Jホラーシアター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Jホラーシアター』は、一瀬隆重プロデュース、東宝配給によるホラー映画のブランド。

落合正幸鶴田法男清水崇黒沢清高橋洋中田秀夫ら6監督による、計6作品を製作した。2007年の『怪談』を最後に約3年間、企画が凍結状態だったが、最終作『恐怖』が2010年に公開された。なお当初は輪廻以降の作品はJホラーシアターに含まれていなく、それぞれ独立した作品だったが2010年公開の『恐怖』で輪廻以降の作品もJホラーシアターに位置づけられている。

『感染』[編集]

第1弾(2004年10月2日封切り)PG-12(感染のみ)。
感染
監督 落合正幸
脚本 落合正幸
原案 君塚良一
製作 一瀬隆重
製作総指揮 濱名一哉
小谷靖
出演者 佐藤浩市
高嶋政伸
音楽 蓜島邦明
主題歌 奥田美和子「夢」
撮影 増井初明
編集 深沢佳文
配給 東宝
公開 日本の旗 2004年10月2日
上映時間 98分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

あらすじ[編集]

とある古い病院、予算も少なく国からの援助にも見放され備品も底を付きかけ、過酷な状況にも関わらず多くの患者を抱えスタッフは疲れ切っていた。

ある夜、全身に火傷を負った患者の容体が急変、医師の秋葉の措置も虚しく医療ミスによって患者を死なせてしまう。極限状態にある自分の身を案じた秋葉と魚住はミスの隠蔽を決める。

そこへ未知のウイルスに感染した患者が運ばれてくる。秋葉の同僚の赤井は自分たちでウイルスを調べ手柄を立てようと秋葉、魚住に提案するが医師たちが目を離した隙に患者はダクトに逃げ込んでしまう。その後病院のスタッフが次々とウイルスに感染していく。極限の疲労、そして隠蔽への不安、お互いへの疑念を抱きながら極限状態の中、秋葉らは朝を迎える…。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

『予言』[編集]

予言
監督 鶴田法男
脚本 高木登
鶴田法男
原作 つのだじろう
恐怖新聞
製作 一瀬隆重
製作総指揮 濱名一哉
小谷靖
出演者 三上博史
酒井法子
音楽 川井憲次
撮影 栢野直樹
編集 須永弘志
配給 東宝
公開 日本の旗 2004年10月2日
上映時間 95分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

あらすじ[編集]

休暇を終え妻子と実家から車で帰る道中、重要なメールを送るために公衆電話に立ち寄っていた里見英樹は電話ボックス内で新聞紙の切れ端を見つける。そこには自分の娘の死亡事故の記事が書かれていた。直後、記事の内容を追うように事故が起こり娘は死亡、二人は離婚する。

事故の3年後、英樹は高校教師になっていた。ある日から英樹の生徒・若窪沙百合が自分の死期を悟ったような不可解な言動を取りはじめる。前後して、連続通り魔に関する予告記事が届くようになる。

離婚した妻・綾香は事故の予言と新聞について大学で独自に研究を進めていた。念写実験を通して知り合った御子柴聡子という予言者から「恐怖新聞」の存在とそれを研究していた鬼形礼という人物のことを聞かされる。

予言の新聞を調べるために再会した二人はやがて鬼形の家を訪れ、予言に関する記録が残されたVHSを発見する…。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

『輪廻』[編集]

第2弾として2006年1月7日PG-12指定で封切られた。

『叫』[編集]

第3弾として2007年2月24日封切られた。

『怪談』[編集]

第4弾として2007年8月4日に封切られた。

『恐怖』[編集]

第5弾として2010年7月10日に封切られた。

脚注[編集]

  1. ^ DVD「予言 プレミアム・エディション」のコメンタリートラック(一瀬隆重と鶴田法男)によると、ほぼ新人だった井上花菜は、書類の時点ではあまり期待されておらず、奈々役は他の子役にほぼ決まっていたが、演技をさせてみたらあまりにも良かったので採用されたという。

外部リンク[編集]