指輪をはめたい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

指輪をはめたい』(ゆびわをはめたい)は、伊藤たかみによる日本小説およびそれを原作とする2011年公開の日本映画

概要[編集]

2003年文藝春秋からソフトカバーの単行本(ISBN 4163222901)が刊行された。その後2006年には同社から文春文庫版(ISBN 4167717107)も刊行されている。

あらすじ[編集]

29歳の独身サラリーマン・片山輝彦は、ある日、スケートリンクで転んで頭を打って気を失う。気がつくとそれまでの数時間の記憶をすっかりなくしていた。プロポーズするつもりで給料三ヶ月分の婚約指輪を買ったこと、そして自分が3人の女性を相手に三股をかけていたことは覚えていたが、その3人の誰に婚約指輪を渡すはずだったのか思い出せない。プロポーズ相手を思い出そうと、彼は改めて彼女たちそれぞれとデートをしてみるが、結局3人それぞれの魅力を確認しただけだった。

実は輝彦には30歳までに結婚したい理由があった。2年ほど前、学生時代からの付き合いで同棲までしていた恋人・絵美里に「子供過ぎる」という理由である日突然捨てられ、その傷を癒すために30歳までに彼女よりいい女と結婚して幸せになってやろうと決心していたのだ。

混乱する輝彦は記憶を失ったスケートリンクにふらふらと足を運ぶ。そこで彼はどこかで会ったことがあるような気がする少女エミと出会う。

登場人物[編集]

片山輝彦
雑誌編集者。もうじき30歳。要領よく三股交際をこなしている。
住友智恵
輝彦の同僚で、4歳下のゲーマーフリーク)。
潮崎めぐみ
24歳のふっくらした容姿のOL
鈴木和歌子
輝彦の大学時代の同級生で普通のOL。
エミ
輝彦が記憶をなくしたスケートリンクで出会った少女。押し掛ける形で強引に輝彦の部屋で「同居」するようになる。
絵美里
輝彦がかつて同棲までしていた恋人。2年ほど前に突然輝彦を捨てた。

映画[編集]

指輪をはめたい
監督 岩田ユキ
脚本 岩田ユキ
原作 伊藤たかみ
製作 武部由実子
平林勉
製作総指揮 木下直哉
出演者 山田孝之
小西真奈美
真木よう子
池脇千鶴
二階堂ふみ
音楽 加羽沢美濃
主題歌 MARIA EVA
『My Daisy Girl』
撮影 翁長周平
編集 稲川実希
製作会社 キノフィルムズ
配給 ギャガ/キノフィルムズ
公開 日本の旗 2011年11月19日
上映時間 108分[1]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2011年11月19日全国26館で公開[2]岩田ユキ監督、ギャガ/キノフィルムズ共同配給[3]

登場人物[編集]

スタッフ[編集]

挿入曲[編集]

オリジナル楽曲[編集]

  • 主題歌『My Daisy Girl』
作詞:岩田ユキ、胡麻本りさ
英語詞:Lisa
作曲:加羽沢美濃
歌:MARIA EVA
  • 『真夜中の童話』
作詞:岩田ユキ
作曲:加羽沢美濃
歌:ヴォイスフィールドロマンチカ
  • 『赤富士たいそう』
作曲:加羽沢美濃
振付:赤富士スポーツクラブ

劇中使用曲[編集]

作曲:アントニン・ドヴォルザーク

原作との違い[編集]

原作を大胆にアレンジしており、メインの登場人物の名前とストーリーの基本設定以外はほとんど別のものになっている。また、原作との違いについて監督・脚本の岩田ユキは「原作はコミカルな設定ながらも、クールな男性を描いた作品ですが、私がモテない目線でアンサーを返しました」としている[4]

キャラクター設定[編集]

3人の恋人たちの描き分け(設定、性格など)がより明確になっている。

片山輝彦
原作では雑誌編集者だが、映画では製薬会社営業マン。また、原作では要領よく三股交際をこなしているクールな男であるのに対し、映画ではヘタレなキャラクターになっている。
住友智恵
原作では輝彦より4歳下のゲーマーフリーク)だが、映画では年上(32歳)でやり手のキャリアウーマン科学者)。
潮崎めぐみ
原作では24歳のふっくらした容姿のOLだが、映画では27歳のスリムで巨乳の風俗嬢
鈴木和歌子
原作では輝彦の大学時代の同級生で普通のOLだが、映画では人形劇屋台をしている女性。
輝彦の元恋人
原作では「絵美里」だが、映画では「笑美」。また輝彦を捨てた理由が、原作では「(輝彦が)子供過ぎる」だが、映画では「(輝彦といても)つまらない」になっている。

ストーリー[編集]

原作では輝彦が忘れているのはプロポーズ相手が誰かという点だけだが、映画では3人の恋人をはじめ、同棲していた元恋人の存在まで忘れている。映画では、その元恋人の存在と彼女に捨てられた記憶を取り戻すことが物語の上でのクライマックスとなっており、更に原作では描かれていない主人公が過去の失恋を乗り越えて次に進み出す姿までが描かれている。

その他[編集]

  • 小ネタやスケートの要素を取り込んでいる。
  • 3人の女性のうち1人が輝彦の不倫に感づいたことを契機に、女性たちが一堂に会して取っ組み合いの喧嘩をするシーンがある(原作にはない)。

エピソード[編集]

2011年1月に、山田孝之主演で2010年11月下旬にクランクイン、12月下旬にクランクアップし、2011年中に公開されることが発表された[5][6][7]

第24回東京国際映画祭2011年10月22日 - 30日)の特別招待作品に選ばれた[8]

メインキャスト4人の起用理由について監督・脚本の岩田ユキは「この人の演技を客として見て感動したことがあるかどうか。三股かけていた男が、記憶を失って恋人を探すという漫画チックな設定ですが、主人公の抱えている痛みとか必死さを人間らしく表現できる人を選びました」と語っている[4]

一般公開に先立ち、2011年11月12日の16:55〜17:15にテレビ東京にて『きっと結婚したくなる最新恋愛映画、お見せします!』と題した宣伝番組が放送された。同番組では他に松竹映画RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』が紹介された。

DVD/ブルーレイ[編集]

2012年3月21日ポニーキャニオンより発売された。

DVD[編集]

  • 本編DISC
    • 本編 約108分
    • 映像特典 約3分
      • 劇場予告編(1分45秒)
      • 特報(35秒)
      • TVスポット(15秒)
  • 特典DISC
    • 本編 約62分
      • キャスト・インタビュー付メイキング映像(約49分)
      • 赤富士薬品の「赤富士たいそう」(約1分30秒)
      • PV モンデルセンの歌「真夜中の童話」(約3分)
      • 初日舞台挨拶 - 2011.11.19(約9分)

ブルーレイ[編集]

  • 本編DISC
    • 本編 約108分
    • 映像特典 約3分
      • 劇場予告編(1分45秒)
      • 特報(35秒)
      • TVスポット(15秒)

脚注[編集]

  1. ^ 指輪をはめたい : 作品情報”. 映画.com. 2011年7月27日閲覧。
  2. ^ 2012年1月以降に他の劇場でも順次上映予定。映画「指輪をはめたい」インフォメーション » 劇場情報”. 2011年11月20日閲覧。
  3. ^ 指輪をはめたい”. シネマトピックスオンライン. 2011年1月16日閲覧。
  4. ^ a b “『指輪をはめたい』山田孝之らの起用理由は「この人の演技を客として見て感動したことがあるか」”. MovieWalker. (2011年11月4日). http://news.walkerplus.com/2011/1104/20/ 2011年11月8日閲覧。 
  5. ^ 山田孝之、結婚迫られ苦悩…三股男熱演!”. SANSPO.COM (2011年1月16日付). 2011年1月16日閲覧。
  6. ^ 山田孝之、主演最新作で“記憶喪失”三股営業マンに”. 映画.COM (2011年1月16日付). 2011年1月16日閲覧。
  7. ^ 芥川賞受賞作家・伊藤たかみ原作『指輪をはめたい』の映画化に、若手実力派俳優NO.1と呼び声の高い山田孝之が主演!!”. シネマトピックスオンライン (2011年1月16日付). 2011年1月16日閲覧。
  8. ^ 指輪をはめたい”. 東京国際映画祭. 2011年9月22日閲覧。

外部リンク[編集]