十字キー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファミリーコンピュータ(任天堂)のコントローラ。一番左にあるのが十字キー。
SG-1000IIオセロマルチビジョンセガ・マークIIIマスターシステムのジョイパッド(セガ・エンタープライゼスツクダオリジナル)。任天堂の実用新案権を侵害しないように、レバー(つまみ)が取り外し可能、8方向ボタンを用いている。
PCエンジンNECホームエレクトロニクス)の初期型コントローラ。任天堂の実用新案権を侵害しないように、十字キーが一体化したボタンを用いている。
プレイステーションソニー・コンピュータエンターテインメント)の初期型コントローラ。十字キーの代わりに4個のボタンを用いている。但し、上下左右が独立したボタンではなく、一体成形のパーツで方向キーを構成しているため、構造的には似たような物である。プレイステーション2プレイステーション3および、プレイステーション・ポータブルも同様。
唯一、十字キーボタンを2つ装備したバーチャルボーイのコントローラー。

十字キー(じゅうじキー)は、主にテレビゲーム機コントローラに使用されるボタン。十字キー元祖の任天堂としての公式名称は十字ボタン#呼称参照)。ゲーム内におけるカーソルの移動や、プレイヤーが操作するキャラクターの移動に使われる。

概要[編集]

上下左右に配置された4つのスイッチがあり、その上を十文字のカバーが覆っている。十字の中心には支点があり、カバーがシーソーのように動くことで、上下、もしくは左右のスイッチが同時に押せないようになっている。

任天堂在籍の開発者横井軍平によって開発された[1]。十字キーが初めて装備されたゲーム機は1982年発売のゲーム&ウオッチドンキーコング』。コンパクトながら親指だけで4方向にキーを押す感覚が伝わる画期的な操作性は携帯ゲーム機にも相性が良く、その後ファミリーコンピュータなどの家庭用ゲーム機にも装備された。なお、装備数は一つの機器に一つであるが、任天堂のバーチャルボーイのコントローラーはこれを唯一2つ装備しており、ゲームによって両方または片方を使う。

実用新案権[編集]

十字キーについては、1982年任天堂実用新案登録出願を行い、1992年に「方向性スイッチ」という名称で実用新案権を取得している(出願番号:実願昭57-57437、公開番号:実開昭58-159132、公告番号:実公平3-13951、登録番号:実用新案登録1889504号)[2]。ただし、これは十字キーそのものについての包括的な権利ではなく、特定の構造の十字キーについてのものである。このため、他のメーカーはこの実用新案権を侵害しないように、任天堂とは構造の異なる十字キーを採用する場合が多かった。なお、当時の実用新案権の存続期間は出願から12年間(または出願公告から10年のうちの短い方)であったため、この権利は1994年に消滅している。

呼称[編集]

任天堂の実用新案の名称は前述の通り「方向性スイッチ」であったが、その後の任天堂、セガ日本電気松下電器等のゲーム機関連の特許出願等の中では、「十字キー」という名称が広く使用されている。 市場での名称としては、任天堂企画部の萩島光明はゲーム雑誌『ニンテンドードリーム』の質問回答コーナーにて「十字ボタンです。説明書もそれで統一しています」との説明をしており、任天堂の説明書でも「十字ボタン」と記述が統一されている。また、他のメーカーは「方向キー」「十字キー」などの名称を用いている。

脚注[編集]

  1. ^ ただし、実用新案を登録する際、発明者の名前を十字キーの図面を書いた人物の名前で登録したため、後日山内溥に怒られるというエピソードもあった。
  2. ^ 特許検索ガイドブック ∼電子ゲーム∼ 平成17年3月 特許庁 (PDF) 15ページ

関連事項[編集]