銀河共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
銀河共和国の国旗

銀河共和国(ぎんがきょうわこく、Galactic Republic)は、『スター・ウォーズ・シリーズ』に登場する架空の銀河規模の共同国家体。

この記述にはスピンアウト(非公式)の内容も含まれます。

概要[編集]

銀河共和国は、その最高統治機関である銀河元老院を束ねる最高議長が執政の長を務める一種の議院内閣制をもって運営される。司法手段としては宇宙でもあまり存在しない超越的能力、フォースを会得した「ジェダイ騎士団」が銀河の隅々まで足を伸ばし、その高潔な精神と絶対的な力で様々な争いごとを調停する。

歴史[編集]

旧共和国[編集]

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』で描かれたヤヴィンの戦いより遡ること約25,000年前、銀河系にあまねく存在し、ある程度の交流をもっていた人間、エイリアンなど文明民族が惑星コルサントにて統一銀河憲法を承認。これにより銀河系を統治する民主主義惑星同盟「銀河共和国」が誕生した。首都は惑星コルサント。元老院議会を始め主な政府機関、ジェダイ聖堂などがある。共和国は後に建つ銀河帝国とは違い、民主主義と官僚制度が健全に運用されている限りは、銀河の全市民に対し種族の如何を問わず公平に接し、市民に忠実だった。

統一すればそこから外れるものが出てくるのも世の常で、共和国は歴史上様々な危機に直面した。もっとも大きなものは共和国を守護すべきジェダイ騎士団の中から共和国やジェダイに反抗するものが出てきたことである。彼らは共和国を脱退し「シス」を名乗り一大帝国を建設、ヤヴィンの戦いより約5,000年前に突如共和国に対して戦争を仕掛けてきた(ハイパースペース大戦)。

その後も共和国は度々この「シス」の存在に悩まされる歴史を送ることになる(シス大戦など)。その度にジェダイ騎士団が侵略を防ぐが、シスが完全に滅びたと認識されたルーサンの戦い以降、共和国統治領内では大規模な戦争は行われなくなり、以後1000年に渡って平和と繁栄の時代を謳歌した。しかし、この平和な時代に銀河各地を統治する官僚機構は肥大し、やがて中枢では官僚制度の腐敗と強権を手に入れた元老院議員による汚職が頻発するようになり、共和国末期には統治している銀河各地においてその弊害を露わにしはじめた。そしてこの頃、裏ではシス卿ダース・シディアスとして暗躍し、表では惑星ナブー代表の銀河元老院議員を務めていたパルパティーンが、政局の混乱を利用して元老院最高議長に就任することに成功した。パルパティーンは巧みな演説で大衆の心をひきつけ、腐敗した官僚制度を合理化する一方、シスの暗黒卿としては共和国に不満を持つ勢力を焚きつけて社会不安を拡大していった。そしてそれを口実に軍備増強を推し進め、最終的にはクローン大戦の開始と、それに乗じたジェダイ騎士団抹殺という巨大で邪悪な陰謀をも成功させる。彼の帝政移行の宣言をもって25000年に渡る銀河共和国の歴史は一旦終焉を迎えた。

しかし銀河帝国の恐怖政治による支配も、銀河各地の民主勢力によって結成された反乱同盟軍によって25年で崩壊。共和国再建自由惑星同盟のモン・モスマが共和制復帰を宣言し、新共和国として復活した。

新共和国[編集]

平和を取り戻したのもつかの間、そのたった20数年後に銀河系外から飛来した種族ユージャン・ヴォングの侵略を受け、銀河共和国はかつてないほどの破壊と殺戮にまみれることとなった。ジェダイのフォースが全く効かない敵に対して、ルーク・スカイウォーカーが結成した「新ジェダイ騎士団(ニュー・ジェダイ・オーダー)」が立ち向うが、わずか100名ほどのジェダイ騎士団では侵攻を止める事などできるはずも無く、新生した銀河元老院や新共和国軍も何ら有効な対策を打ち出すことができず、ユージャン・ヴォング軍は瞬く間に銀河の中心核へと侵攻。さらに彼らの強さに恐れおののいた一部の元老院議員らが彼らと内通し、ピース・ブリゲイド(Peace・Brigade)という集団を設立し、自らユージャン・ヴォングに組し、ジェダイ騎士団や新共和国と敵対し始める。新共和国は外部からの侵略と内部からの裏切りに晒され、ユージャン・ヴォングの侵攻開始から2年後、ついに首都惑星コルサントが陥落し、元首であったボースク・フェイリャも死亡。事実上滅亡した。が、間もなく生き残った元老院議員やジェダイ騎士団らの手によってシスや帝国の残存勢力と手を結び、新たに銀河連合自由同盟として再編され、反撃を開始する。

人物[編集]