テトリス64

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テトリス64
ジャンル 落ち物パズル
対応機種 NINTENDO64
開発元 アムテックス
発売元 セタ
人数 1 - 4人
メディア ロムカセット
発売日 1998年11月13日
テンプレートを表示

テトリス64』は1998年11月13日セタからNINTENDO64用ソフトとして発売された落ち物パズルゲーム。NINTENDO64で発売された最初のテトリスで、通常のルールのテトリスの他に特殊なテトリミノが落ちてくるモードを収録している。64の周辺機器の『バイオセンサー』に唯一対応しているソフトである。

ゲームモード[編集]

テトリス
いわゆるスタンダードなルールで行われるテトリス
ギガテトリス
通常のテトリミノに加えて巨大なサイズのギガテトリミノが落ちてくるモード。ギガテトリミノをラインに組み込んで消去することでギガテトリミノを小さく分裂させ、連鎖を狙うことができる。
バイオテトリス
周辺機器である『バイオセンサー』を使用したテトリス。プレイヤーの脈拍数の変化で特殊なテトリミノが落ちてくるルールになっている。

バイオセンサー[編集]

バイオセンサー

同じくセタが発売した周辺機器で、プレイヤーの脈拍数を読み取りゲームプレイに影響を与えるというもの。コントローラの拡張コネクタに接続し、先端のクリップで耳たぶをはさんで使用する。今作以外に対応するソフトが発売されなかったため、事実上テトリス64専用となっている。