猿の惑星: 創世記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
猿の惑星: 創世記
Rise of the Planet of the Apes
監督 ルパート・ワイアット
脚本 アマンダ・シルヴァー
リック・ジャッファ
製作 アマンダ・シルヴァー
リック・ジャッファ
ピーター・チャーニン
ディラン・クラーク
製作総指揮 トーマス・H・ハンメル
出演者 ジェームズ・フランコ
アンディ・サーキス
フリーダ・ピントー
ジョン・リスゴー
ブライアン・コックス
トム・フェルトン
音楽 パトリック・ドイル
撮影 アンドリュー・レスニー
編集 コンラッド・バフ
マーク・ゴールドブラット
製作会社 チャーニン・エンターテインメント
WETAデジタル
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年8月5日
日本の旗 2011年10月7日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $90,000,000[1]
興行収入 $409,382,629[2]
24.2億円[3]日本の旗
次作 猿の惑星: 新世紀
テンプレートを表示

猿の惑星:創世記』(さるのわくせい ジェネシス、Rise of the Planet of the Apes) は、2011年公開のアメリカSF映画。『PLANET OF THE APES/猿の惑星』以来10年ぶりとなる『猿の惑星』シリーズの新作で、新たなシリーズの起点(リブート[4])と位置づけられたオリジナル・ストーリーである[5]

当初は2011年6月の公開が予定されていたが、8月5日に延期された[6]。日本での公開は10月7日

あらすじ[編集]

アフリカでチンパンジーが捕獲され、サンフランシスコに連れてこられる。父のアルツハイマー型認知症を治そうと神経科学者のウィル・ロッドマンはそのための新薬を開発、実験台としてそれをあるチンパンジーのメスに投与したが、臨床データを採るようにジェネシス社の幹部を説得している時に、メス猿は凶暴化して現れ、射殺され、実験も中止になる。ウィルはそのメス猿が死ぬ前に産んだ子猿を引き取りシーザーと名付けて育てることにした。手話アメスランで会話を成立させる。ウィルは動物園の獣医キャロラインと相思相愛の仲になり、体長5フィートにもなったシーザーは、より複雑で多様な感情を表すようになっていた。またJACOBSと文字も書けるように学習もしていった。

それから5年後、薬の安全性を確信したウィルは父にも投与を行った。父の認知症は治っただけでなく、「向上」した。しかし、狂暴化しのちに死亡したメス猿同様か父も少し荒っぽい性格となりつつあった。

ある日、車を運転しようとして隣人とトラブルを起こしたウィルの父を窓から眺めていたシーザーは守ろうとして隣人を襲ってしまう。これが原因でランドン親子が経営する霊長類保護施設に送られてしまう。だが、シーザーはそこにいる普通の猿たちとは馴染めず、しかも横暴なランドン親子の度重なる虐待を受け、人間に対して深い失望感と憎悪を抱くようになる。一方で、猿の群れを率いるボスとの争いに勝利を収め、全ての猿たちをひとつのグループにまとめ上げていく。

ウィルはより強力に改良した新薬113の実験を行うが、猿への投与中に薬を浴びた同僚が原因不明の体調不良を訴えた後、激しく出血して謎の死をとげる。ウィルは実験を中止するように説得する。そして、施設を訪れるが、シーザーはウィルが差しのべる手を拒絶。知性に目覚め、人間の愚かさに失望し、ウィルさえも想像できない驚異的な進化を遂げていた。シーザーはこの時、既ににある決意を固めていた。やがて高い知能を駆使し、結束の必要があるとオランウータンまで説得。やがて密かに施設を脱走したシーザーはウィルの家からその薬を盗む。施設の管理人に言うことを聞かないと言われ、「止めろ!」と初めて声を出す。施設から脱出したシーザーは施設をも襲う。今や固い絆で結ばれた霊長類の仲間と共に、人間側とゴールデン・ゲート・ブリッジでの壮絶な戦いが始まる。ウィルはシーザーを追って森の中へ行き、説得しようとするが、「シーザー、うち、ここ」と拒否をする。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

人間

製作[編集]

企画[編集]

原題には過去に『Caesar』『Caesar: Rise of the Apes』『Rise of the Apes』と呼ばれていた[7]

本作は旧シリーズの特定の作品のリメイクではないが、旧シリーズのいくつかの要素が取り入れられている。

監督を務めるルパート・ワイアットは「これは神話の一部分であり、そう見えるようにしなくてはならない。他の映画との関連はなく、オリジナル・ストーリーである。旧作が好きな人も満足してくれるだろう。『バットマン ビギンズ』のようにファン層を取り込めるかでこの映画の真価が問われる」と語った[5]

キャスティング[編集]

アルツハイマー型認知症治療の研究者をジェームズ・フランコが演じる[8]。当初、フランコの役にはトビー・マグワイアが検討されていた[9]

2010年6月22日、フリーダ・ピントージョン・リスゴーの参加が判明した[10]

シーザーを演じるのは、キング・コングを演じた経験を持つアンディ・サーキスである[11]

撮影[編集]

撮影は2010年6月にバンクーバーで始まり[12]、その後サンフランシスコ[12]オアフ島でも行われた。

VFX[編集]

旧シリーズと異なり、猿のメイクはWETAデジタルCGI技術で施される[13]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ コノヴァルは裁判所の女性書記官役で顔出し出演もしている。

出典[編集]

  1. ^ EdGross (2010年7月9日). “Rise of the Apes Begins Production”. Media Geek. ComicBookMovie.com. 2011年5月4日閲覧。
  2. ^ Rise of the Planet of the Apes”. Box Office Mojo. 2011年10月4日閲覧。
  3. ^ 2011年度(平成23年)興収10億円以上番組(平成24年1月発表)一般社団法人 日本映画製作者連盟 2012年1月26日発表
  4. ^ 予想外の大ヒット!?
  5. ^ a b Lussier, Germain (2011年4月14日). “Collider Visits The Set of RISE OF THE PLANET OF THE APES; Plus Video Blog”. Collider.com. 2011年5月4日閲覧。
  6. ^ Yahzee, Skellington (2011年3月23日). “Fox moves again the release date for Rise of the Apes”. Moviefy. SenzafineMedia. 2011年5月4日閲覧。
  7. ^ Melrose, Kevin (2011年4月7日). “Fox’s Planet Of The Apes Prequel Gets Renamed … Again”. Spinoff Online. Comic Book Resources. 2011年5月4日閲覧。
  8. ^ James Franco plays lead in Apes prequel”. CBC.ca. カナダ放送協会 (2010年5月22日). 2011年5月4日閲覧。
  9. ^ McWeeny, Drew (2010年5月21日). “How Spider-Man lost the lead role in Rise Of The Apes to the Green Goblin”. HitFix. 2011年5月4日閲覧。
  10. ^ Tyler, Matther (2010年6月22日). “John Lithgow and Freida Pinto Join ‘Rise Of The Apes”. The Film Stage. 2011年5月4日閲覧。
  11. ^ Winning, Josh (2010年6月30日). “Andy Serkis Cast in Rise of the Apes”. Total Film. Future Publishing. 2011年5月4日閲覧。
  12. ^ a b Heller, Corinne (2010年11月11日). “Tom Felton begins shooting 'Rise of the Apes', stars in Ashley Greene film”. OnTheRedCarpet.com. 2011年5月4日閲覧。
  13. ^ Sciretta, Peter (2010年5月6日). “Planets of the Apes Prequel Rise of the Apes Announced for Summer 2011”. /Film. 2011年5月4日閲覧。

外部リンク[編集]