ミレニアム・ファルコン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミレニアム・ファルコン(Millennium Falcon, 通称ファルコン号)はアメリカのSF映画『スター・ウォーズ・シリーズ』に登場するハン・ソロを船長とした架空の宇宙船である。その優れた高速力と、性能に似合わぬ乱雑な外観から「銀河系最速のガラクタ」の異名を持つ。

機体解説[編集]

クルーはハン・ソロ以下、機関士兼副パイロットでソロの親友のチューバッカらの2名。この化け物じみた出力を誇る高速艇は、ギャンブラーのランド・カルリシアンの所有する宇宙艇であったが、ハン・ソロサバック[1]に勝って巻き上げた物である。

本機の原型であるコレリアン・エンジニアリング社製YT-1300貨物船は、最高速度に優れた軽貨物艇であり、裕福な個人のレジャー所有や、小規模の旅客及び貨物輸送を目的として設計されていた[2]。高速力を発揮する強力なイオンエンジンを持ち、円盤型のボディの大部分を動力機関部と貨物室が占めているため、コックピットは一般的な中央ではなく機体右側にオフセットされた円筒部分にあるなど、非常に変わった設計の船だったが、原型機の発表当時は流麗な外観を持つ高速艇であると見なされていた。

ファルコン号は、ソロが所有する以前からランドを含む複数の所有者の間を渡っており、代々のオーナーによって合法、あるいは違法な改造が繰り返されてきた。ソロの元に渡った時点で既に原型を留めていない状態であったが、彼は自身曰く「銀河最速」の理想的な密輸船に仕立てるべく、既に違法レベルの高速ぶりであったこの船に更なる大改造を施した。その結果、ハイパードライブ起動時に光速の1.5倍にまで達するほどの速度を得ることに成功したが、この改造によって気難しい機体になった上に修理に手間がかかるようになり、古いテレビのように叩くと調子が良くなることもあるという妙な個性も身につけてしまう。何よりもかろうじて残っていた原型機の形は、機体の内外を問わず無残にも追加された無骨なパーツ群で埋め尽くされ、後述する数々の異名を頂戴する結果となった。

また、この船のコンピュータがこれらの改造に耐えられるよう、何台かのアストロメク・ドロイドの頭脳を無理やりひとつにつなげて使用しており、機械としての調子以外に実際に艇の個性を持っているようである。ドロイドとの簡単なコミュニケーション能力も獲得しているが、『エピソード5』でC-3POが直接不調箇所を聞き出した際の3POの台詞によると、艇のコンピュータは「ひどい訛り」とのこと。

艇内には幾つもの抗探査装置を配した密輸用貨物室を持ち、ソロはこの宇宙船を駆って、上得意であったジャバ・ザ・ハットに莫大な利益をもたらした。しかし、ソロはその報酬に上乗せしてジャバに高額な借金をし、この船の更なる改造に明け暮れた。ファルコン号の改造は、ソロにとっての趣味、生きがいと化していたのである。ソロはこの船を多くの欠点を含めて愛しており、ある時、新共和国の優秀な技術者たちの徹底クリーンアップによって以前より優秀かつ故障しないように補修されてしまった時など、「騒音が静かすぎる」などと言って機械類のねじを取り外したりする「修正」まで施す。

作中(スピンオフ作品を含む)での、その特異な外観を形容する台詞は数多く、ルーク・スカイウォーカーらに「ガラクタのかたまり」「廃船」「ポンコツ」「この船に航行許可が下りていることに驚いた」「ゴミ捨て場から拾った部品を寄せ集めたような船」などと酷評され、デス・スターに捕獲されたときは、救助したレイア・オーガナにも「あの難破船のような船でここへ来たと言うのですか!?あなた方は私が想像していた以上に勇敢な方々なのですね!(角川文庫「スター・ウォーズ第一部」より)」と言われるが、ソロは外観への酷評を気に留めず、「中身で勝負」、と改造を続ける[3]

改造箇所は所有者本人が把握しきれていない程多岐に渡る[4]が、主だった点は走・攻・防たる速力・武装・装甲および、それらを支える大出力の機関であり、所々に軍用規格の強力な部品が取り付けられている。

速力は通常航行時およびハイパードライブの両面とも[5]強化されていたが、特に密輸業で重要となるハイパードライブに力が入れられており、軍用の特別強力なタイプが搭載されている。ソロがたびたび口にする「光速の1.5倍の速度」はハイパードライブ航行の最高速を指している。通常航行ではスター・デストロイヤーをなかなか振り切れず、ルークに「ちっとも速くないじゃないか!」と言われる[6]

攻撃兵装として4連レーザー砲(上面と下面に1基ずつ)と機体前部にコンカッション(震盪)・ミサイル、着陸時に使う隠し武器のブラスター・キャノン、防御兵装も強力な偏向シールドおよび探知レーダーなどが装備され、輸送艇らしからぬ強力な戦闘力を誇る。いずれも帝国軍士官候補生首席であったソロこだわりの軍用規格であり、強力なハイパードライブを動かすための軍用ジェネレーターがたたき出す高出力によって実現したものである。更に機体各所を軍用の装甲板で補強してあり、数え切れない被弾からソロを救ったが、当然ながらこれらの違法パーツをその辺で買えるはずもなく、また大変に高価なパーツばかりであったので、ジャバのスパイス密輸で荒稼ぎしていたソロですら、借金を重ねながら闇ルートで細々と手に入れたのである。さまざまなメーカーのパーツを徐々に、しかも本来合わない規格の物ですら強引につなげていったため、パーツ同士の相性から故障が続発。しかもその場しのぎの修理を延々と繰り返したため、飛ぶたびにどこか壊れているような艇になってしまった。本機の重大な不調は、特に『エピソード5』においてソロやレイアを窮地に追い込む。

ファルコン号が本来の性能を十分に発揮し、さらに腕利きのパイロットが操るならば、帝国軍の新鋭戦闘機TIEファイター4機を返り討ちにし、大規模な艦隊決戦の前線戦闘にすら耐えうる能力がある。元々が「民間向けの輸送艇」であることを考慮すれば、最早「改造」とも呼べないような異常な強化である。また非常に頑丈で、「少々ぶつけたぐらい」では壊れない[7]

通常航行であれば一人でも操縦可能であるが、『エピソード6』で、第2デス・スター攻略時にランド以下数名のクルーが乗り込んでいた事でも判る様に、実際は戦闘時には基本的に4~5名のクルーが必要だった。これは操縦席からレーザー・キャノンを旋回操作すると精度が大幅に落ちるため、前方固定銃にするしかないのと、本来のエンジン性能を発揮するために専門の機関士を必要とするためである[8]。しかし、『レイアへの求婚』(デイヴ・ウルヴァートン著・竹書房刊)では、ルークが「操縦士」「副操縦士」「砲手」の役目を、フォースを使って同時にこなす。

『エピソード2』に同型の別機体が、『エピソード3』には同機体が(それぞれ多少わかりにくいが)登場している。

設定裏話[編集]

ピザか、あるいは空飛ぶ円盤を思わせる独特なスタイルのこの宇宙船は、原案段階ではスリムな棒状の物でありプロップも製作されたが、監督のジョージ・ルーカスが納得せず(『スペース1999』のイーグル号に似ていたのが最大の不満だったらしい)幾度もの再デザインを繰り返した後、ルーカスがILMスタッフらとのランチで食べたピザを見て閃いたスケッチを元に決定された。機体背面に並ぶ円形の排気口(状のデザイン)に原案のピザの面影が見てとれる。またこの際、離陸後にコクピット以外が90度回転し、マンボウのようなスタイルで飛行する案が考えられていた[9]

なお、この時没案になった「スリムなファルコン号」のプロップは、コクピット部分を改修されて(改修前は採用版ファルコンと同形状だった)『エピソード4』冒頭でスター・デストロイヤーに拿捕される高速連絡艇ブロッケード・ランナーに流用された。このためブロッケード・ランナーのプロップは脇役にしてはかなり大きく作られており、実はスター・デストロイヤーのプロップよりも大きい。

劇中のイオン・エンジンに点火したとき(ハイパースペースにジャンプする瞬間)の「ドーン」という効果音は、雷の音をアレンジしている。

模型[編集]

『エピソード4』では1.8メートルの撮影用プロップが製作されたが、大きすぎて撮影に不便だったため、次作では半分のサイズのモデルが新たに製作された(両者は一部プロポーションやディテール、脚の数などが異なる)。どちらも表面のディテールは他の機体と同様、多くのプラモデルの部品を用いて製作された。その他必要に応じて各種サイズが製作され、モズ・アイズリー発着場やデス・スター内部でのシーンの撮影の為に木製の原寸大プロップも製作された。また旧3部作特別篇の追加シーンの機体及び『エピソード2』『エピソード3』に登場したYT-1300は全てCGである。

黒澤明が「この映画は汚れがいいね」と評価したほど汚し表現を徹底されたスター・ウォーズ世界の中にあってガラクタ呼ばわりされるファルコン号であるため、プロップは特に派手な汚し表現が入れられていた。CGで表現されたファルコンにもちゃんと汚しが入っているが、新三部作に登場したYT-1300は新造機だった時代の設定のため綺麗な船体に明るい色の塗装がされている。

その独特のスタイルと精密なディテール、劇中での爽快な活躍から模型ファンの人気も高い機体だが、大型のプラモデルであった米mpc社の製品はプロポーション、ディテール共に不十分な出来で、元プロップのイメージに近づけるには大幅な改造が必要であった。また同社からは『レベルベース』というジオラマセットが発売されていた。これに小型のファルコンが含まれていたが、サイドパネルが一体成型、ランディングギアも省略(格納庫ジオラマなのに)された不十分な出来のキットであった。その後各種トイやガレージキットを経て、2005年末に日本のファインモールドから発売された1/72スケールのプラモデルは撮影用プロップを徹底的にリサーチして発売された決定版だと思われた。表面ディテールも本体に別部品を貼り付けていくプロップ同様の構造になっているなどのコダワリがなされ高い評価を得ている反面、プロポーションがプロップと違うものになってしまった。具体的には船体円盤部分が薄すぎ[10]、船体前部のくちばし部分が平行である点(実物はちょっと閉じている)。この部位は船体の根幹をなす部分であるが、修正は困難である。2008年秋に同製品の組み立て塗装済みの完成品がファインモールドから発売されたが、プロポーション改修は行われなかった。2010年4月に同社より1/144スケールのプラモデルが発売された。このキットのくちばし部分は閉じられた表現となっている。

関連作品[編集]

三浦建太郎の漫画『ベルセルク』の第四部には、「千年帝国の鷹編(ミレニアム・ファルコン)」の題がつけられている。『ベルセルク』は、作中に登場する超越的存在「ゴッドハンド」の名前に、海外SF作品のタイトルから引用するなどSFの影響が大きいが、これも『スター・ウォーズ・シリーズ』を意識した命名である。

出典・脚注[編集]

  1. ^ スター・ウォーズ世界において一般的な賭博向けカード・ゲームとのこと。
  2. ^ 原型機は非武装であり、オプションでごく僅かな自衛用の軽火器が取り付けられる程度の物であった。
  3. ^ 改造は銀河大戦終結後も続いており、戦後を描いたスピンオフ小説でもたびたび取り上げられている。
  4. ^ この点が、不調を起こしたときの修理の困難さにつながっている。
  5. ^ スター・ウォーズ世界の設定では、通常航行とハイパードライブは全く異なる原理で動いているため、エンジンも別々の物を積む必要がある。
  6. ^ ただし、スター・デストロイヤーは大型艦としては最高クラスのスピードを誇る高速戦艦であり、実際に『エピソード4』の冒頭では高速艇であるブロッケード・ランナーですら、逃げ切れずに拿捕される。さらにルークはこの時点ではタトゥーウィンを初めて出たばかりの田舎者であり、この事を知らなかった可能性が高い。
  7. ^ ただし、ランド・カルリシアンはデス・スター破壊作戦の際、操縦を誤ってファルコンをデス・スターの内壁に衝突させ、船体上部にあるレーダーのパラボラアンテナ部分を破損する。
  8. ^ この増員と反乱軍の整備のおかげか、デス・スター攻略戦では機体トラブルに悩むことは無かった。
  9. ^ この回転するコクピットという案は後にBウイングのデザインに利用される。
  10. ^ 旧mpc社製品は逆に側面が厚すぎであった。