ベロニカは死ぬことにした

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベロニカは死ぬことにした』(ポルトガル語原題:Veronika Decide Morrer)は、パウロ・コエーリョ小説1998年に出版された。

ベロニカの変化を追いながら、生きることについての思索を小説として問いかけた作品である。

あらすじ[編集]

スロベニア共和国リュブリャナ在住の24歳の女性ベロニカは、若さも仕事も愛もすべてを手にしていた。しかし、何の変哲もない日々の繰り返しに疲れ、1997年11月、薬物の多量摂取による自殺を図る。一命を取り留めたベロニカは、意識を取り戻したとき、精神病院にいた。ベロニカは、自殺未遂の後遺症から余命はほとんどないと告げられる。彼女は、残り少ない日々を「狂人」の中で過ごすことになった。しかし、それぞれ別の事情で入院しているゼドカ、マリー、エドアードと接するうちに、ベロニカにも変化が現れる。

主な登場人物[編集]

  • ベロニカ
  • ゼドカ
  • マリー
  • エドアード
  • イゴール博士

本作を基にした作品[編集]

映画[編集]

音楽[編集]

舞台[編集]

日本語訳[編集]

  • ベロニカは死ぬことにした(角川書店、訳:江口研一
    文庫化にあたり、ハードカバー版から改稿している。

関連項目[編集]