ファンボーイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファンボーイズ
Fanboys
監督 カイル・ニューマン
脚本 アーネスト・クライン
アダム・F・ゴールドバーグ
製作 ケヴィン・スペイシー
デーナ・ブラネッティ
エヴァン・アストロウスキー
製作総指揮 ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
ケヴィン・マン
出演者 ジェイ・バルチェル
ダン・フォグラー
サム・ハティントン
クリス・マークエット
クリスティン・ベル
音楽 マーク・マザーズバー
撮影 ルーカス・エトリン
編集 セス・フラーム
製作会社 トリガー・ストリート・プロダクション
配給 アメリカ合衆国の旗 ワインスタイン・カンパニー
日本の旗 カルチュア・パブリッシャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2009年2月6日
日本の旗 2010年4月24日
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $688,529[1]
世界の旗 $960,828[1]
テンプレートを表示

ファンボーイズ』(原題: Fanboys)は、2008年製作のアメリカ映画

概要[編集]

本作は『スター・ウォーズ』ファンを自認するスタッフによって制作されたもので、スター・ウォーズファンを主軸にしたコメディ映画である。各所にスター・ウォーズのパロディが散りばめられており、レイア・オーガナを演じたキャリー・フィッシャーダース・モール役のレイ・パークランド・カルリジアン役のビリー・ディー・ウィリアムズがセルフパロディを行った他、『スタートレック』にてジェームズ・T・カークを演じたウィリアム・シャトナーも本人役で出演する。

なお、ネタとして用いられるメインは当然スター・ウォーズだが、その他『スタートレック』等多くのアメリカの映像作品が登場し、中には日本のテレビゲームの名前まで登場する。

当初はアメリカのみで公開されていたが徐々に拡大され、カナダ等世界9カ国で公開されており、日本でも劇場公開を求める署名活動が行われていた。

日本での公開[編集]

劇場での公開は日本では行われない予定であったが、署名運動などもあって2010年4月24日より上映された。また、第2回沖縄国際映画祭でプレミアも行われた

2010年5月12日よりTSUTAYAでDVD独占レンタル開始、セルDVD発売開始。

NHK-BShiにて『スター・ウォーズ』全作放送の連動企画で2010年7月19日に放送された。

ストーリー[編集]

スター・ウォーズ エピソード1』の公開を半年後に控えた1998年秋、スター・ウォーズファンのライナスは末期ガンにより余命3ヶ月が宣告されていた。仲間達は、スター・ウォーズを制作しているスカイウォーカーランチに侵入し、封切り前の『エピソード1』を彼が死ぬ前に見せようと、カリフォルニア州マリンカウンティを目指して旅に出る。はたして彼らは、侵入した数多のファンを発見し丁寧に排除してきた厳重なセキュリティをかいくぐって、『エピソード1』をライナスに見せることができるのか!

主要キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
エリック サム・ハティントン 杉山大
ライナス クリス・マークエット 中川慶一
ハッチ ダン・フォグラー 小松史法
ウィンドウズ ジェイ・バルチェル 大原崇
ゾーイ クリスティン・ベル 高口幸子
シーショルツ/ローチ セス・ローゲン 遠藤純一
チャズ デヴィッド・デンマン
ビッグ・チャック クリストファー・マクドナルド
ハリー・ノウルズ イーサン・サプリー
チーフ ダニー・トレホ
アンバー ジェイミー・キング
クリスタル ペル・ジェームズ
男娼の斡旋役 ケヴィン・スミス
スカイウォーカーランチの警備主任 ダニー・マクブライド
ファン1 ルー・テイラー・プッチ
ファン2 ノア・セガン

カメオ出演[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ラインホルド判事 ビリー・ディー・ウィリアムズランド・カルリジアン役) 斉藤次郎
総合病院の女医 キャリー・フィッシャーレイア・オーガナ役) 瑚海みどり
スカイウォーカーランチの警備員 レイ・パークダース・モール役) 咲野俊介
本人役 ウィリアム・シャトナージェームズ・T・カーク役) 間宮康弘

脚注[編集]

  1. ^ a b Fanboys (2009)” (英語). Box Office Mojo. 2010年3月1日閲覧。

外部リンク[編集]