グランド・モフ・ウィルハフ・ターキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グランド・モフ・ウィルハフ・ターキンGrand Moff Wilhuff Tarkin)は、『スター・ウォーズ・シリーズ』に登場する架空の人物。エピソード3エピソード4に登場。

エピソード4ではフランケンシュタインドラキュラシリーズ等、クラシックホラー映画の大スターとして知られるイギリスの名優ピーター・カッシングが演じた。エピソード3ではピーター・カッシングに比較的容姿が似ている、ウェイン・パイグラム(Wayne Pygram)が演じている。

スピンオフの設定も含まれています

概要[編集]

最初のデス・スターの司令官で、レイア・オーガナの故郷の星オルデランを破壊したが、ヤヴィンの戦い反乱同盟軍によって、第一デス・スターもろとも吹き飛ばされた。

銀河帝国成立間もない頃、ゴーマンに対する帝国の増税に抗議する大規模なグループが、秩序だった座り込みによって宇宙船の着陸デッキを占拠。この時ターキンは、彼の船を整然と着陸させ、大勢の帝国市民を押しつぶして殺した。これはゴーマンの虐殺として知られるようになる。そして、不平者への徹底的な抑圧と恐怖による統治、「力そのものより、力への恐怖によって統治せよ」を文言とする「ターキン主義」を確立した。

帝国の樹立までにおいて[編集]

ウィルハフ・ターキンはもともと、惑星エリアドゥ出身の貴族で、この工業惑星の副総督を兼ねていた。通商連合ヴァローラム銀河元老院最高議長との間でサミットが行われる際に、議長を接待して中央権力への足掛かりをつかむ。だがこれが同時に、ヴァローラムにとっては失墜の第一歩となる。

数年後、(映画「エピソードI:ファントムメナス」から三年後)ターキンは共和国辺境領域保安軍の中佐として、三十代半ばにしてパルパティーン元老院最高議長や、その他多くの権力者と繋がりを持っていた。

この共和国辺境領域保安軍(Republic Outland Regions Security Force)の設定は、SWのスピンオフ界でも微妙な位置づけである。この話が描かれているスピンオフ、「ローグ・プラネット」は、エピソード2が発表される以前の作品であり、作者のグレッグ・ベアには、未だ銀河共和国は大規模な軍隊を持たない、という設定が明らかにされていなかったのである。ルーカスフィルムによってなされた「歴史の編纂」では、この軍隊の日本語名称は共和国保安部隊や共和国辺境宙域警備隊に変更され、銀河共和国が崩壊する数十年前に保有していた、宇宙での戦闘を想定した特殊部隊(もしくは小規模な)の1つという位置づけになっているようである(パナカ隊長も実戦経験を積むため、一時出向していた共和国特殊機動部隊は銀河の治安維持が主要任務の1つであり、同じ類の部隊だと考えられる)。

ターキンは友人のレイス・サイナーから、星ほどの大きさもある宇宙船というアイデアを聞かされ、また、そのころ辺境に存在していた惑星ゾナマ・セコートのみで作られるセコート船と呼ばれる宇宙船に興味を抱き、この惑星を征服しようとする。だが、そこには偶然、オビ=ワン・ケノービと彼のパダワン、アナキン・スカイウォーカーがおり、彼らの活躍と、ゾナマ・セコート自身がハイパードライブを起動して、惑星ごといずこかへ去っていってしまったがために、ターキンのたくらみは失敗する。だがターキンは、サイナーのアイデアである要塞惑星のアイデアを自らのアイデアとして売り込み、失地回復する。

クローン大戦の時代にはターキンは共和国軍大佐の地位についており、スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ (テレビアニメ)ではジェダイ・マスター・イーヴン・ピールの部隊に配属されている。共和国と独立星系連合の拠点を結び、互いにとって敵の手に渡れば致命傷になりかねないネクサス・ルートの座標を発見したピールの部隊は独立星系連合に捕らえられ、座標を聞き出すためにジェダイ専用の刑務所であるシタデルに連行されてしまう。この時ピールは戦艦のコンピュータから座標のデータを削除し、座標を半分ずつに分けてターキンと共に記憶していた。共和国部隊が彼らを脱出させようとした際にイーヴン・ピールは殺害されてしまうが、ピールが記憶していた半分は彼の死の間際にアソーカ・タノに伝えられターキンも脱出に成功する。しかし、ネクサス・ルートの座標についてアソーカはジェダイ評議会に対してのみ報告を行うよう命じられており、ターキンもパルパティーン最高議長にのみ報告するように命じられていると主張した。そのためジェダイ評議会はこの件についてパルパティーンとの協議を余儀なくされることになる。この時ターキンはシタデルからの脱出の際に敵と比べて明らかに戦力が劣っているにも関わらず力に頼った強引な脱出を提案したり、要塞としてのシタデルの強固さを賞賛するなど後のデス・スターに繋がる思想の片鱗を見せていた。

やがてクローン大戦終盤にエリアドゥに総督として帰り、流刑惑星デスペイヤーにおいてその要塞惑星通称デス・スターの建造を開始する。

パルパティーン議長が皇帝となって銀河帝国を樹立させると、ターキンは帝国で初のグランド・モフという重要な地位に任命されることとなる。モフは総督のことで、グランド・モフはさらに広範囲の複数の宙域を統括する総督のことである(日本語版小説では「大総督」と訳されたこともあった)。 ターキンの場合アウター・リムのほぼ全域を統括する権限を与えられており、これはのちのグランド・モフと比べても類を見ないものである。

ターキン・ドクトリン[編集]

支配信念は、極めてわかり易いものだった。すなわち、「恐怖による統治」であり、帝国の統治の基本方針は、ターキンによって打ち立てられた。自身も惑星ゴーマンにおいて、暴徒を鎮圧するために、彼らの上にヴィクトリー級スター・デストロイヤーを着陸させるという過剰なまでの暴力の行使を行っている。

この基本方針は、ターキン・ドクトリンと呼ばれた。その内容は、直接の軍事力によるものではなく、その軍事力のもたらす恐怖によって銀河市民を統治するというものであり、その究極がデス・スターだった。

ターキンの帝国軍における地位[編集]

帝国の成立の直後に、皇帝からの絶大な信頼のもとグランドモフの称号を得、デス・スター建造の監督をし、アウター・リムの帝国領を思うままに統治した。ターキンの権力は皇帝に次ぐものであり、映画「エピソード4:新たなる希望」を見ればわかるとおり、惑星一つを破壊するデス・スターのスーパ・レーザーを自分の思うがままに扱えるばかりか、ダース・ベイダーをも従えるほど強大なものであった。皇帝以外にベイダーに命令できたのは、後にも先にもターキンだけであり、事実ベイダー卿によるフォースを用いた"私刑" を思い留まらせた唯一の人物でもある。しかし同時にベイダーは皇帝の密使としてターキンが皇帝を裏切らないよう監視する役目も担っていた。実際、ターキンの側近モッティ提督などはターキンが皇帝に取って代わるよう謀反を勧めていた。デス・スターという強大極まりない力を得たターキンは実質皇帝に比肩するほどの力を持つこととなり、皇帝にとってターキンは危険すぎる存在となりはじめていたのであった。

デス・スターの完成とターキンの死[編集]

デス・スターは遂に完成し、そのころ勃興しつつあった反乱勢力を根絶するために進撃を開始する。いまやアウター・リムの大部分を統治しているターキンにとって、これが終われば皇帝が警戒していた通り最強の兵器デス・スターでもって皇帝を滅ぼし、自らが新しい皇帝となるつもりだった。

だがその計画も、反乱同盟軍にデス・スターの設計図を奪われるという事件によって、狂わされる。オルデランの元老院議員にして反乱勢力の指導者であるレイア・オーガナを捕らえ、レイアの故郷であり反皇帝派の根拠地の一つでもあるオルデランを破壊して、デス・スターの威力を示してみたものの、設計図は取り返せず、オーガナの救出のためにデス・スターに乗り込んできたルーク・スカイウォーカーらには逃げられる。だが、彼らの宇宙船に発信機を取り付けることで、反乱軍の秘密基地のありかを探し出すことには成功し、ターキンは一路、惑星ヤヴィンへと向かう。

しかし反乱軍は、すでにデス・スターの弱点を割り出していた。その廃熱ダクトにプロトン魚雷を打ち込めば、反応炉は大爆発を起こす。ヤヴィンが潰されるのが先か、デス・スターが破壊されるのが先か、という局面の中、ターキンはデス・スターの勝利を信じて疑わなかったが、ルークという若きジェダイによってデス・スターは破壊され、ターキン自身も運命を共にする。

この戦いで生き残ったのは、若干のスターファイターのパイロットと、ダース・ベイダー、シャトルでデス・スターを離れていたマキシミリアン・ヴィアーズ大佐のみであった。ただし、スピンオフ小説「デス・スター」では他にもこの戦いの最中に数名の逃亡者がデス・スターからの脱出を果たしていたとされている。

ターキンの死が銀河に与えた影響[編集]

ターキンの死は、銀河系、特にアウター・リムに多大な影響を与えた。ターキンは帝国草創期、または銀河共和国期から皇帝を支持していた人物であり、帝国の成立とあいまって、治安の悪いアウター・リムを統治するための数々の特権を与えられていた。その力は皇帝に次ぐものでありデス・スター建造の監督権・指揮権を与えられていたことから、惑星一つを破壊する命令を自由に発動できることからもその権力の強大さが伺える。ヤヴィンでの敗北は、アウター・リムを統治していた権力機構の最高司令部を一気に取り払うことになってしまったのだ。各地では反乱の火の手が上がり、反乱同盟軍は一気に勢力を拡大した。

帝国側でもこれを重く見て鎮圧すべく、スーパー・スター・デストロイヤー「エグゼクター」を建造し、第一級の艦船からなる機動艦隊「死の小艦隊」を編成し、皇帝の第一の弟子であるダース・ベイダーに指揮を任せ、追撃と反乱の鎮圧を行わせた。

ターキンの後継者として、グランドモフ・アーダス・ケインがアウター・リムの統括を行ったが、ケインに与えられた権限はターキンのそれと比べるべくもなかった。ケインは皇帝の死後、帝国からの分離を宣言してペンタスター同盟に加わるも、後に暗殺される。