新耳袋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

新耳袋』(しんみみぶくろ)は、現代の怪談・怪異譚を百物語形式で収載した書物である。

概要[編集]

木原浩勝中山市朗の二人が膨大な取材と怪異の経験者への直接的な裏づけ調査を元に、体験者のプライバシーを意図的に秘匿してリライトしたものとされているが、本作を原作とした映像化作品として作中にて登場人物が事実上全員死亡する話(例:劇場版 怪談新耳袋 異形 収録 第2話「赤い人」)も含まれるなど、そもそも情報提供行為が不可能である(情報提供出来る怪異現象体験者が存在し得ない)と疑われる作品も幾つか含まれる。テレビドラマ・劇場版『怪談新耳袋』、および『怖い日曜日』シリーズの原作でもある。また伊藤潤二による漫画化もされている。

1990年に扶桑社より『新・耳・袋 - あなたの隣の怖い話』として出版されたが絶版となり、その後1998年にメディアファクトリーより『現代百物語「新耳袋」第一夜』として再版がスタートした。

扶桑社版では本当に100話を収録していたが、一夜で100話を読了した読者から多くの怪異が報告された為、[要出典]メディアファクトリー版の『~第一夜』を出版する際「お寺の大天狗その一・その二」を一話にまとめ第七章狐狸妖怪を見たという十三の話を十二の話に変更し、内容はそのままに話数を99話として発行した。

2010年8月にオリオンから『新耳袋ラムネ』が発売された。このラムネのパッケージの一部がミニブック(二枚に折り込んであるだけであるが)になっており、切り離すと本シリーズから抜粋した怪談が一話収録されている。

出版物[編集]

  • 現代百物語「新耳袋」第一夜 1998年 メディアファクトリー ISBN 4-88-991548-6
    • 文庫版 「新耳袋」第一夜 ― 現代百物語 2002年 角川文庫 ISBN 4-04-365301-8
  • 現代百物語「新耳袋」第二夜 1998年 メディアファクトリー ISBN 4-88-991549-4
    • 文庫版 「新耳袋」第二夜 ― 現代百物語 2002年 角川文庫 ISBN 4-04-365302-6
  • 現代百物語「新耳袋」第三夜 1999年 メディアファクトリー ISBN 4-88-991641-5
    • 文庫版 「新耳袋」第三夜 ― 現代百物語 2003年 角川文庫 ISBN 4-04-365303-4
  • 現代百物語「新耳袋」第四夜 1999年 メディアファクトリー ISBN 4-88-991895-7
    • 文庫版 「新耳袋」第四夜 ― 現代百物語 2003年 角川文庫 ISBN 4-04-365304-2
  • 現代百物語「新耳袋」第五夜 2004年 メディアファクトリー ISBN 4-84-010090-X
    • 文庫版 「新耳袋」第五夜 ― 現代百物語 2004年 角川文庫 ISBN 4-04-365305-0
  • 現代百物語「新耳袋」第六夜 2001年 メディアファクトリー ISBN 4-84-010290-2
    • 文庫版 「新耳袋」第六夜 ― 現代百物語 2004年 角川文庫 ISBN 4-04-365306-9
  • 現代百物語「新耳袋」第七夜 2002年 メディアファクトリー ISBN 4-84-010588-X
    • 文庫版 「新耳袋」第七夜 ― 現代百物語 2005年 角川文庫 ISBN 4-04-365307-7
  • 現代百物語「新耳袋」第八夜 2003年 メディアファクトリー ISBN 4-84-010794-7
    • 文庫版 「新耳袋」第八夜 ― 現代百物語 2006年 角川文庫 ISBN 4-04-365308-5
  • 現代百物語「新耳袋」第九夜 2004年 メディアファクトリー ISBN 4-84-011113-8
    • 文庫版 「新耳袋」第九夜 ― 現代百物語 2007年 角川文庫 ISBN 4-04-365309-3
  • 現代百物語「新耳袋」第十夜 2005年 メディアファクトリー ISBN 4-84-011281-9
    • 文庫版 「新耳袋」第十夜 ― 現代百物語 2008年 角川文庫 ISBN 4-04-365310-7
  • 新耳袋コレクション(ダ・ヴィンチブックス) 2006年 メディアファクトリ- (恩田陸 編)ISBN 4-84-011570-2
  • 怪談新耳袋ノブヒロさん(ダ・ヴィンチブックス) 2006年 メディアファクトリ- (加藤淳也 著)ISBN 4-84-011550-8
  • 怖い日曜日-新耳袋特別編集 1998年 メディアファクトリー ISBN 4-88-991918-X

漫画作品[編集]

またこれとは別に竹書房が発行する漫画雑誌サムケ』Vol.1に「2階」と「乗客」の漫画化作品が掲載されている。作画はそれぞれ藤堂裕田邊剛

関連項目[編集]