ゼルダ (ゲームキャラクター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゼルダの伝説シリーズ > ゼルダ (ゲームキャラクター)
ゼルダ
シリーズ ゼルダの伝説シリーズ
初登場 ゼルダの伝説
作者 宮本茂
声優 國府田マリ子
水沢潤
橘ひかり
大前茜
嶋村侑
藤村歩
テンプレートを表示

ゼルダZelda)は、任天堂コンピューターゲームゼルダの伝説』シリーズに登場する架空のキャラクター。主にゼルダ姫として登場する。

概要[編集]

『ゼルダの伝説』シリーズのヒロインで、舞台となるハイラル王国の王女。シリーズの主人公・リンクと同様に、直系ストーリーとなる続編を除くと基本的に作品ごとに別人であり、作品ごとに異なる設定と素性を持つ。

物語の中核を担う重要なキャラクターとして登場することが多い。基本的にはハイラル王国の王女ゼルダ姫として登場し、「知恵のトライフォース」を司る。『リンクの冒険』では、「トライフォースを巡って起こった悶着で、初代のゼルダ姫が長い眠りについてしまったという悲劇(その際に、勇気のトライフォースも行方不明になる)を忘れないために、ハイラル王家の姫は代々『ゼルダ』を襲名している」という設定が存在したが、これは全シリーズ共通の設定とも考えられる。尚、ここでいう初代ゼルダ姫は「名前を必ずゼルダにする」と定められた最初のゼルダ姫ということであって、過去にも伝説から名をとって「ゼルダ」と名付けられた姫は存在した。

主人公リンクとの間柄については作品ごとに異なり、危機に瀕した王国の姫とそれを救う勇者といったような物語の象徴的な関係として描かれることが多い。近年の作品ではリンクと親しい間柄のキャラクターとして描かれることが増え、『ふしぎのぼうし』、『4つの剣+』、『スカイウォードソード』ではリンクとゼルダ姫は幼馴染という設定になっている。また、『大地の汽笛』ではリンクのパートナー且つヒロインとして深い関係を築く。

ゼルダ姫は『時のオカリナ』以降、「光の矢」との関係が深い。なお「光の矢」は「マスターソード」同様に、ガノンドロフを傷つけることのできる武器の1つとなる。『風のタクト』、『トワイライトプリンセス』、『大地の汽笛』では、自らがその矢を射る役に回り、リンクと協力してガノンドロフと戦う。

ゼルダ姫にはテーマ曲が存在している。初登場は『神々のトライフォース』で、当時はゼルダ姫個人ではなく七賢者の血をひく娘たち共通のテーマであったが、『時のオカリナ』で「ゼルダの子守唄」として登場し、彼女固有のテーマ曲となった。以降ゼルダ姫の登場シーンの他、トレイラーやエンディングなど様々な場面でアレンジされ使われている。また『スカイウォードソード』のメインテーマ曲である「女神の詩」は、ゼルダ姫のテーマを逆再生したものが元となっている。

作品ごとのゼルダ姫の状態、行動[編集]

ゼルダの伝説
ハイラル地方の小王国の姫。自らはガノンに捕らわれるも、知恵のトライフォースを8つに分け、各地へ隠す。
ゲーム中の登場はエンディングにおけるドット絵だったが、発売前に配布されていたチラシにイラストが載っており、ピンクのドレスにボリュームのある栗毛のボブカットという風貌である。
リンクの冒険
初代ゼルダ姫で、ハイラルをひとつの国として統治していた王より勇気のトライフォースのありかを知るが、そのありかを巡り兄と争った際、魔術師に呪いをかけられ、眠りについてしまう。そのため、彼女が眠りについたことにより、勇気のトライフォースは実質行方不明になってしまい、この事を後悔した兄王子がこの出来事を忘れないようにするため、それ以降王家の姫には代々「ゼルダ」の名が付けられるようになったが、上述の『ゼルダの伝説』に登場したゼルダ姫が何代目なのかは不明である。しかし、勇気のトライフォースが見つかったことにより、呪いが解けて眠りから覚める。
ゼルダの伝説 神々のトライフォース
ハイラル国の王女であり、かつてガノンを闇の世界に封印した七賢者の1人の子孫。他の賢者の子孫である6人の娘と共に司祭アグニムに捕らえられ、牢獄の中からテレパシーメッセージを送り、助けを求めた。その後、マスターソードを獲得したリンクの救出が間一髪間に合わず、生贄にされて闇の世界に送り込まれるが、6人の娘達と力を合わせ、闇の塔の結界を解く。
ゼルダの伝説 夢をみる島
ゲーム中では名前のみ登場、『神々のトライフォース』のゼルダ姫と同一人物で、当作品のヒロインであるマリンは彼女に非常によく似ているという設定である。
ゼルダの伝説 時のオカリナ
神に選ばれしハイラル国の姫で、夢のお告げにより、盗賊王ガノンドロフの企みを知るが、リンクと運命的な出会いを果たし、彼にハイラルの危機を伝え共にハイラルを救うことを約束する。
ガノンドロフの企みを防ぎ切れず、乳母のインパに連れられ城から落ち延びるも、7年後の世界ではある姿に変身し、リンクを助けていた。その後、六賢者が目覚めた後に正体を明かして、七賢者の長にして7人目の賢者「時の賢者」として覚醒し、リンクに光の矢を授けた。しかし、正体を明かした直後にガノンドロフに捕らわれてしまい、ガノン城に捕らわれていたが、リンクに救出されて最終決戦では「知恵のトライフォース」の力でリンクをサポートし、リンクや他の賢者と共にガノンドロフを封印した後は、リンクの運命を狂わせてしまった事を謝罪し、時のオカリナでリンクを元の時代に帰した。その後は父の跡を継いでハイラルを統治していき、所持していた「知恵のトライフォース」は王家の秘宝として受け継がれていった。
大乱闘スマッシュブラザーズDX』に登場するゼルダは本作品の大人時代のゼルダ姫のデザインを踏襲している。
ゼルダの伝説 ムジュラの仮面
回想シーンにのみ登場、リンクに時のオカリナを想い出の品として託し、彼の旅立ちを見送った。『時のオカリナ』のゼルダ姫(エンディングでリンクと対面した子供ゼルダ姫)と同一人物。なお、7年前に戻ったリンクと出会った事で、彼と共にガノンドロフの野望を未然に阻止している。そのため、本来なら起きた筈のガノンドロフとの戦いが起こらず、リンク同様に後の未来が大きく変化している。
ゼルダの伝説 ふしぎの木の実
ハイラルの王女にして、人々の希望の象徴で、不吉な出来事を夢で予知する事ができる。危機が迫る巫女を守るため、乳母のインパを遣わすが、リンクシステムを使用すると2作目に選択した作品に、さらなる悪夢を見てリンクを心配したとして登場する。
実は魔王ガノンの復活に必要な存在で、ホロドラムの四季の乱れから集められた「滅びの力」と、ラブレンヌの人々から集められた「嘆きの力」の二つが揃い、その上「希望」の象徴であるゼルダ姫を生贄に捧げることで「絶望」が生まれ、ガノンは完全復活を果たす予定だったため、リンクシステムを使用した2作目の終盤でツインローバに捕らわれ、生贄にされかけてしまうが、寸でのところでリンクに助けられた。
ゼルダの伝説 風のタクト
海賊団のリーダーで、名前はテトラといい、自身が滅亡したハイラル王国の王族の血筋を引いていることは知らず、海賊という設定のため勝気で男勝りだが、優しい性格で、『時のオカリナ』のゼルダ姫(7年後の時代にいた大人ゼルダ姫)の子孫でもあり、彼女が所持していた「知恵のトライフォース」を受け継いでいる。
物語の途中でゼルダ姫として覚醒、性格まで急にしおらしくなり、プレーヤーを戸惑わせたが、実は驚きのために一時的に気弱になっていただけらしく、終盤には元の勝気な性格に戻っていた。その後の最終決戦では光の矢を使ってリンクと共にガノンドロフと戦い、これを倒した。実際に戦闘に参加しリンクと共闘したゼルダ姫としてはシリーズ初である。ちなみに、ニテン堂にてガノンドロフのフィギュアの解説を見ると、「誰かと共にコンビプレイで立ち向かおう」とある。
すれちがいMii広場」のあそびのひとつである「ピースあつめの旅」で2013年6月に新しく配信されたパネル「ヒロイン」の中に、任天堂を代表する5大ヒロインの一人として登場した。
ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
神の力に選ばれしハイラルの王女で、『時のオカリナ』及び『ムジュラの仮面』のゼルダ姫(リンクが戻った7年前の時代にいた子供ゼルダ姫)の子孫にあたる。ハイラルに侵攻してきたザントにやむなく投降し、囚われの身となるが、王族として民を守れなかった哀悼の意のために、喪服のようなローブを羽織っている。
中盤でリンクが全ての地方に光を取り戻すも、彼女がいる城は未だに深い闇に包まれており、後に瀕死のミドナに自身の力を与えるが、力を失ったことでリンクとミドナの前から消えてしまう。その後、力を失った肉体はガノンドロフの手に堕ちたハイラル城に残っており、ラストではガノンドロフに憑依され、リンクに襲い掛かることになる。しかし、ミドナに救出されて後、光の矢を使って共にガノンドロフと戦い、これを倒した。
大乱闘スマッシュブラザーズX』、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』に登場するゼルダは、この作品のゼルダ姫のデザインを踏襲している。
ゼルダの伝説 神々のトライフォース&4つの剣
ハイラルの王女。神殿を守護していたが、封印が解かれ、復活したグフーに攫われてしまう。
ゼルダの伝説 4つの剣+
ハイラルアドベンチャーに『神々のトライフォース&4つの剣』と同一人物のゼルダ姫が登場。再度捕まってしまう。もう一つのメインモード「ナビトラッカーズ」では『風のタクト』と同一人物のテトラ(ゼルダ姫)がゲームの司会・進行を勤めるナビゲーター役として登場。持ち前の威勢の良さでプレイヤーを応援する。GBAがメイン画面というシステム上、テトラはフルボイスでゲームの状況を知らせてくれる。
ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし
ハイラル王国の王女で、リンクと幼馴染みという設定である。オープニングでリンクをデートに誘い、盾をプレゼントする。その後、祭りの剣術大会で優勝したグフーの呪いにより、石化してしまうが、そのグフーの求める『フォース』こそがゼルダ姫が自身の体に宿し、受け継いでいたものであるため、ラストではその力をも抜かれ、完全に石化されそうになるところをリンクに助けられる。
なお、EDによるとこれが「リンクとゼルダ姫の最初の冒険」とのこと。
ゼルダの伝説 夢幻の砂時計
『風のタクト』のゼルダ姫と同一人物で、終始テトラの姿で登場、ゼルダと呼ばれることを嫌っており、リンクも彼女のことをテトラと呼んでいる様子。新天地を目指して航海していた途中に出会った幽霊船に進入するが、捕らわれ、連れ去られてしまい、リンクによって助けられるが、ベラムーによって石の姿にされた後だった。しかし、リンクがベラムーを倒したことにより、元の姿に戻る。
ゼルダの伝説 大地の汽笛
100年程前に『風のタクト』及び『夢幻の砂時計』のリンクやゼルダ姫らによって創られた、新王国ハイラルの王女で、前記の作品のゼルダ姫(テトラ)の玄孫(5代目)にあたり、更に血縁を辿れば『時のオカリナ』に登場した大人ゼルダ姫の遠い子孫でもある。また、優しくて天真爛漫且つお転婆な性格だが、若干ヒステリックで、王女らしい気高さと勝気さもあり、虫と鼠が苦手。魔族に体を奪われて魂だけの存在になってしまうが、体を取り戻す為に霊体である事を生かしながら、リンクのパートナーとして冒険を繰り広げる。
ゼルダの伝説 スカイウォードソード
本作ではハイラルの王女ではなく、天空の島・スカイロフトでリンクと共に育った幼なじみという設定であり、「姫」でないゼルダが登場するのは本作が初である、スカイロフトで育った、リンクの幼馴染の少女。普段ボンヤリしているリンクを積極的に引っ張っていくが、内心は幼少期から一緒のリンクが好きでずっと一緒にいたい、二人で鳥乗りの儀をしたいなど誰よりも想っている。大地に落下し各所を巡るうちに自身が女神ハイリアの生まれ変わりで、大地の巫女という記憶を取り戻し、更に邪悪な魔王を封印する使命を背負っている事を理解する。中盤では終焉の者の封印を安定させるため、リンクへ罪滅ぼしの為、数千年の眠りにつくがトライフォースの力によって目覚める。
すれちがいMii広場」のあそびのひとつである「ピースあつめの旅」では、2013年6月に新しく配信されたパネル「ヒロイン」の中に、任天堂を代表する5大ヒロインの一人として登場した。

派生型のゼルダ姫[編集]

各登場作品ごとについては、上記の各作品の項も参照。

シーク
『時のオカリナ』に登場。ガノンドロフの追跡から逃れるため、闇の民「シーカー族」の青年へと変装・男装したゼルダ姫。正体を隠した上で、リンクの行く先々で必要な情報を提供し、彼を支援した。
シーカー族の伝統衣装と思しき忍者のような服装をしており(現代のハイラルには、ゼルダの乳母であるインパしかシーカー族は生き残っていないとされ、男性用の服装は不明である)、加えて包帯のような布を顔に巻きつけて素顔を隠している。物語の終盤で正体が明かされ、手の甲に宿った知恵のトライフォースが輝く演出とともにゼルダ姫の姿に戻る。
後述のように『大乱闘スマッシュブラザーズX』までは、ゼルダ姫が変身するという形でプレイヤー出演していたが、大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii Uでは単体キャラとなり、ゼルダ姫の姿に戻れなくなっている。
なお、『大乱闘スマッシュブラザーズDX』では発売1ヶ月を切るまでは、意図的にシークの状態のみが公開されていた(ただし、それ以前から公開されていたプレイヤーキャラクターの集合写真ではゼルダの姿である)[1]
なお、後に『トワイライトプリンセス』には登場していないものの開発中には登場案があってデザインも考案されていたということがあかされており、『大乱闘スマッシュブラザーズX』のシークは「トワイライトプリンセス版シーク」のデザインに基づいたものとされている[2]。また、後に発売された『ハイラル・ヒストリア』では、『トワイライトプリンセス』のゼルダ姫がシークに変身することを想定し『大乱闘スマッシュブラザーズX』用に描かれたものであると説明されている。
テトラ
『風のタクト』『夢幻の砂時計』に登場。『時のオカリナ』に登場したゼルダ姫の遠い子孫。自分自身が王家の末裔であることはリンクに出会うまでは知らず、自分の祖先であるゼルダの側近の子孫と共に結成された海賊団の若頭を務めていた。
非常に勝気で男勝りな性格。自分の正体を知った際は一時的に淑やかになったが、ガノンドロフとの決戦時には元に戻っていた。その後もゼルダ姫としてではなく「テトラ」として扱われることを好んでいる様子である。ゼルダ姫と同一人物のためほぼ同じ容姿だが、海洋が舞台のため日焼けして褐色の肌となっており外見の印象が大きく異なるものとなっている。服装はアクティブな船乗り用のものを着ている。
100年後の世界が舞台となる『大地の汽笛』では既に故人だが、新・ハイラル王国の建国者として、ハイラル城には彼女を描いたステンドグラスが飾られている。なお、テトラの友人だった賢者シャリンは子孫のゼルダ姫の活気さを見て「あの女の子孫だけある」と述べており、上記の性格もあって成長後は良い意味で破天荒な人物へとなっていたようである。

ゼルダの伝説シリーズ以外の出演作品[編集]

大乱闘スマッシュブラザーズDX
プレイヤーキャラ「ゼルダ」として登場(ただし、ゼルダ姫本人を模したフィギュアという設定)。デザインは『時のオカリナ』の大人ゼルダ姫を踏襲している。素手の攻撃力は低いがそれに魔法を纏わせることにより力を強化しているという、本作品独自の設定が存在する。必殺技に『時のオカリナ』でリンクが使用した「ネールの愛」「フロルの風」「ディンの炎」の3つの魔法を持つ。
また、ゼルダを大きく特徴づけているのがもう一つの必殺技「シークチェンジ」である。これを使用するとシリーズでお馴染みの謎解きの効果音と共にシークに変身し、容姿、技や能力のほぼ全てがガラリと変化する。シークのときに同じ操作をすると元に戻る。
ゼルダをカービィが吸い込むと、『時のオカリナ』の子供時代のゼルダ姫の頭巾をカービィが被る。
大乱闘スマッシュブラザーズX
デザインはリンク同様『トワイライトプリンセス』仕様となっているが、技の変更はほとんど無い。色換えでは『時のオカリナ』登場時の衣装に似た配色にも変更可能。今作もシークチェンジは使用可能。
前作同様にゼルダでは動きがやや遅いが火力に長け、シークは素早い動きで翻弄出来る。
「最後の切りふだ」はゼルダ、シーク共に光の弓矢を放つ技。しかし、放った後に矢の描く軌道が微妙に異なる。
大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U
前作に引き続き、デザインは『トワイライトプリンセス』仕様となっているが、シークが単体キャラとなる。その為、「シークチェンジ」が出来なくなり、代わりの技として『大地の汽笛』に登場したファントムを召喚して相手に攻撃させる技が追加されている。

声優[編集]

リンクなどにもいえるが、「各々の作品のゼルダは別人」ということで意図的に声優を定期的に変えるようにしている。

その他[編集]

  • 名前は小説家であるF・スコット・フィッツジェラルドの夫人、ゼルダ・フィッツジェラルドに触発され命名された。生みの親である宮本茂がタイトルに悩んでいた際、リンクが助ける姫を全ての男性にとっての永遠の女性に重ねるというイラストブックの企画の依頼を受けゼルダ・フィッツジェラルドの名前を知り、その本の企画には興味を持てなかったが「ゼルダ」という名前はすごく気に入り名前だけ貰いうけた。
  • アメリカの俳優であるロビン・ウィリアムズは『ゼルダの伝説』シリーズのファンであり、自身の娘に「ゼルダ・レイ・ウィリアムズ」と名付けている(後述のスペシャルムービーによると、立案者はロビンの長男である)。後にヨーロッパ版『時のオカリナ 3D』では、ウィリアムズ親子がそろって出演するテレビCMとスペシャルムービーが公開された(後に日本などでも字幕付で配信される)。
  • なお、スペシャルムービーにてゼルダ・ウィリアムズは「昔は何かと名前をからかわれて嫌いだったが、現在は気に入っている」と証言している。
  • ゼルダ(Zelda)は英語圏に実在する女性名である。そのため、ロビンは「娘の名前の由来をフィッツジェラルドの妻(上述のようにゼルダ姫の由来との説がある著名人)からとしばしば勘違いされる」とスペシャルムービーで述べていた。

脚注[編集]

  1. ^ 速報スマブラ拳 シーク 2001.10.30 更新
  2. ^ スマブラ拳!! 2008.1.16(水) シーク