amiibo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

amiibo(アミーボ)とは、任天堂が2014年に展開を予定している近距離無線通信(NFC)機能内蔵フィギュアの名称である。

概要[編集]

このフィギュアにはICチップが内蔵されており、Wii Uの「Wii U GamePad」で読み込むことでゲーム内で様々な連動要素を楽しむことが出来る。ICチップは読み込みのみ可能なデータと、双方向による読み書きが可能なデータの2種類が埋め込まれており、読み書き可能データにゲーム上でのデータを保存することで他のWii Uにかざした時に利用できる。 読み込み可能データは対応ソフトであれば複数のソフトで利用できるが、読み書き可能データはいずれか1つのソフトウェアのみ保存でき、他のソフトでは利用できない[1]

2014年6月に行われたE3で発表され、対応ソフト第1弾は『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』であることが明らかになった。 2014年10月7日に、大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii Uの発売日発表と共に、amiiboの発売日などが発表された。 第一弾はマリオ、むらびとなどの18種類。各税別1200円で同年12月6日に大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii Uと同時発売されることが発表された。

『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』ではゲーム中に読み込ませると、フィギュアのキャラクターがゲーム内に登場する。読み込んだユーザーの仲間として手助けをするだけでなく、敵として戦うことが出来る。使用したキャラは経験値が溜まっていき、より強くすることが可能。『マリオカート8』ではamiiboにちなんだMiiレーシングスーツアイテムが貰える。

ニンテンドー3DSでも使えるようにするための周辺機器も発売される予定。

Newニンテンドー3DSの下画面にNFC読み取り機能がついているため、Newニンテンドー3DSにも対応すると発表されている。

amiibo第一弾はフィギュアだが、必ずしもフィギュアである必要はなくカードなどいろいろな形態があってもよいとしている[2]

amiibo一覧[編集]

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ[編集]

第1弾
第2弾
第3段

対応ソフト[編集]

Wii U[編集]

ニンテンドー3DS[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ 2014年10月30日(木) 経営方針説明会 / 2015年3月期 第2四半期決算説明会