ゼルダの伝説シリーズの作品・関連作品の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゼルダの伝説シリーズ > ゼルダの伝説シリーズの作品・関連作品の一覧

任天堂が開発・発売したコンピュータゲーム、ゼルダの伝説シリーズのシリーズ作品・関連ゲーム作品・サウンドトラック漫画などのリスト。

ゲーム[編集]

注意
  • 発売年は注釈が無い限り日本国内でのものとする。
  • 「リリース」では移植・リメイク版を紹介する。リメイク版については太字となる。
  • 非売品のものには*が付く。
  • 主なハードの略記については下記の表を参照。
略称 ハード
FC ファミリーコンピュータ
FCD ファミリーコンピュータ ディスクシステム
SFC スーパーファミコン
N64 NINTENDO64
GC ニンテンドーゲームキューブ
Wii Wii
GB ゲームボーイ
GBC ゲームボーイカラー
GBA ゲームボーイアドバンス
DS ニンテンドーDS
3DS ニンテンドー3DS
Wii U Wii U

シリーズ作品[編集]

ゼルダの伝説


リンクの冒険


ゼルダの伝説 神々のトライフォース


ゼルダの伝説 夢をみる島
  • 英題 - The Legend of Zelda: Link's Awakening
  • リリース
    • 1993年 GB
    • 1998年 GBC - 『ゼルダの伝説 夢をみる島DX』としてカラーでリメイク
    • 2011年 3DS - DX版のバーチャルコンソール


ゼルダの伝説 時のオカリナ


ゼルダの伝説 ムジュラの仮面


ゼルダの伝説 ふしぎの木の実
  • 英題
    • 大地の章 - The Legend of Zelda: Oracle of Seasons
    • 時空の章 - The Legend of Zelda: Oracle of Ages
  • リリース
    • 2001年 GBC - 大地の章・時空の章同時発売
    • 2013年 3DS - バーチャルコンソール(両章とも)


ゼルダの伝説 風のタクト
  • 英題 - The Legend of Zelda: The Wind Waker
  • リリース
    • 2002年 GC
    • 2013年 Wii U - 『ゼルダの伝説 風のタクト HD』


ゼルダの伝説 4つの剣


ゼルダの伝説 4つの剣+
  • 英題 - The Legend of Zelda: Four Swords Adventures
  • リリース


ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし


ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
  • 英題 - The Legend of Zelda: Twilight Princess
  • リリース
    • 2006年 Wii
    • 2006年 GC - Wii版と同時発売。任天堂ホームページのオンライン限定でのみ販売
当初はGC用ソフトとして開発されたが、Wii・GC両方での発売となった。シリーズ初の12歳以上対象のCERO Bのゲームとなった。


ゼルダの伝説 夢幻の砂時計
  • 英題 - The Legend of Zelda: Phantom Hourglass
  • リリース


ゼルダの伝説 大地の汽笛
  • 英題 - The Legend of Zelda: Spirit Tracks
  • リリース


ゼルダの伝説 スカイウォードソード
  • 英題 - The Legend of Zelda: Skyward Sword
  • リリース


ゼルダの伝説 神々のトライフォース2
  • 英題 - The Legend of Zelda: A Link Between Worlds
  • リリース


ゼルダの伝説 最新作(仮題)
  • 英題 - The Legend of Zelda
  • リリース

派生作品[編集]

ゼルダコレクション
リンクのボウガントレーニング
ゼルダの伝説 バトルクエスト
  • 英題 - The Legend of Zelda: Battle Quest
  • リリース
  • その他 - テーマパーク内でゼルダの伝説シリーズをモチーフとしたアトラクションをプレイするという設定のアクション&シューティングゲーム。Wiiリモコンのプレイヤーは剣を、Wii U GamePadのプレイヤーは弓を用いる。
ゼルダ無双

リメイク作品[編集]

ゼルダの伝説 夢をみる島DX1998年12月12日・GBC)
  • 英題 - The Legend of Zelda: Link's Awakening DX
夢をみる島』のカラーリメイク版


ゼルダの伝説 時のオカリナGC2003年・GC)
  • 英題 - The Legend of Zelda: Ocarina of Time Master Quest
時のオカリナ』の移植版と共に、高難易度リメイク版『ゼルダの伝説 時のオカリナ 裏』が収録されている。『風のタクト』の予約特典として配付された。非売品。


ゼルダの伝説 神々のトライフォース&4つの剣2003年・GBA)
  • 英題 - The Legend of Zelda: A Link to the Past/Four Swords
新作『4つの剣』と共に『ゼルダの伝説 神々のトライフォース&4つの剣』に収録された『神々のトライフォース』のリメイク版。


ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D2011年6月16日・3DS)
  • 英題 - The Legend of Zelda: Ocarina of Time 3D


ゼルダの伝説 4つの剣 25周年記念エディション(2011年9月28日DSiウェア
DS向けにグラフィックを修正し、ワイヤレス通信に対応させたもの。一人プレイや新ステージが追加されている。


ゼルダの伝説 風のタクト HD2013年9月26日・Wii U)

チンクルシリーズ[編集]

もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド
  • 英題 - Freshly-Picked Tingle's Rosy Rupeeland
  • リリース
    • 2006年 DS - 北米では発売されなかった
チンクルのバルーンファイトDS
できすぎチンクルパック
いろづきチンクルの恋のバルーントリップ
  • リリース
    • 2009年 DS - 日本国内でのみ発売

その他の作品[編集]

Zelda
  • リリース
  • 横井軍平とNintendo R&D1により開発された、米国のみで発売されたゲーム&ウオッチ版ゼルダの伝説(ただし外箱及び本体に『MADE IN JAPAN』、説明書にも『PRINTED IN JAPAN』と記されている)。無論、主人公はリンクなのだが、ボスがガノンではなくドラゴン。日本国外では、GBA用ソフト"GAME&WATCH GALLERY 4"(日本でのタイトルは『ゲームボーイギャラリー』)に収録されたが、日本では発売予定があったものの中止になってしまった。
CD-iのゼルダ作品

フィリップス社が任天堂からキャラクターの使用権を得て、Animation Magic英語版社が開発。フィリップス社から同社のCD-iプレイヤー向けに発売されたゲーム。いずれも日本国内では未発売で任天堂は開発に関わっていない。

発売当初は各ゲーム雑誌からそれなりの高評価を得、売上本数も好調であった。それに対して昨今のレビューからは概して非常に低い評価を受けるのが普通で、特にゲーム中に使用されたアニメーションが酷評されることが多い。しかし少ないながらも1UP.comのように「CD-iで最高のゲームの1つ」と評する声もある。

CD-iゲームの衰退とともにこのゲームも忘れ去られていったが、YouTube上にゲーム中のカットシーンがアップロードされると急に知名度が上昇。そのアニメーションを面白おかしく編集したYouTube Poopと呼ばれる動画が多数投稿され、キャラクターの台詞はインターネット常套句(ネタ)として知られるようになった。その海外圏の知名度と比べて日本ではほとんどその存在を知られていない。

2011年に出版された『任天堂公式ガイドブック ハイラル・ヒストリア ゼルダの伝説大全』には本ゲームに関する記述は一切無いため、公式にゼルダシリーズのゲームとしてカウントされていないことがわかる。

BSゼルダの伝説
初代『ゼルダの伝説』をベースにしたイベントゲーム。1995年8月の毎週日曜午後6時に1話ずつ放送され、1995年~1996年の年末年始にかけてラジオドラマ部はそのままにマップを変更した、「BSゼルダの伝説 MAP2」が放送された。
BSゼルダの伝説 古代の石盤
『BSゼルダの伝説』に続いて、1997年4月に『神々のトライフォース』をベースにして作られたイベントゲーム。日本国内のみで放送。

書籍[編集]

  • 任天堂公式ガイドブック ハイラル・ヒストリア ゼルダの伝説大全 (2011年 小学館 978-4092271593)

サウンドトラック[編集]

オリジナルサウンドトラック[編集]

その他、『トワイライトプリンセス』は7曲が収録されたCDが北米で限定発売されている。

アレンジアルバム(主なもの)[編集]

映像作品[編集]

アニメ「The Legend of Zelda」
アメリカで製作され、1989年にアメリカ・カナダ等で放送されていたアニメ。アメリカのテレビ番組「The Super Mario Bros. Super Show!」内で放送されていた。一話15分。基本ストーリーは「リンクとゼルダが力を合わせてガノンからトライフォースを守って戦う」というゲーム準拠の内容。ただリンクはかなりとぼけた性格になっており、事あるごとにゼルダに言い寄っては邪険に扱われたり、ヘマをやらかしてはゼルダに怒られて「Excuse me, Princess! (すいませんねえ、姫)」とボヤく、というのがパターンになっていた。DVDも販売されているが、CD-iの作品と同様の理由で好評とは言えない作品。日本では未放送で、存在すら殆ど知られていない。
ゼルダの伝説~時のオカリナ~ 公式攻略ビデオ
企画・製作 ファミ通、製作協力 任天堂、発売・販売 メディアファクトリー
任天堂公式ビデオ HISTORY of ZELDA "「ゼルダの伝説」の過去から未来へ"
初代から『ムジュラの仮面』までの作品をまとめたヒストリービデオ。Loppiやランドネットなどでの販売が主であった。2000年6月22日発売。
ファミ通DVDビデオ「ゼルダのビデオ」~ゼルダのすべてを教えよう!~
初代『ゼルダの伝説』から『風のタクト』までの作品を宮本茂青沼英二岡本吉起スチャダラパーのBOSEらのインタビューを交えながら辿ったドキュメンタリー。題名が「ゼルダのビデオ」だが、DVDである。2003年2月19日発売。

楽譜[編集]

楽しいバイエル併用シリーズ(ドレミ楽譜出版社
ヤマハミュージックメディア

漫画[編集]

ゼルダの伝説シリーズは多くの作品が漫画化されている。特に姫川明は継続的に執筆しており、海外でも出版され、作者の代表作の一つとなっている。 また姫川明ÖYSTERの漫画は、任天堂の公式漫画である。

乱丸
未将崎雄
田口順子
石ノ森章太郎
かぢばあたる
棟居仁・古澤純也
4コマギャグバトルシリーズ(火の玉ゲームコミックシリーズ)
  • ゼルダの伝説 時のオカリナ 4コマギャグバトル 冒険編・探検編 (1999年 光文社
  • ゼルダの伝説 夢をみる島DX 4コマギャグバトル (1999年 光文社
  • ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 4コマギャグバトル(2000年 光文社
  • ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 大地の章・時空の章 4コマギャグバトル(2001年 光文社
  • ゼルダの伝説 神々のトライオフォース 4コマギャグバトル(2003年 光文社
4コママンガ劇場シリーズ(スクウェア・エニックス)
  • ゼルダの伝説 4コママンガ劇場 全8巻(スクウェア・エニックス)
姫川明
  • ゼルダの伝説 時のオカリナ 上下巻(2000年 小学館
  • ゼルダの伝説 ムジュラの仮面(2001年 小学館)
  • ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 大地の章・時空の章(2001年 小学館)
  • ゼルダの伝説 4つの剣+ 上下巻(2004年 小学館)
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース(2005年 小学館)
  • ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし(2006年 小学館)
  • ゼルダの伝説 夢幻の砂時計2009年 小学館)
ÖYSTER