毛糸のカービィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
星のカービィシリーズ > 毛糸のカービィ
毛糸のカービィ
ジャンル アクションゲーム
対応機種 Wii
開発元 HAL研究所グッド・フィール
発売元 任天堂
人数 1人〜2人
メディア Wii専用12cm光ディスク
発売日 日本の旗中華民国の旗香港の旗 2010年10月14日
アメリカ合衆国の旗 2010年10月17日
オーストラリアの旗 2011年2月24日
欧州連合の旗 2011年2月25日
韓国の旗 2011年9月1日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
ESRBE(6歳以上)
PEGI:3+
売上本数 日本の旗 50万本(2011年3月末時点)[1]
アメリカ合衆国の旗 109万本(2011年3月末時点) [1]
世界約159万本(2011年3月末時点)[1]
テンプレートを表示

毛糸のカービィ』(けいとのカービィ、Kirby's Epic Yarn)は、任天堂より2010年10月14日に発売されたWii用ゲームソフト。

概要[編集]

星のカービィシリーズ』としては初めてのWii専用ゲームソフト。据え置き型ゲーム機では『星のカービィ64』以来、10年ぶりとなる横スクロールアクションゲーム。

本作の原点は『星のカービィ』ではなく、当初フラッフ(後述)を主人公とした『毛糸のフラッフ』というタイトルで開発されていたがシナリオや難易度調整で行き詰まり、2009年夏頃に馴染みのあるキャラクターという事でカービィが主人公に採用され、HAL研究所の監修・開発協力を受けて完成された。

1993年にOAされた『星のカービィ 夢の泉の物語』のTVCMやチェコアニメを思わせる、布地を背景にキャラクターを毛糸で描いたアニメーションをゲーム画面に落とし込んだようなアートデザインが特徴。キャラクターが毛糸、布等のキルト生地によって表現されており、線画を思わせる画風となっている。カービィや2Pのフラッフも毛糸になっており、敵は倒すとほどけるようにして消滅する。

今作では毛糸を利用した「引っかけ・巻取りアクション」で敵を倒していく。これまで、カービィの十八番としてほとんどの作品の共通アクションであった吸い込みやコピー能力、ホバリングは使われない。先述以外の基本アクションにおいても、ダッシュ時には「クルマ」、水中では「潜水艦」、降下時には「パラシュート」など、動作に合わせた様々な形態に変身する。またステージに配置されている「メタモルリング」を取ることによって得られる「メタモル能力」を使ってUFOやイルカなどになりステージを進めていく。このようにアイテムによって一時的に特殊能力を得るシステムは、どちらかと言うと『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』等に近いものとなっている。

また今作はアクション要素に加え、ステージ上あらゆる所にある「ビーズ」を集めることなどによってのアイテム収集も遊び要素のひとつとなっている。本作では体力制がなくゲームオーバーも存在しない代わりに、敵の攻撃を受けたり落下したりすると容赦なくビーズを落とされてしまう。音楽では、リコーダー鍵盤ハーモニカなどを取り入れた素朴な生演奏の楽曲が多く、終盤では過去の作品で登場した曲のアレンジ版も登場する。

デモムービーでは幕が開く演出があり、ナレーション(津賀有子が担当している)も入っているなど、絵本朗読やNHK教育テレビに見られる子供向け劇場に近いテイストでストーリーが展開されていく。

Wii U Direct Nintendo Games 2013.1.23において、本作の開発スタッフによる後継作品として『マリオシリーズ』のキャラクターであるヨッシーを主役としたWii U専用ゲーム『ヨッシー ウールワールド(初期開発タイトル:毛糸のヨッシー)』が開発されていることが発表された。


ストーリー[編集]

あきれ返るほど平和なプププランドの世界で暮らしているカービィ。カービィが散歩の途中で美味しそうな「トマト」を見つけ、「いただきま〜す!」と、そのトマトを吸い込もうとしたその時トマトの持ち主であるマントの男「アミーボ・アモーレ」が現れる。アミーボが止めるのも聞かずトマトはカービィの口の中に。するとアミーボの持っていた「魔法の靴下」が輝き出し、カービィは靴下の中に吸い込まれてしまった。

気がつくと、そこはすべてが毛糸や布で作られた世界。そして、カービィ自身も毛糸の姿になっていた。そこに、怪物に追いかけられた一人の少年が現れる。少年の名は「フラッフ」。毛糸の国の王子である。

カービィは助けたフラッフから、アミーボ・アモーレが世界をばらばらにしてしまったことを聞く。そしてフラッフは、大陸を再び繋げるための『魔法の毛糸』を探す旅に協力してくれないかと言った。 事情を知ったカービィは、困っているフラッフを助け、見知らぬ世界に旅立つのだった。

登場キャラクター[編集]

カービィ(声:大本眞基子
世界をバラバラにした悪者、アミーボ・アモーレの靴下に吸い込まれたせいで毛糸や布で出来た世界に連れ込まれ、自らの体も毛糸にされてしまった。そのため、吸い込みやホバリングを使おうとすると空気が抜けてしまう。アミーボがバラバラにした世界を救うため、毛糸の国で出会ったフラッフと一緒に冒険をすることになる。
ちなみに、カービィの担当声優である大本がゲームシリーズで声を当てたのは『コロコロカービィ』以来である。
フラッフ(声:中村知子
今作の仲間キャラクターで、毛糸の国の王子。バラバラになった世界を救うための旅に出ようとした時、カービィに救われ助けを求める。「魔法の毛糸」を探し、大陸を繋げることが旅の目的。2人協力プレイでは2P操作キャラクターとなる。最初のステージ「キルトのまち」に自らの城(「フラッフのおしろ」)を構えている。なおこの城は本作のチュートリアル部分を担っている。
体型はカービィと同じ球体だが、体色は水色で頭部に王冠、顔には眉が付いている。これはカービィに合わせてデザインしたものではなく製作元のグッド・フィールが完全オリジナルで作ったもので、本作の元となる『毛糸のフラッフ』での製作過程において、毛糸での表現のしやすさを重要視した結果、キャラクターデザインが極力シンプルになったからである。1ボタンによるアクション時のボイスの数はカービィと違い、二通りのみ。
英語名はPrince Fluff
エンジィ
天使のような羽をもったお助けキャラ。ゲーム中にカービィが穴などに落ちたときステージに連れ戻してくれる[2]。また、2人協力プレイ時には、『New スーパーマリオブラザーズ Wii』のシャボンのようにキャラクターをつかんでスクロールについて行ってくれたりもする。
デデデ大王[3]
シリーズおなじみのゲームキャラで、自由気ままなプププランドの自称大王でデデデ城の主。今回はワドルディに宝物の整理を命じた際、アミーボ・アモーレが作った偽者のワドルディに捕まり、マリオネットのように操られ、敵キャラとして登場。倒すと正気に戻る。なお本作の彼はアニメ版のように語尾に「~ぞい」とつける[4]
メタナイト
プププランドに住む、凄腕の剣士。エクストラステージには彼の所持する戦艦ハルバードのステージもある。戦艦ハルバードからプププランドの異変に気付くが、不意を突かれてアミーボ・アモーレの最後の被害者になり毛糸の世界へ送られる。剣に操られるような形で敵キャラとして登場する。相変わらずの素早い行動や竜巻攻撃の他に、カービィの毛糸だまを素早い動きで真っ二つにするなど一筋縄ではいかない難易度を見せつける。これまでの作品とは違い、移動は飛行主体で空中からも斬りつけてくるため、攻撃をかわしにくく倒すのに一苦労する。なお、今回はメタナイトが持っている剣を奪う、という形で戦うためかメタナイトを倒しても素顔は見られない。正気に戻ると、カービィにプププランドの異変を伝え帰ってくるように頼む。ラストボス戦の最後ではビッグロボのメタモルリングをカービィに投げ渡す。
アミーボ・アモーレ
毛糸の国をバラバラにした悪者。「メタモルトマト」[5][6]を食べたカービィを「魔法の靴下」で吸い込み、毛糸や布で出来た世界に連れ込んだ張本人。プププランドをも我が物にしようとしている。語尾に「-でアミーボ」や「-でアモーレ」と付けて陽気な口調だが、性格は狡猾で卑劣。
実は普段の毛糸の姿は魔法の毛糸で編んだ仮の姿で、本体は仮の身体が手にした杖のような1対の編み棒(かぎ針編み)で、「アミーボとアモーレという生きた編み棒の兄弟」というがその正体である。
名前の由来は『編み棒』と『モール』。

キルトのまち[編集]

ルーム・ウール
フラッフの城の近くに面しているマンションの管理人。自らのマンションに住人が入ってこず困っている。毛糸の国にやってきたカービィに一室を貸し、住人を募らせるよう依頼する。
名前の由来は『ルーム』(部屋)、姓は『売る』と毛糸の材料『ウール』をかけている。
カーグ・ウール
ルーム・ウールの弟。あるステージクリア後家具屋を営むようになり、ステージでは手に入らない家具を売っている。
名前の由来は『家具』。
ヌーノ・ウール
カーグと同じくルーム・ウールの弟。あるステージクリア後布屋を営むようになり、ステージでは手に入らない布を売っている。
名前の由来は『』。
クルリン
マンションの102室に「はなのソファ」と「ひまわりのとけい」を置くと入室してくる。話しかけると制限時間以内にステージ内に隠れた五体のクルリンを探す「かくれんぼ」のミニゲームで遊ぶ事ができる。
ビータン
マンションの201室に「にじのアーチ」と「らくだソファ」を置くと入室してくる。話しかけると制限時間内にステージ内の一定量のビーズを集める「ビーズ集め」のミニゲームで遊ぶ事ができる。
コロン
マンションの202室に「きょうりゅうすべりだい」と「クマのぬいぐるみ」と「パフェタンス」を置くと入室してくる。話しかけると制限時間内にコロンを所定の位置まで運ぶ「おでかけ」のミニゲームで遊ぶ事ができる。
ガッチン
マンションの301号室に「わくわくえんとつ」と「トーテムポール」と「ろてんぶろ」と「かがりび」を置くと入室してくる。話しかけると制限時間内にステージ内の敵キャラを一定の数倒す「しゅぎょう」のミニゲームで遊ぶ事ができる。
フミフミ
マンションの302号室に「ぼうしのソファ」と「メロディウッド」と「くらげライト」と「みらいテレビ」を置くと入室してくる。話しかけるとフミフミよりも先にステージのゴールを目指す「きょうそう」のミニゲームで遊ぶ事ができる。

敵キャラ[編集]

星のカービィシリーズの登場キャラクター一覧#毛糸のカービィを参照。

ボスキャラクター[編集]

ボスキャラには総じて赤いボタンが付いており、それを引っ張ることでダメージを与えられる。なお、ボタンは普段どこかに隠れており、ひるませるなどして引っ張り出す必要がある。

ドドワン
グラスランドに登場するドラゴンのモンスター。火を噴いたり舌を槍のように突き出して攻撃する。ある程度火を吹かせたりすると疲れて赤いボタンを出す。
フェニクロウ
ホットランドに登場するフェニックスのモンスター。溶岩を操ることができる。飛んでくる炎を当てるとひるんで赤いボタンを出す。
ランプキン
ファンタジーランドに登場するジャックランタンのマジシャン。スロットマシンを回し、出た絵柄に対応した技を使う。カードをあてたり、ボウシを引っ張ったりすると赤いボタンを出す。
イカスタコス
ウォーターランドに登場するクラーケンのモンスター。前座のイカ形態と本番のタコ形態がある。イカ形態では頭の毛糸を解いていく。ある程度攻撃をよけると赤いボタンを出す。
デデデだいおう
スノーランドで登場。マリオネットで操られている。寝転んだところをプレスすると上空から赤いボタンが4つ降りてくる。
メタナイト
スペースランドで登場。4本の剣を1本ずつ真ん中の顔マークから取り出して使う。赤いボタンは出ず、毛糸玉を4回当てて攻撃。
アミーボ・アモーレ
本作のラストボス。ドドワンやイカスタコスといったかつてのボス敵を作り出したり、各種ザコ敵を呼び出してカービィを攻撃する。毛糸玉を当てるなどして攻撃。
第二戦ではアミーボ・ロボとなってカービィと戦う。

中ボス[編集]

ウィスピーウッズ
ウィスピーのもり(プププランド)に登場するお馴染みの木のボス。
クラッコ
モクモクのきゅうでん(プププランド)に登場するお馴染みの雲のボス。ステージの途中にも邪魔をしに来る。
スペースクラッコ
ワッカせいうん(スペースランド)に登場する宇宙から来たクラッコの親戚。たくさんの隕石を撃ちだす。

ステージ[編集]

※印は、ボス戦で一定のビーズを入手することで開くことができるステージ。 △印は、※印でクリアすると開くことができるステージ。

キルトのまち
フラッフのおしろ
グラスランド
ふんすいのにわ
おはなばたけ
にじのたき
おおきなまめのき
ドドワン
びっくりやさい※
ペラペラのもり△
ホットランド
さんかくさばく
あっちっちやま
ヒンヤリどうくつ
きょうりゅうジャングル
フェニクロウ
ほのおのピラミッド※
よるのさばく△
ファンタジーランド
おもちゃのカーニバル
キノコのこかげ
スイーツパーク
メロディタウン
ランプキン
カカオえき※
まっくらやしき△
ウォーターランド
ザブンビーチ
ブクブクのうみ
ひみつのしま
モグールかいてい
イカスタコス
ドッカンせんだん※
でんせつのうみ△
スノーランド
タマゲールせつげん
ポカポカハウス
スライダーマウンテン
ゆきのかんらんしゃ
デデデだいおう
ヨーヒエールのうみ※
グレートジャンボツリー△
スペースランド
みらいシティ
でんしワールド
ナゾのうちゅうせん
スターハイウェイ
メタナイト
わくせいきち※
ワッカせいうん△
プププランド
ウィスピーのもり
ノッポッポタワー
モクモクのきゅうでん
デデデじょう
アミーボ・アモーレ
アメージングアイランド※
せんかんハルバード△

アイテム[編集]

ビーズ
毛糸の国での通貨。ステージ内で一定数以上集めると評価が上がる。ステージボス戦では金メダルの更に先にあるワッペンのところまでビーズを回収してクリアするとエクストラステージに進めるワッペンを入手できる。敵の攻撃を受けたり滑落すると持っているビーズをばら撒く。
ステージワッペン
ステージをクリアしたり、ボス戦で一定数以上のビーズを所持してクリアした場合に入手。そのエリアの次のステージに行くための鍵になる。
メタモルリング
入手するとカービィが様々な姿に変身するリング。以下の種類がある。
ビッグロボ
カービィのような姿のロボット型戦車に変身。パンチとミサイルで攻撃できる。ちなみに、専用BGMがあり、これは初代『星のカービィ』の『やきいもシューティング』のアレンジである。ミサイルは1Pの1ボタン、パンチは2Pの1ボタンで繰り出せる。次回作「あつめて!カービィ」ではサブゲームに登場する。仕様はフラッフ搭乗時のもの。
パワーモール
モグラのように綿を掘り進めたり、地形を這って進めるようになる。
スプラッシュ
消防車に変身。1ボタンで水を掛けて溶岩を冷やしたり炎を消したり、空中のビーズを落とす事が出来る。
U.F.O.
U.F.O.に変身。常時ホバリング状態になり2ボタンで敵やビーズ、毛糸ブロックを吸い込む吸い込みレーザーを使える。一定数敵やブロックを吸い込むと1ボタンで画面上の敵や障害物を破壊するカミナリを使えるようになる。
ドルフィン
イルカに変身。水中を通常より早く移動できるようになる。水面ではイルカのようにジャンプしたり、玉を口先に乗せて運ぶ事が出来る。その代わり、地上での動きはとても遅い。
ロケット
ロケットに変身。縦方向スクロールのシューティングに使用する。1ボタンで星形弾を3方向に撃つ。
シューティングスター
星のカービィ スーパーデラックス』のノヴァ戦で使用したスターシップに搭乗。横方向スクロールのシューティングに使用する。1ボタンで星形弾を前方に、ウェーブ弾を斜方に撃つ。
ナミノリ
サーフボードに乗ったペンギンに変身。水面や氷上をサーフィンの要領で移動できる。2ボタンでジャンプ、1ボタンでスピンが使える。スピンで敵を倒すと続けてスピンを使える。
エスエル
蒸気機関車に変身。ポインタを使ってAボタンで引いた線路の上を走行する。加速用のリングを取って加速している間は障害物を体当たりで破壊できる。途中に貨車がある場合、貨車を終点まで運ぶとビーズが貨車の数に応じてもらえる。この能力を使うエリアには敵が出現しない。
バギー
バギーカーに変身。1ボタンでアクセル。この能力があるステージはレースが行われているものが多く、レースで3位以内に入ると順位によってビーズがもらえる。

コレクション&ミッション[編集]

『フラッフのおしろ』をクリアすると、キルトのまちにあるマンションの1室が自分の部屋として使えるようになる。ここでは自分がこれまで入手した家具や壁紙を配置する事が出来る。家具は複製可能な上、持っている布で仕立て直すことも出来る。部屋の写真を10枚まで保存する事が出来、写真はWii伝言板に送ることも出来る。

他の空き部屋には指定された家具を置く事で新たな住人が引っ越してくる。また、ルーム・ウールが要求するビーズを支払うと、二部屋ずつ2回増築出来る。引っ越してきた住人はクリアしたステージを使ったミッションを出題し、それをクリアするともようがえアイテムをくれる他、ステージをクリア[7]する度にたまにカービィの部屋を訪れてアイテムをくれる。

住民のミッションは以下の通り。合計で100問ある。

かくれんぼ
制限時間内に、隠れた住人たちを捜して毛糸で触る。
ビーズあつめ
制限時間内に指定された数以上のビーズを集める。
おでかけ
制限時間内に住人が変形した毛糸だまを所定の位置に運ぶ。あらかじめステージの構造を把握しておかないと困難。
しゅぎょう
制限時間内に指定された数の敵を倒す。
きょうそう
住人とのレース。自分と住人の現在位置は画面上部に表示される。

備考[編集]

Wii用の『星のカービィ』シリーズとしては本作以前から『星のカービィWii(仮称)』が発表されていたが、E3 2010で本作が発表された時に発売予定から消えた。なお、2011年11月に発売された『星のカービィ Wii』は新たに開発されたものであるが、一部に開発中止作品の要素を含んでいる[8]

CMはプレイ動画を見せている通常版に加えて、お笑いコンビのはんにゃが出演しているバージョンも放映されている。内容は「彼氏と彼女」「上司と部下」など4種類のシチュエーションのコントを行いながら本作をプレイしているもの。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 任天堂株式会社2011年3月期決算説明会 参考資料” (日本語). 任天堂 (2011年4月26日). 2011年9月22日閲覧。
  2. ^ ただし、復帰時には大量のビーズを失う。
  3. ^ ゲーム中表記は「デデデだいおう」。
  4. ^ ただし声はナレーション。
  5. ^ カービィは散歩中に見つけたトマトをメタモルトマトだとは気づいていない。
  6. ^ このトマトを食べるとさまざまな物に変身できる魔法のトマトである。
  7. ^ 1度クリアしたステージでも可。
  8. ^ 社長が訊く『星のカービィ Wii』”. 任天堂 (2011年10月21日). 2011年10月21日閲覧。

外部リンク[編集]