イウォーク・アドベンチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イウォーク・アドベンチャー
Caravan of Courage: An Ewok Adventure
監督 ジョン・コーティ
脚本 ボブ・キャロウ
原案 ジョージ・ルーカス
製作 ジョージ・ルーカス
音楽 ピーター・バーンスタイン
撮影 ジョン・コーティ
編集 ジョン・ナッツ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1984年11月25日
日本の旗 1985年8月17日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

イウォーク・アドベンチャー』(Caravan of Courage: An Ewok Adventure)は映画『スター・ウォーズ』のスピンオフ作品で、1984年テレビ映画として制作された。ヨーロッパでは劇場公開された。

作品では「森の月」エンドアで両親をモンスターにさらわれた二人の兄妹が、イウォーク族と一緒に両親を救い出すというストーリーが描かれる。

舞台背景[編集]

スター・ウォーズ・サーガではエピソード5とエピソード6の間に位置し、エピソード6『ジェダイの帰還』に登場するイウォーク族をモチーフにした2つのスピンオフ作品のうちの最初の作品となる。また2つめのスピンオフ作品『エンドア/魔空の妖精』(The Battle for Endor)の6ヶ月前の話となる。

あらすじ[編集]

映画の冒頭、トワニ一家のスタークルーザーがエンドアに不時着、両親と二人の子供は離ればなれとなってしまう。イウォーク族のディージは子供達をイウォークの住み処まで連れて行く。妹のシンデルはそこでイウォークのウィケットと仲良しになる。その後、イウォークに倒された怪獣が行方不明の両親の生命モニターを持っており、危険地帯に住む怪物ゴラックスに連れ去られたことが分かった。イウォークは二人の両親を救出するためキャラバンを結成する。ゴラックスの巣に到着するまでに、「騒々しいイウォーク」であるチューカ・トロックなどの盟友を加え、ついに両親を解放してゴラックスを打ち倒す。トワニ一家は再び相まみえてスタークルーザーの修理が済むまでイウォークの住み処で世話になることになった。

キャスト[編集]

(俳優名/役名)

  • バール・アイヴス/ナレーター
  • エリック・ウォーカー/メイス(兄)
  • ワーウィック・デイヴィス/ウィケット
  • フィオヌラ・フラナガン/カタリーン(母)
  • ガイ・ボイド/ジェレミット(父)
  • オーブリー・ミラー/シンデル(妹)
  • ダニエル・フリッシュマン/ディージ
  • デビー・リー・キャリントン/ウィーチー
  • トニー・コックス/ウィドル
  • ケヴィン・トンプソン/チューカ・トロック
  • マルガリータ・フェルナンデス/ケインク
  • パム・グリッズ/ショードゥー
  • ボビー・ベル/ログレー
  • ダリル・エンリケ/ウィケットの声
  • シドニー・ウォーカー/ディージの声

スタッフ[編集]

  • 監督:ジョン・コーティー
  • 製作:トーマス・G・スミス
  • 製作総指揮:ジョージ・ルーカス
  • 原案:ジョージ・ルーカス
  • 脚色・ボブ・キャロウ
  • 音楽:ピーター・バーンスタイン
  • 放送局:米ABC

日本語吹替[編集]

役名 DVD VHS テレビ
メイス(兄) 水島大宙 菊池英博 関俊彦
シンデル(妹) 金田朋子 坂本真綾 藤枝成子
ウィケット 島香裕 亀井芳子
カタリーン(母) 小宮和枝
ジェレミット(父) 納谷六朗 池田勝
ナレーター 中村正 高木均

外部リンク[編集]