スター・ウォーズ ローグ スコードロン III

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スター・ウォーズ ローグ スコードロン III
ジャンル 3Dシューティング
対応機種 ニンテンドー ゲームキューブ
開発元 ファクター5
ルーカスアーツ
発売元 エレクトロニック・アーツ
人数 1~2人
メディア 8cm光ディスク
発売日 2003年11月21日
その他 プログレッシブ対応
ドルビープロロジックII対応
テンプレートを表示

スター・ウォーズ ローグ スコードロン III』(スター・ウォーズ ローグ スコードロン スリー)はエレクトロニック・アーツより発売された3Dシューティングゲームである。原題は『Star Wars Rogue Squadron III: Rebel Strike』。

概要[編集]

スター・ウォーズ・シリーズ』の世界を再現したシューティングゲームであり、銀河帝国 (スター・ウォーズ)打倒のため反乱同盟軍として宇宙船を駆使するルーク・スカイウォーカーウェッジ・アンティリーズの指揮するローグ中隊を操ることができる。

エピソード4/新たなる希望』、『エピソード5/帝国の逆襲』、『エピソード6/ジェダイの帰還』にて繰り広げられた戦闘が舞台となっている。また、いくつかの舞台は80年代の小説やコミックに基づいている。

本作は、『スター・ウォーズ 出撃! ローグ中隊』、『スター・ウォーズ ローグ スコードロン II』の続編として発売された。基本的なシステムは前作『II』に準じているが、機体の操作感覚が多少変更されているほか、新たに2人で協力してゲームを進められる協力モードが追加されている。協力モードでは『II』に登場したヤヴィンの戦いなどの全てのステージで遊ぶことができる。また、ルーク・スカイウォーカーを直接操作するサードパーソンモードも追加されており、シューティングのみだった前作までとは異なった作りとなっている。

登場機体[編集]

反乱同盟軍[編集]

Xウィング
主力戦闘機。登場機体の中でも性能バランスがよい。S-フォイルを閉じることで加速可能。R2ユニット搭載。セカンダリーウェポンはプロトン魚雷。
Yウィング
爆撃機。耐久性と攻撃力は高いが機動性能は低い。R2ユニット搭載。セカンダリーウェポンはプロトン爆弾とイオンキャノン。
Aウィング
新型高速戦闘機。ヒット&アウェイを得意とするため、機動性は良いが耐久力は低い。セカンダリーウェポンは振動ミサイル。
Bウィング
強襲型戦闘機。3門のレーザーとS-フォイルを有する。耐久性が高く、元々特異な形状のため敵の攻撃があたりにくい。反面機動性は悪く、S-フォイルを閉じてもさほど速度が出ない。セカンダリーウェポンはプロトン魚雷とイオンキャノン。
ミレニアム・ファルコン
隠し機体。ハン・ソロ所有の大型高速輸送船。旋回性能が低いが、最高速度と攻撃力は群を抜く。R2ユニットを搭載していないのに何故かシールドが回復する。セカンダリーウェポンは振動ミサイル。
スノースピーダー
主にAT-AT対策に投入させる小型スピーダー。スピンや宙返りなどのアクロバティックな飛び方はできないが、実はレーザーの威力が作中登場する機体の中で一番高い。セカンダリーウェポンはトゥケーブル。
ナブーN-1スターファイター
隠し機体。EP1、2に登場した惑星ナブーの戦闘機。最高速度やスピン速度、ブラスターの連射能力が速い。R2ユニット搭載。セカンダリーウェポンはクラスターミサイル。
スレーヴⅠ
隠し機体。ボバ・フェットの所有する戦闘機。前作ではかなり貧弱なシールドしかなかったが、本作ではある程度改善されている。セカンダリーウェポンはソニック・マイン(EP2に登場したサイズミックチャージと同様のもの)
ジェダイ・スターファイター
正式には「デルタ7・イーサスプライト・インターセプター」と呼ばれるモデル。EP2でオビ=ワン・ケノービが使用したものを、惑星ジオノーシスに不時着したウェッジが回収・復活させたもの。加速性能と最高速度、ブラスターの連射速度が早い。R2ユニット搭載。セカンダリーウェポンはソニック・マイン。
クラシック・コンヴァーチブル
パスワード入力でのみ出現する隠し機体。機体解説曰く「銀河の遠くから流れ着いたものを戦闘機に改造した」とのことである。R2ユニット搭載。セカンダリーウェポンはクラスターミサイル。
エスコート・フリゲート
主にクリックス・メイディーンが乗船している同盟軍のフリゲート艦。プレイヤーは使用できない。
同盟軍輸送船
ヤヴィン4やホスからの脱出などに使用される中型貨物船。時には爆薬を積みこんだ上で自動操縦にして、敵に体当たりさせることもある。

帝国軍[編集]

TIEファイター
帝国軍の主力戦闘機。協力モードと対戦モードではプレイヤーも使用できる。セカンダリーウェポン無し。
TIEインターセプター
帝国軍の新型迎撃機。対戦モードのみプレイヤーが操縦できる。セカンダリーウェポン無し。
TIEアドバンスドx1
EP4でダース・ベイダーが使用していた改良型TIEファイター。シングルモードには登場しない。セカンダリーウェポンはクラスターミサイル。
TIEボマー
プレイヤーが操縦できるのはシングルモードのみ。ウェッジが惑星バクラでのホビー救出に使用し、そのまま回収されたもの。ブラスターを持たない代わりに、無限に撃てる追尾式ミサイルがメイン武器となっている。セカンダリーウェポンはプロトン爆弾。敵機としても登場する。
TIEハンター
シングルモードとに対戦モードに登場。帝国軍がTIEインターセプターの前に開発していた新型高速戦闘機。本作に登場するのはウェッジが奪ったもの。他のTIEシリーズ同様耐久力は低いが、セカンダリーウェポンにプロトン魚雷とイオンキャノンを持ち、さらにS-フォイルも有している高性能機体。TIEボマー同様こちらも敵機として登場する。
AT-ST
敵戦力として登場するほか、一部のステージではプレイヤーが操縦できる。プレイヤー操作時はミサイルが使用できるが、このミサイルはしばらくすると補充されるため、実質無限に撃てる。
AT-AT
デュブリオンでプレイヤーが使用することができる。ミサイルなどのセカンダリーウェポンはないが、強力なレーザーと非常に強固な装甲を持つウォーカー。敵戦力として登場するときは、スノースピーダーでしか倒せない。
AT-PT
取扱説明書には操縦方法が載っているが、実際には敵戦力としての登場しかない為プレイヤーは操縦できない。2足歩行ウォーカーで、歩行速度は速めだが防御力が低い。
ラムダ級シャトル
協力モードにのみ登場する帝国軍の物資・人員輸送シャトル。
エスコート・キャリア
主にウェッジを操作するステージに登場する帝国軍の小型ガンシップ。複数のレーザー砲と強固な防御力を持つ。2つある主砲の威力は、X-ウィングを一撃で撃墜するほど。
共和国ガンシップ
EP2に登場した攻撃用ガンシップ。惑星ジオノーシスに未だに置いてあったものをサークリィが使用して攻撃してくる。
ストーム・トルーパー

その他[編集]

スピーダーバイク
惑星ダントゥイーンと惑星エンドアで使用するほか、敵戦力としても登場する。タトゥイーントレーニングで使用するのは「スウープバイク」という別物。
X-25ランドスピーダー
タトゥイーントレーニングで使用できる。
T-16スカイホッパー
タトゥイーントレーニングで使用できる。

ステージ[編集]

本作は前作までとは違って、ステージセレクトの並び方が変則的である他、プレイヤーキャラクターの違いによってクリア後にプレイできるようになるステージが異なる。

ルークを操作するステージ[編集]

タトゥイーン・トレーニング
40分限定の練習用ステージ。練習用ステージなので様々な種類の機体を操縦できる
帝国の逆襲
操作キャラクターはルーク。デフォルト機体はX-ウイングで、後半は白兵戦となる。デス・スター破壊後の、ヤヴィン4撤退を描いたステージ。ヤヴィン4に攻め込んできた帝国軍の地上部隊を攻撃し、脱出の時間を稼げ。
ダントゥーインでの反抗
序盤と終盤はスウープバイクを操るが、中盤に白兵戦がある。帝国軍からの脱走兵タイコ・ソークーと惑星ダントゥーインで合流し、反乱軍の元へ送り届けよ。
ラルティア防衛戦
ステージを通してスノースピーダーを使用する。惑星ラルティアに逃れている科学者たちを救出するため、展開された地上部隊を排除せよ。
ラルティアからの救出
前ステージの前半はAT-STを操作し、後半は白兵戦となる。救助した科学者たちをコレリアン・コルヴェットまで先導し、コルヴェットを占拠しているストーム・トルーパーを排除せよ。なお、本ステージでサークリィが帝国軍に亡命してしまう。
激戦 ホス
ホスの戦いでルークが撃墜されてから、惑星を脱出するまでを描くステージ。前半は白兵戦とトーン・トーンを使役し、後半はX-ウィングで輸送船を攻撃するTIEボマーを撃退する。
ジェダイ・トレーニング
ライトセーバーステージ。惑星ダゴバでマスター・ヨーダから修業を受けよ。
サーラックの巣穴
ライトセーバーステージ。EP6のサーラックの巣穴での戦闘を描いたステージ。ジャバ・ザ・ハットのセール・バージへたどり着き、レイアを救出して脱出せよ。
スピーダー・バイク追跡
スピーダー・バイクの操作がステージの大半を占めるが、終わり際にライトセーバーを使用する。惑星エンドアにある帝国軍シールド施設の偵察部隊が、反乱軍の存在を基地に報告する前に攻撃し撃退せよ。
デス・スター レスキュー
隠しステージ。白兵戦ステージで、味方としてハン・ソロとチューバッカが登場し、途中からレイアも合流する。デス・スターの監房に捕えられているレイアを救出し、ミレニアム・ファルコンで脱出せよ。
同盟軍の試練
隠しステージ。白兵戦版のエンデュランスステージで、現れ続ける帝国軍兵を撃退し続ける。

ウェッジを操作するステージ[編集]

バクラ急襲
デフォルト機体はB-ウイング。惑星バクラ軌道上の帝国軍施設から離陸する輸送船には、反乱軍の捕虜が乗せられている。輸送船を停止させ、部隊が彼らを救出するのを援護せよ。一定条件を満たすと、惑星に不時着したホビーの救出ミッションがスタートし、その時はTIEボマーを使用することになる。
ジオノーシスの危機
デフォルト機体はX-ウィング。序盤と終盤は惑星軌道上でのドッグファイトで、中盤に白兵戦がある。「バクラ急襲」で姿を現した帝国軍のエスコート・キャリアが惑星ジオノーシス軌道上に確認された。エスコート・キャリアを調査せよ。
デストリリオン
デフォルト機体はA-ウィングで、後半は強制的にY-ウィング機体交換させられる。帝国軍の秘密施設を探し出し、爆撃を行うY-ウィング部隊へデータを送信せよ。
デュブリオン
序盤から中盤にかけてがAT-STを操縦し、終盤はAT-ATを操作する。「デストリリオン」の続きのステージ。惑星軌道上の同盟軍艦隊を、秘密施設のスーパーレーザーが狙っている。地上からスーパーレーザーの中核を破壊し、同盟軍艦隊を救助せよ。
フォンドア襲撃
デフォルト機体はTIEハンター。奪ったTIEハンターを使用し、宙域フォンドアにある帝国軍の造船所を攻撃、及び建造中のスーパー・スター・デストロイヤーを破壊せよ。

その他[編集]

反乱同盟軍の凱旋
隠しステージを除けば、最後にプレイすることになるステージ。前半はチューバッカが奪ったAT-STを操作し、後半はハン・ソロで白兵戦を行う。惑星エンドアのシールドバンカーを破壊せよ。AT-STを操作しているときは、地上のイウォークに指示を与えることができる。
ホスからの脱出
隠しステージ。操作キャラクターはハン・ソロ。エコー基地脱出から、アステロイド到達までを描いたステージ。前半は白兵戦、中盤はファルコン号の銃座、後半はファルコン号自体を操縦するなど、操作機体が目まぐるしく変わる。
ベスピンからの救出
前半はレイア・オーガナを操作して白兵戦を行い、後半はファルコン号を操縦する。カーボナイト冷凍されたハン・ソロをボバ・フェットから奪還せよ。
エグゼキューターへの攻撃
隠しステージ。デフォルト機体はA-ウィングで、キャラクターはグリーンリーダーのアーヴェル・クライニッド。帝国軍艦隊の旗艦「エグゼキューター」を攻撃せよ。

登場人物[編集]

括弧内は登場ステージ

プレイヤーキャラクター[編集]

反乱同盟軍[編集]

  • クリックス・メイディーン将軍(バクラ急襲など)
  • タイコ・ソークー(ダントゥーインでの反抗)
    「ダントゥイーンでの反抗」で帝国軍から亡命
  • ブレン・ダーリン(ラルティアからの救出)
  • デレク・"ホビー"・クリヴィアン(バクラ急襲)
  • ランド・カルリシアン(ベスピンからの救出)
  • C-3PO(ベスピンからの救出)
  • R2-D2(ジェダイ・トレーニング)

帝国軍[編集]

その他[編集]

  • ヨーダ
  • ディーク
    タトゥイーン・トレーニングに登場するルークの友人
  • フィクサー
    ディークと同じくルークの友人

外部リンク[編集]