レジナルド・フィサメィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レジナルド・フィサメィ
Reginald Fils-Aime
生誕 1961年3月25日(53歳)
アメリカ合衆国
職業 President & COO, Nintendo of America Inc.

レジナルド・フィサメィReginald Fils-Aime1961年3月25日 - )は、米国任天堂(Nintendo of America)の社長(President)兼最高執行責任者(COO)。通称「レジー」(Reggie)。

米国のゲーム産業においては、EAピーター・ムーアに並んで著名な人物である。『ゼルダ』と『バイオハザード』のファンである[1]。退職後の夢はビーチにスキューバダイビングの店を開くこと。ハイチ系アメリカ人

来歴[編集]

1961年3月生まれ。両親はハイチからの移民、父方の祖父はハイチ軍の将軍で1950年にクーデターに参加し民主政府を打倒した。母方の祖父も軍事政権の高官。レジーの両親はこうした祖父母との相性が悪かったため、米国に移民した。父親は元機械工[2]。 ニューヨーク・ブレントウッドのBrentwood高校を卒業後、1979年にコーネル大学に入学[3]。1983年に応用経済学の学士号を取得。

任天堂入社までの来歴[編集]

大学卒業後、P&Gに入社。ピザハットに転職、管理職として活躍し、Bigfoot PizzaやBig New Yorkerといったヒット商品を生んだ。ビールで有名なギネス社、自転車販売のDerby Cycle Corporation、中華料理チェーンのPanda Expressと移り、営業管理職としてキャリアを積んだ。テレビ局のVH1時代には上級副社長を務め、低年齢層からの高い支持を受けることに成功した。

任天堂時代[編集]

2003年12月、米国任天堂の営業担当上級副社長に就任、米国・カナダ・南米での営業活動全体を率いた。2006年5月25日、君島達巳に代わって最高執行責任者(COO)に昇進、アメリカ人として初めて米国任天堂のトップに立った。説得力のある話し方などから個人的人気を集め、WiiコードネームであるRevolutionをもじって「Reggielution」という言葉も生まれた[4]

家族[編集]

1回離婚、子供3人。子供の1人はデューク大学の学生。あとの2人はフロリダ州在住。Stacey Sannerという女性と長く交際している。

受賞歴[編集]

  • Clio Award
  • AICP award for Advertising Excellence
  • Silver Edison from the American Marketing Institute
  • 2 Gold EFFIEs from the New York American Marketing Association
  • Named one of the "Marketing 100" by Advertising Age in 1998

脚注[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]