を加えた潜入部隊と共に、デス・スターを護るシールド発生施設の破壊のためエンドアへと向かう。

エンドアの森の中で、ルーク等は原住民イウォーク族と遭遇、彼らの協力を得ることに成功する。ベイダーの存在を感じたルークは単身帝国軍に投降、ベイダーと対面した彼はかつてのジェダイとしての魂を取り戻す様に呼びかけるが、応じないベイダーは彼をデス・スターの皇帝のもとに連行する。

やがて同盟軍の反攻作戦が開始されるが、ソロ達潜入部隊は待ち構えていた帝国軍に捕えられ、ランドら攻撃部隊はシールドとスター・デストロイヤー艦隊の挟み撃ちに遭う。全ては皇帝の仕掛けた罠であった。絶望的な戦況の中、ベイダーと刃を交えながら必死にダークサイドに抵抗するルーク。一方のソロ達も、イウォーク族の応援を得て反撃を開始する。攻撃隊を指揮するカルリシアンは、ソロがシールドを破壊してくれることを信じ、帝国艦隊を前に同盟軍の様々な戦闘機が入り乱れた必死の総力戦を繰り広げていた。そしてついにルークとベイダーの宿命の対決に終止符が打たれることとなる。

登場人物・キャスト[編集]

日本語吹き替え[編集]

役名 日本語版1 日本語版2
ルーク 水島裕 島田敏
ハン・ソロ 村井国夫 磯部勉
レイア 島本須美 高島雅羅
ベイダー 鈴木瑞穂 大平透
ベン 滝田裕介 納谷悟朗
ヨーダ 高木均 辻村真人
C-3PO 野沢那智
R2-D2
ランド 内海賢二 若本規夫
皇帝 田中明夫 千葉耕市
モン・モスマ 高畑淳子 さとうあい
アクバー 田村錦人 藤本譲
ピエット 仁内建之 嶋俊介
メイディン 筈見純
ウェッジ 大塚芳忠 津田英三
ナレーター 城達也 (なし)
制作:コスモプロモーション、演出:蕨南勝之、翻訳:平田勝茂、調整:近藤勝之
その他の出演 塚田正昭キートン山田小島敏彦広瀬正志千田光男二又一成荒川太郎
演出 伊達康将、 翻訳 平田勝茂、 効果 リレーション、 調整 高久孝雄、 編集 ムービーテレビジョン、 制作 東北新社

スタッフ[編集]

サブタイトルについて[編集]

ジョージ・ルーカスが最初の脚本を書いた時点でのサブタイトルは『ジェダイの帰還(Return of the Jedi)』であった。しかし監督のリチャード・マーカンドに「『ジェダイの帰還』では弱い」と言われ、ルーカスはサブタイトルを『ジェダイの復讐(Revenge of the Jedi)』に変更し、サブタイトルを発表すると共に製作を進行させた。

しかし、公開前になってルーカスは「全宇宙一高貴なジェダイは復讐などしないだろう」と考え、最初の『ジェダイの帰還』に戻した。

それでも、日本国内では既に『ジェダイの復讐』名義の関連商品を準備しており、また興行的成功を狙ったインパクトのあるタイトルを求めたため、『ジェダイの復讐』として1983年に公開された[1]

また、同時期に製作が進行していた『スタートレックII カーンの逆襲』(Star Trek II: The Wrath of Khan)の最初のタイトル案が『The Vengeance of Khan』だったため、ルーカスフィルムがパラマウント社にタイトルの変更を求め、パラマウント社が受け入れて変更となった。

2000年夏に日本のファンから改題署名運動が発生したが、その時には実現には至らず、2004年9月「スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX」の発売を機にようやく本来の意味である『ジェダイの帰還』へ改題された。

受賞歴[編集]

特別篇及びDVD版・ブルーレイ版での修正・変更点[編集]

  • 最後のエンドアでの戦勝祝賀会の直前、平和になったことを祝うベスピン、タトゥイーン、旧三部作で登場しなかったナブー、コルサントの模様が描かれている。
  • 最後のエンドアでのシーンで、フォースと一体化したアナキン、ヨーダ、オビ=ワンが登場するが、公開版・特別編ではセバスチャン・ショウが登場しているのに対し、DVD修正版ではエピソード2とエピソード3まで若き日のアナキンを演じたヘイデン・クリステンセンに差し替えられている。この差し替えには、演出の効果および俳優に対する倫理的側面などにより賛否両論がある。
  • また、エンディングの曲が「イウォーク・セレブレイションとフィナーレ」から「勝利のセレブレーション」に替えられた。
  • ジャバ邸でCGエイリアンの歌唱シーンが加えられた。またタトゥイーンの砂漠に生息する食人植物サーラックに、嘴と触手がCGで追加された。
  • ブルーレイ版では、ジャバ邸のシーンにCGでエピソード1に登場したセブルバ(或いは同種族の個体)が追加された。またヴェイダーが皇帝を倒す場面に叫び声が加えられた。
  • ブルーレイ版ではルーカスフィルムのロゴが出るタイミングが遅くなり、フェードインせずに一瞬で現れるようになった。

トリビア[編集]

  • チューバッカとイウォーク達に乗っ取られるAT-STの副操縦士ワッツ中尉を演じるのは、「スター・ウォーズ」シリーズの共同制作者ロバート・ワッツである。また、サウンドデザインのベン・バートが帝国軍の基地でハン・ソロに爆弾の入ったザックを投げつけられる、デイアー大佐役で出演している。

脚注[編集]

  1. ^ 1983年7月2日発行の劇場公開時パンフレットには、表紙及び冊子内の解説とも、英語部分は『Return of the Jedi』、日本語部分は『ジェダイの復讐』と記載されている。

外部リンク[編集]