モンスター・パニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モンスター・パニック
Humanoids from the Deep
監督 バーバラ・ピータース
ジミー・T・ムラカミ(追加シーン)
脚本 フレデリック・ジェームズ
フランク・アーノルド(原案)
マーティン・B・コーエン(原案)
製作 マーティン・B・コーエン
ハント・ロウリー(共同製作)
製作総指揮 ロジャー・コーマン
出演者 後述
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 ダニエル・ラカンブル
編集 マーク・ゴールドブラット
配給 アメリカ合衆国の旗 ニューワールド・ピクチャーズ
日本の旗 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1980年5月
日本の旗 1980年10月4日
上映時間 80分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 2,500,000ドル[1]
テンプレートを表示

モンスター・パニック』(Humanoids from the Deep ,別題:Monster[2])は1980年アメリカ映画

概要[編集]

漁村を襲撃する半魚人の群れと、それに立ち向かう人々との攻防を描いた文字通りのB級モンスターパニック映画である。半魚人スーツ(着ぐるみ)のデザインと造形は、後に『ハウリング』や『遊星からの物体X』、『ザ・グリード』等を手がけるロブ・ボッティンが担当した。なお、 ロブ・ボッティンはスーツアクターも兼任しているが、本編のクレジットには記載されていない。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替(TBS版)
ジム・ヒル ダグ・マクルーア 玄田哲章
ハンク・スラテリー ヴィック・モロー 田中信夫
スーザン・ドレイク博士 アン・ターケル 高畑淳子
ジョニー・イーグル アンソニー・ペーニャ 安原義人
キャロル・ヒル シンディ・ワイントローブ 榊原良子
半魚人 ロブ・ボッティン

製作[編集]

当初この映画の企画はジョー・ダンテに監督のオファーが出されたが本人が辞退し、代わりに バーバラ・ピータースが監督となり1979年10月に撮影が開始された[1]

ピータースが撮影した映画は、観客の心に響くような派手なシーンが足りなかったため[3] 、当時この映画の 第二班監督英語版で、のちに『勇者ストーカー英語版』の監督・製作を務めるジェームズ・スバーデラッティがセックスや流血、ヌードといった過激なシーンを入れた結果、満足のいく仕上がりになった。 なお、この際 女性監督であるバーバラ・ピータースは、半魚人による女性へのレイプや出産といったショッキングなシーンの撮影を拒否した。そのため、男性監督のジミー・T・ムラカミが急遽、追加撮影シーンの監督を代行したが、彼の名前は本編のクレジットには記載されていない。また、この過激なシーンを見たアン・ターケルもピータースとともにこの映画から自分の名前を外すよう頼んだが、却下された[1]

トリビア[編集]

DVD[編集]

2003年12月26日キングレコードから発売された。レンタル版もあり。

リメイク[編集]

1996年にTV映画としてリメイクされた。日本では徳間ジャパンコミュニケーションズから『D.N.A.V』の邦題でビデオがリリースされた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Christopher T Koetting, Mind Warp!: The Fantastic True Story of Roger Corman's New World Pictures, Hemlock Books. 2009 p 175-176
  2. ^ Alternative titles at IMDB
  3. ^ Hardy, Phil (editor). The Aurum Film Encyclopedia: Horror, Aurum Press, 1984. Reprinted as The Overlook Film Encyclopedia: Horror, Overlook Press, 1995, ISBN 0-87951-518-X

外部リンク[編集]