マーク・マザーズボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・マザーズボー
Mark Mothersbaugh
Mothersbaugh in concert, 2006}
Mothersbaugh in concert, 2006
基本情報
出生名 Mark Allen Mothersbaugh
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
アクロン (オハイオ州)
ジャンル ニュー・ウェイヴ
ポストパンク
シンセポップ
担当楽器 ボーカル, シンセサイザー, ギター, キーボード, Mellotron
活動期間 1972–present
共同作業者 ディーヴォ
公式サイト www.clubdevo.com(英語)

{{{Influences}}}

マーク・マザーズボー (Mark Allen Mothersbaugh, 発音: [ˈmʌðərzbɔː]; 1950年5月18日 - )はアメリカ合衆国のミュージシャンで、ニューウェーヴバンドディーヴォ』の創立メンバー。

シンセサイザーの使い方に一家言もっており[1]、(これまでの楽器の延長としてではなく)「シンセサイザーをシンセサイザーとして使う」方法論は、日本においてテクノポップというジャンルが成立するきっかけとなった。

1976年のアメリカでの彼のステージを観た立花ハジメとはそのときからの親友であり、現在でも親交がある。

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のエメット・ブラウン博士(ドク)役をオファーされたが断っている。

2013年のアメリカ映画『ラスト・ベガス』で作曲を務めた。

出典[編集]

  1. ^ 1979ミュージックライフ来日直前インタビューinニューヨーク/聞き手、林洋子