カットラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MuseeMarine-sabre-p1000456.jpg

カットラス(Cutlass)は湾曲した刃を持つである。舶刀。刃が湾曲している側が鋭利になっている。湾曲しているのは、切ることを重視したためである。

刀身が短く、船など狭い場所での使用に向く。海賊映画によく登場するように、船乗りが好んで使ったが、その他にも歩兵やマムルーク(中東の騎兵)もよく使用した。

また武器であるとともに、農業用の道具でもあり、カリブ海中米の熱帯雨林やサトウキビ畑の収穫時にも使用される。同じ用途で、中南米の原住民が使うマチェーテというもある。

Cutlasses aboard the frigate Grand Turk

二次的意味[編集]

  • カットラス・フィッシュは熱帯魚の一種、タチウオ
    • 「タチウオ(太刀魚)」は太刀の様な形で、立ち泳ぎする(タチウオ科)。
  • GMのオールズモビル(Oldsmobile)部門の車の名前。
  • 魚の名にちなんで名付けられた米国海軍の潜水艦カットラス(SS-478)は第二次世界大戦中に造られ、後に台湾(中華民国)で使用された。
  • セスナ機のカットラスは、民間軽飛行機(単発エンジン航空機)。セスナ172(177)RGカットラス
  • カットラスVought F7U Cutlass)は米国海軍艦載機の一種。→F7U (航空機)
  • CUTLASSは、レーダーを使用して電離層を調査する研究所、Co-operative UK Twin Auroral Sounding Systemの頭字語:外部リンク:CUTLASS

架空の事象[編集]