バトル・ドロイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バトル・ドロイドbattle droid)は、SF映画スター・ウォーズ・シリーズ』およびそのスピンオフ作品に登場する、架空の兵器。戦闘用ドロイドの総称。

歴史[編集]

バトル・ドロイドはヤヴィンの戦いの49,000年前に広大な領域を支配し、「無限帝国」という国家を建設したラカタ[1]が使用していた、ラカタン・ガーディアン・ドロイド(Rakatan guardian droid)が最古のバトル・ドロイドだとされており、ヤヴィンの戦いの25,130年前には独裁者シム・ザ・デスポットがウォー=ドロイド(war-robot)をハットとの戦いに使用している。古代銀河共和国銀河帝国も様々なバトル・ドロイドを開発・運用する。

映画では『エピソード1』にて通商連合が使用する兵士として初登場。『エピソード2』では新たに結成された独立星系連合が運用する様々なバトル・ドロイドが登場し、クローン大戦では各地で銀河共和国のクローン・トルーパーと戦う。

通商連合[編集]

通商連合を統率しているニモイディアンは極端に死を恐れ、単純労働を嫌っているため多くのバトル・ドロイドを保有している。

B1バトル・ドロイド[編集]

仕様[編集]

バクトイド・コンバット・オートマタ社製で、製品名はBシリーズ・バトル・ドロイド、型式名はB1バトル・ドロイド(B1 battle droid)である。パワーパックブラスターライフル等を搭載し、単一の統制コンピューターに従って動く。一般兵は人工知能がほとんど搭載されていないため語彙には乏しいが、上官クラスになると多少知能は追加されているようで必要に応じて会話も可能である[2]。ある程度知能を持ったドロイドもそうでないドロイドも究極的に中央制御コンピュータCCCの命令に従う。輸送時は体育座りの格好でMTT(重装甲の兵員輸送車)に収納される。バトル・ドロイドは恐ろしいほどの画一性を保っており、他と識別できるのはコムリンク・ブースター・パックの裏の書かれた数字だけである。また、階級や役割等によって特別な機能を有するドロイドは本体のラインが色分けされており、赤が警備兵、青が操縦兼整備士、黄色は指揮官、それ以外の無印は普通の一般兵士を表している。外観は長身の細身で高さは1.91メートル、剥き出しのジョイントと骨白色の金属でできている。その外見はヌート・ガンレイらニモイディアンの野外に放置された死体をモデルにしたとされ、骸骨=死という印象を敵に与えている。

ナブーの戦いの後、通商連合に軍縮が課せられたため、これに代わる供給ラインとして、惑星ジオノーシスのドロイド工場が密かに生産を続け、のちにクローン大戦を引き起こす分離主義勢力の軍事基盤となった。クローン大戦期には、用途や活動場所に応じ迷彩色などの塗装が施され、生身の人間の活動が困難な区域に多く配備された。また、『エピソード2』において、C-3POの頭部と胴体が製造ラインで混ざって製造される珍事が起きている。この時、頭部がバトル・ドロイドの場合はメンテナンスを要求したり、逆にC-3POの場合は突然口調が荒っぽくなったりと不具合が発生した。

後に、ブラスターを内蔵型・連射式にし、装甲を強化したスーパー・バトル・ドロイド(後述)も登場している。こちらは人工知能も強化されており、判断能力などが以前より優れている。

TV版『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』では、姿形はB1バトル・ドロイドと変わらないが機敏な動きをする特殊部隊仕様のコマンド・ドロイドやずんぐりとした指揮官仕様のタクティカル・ドロイドなどのバリエーションが登場している。

特徴[編集]

長所
  • 与えられた命令には全て従い、まったく反逆を起こさず感情がないので扱い易い。
  • 構造が単純なので修理し易く、また短期間で大量生産が可能。
  • 人間に似た構造のため、人間用の武器・兵器・乗り物を扱う事ができる。
短所 
  • 自律的に稼動できないので、統制コンピューターが機能を停止するとドロイドも機能を停止してしまう。ただしクローン大戦では、ナブーの戦いで司令船の破壊によってすべてのバトル・ドロイドが機能停止に陥った反省を生かして、司令船からの通信が途切れた場合のため、自律プログラムが用意されているとされる。
  • 構造的に弱く、対人用ブラスターの1発やジェダイフォースで突き飛ばされただけで破壊されてしまう。
  • 人工知能を搭載しない他のドロイドにもあてはまることだが、経験から学ぶという機能がない為、1体1体の戦闘力(射撃能力)が低く、戦闘時には集団で行動させる必要がある。
  • 人間用の武器・兵器・乗り物を使用している為、敵方にヒューノマイド型種族がいた場合、装備品を鹵獲される恐れがある。

備考[編集]

『エピソード1』の終盤、機能を停止してジャー・ジャー・ビンクスに突かれるバトル・ドロイドのブースター・パックには、ジョージ・ルーカス処女作THX 1138』にちなんだ「1138」という数字が記されている。

『エピソード2』では、ジオノーシスの戦いプロ・クーンキ=アディ=ムンディがバトル・ドロイドの機能を停止させようと司令船を襲撃するシーンが撮影されたが、最終的にはカットされた。追い詰められて円陣を組んだジェダイたちに後からこの二人が加わるのは、このためである。

またシリーズを重ねるごとに声が高くなり、発言内容にも冗長さが増す。『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』ではとぼけた発言をしたり命令を無視したりする場面が見られる。また、クローン・トルーパーからはスーパー・バトル・ドロイド共々「ブリキ野郎(原文:clanker)」と呼ばれている。

B2スーパー・バトル・ドロイド[編集]

B2スーパーバトルドロイド(B2 super battle droid)は、映画『スター・ウォーズ・シリーズ』及びそのスピンオフ作品に登場する戦闘用ドロイドの名称である。

概要[編集]

B1バトル・ドロイド(以下B1)の弱点を克服すべく、バクトイド・コンバット・オートマタ社によって開発された改良・発展型であり、主に強度、武装、人工知能が強化されている。全長1.93メートル。B1ではむき出しだった部分を装甲で包み、右腕にダブル・レーザー・キャノンを装備している。これにより、弱点であった防御力の弱さはある程度改善されており、ブラスターが1発当たった程度では少しひるむだけで壊れはしない。B1同様しゃべることができ、完全ではないものの、ある程度の柔軟性を持った人工知能が搭載されており、クローン・トルーパーを「共和国の犬」と呼ぶなど、ユーモアの効いた物言いをする。

さらに『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』では、左腕にグレネードランチャーを装備した上位機種や、空中で活動できるよう背面に2機のロケットブースターを取り付けた亜種が登場する。

BXシリーズ・ドロイド・コマンドー[編集]

BXシリーズ・ドロイド・コマンドーは、隠密任務のために作られたバトル・ドロイドの上位機種である。映画には登場していないが、『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』で存在が確認された。

概要[編集]

外見はB1バトル・ドロイド(以下B1)によく似ているが、目や体の色合いや形状に若干の差異がみられる。また頭部はB1に比べて短く、音声は低くなっている。侵入部隊の隊長機には、額と胸部プレートに白いマーキングが施されている。

高性能なドロイドでB1と同様の基本性能に加えて侵入用のプログラムが組み込まれており、またクローン・トルーパーの肉声を真似る機能も備えている。これを生かして一部隊が情報収集基地に潜入し、衛兵を殺害しその装甲服を着用してクローン・トルーパーになりすましてみせた。しかし語法や動作は完全に似せることができず、また予期せぬ事態に対する柔軟な対応性にも欠けていたために見抜かれ、作戦は失敗に終わる。

ドロイド・コマンドーはB1と比べて頑強な装甲を有し、頭部以外ならば複数回のブラスターの被弾にも耐えることができる。また動作が非常に素早く、銃器以外に刃物を武器として使用したり、他のドロイドを敵に投げつけたり素早く懐に潜り込み格闘戦を挑む場面も見られる。ジェダイやクローンの脅威への対抗策として作られた機種だが生産コストの高さからB1を置き換えるほどの大量生産には至らず、隠密任務用として使用されたほかには少数が配備されるに留まった。

Tシリーズ・タクティカル・ドロイド(戦術ドロイド)[編集]

Tシリーズ・タクティカル・ドロイド(戦術ドロイド)は、スーパーバイザー・ドロイドの一種である。他のバトル・ドロイド達を指揮するために使用される。映画には登場しないが、『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』に登場する。

概要[編集]

大きさはB2スーパー・バトル・ドロイドとほぼ同程度で、B1バトル・ドロイドほど細身ではなく、人間に近い形状をしている。戦術ドロイドの外観や個性は他のドロイドほどに一様ではなく、男性型・女性型の区別さえ存在する。全体的な形状は男性型・女性型の違いを除けばいずれもほぼ変わらないが、カラーリングや音声、性格などには個体ごとの明らかな差異がある。

標準的なバトル・ドロイドと比べて遥かに知能が高く、分離主義勢力の兵士たちを指揮するために配備されていた。人質を盾にとって攻撃を躊躇させたり、偵察ドロイドに敵の動きを探らせるなど高度な作戦を立案し的確に戦闘分析を行える非常に高い知性を有している。一部の戦術ドロイドは艦隊や陸上軍全体の指揮を執ることさえあり、その能力は分離主義勢力内でも高く評価されていた。必要であれば戦車を操縦したりブラスターなどを所持して敵と戦い、前線の指揮に当たることもできる。

優先順位を自ら判断することができ、自身の所有者を見捨ててでも上官の指示に服従したり、戦況上必要と判断すれば味方ごと敵を破壊するなどの場面も見られた。

コマース・ギルド[編集]

DSD1ドワーフ・スパイダー・ドロイド[編集]

コマース・ギルドが使用していたバトル・ドロイドであり、製造はB1と同様である。製品名DSDスパイダー・ドロイド、型式名はDSD1ドワーフ・スパイダー・ドロイド(DSD1 dwarf spider droid)。クローン大戦以前は、コマース・ギルド傘下の鉱山へ派遣され、代金の催促や代金を踏み倒して逃亡した者への追跡に使用されていた。外見は頭頂部に1本のアンテナが付いた、赤く光る1対の目玉の様な赤外線カメラの付いた器球状の本体に、昆虫や蜘蛛の様な2対の脚が付いている。細い坑道が入り組む鉱山での運用を想定していた為、全長は1.98mと小さい。武装は本体の真ん中に砲身の長いブラスター砲が1門搭載されている他、自爆装置も内蔵されている。クローン大戦ではB1等の通商連合のドロイドと共に展開され、共和国攻撃用ガンシップを攻撃する等、対空砲代りに使用されている。このドロイドの最大の欠点は、ブラスター砲が固定されている為、攻撃の際には本体が動いて狙いを定める必要があり、戦闘機など高速で接近するものには十分対応できない事、閉所に投入された際に長い砲身が邪魔になって、動きが制限されることである。

バトル・ドロイドの主な登場作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ スピンオフコミック『旧共和国のナイトたち』(未翻訳)にて初登場。目の部分がシュモクザメの様に頭部の左右に突き出ている人間型知的生命体
  2. ^ 小説板『エピソード3』によると、「武器をよこせ」等といった台詞はあらかじめ録音された物を状況に応じて再生しているだけだとされている

関連項目[編集]