方向キー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索


方向キー

方向キー(ほうこうきー)は、キーボードで主に矢印が刻印されたキーである。4つのキー「←」「↑」「→」「↓」がセットになっており、主にカーソルなどをその方向に移動するのに用いる。矢印キーとも呼ばれる。

概要[編集]

多くのキーボードの場合、キーボード上のメインより右とテンキーの間に配置されている。「↑」は上、「↓」は下、「←」は左、「→」は右に配置される。

専用の方向キーのないキーボードの場合は、テンキーで代用できることが多く、シフトキーと「8」で「↑」、シフトキーと「4」で「←」、シフトキーと「6」で「→」、シフトキーと「2」で「↓」の役割を果たす。

関連項目[編集]