藤壺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

藤壺(ふじつぼ)は、物語に登場する、本名のわからない架空の皇妃の便宜上の名称。そもそも藤壺とは平安御所後宮七殿五舎のうちの一つ飛香舎の別名であり、転じて飛香舎を賜った皇妃の呼称ともなる。代表的な例として『源氏物語』に3人が登場する他、『うつほ物語』のあて宮などが知られる。

  1. 桐壺帝中宮冷泉帝の母。後述。
  2. 朱雀帝女御女三宮の母。1の異母妹。
  3. 今上帝の女御、女二宮の母。

藤壺(ふじつぼ)は、紫式部が著した小説『源氏物語』に登場する架空の人物である。作中で藤壺と呼ばれる女性は3人おり、混同を避けるため藤壺の宮(ふじつぼ の みや)、または藤壺中宮(ふじつぼ の ちゅうぐう)とも呼ぶ。光源氏の初恋の女性。

先帝の后腹(皇后所生)の女四宮(第四皇女)。同母兄に兵部卿宮(後に式部卿宮。紫の上の父)、異母妹に源氏女御(朱雀帝の妃、女三宮の母。同じく藤壺と称した)がいる。

桐壺更衣にそっくりの美貌の女性で、更衣の死後も悲しみに暮れていた桐壺帝がその噂を聞いて熱心に所望し、14歳で入内する。桐壺帝は藤壺と最愛の息子源氏を実の母子のように鍾愛し、共にその輝かんばかりの美しさもあって、藤壺は源氏の「光る君」と並んで「輝く日の宮」と称された(「桐壺」)。

藤壺が亡き母によく似ていると教えられ、5歳違いの彼女に懐いた源氏は、元服後も彼女を慕い続けて、次第に理想の女性として恋するようになる。そして藤壺が病のため里下がりした折に関係をもち(「若紫」)、その結果藤壺は源氏に生き写しの男御子(後の朱雀帝の東宮冷泉帝)をもうける。何も知らない桐壺帝は高貴な藤壺が産んだこの皇子を「瑕なき玉」と歓喜し溺愛したが、藤壺の心中は複雑だった。その年の秋に中宮に立后する(「紅葉賀」)。

その後桐壺帝から朱雀帝に世は移り、桐壺院崩御と共に弘徽殿太后(朱雀帝の母)側の勢力は日に日に増大する。源氏・左大臣側の衰勢も著しく、主だった後見もいない藤壺は源氏からの更なる求愛に悩まされた末、東宮を守るために出家を選んだ(「賢木」)。

東宮が元服し帝となった後は太上天皇に准ずる母后(国母)として、前斎宮(後の秋好中宮)の冷泉帝入内に協力したりと政治手腕を発揮する。37歳の厄年で重病に伏し、それまでの冷泉帝への後見を源氏に感謝しつつ崩御。「薄雲」帖で亡くなったことから、出家後は後世の読者から「薄雲女院(うすぐも の にょいん)」と呼ばれている[1]

没後、源氏が紫の上に藤壺のことをうっかり語った際、それを恨み源氏の夢枕に立ったりもしている(「朝顔」)。また源氏が紫の上を見出したのも、そもそもは紫の上が藤壺の姪で彼女に瓜二つの美貌であったためであり(「若紫」)、後に朱雀院から女三宮降嫁の話を持ちかけられた折も、女三宮が紫の上同様に藤壺の姪であることにも心動かされて承諾してしまう(「若菜上」)。源氏の生涯を通じて彼の女性関係の根源に深く関わり続けた、永遠の恋人といえる存在であった。

脚注[編集]

  1. ^ 作中では藤壺が「女院」と呼ばれたことはない。また立后前も藤壺が「女御」であるという確かな記述がないことから、「日の宮」は即ち「の宮」(内親王出身の皇妃)であろうとする説もあり、研究者の間でも意見が分かれている。