レッド・エンタテインメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社レッド・エンタテインメント
Red Entertainment Corporation
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
〒104-0054
東京都中央区勝どき3-3-7
ケンメディアビル(KNリバーシティ)6階
設立 2000年12月4日
業種 サービス業
事業内容 ゲームソフト・アニメ等キャラクターコンテンツの企画制作
代表者 代表取締役 名越康晃
資本金 51,000,000円
従業員数 59名
主要株主 UltiZen Games Ltd.
関係する人物 広井王子(創業者、現顧問)
外部リンク http://www.red-entertainment.co.jp/
特記事項:前身のレッドカンパニーは1984年創業。
テンプレートを表示

株式会社レッド・エンタテインメントRed Entertainment Corporation)はゲームアニメーション等各種コンテンツの企画・製作を行なう会社である。

マルチクリエイター広井王子によって設立されたレッドカンパニーを前身とし、これまでに様々なゲームやアニメの製作に携わっている。

社名の『RED』とは、『魔神英雄伝ワタル』シリーズの『皇帝龍(Royal Emperor Dragon)』の略である[1]

沿革[編集]

  • 1976年 -「レッドカンパニー(個人事業)」を立ち上げる。
  • 1984年 - 有限会社レッドカンパニー設立。
  • 1989年 - 『天外魔境ZIRIA』発売。
  • 1991年 - 株式会社レッドカンパニーへ改組。
  • 1996年 - 『サクラ大戦』発売。
  • 2001年 - 株式会社レッドカンパニーより営業譲渡し、株式会社レッド・エンタテインメントを設立、広井王子が会長に、名越康晃が社長に就任。
  • 2002年 - セガの資本を受け入れ、セガ傘下に。
  • 2005年11月28日 - レッド・エンタテインメントの経営陣がセガ所有の株式をMBO方式で譲り受け、セガグループを離れる。
  • 2006年3月 - 優先株の第三者割当により約7億円の資金調達を実施。
  • 2008年3月 - 約5億円の減資を実施。
  • 2011年3月 - 中国UltiZen Games社との資本・業務提携を発表。UltiZen社が株式を取得し、同社の子会社となる[2]

代表作[編集]

映像作品[編集]

ゲームソフト[編集]

共同制作が多いように、プログラムなどの実開発作業は担当していない。

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「REDってなぁに?」『アニメージュ』1990年1月号、徳間書店、p.36.
  2. ^ 中国UltiZen、レッド・エンタテインメントを買収 日中共同で「Produce in Japan、Made in China」を目指す、Game Watch、2011年4月1日
  3. ^ 「十三支演義 ~偃月三国伝~」ティザーサイト 公開!”. 十三支演義 〜偃月三国伝〜. 2011年7月20日閲覧。

外部リンク[編集]