チョーヤ梅酒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チョーヤ梅酒株式会社
Choya Umeshu Co.,Ltd.
CHOYA (Head Office).jpg
本社社屋
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 チョーヤ、CHOYA
本社所在地 日本の旗 日本
583-0841
大阪府羽曳野市駒ヶ谷160-1
設立 1962年6月 (創業1914年
業種 食料品
事業内容 梅酒を主とする果実酒の製造・販売
代表者 代表取締役会長 金銅幸夫
代表取締役社長 金銅重弘
資本金 2,800万円
従業員数 130名
外部リンク http://www.choya.co.jp/
テンプレートを表示

チョーヤ梅酒株式会社(チョーヤうめしゅ、Choya Umeshu Co.,Ltd.)は、大阪府羽曳野市に本社を置く、梅酒を主とする果実酒の製造販売をおこなう企業である。

コーポレート・スローガンは「価値ある、おいしさ。」。

概要[編集]

日本を代表する果実酒メーカーの一社で、特に梅酒において圧倒的シェアを誇る。東京証券取引所には上場しておらず、上場企業などの酒類持ち株会社の傘下には属していない独立系の企業である。

創業当時はブドウ酒の製造をおこなっていたが、ブランデー製造を経て、現在では梅酒の製造がメインとなっている。主力製品の「チョーヤ梅酒」は全商品、日本国内産のを100%使用、添加物は一切使用していない。その他、店頭には稀にしか並ばないが、かりん酒・朝鮮人参酒なども製造している。

元の社名の「蝶矢」は、同社が本社を置く羽曳野市駒ヶ谷周辺の二上山葛城山金剛山ギフチョウなど数多くのが生息していたこと、また二上山で採取される石が石器時代石包丁として利用されていた歴史・地理的な背景を持つ。

2000年に梅酒製造40年を機に「チョーヤ梅酒株式会社」に社名を変え、現在に至る。

沿革[編集]

  • 1914年 - 葡萄果実栽培を始める
  • 1924年 - 金銅住太郎が生葡萄酒の醸造・販売を始める
  • 1949年 - ブランデーの製造・販売を始める
  • 1951年 - 甘味果実酒の製造・販売を始める
  • 1959年 - リキュール酒(梅酒)の製造・販売を始める
  • 1962年 - 株式会社化し、蝶矢洋酒醸造株式会社を設立
  • 1968年 - 薬草酒の製造・販売を始める
  • 1973年 - 薬用酒(医薬品)の製造・販売を始める
  • 2000年 - 社名をチョーヤ梅酒株式会社に改称
  • 2009年 - 化粧品ブランド「CHOYA プラナス」を通信販売限定で販売開始。
  • 2010年 - 同年9月発売製品から「CHOYA」ロゴを変更、同年12月から放映の「チョーヤ梅酒 紀州」・「うめほのり」のTVCMからサウンドロゴを変更し、冒頭に移動。
  • 2014年 - 創業100周年。

主な商品[編集]

  • 「チョーヤ梅酒紀州
  • 「ウメッシュ」
  • 「酔わないウメッシュ」(ノンアルコールの炭酸飲料)
  • 「チョーヤ さらりとした梅酒」
  • 「チョーヤ梅酒 エクセレント」(モンドセレクション最高金賞受賞)
  • 「チョーヤ とろける黒糖梅酒」(モンドセレクション金賞受賞)
  • 国外向けに自社ブランドの清酒も供給している。

工場[編集]

フジテレビ騒動とチョーヤ[編集]

詳しくは2011年のフジテレビ騒動を参照

2011年7月から9月にかけてフジテレビの『木曜劇場』で放送されたドラマの劇中にて、小道具のなかに日本を侮辱する表現が含まれていたとして、フジテレビや番組スポンサーへ抗議活動が行われた。そのなか、それまで同枠でCMを放映していたチョーヤが、9月15日放送回ではCMが放映されなかった(実際は不定期スポンサーであったため当初から放映予定がなかった)ため、「チョーヤはスポンサーを降板したのでは」と2ちゃんねる等のインターネット上で噂が流れたが、この件に関してガジェット通信の取材に対し、現在のテレビ放送とCMのあり方について言及し[1]、「このような状況がエスカレートしていくようであれば、CMを出すという事自体を考えなおさなければいけないかもしれません」とコメントしている。

スポンサー番組(過去に提供されたものを含む)[編集]

現在提供中の番組は主に30秒である。

現在[編集]

  • 「ゆっくり私時間〜my weekend house〜」(日本テレビ・一社提供、唯一の筆頭提供番組、提供読みの呼称は「チョーヤ梅酒」。)
  • 土曜ワイド劇場」(朝日放送・テレビ朝日系)(1993年10月 - 2003年。提供開始は60秒、のちに30秒に縮小。2010年10月より現在も提供中)
  • 世界の村で発見!こんなところに日本人」(朝日放送・テレビ朝日系、2014年10月より)

過去[編集]

1980年代は主に在阪テレビ局の全国ネット番組へのスポンサー参加が多かったが、現在は在京テレビ局の番組のスポンサーになる事が多い。また、静岡県岡山県香川県のテレビ局において、スポットCMを多数流している事もある。なお、2011年2月からは提供テロップが「チョーヤ梅酒」から「CHOYA」に変更となっている。

テレビCM[編集]

現在[編集]

過去[編集]

注釈[編集]

  1. ^ チョーヤ梅酒がフジテレビドラマ「それでも、生きてゆく」のスポンサーを降りた? 真相についてきいてみました(GETNEWS)

外部リンク[編集]