KURAU Phantom Memory

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
KURAU Phantom Memory
アニメ
原作 BONES
監督 入江泰浩
シリーズ構成 吉永亜矢
脚本 吉永亜矢、玉井☆豪、鈴木やすゆき
吉田伸、入江泰浩
キャラクターデザイン 尾崎智美
メカニックデザイン 鈴木雅久
音楽 勝木ゆかり (S.E.N.S.)
アニメーション制作 ボンズ
製作 ボンズ、メディアファクトリー
ビクターエンタテインメントビッグショット
放送局 テレビ朝日
放送期間 2004年6月24日 - 12月15日
話数 全24話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

KURAU Phantom Memory』(クラウファントムメモリー)は、2004年に放送されたアニメ作品。2110年地球を舞台にクラウとクリスマスの、リナクスとのかかわりを描く。漫画版は講談社月刊マガジンZ」に連載され、ノベライズ版がメディアファクトリーMF文庫Jより発売された。

あらすじ[編集]

西暦2100年。世界は生活圏としての都市「メトロポリス」とライフラインとしての生産層「エコロジア」に区別されていた。そこでは戦争や貧困をもはや過去のものとしており、地上400mを誇る超高層ビル群と重力制御によるエアカーを主流とした交通により、平和でストレスの無い理想的な社会を実現していた。その一方で、宇宙に進出した人類は、月面に都市を建設した上に、外宇宙進出の計画しており、人類は更に広い世界へ出ようとしていた。

次世代エネルギーの研究者・天箕創は、月面にある基地で研究チームと共に原子衝突実験を行っていたが、突如実験装置から飛び出した2つの光が天箕博士の娘・天箕クラウに衝突し、彼女の体を分解してしまった。しかし、その光は再びクラウの姿を形作り、クラウは「リナクス」として蘇り、超人的な力を得た。ただ、もう1つの光の行方は誰にも分からないままであった。

それから10年後。クラウはリナクスの力を隠しながら、有能なエージェントとして日々を送っていた。そんなある日、クラウの中からもう1つの光が現れ、少女・クリスマスとなる。対の片割れとの再会を果たした喜びも束の間、リナクスを追う者達が現れた為、2人は逃避行を始める。

登場人物[編集]

天箕クラウ(あまみ クラウ)
声 - 川澄綾子
本作の主人公。ボーイッシュな外見が特徴。12歳の誕生日に父・天箕博士の研究所にいた際、突如発生したリナクスに触れたことでリナクス人間となる。それから10年後はエージェントとなり、業界では「危険な仕事を好む女」と評判になるが、リナクスのことは隠している。当初は、クールな性格だったが、クリスマスが生まれてからは、温かみが生まれ、危険な仕事は引き受けないことにした。
クリスマス
声 - 小林美佐
クラウが22歳の時に、彼女の体の中から生まれた少女。彼女と「対」のリナクスで、容姿は12歳の頃のクラウと似ている。周囲には「クラウの妹」と称している。クラウと比べ、運動神経は劣るが、家事全般を得意とする。
天箕創(あまみ はじめ)
声 - 小形満
クラウの父親で、次世代エネルギーの研究者。10年前の事故で、リナクス人間となった娘・クラウに衝撃を受け、当初は彼女を受け入れられずにいたが、次第に愛情が芽生え、彼女を受け入れられる様になる。リナクス人間となったクラウを研究する最中、これを嫌がったクラウが突如、リナクスを発したことで、左腕を失った。
ダグ
声 - 志村知幸
ある目的で、クラウを監視するエージェント。身長190cmの大柄な体格の男性。妻子がいるが、現在別居中。元GPO警部で、アヤカの上司だった。後にクラウを助ける様になる。
アヤカ
声 - 甲斐田裕子
GPOに属する女性警察官。リナクスの力を持つクラウを危険人物とみなし、彼女を捕獲しようとしている。正義感や仕事への責任感が強く、世の悪事を憎んでいる。クラウに対して、感情的になることがあるが、これにはある理由がある。
ウォン
声 - 古澤徹
GPOの警視正。アヤカの上司。
市瀬(いちせ)
声 - 飛田展男
月面の施設で天箕博士と研究を行うチームの一人。リナクス人間となったクラウの身体能力の高さを奇跡と呼んだ。

用語集[編集]

未来都市メトロポリス
人類が作り出した未来都市。これは生活圏に当たり、高層400mの巨大ビル群が立ち並び、交通はエアカーを主流とする。この社会システムが完璧に機能することによって、人々は平和な生活を営んでいる。
エコロジア
未来都市メトロポリスのライフラインとなる地域で、いわゆる食料庫の役目を担い、数々の食料を生産している。生活圏とライフラインの役割は、地域によって完全に分離・分担されている。
月面都市
月面に建設された都市。次世代エネルギー研究所施設やGPO本部がある。
リナクス
原子の中の極小空間に存在する物質。通常空間では空中を浮遊する光の塊の形をとり、2つが「対」として存在する。この状態では、触れたあらゆる物質を原子に分解し消滅させる力を持つ。リナクスはより広い世界へ出て行こうとする性質を備えており、もしリナクスが人間世界に溢れると、その勢いは世界を覆いつくすまで止まらず、全てを原子に分解する恐れがある。
リナクス人間(リナサピエン)
身体にリナクスが宿った人間。本来、人間もリナクスに触れると消滅するが、稀に身体が再構築されて、リナクス人間として蘇ることがある(原因は不明)。超人的な運動神経や飛行、壁を通り抜けるなどの特殊能力を持つ。また「対」の存在を気にかけるようになり、これを失うと精神的に不安定になる。
ブルーエネルギー
人類が原子力に変わる新エネルギーとして開発した。水からエネルギーを取り出す[1]革新的なシステムで、人類は無限大のエネルギーを得て、メトロポリスと呼ばれる社会を築き上げた。
エージェント
クラウやダグが属する職業。警察では手の届かない犯罪や管轄外のトラブルの解決を生業とする。
GPO
アヤカが属する世界規模の警察組織。正式名称は「Global Police Organization(国際警察機構)」で、各国にある警察組織を統一している。本部は月にあり、地球の各地に支部がある。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「懐かしい宇宙(うみ)」
作詞・作曲 - 新居昭乃 / 編曲 - 保刈久明
エンディングテーマ「Moonlight」
作詞・作曲・編曲 - 勝木ゆかり(S.E.N.S.)

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 メカ作画監督
1st Reaction 広い世界へ… 吉永亜矢 入江泰浩 伊藤岳史 ねこまたや
2nd Reaction なにか、いい言葉 入江泰浩 阿保孝雄 児山昌弘
3rd Reaction 追う者たち 太田雅彦 堀川耕一
4th Reaction 夜を越えて 武井良幸 平田豊 小森高博 神戸洋行
ねこまたや
5th Reaction 迷い子 玉井☆豪 入江泰浩 阿保孝雄 伊藤岳史
6th Reaction 光る雨 吉永亜矢 武井良幸 北村真咲 佐々木敦子 ねこまたや
7th Reaction 新しい暮らし 玉井☆豪 寺東克己 鳥羽聡 二宮常雄 神戸洋行
8th Reaction もうひとつのクリスマス 鈴木やすゆき 入江泰浩 武井良幸 児山昌弘 ねこまたや
9th Reaction 天使が消えた街 吉永亜矢 須永司 森山雄治 神戸洋行
ねこまたや
10th Reaction 眠り姫 佐藤育郎 小森高博 ねこまたや
11th Reaction 呼び合う声 鈴木やすゆき 北村真咲 堀川耕一 神戸洋行
ねこまたや
12th Reaction いまここにいる 吉永亜矢 入江泰浩 中川聡 金一倍
佐々木敦子
ねこまたや
13th Reaction 守るべきもの 鈴木やすゆき 横山彰利 佐藤育郎 伊藤岳史 神戸洋行
ねこまたや
14th Reaction 昨日・今日・明日 吉永亜矢 阿保孝雄 石田可奈
児山昌弘
ねこまたや
15th Reaction アゲハ蝶の不安 吉田伸 寺東克己 粟井重紀
16th Reaction 丘の上の墓標 須永司 迫井政行 李時旼
17th Reaction 霧の中 吉永亜矢 寺東克己 北村真咲 堀川耕一 神戸洋行
ねこまたや
18th Reaction 来訪者 須永司 笹木信作 佐々木敦子 ねこまたや
19th Reaction それぞれの道 鈴木やすゆき 橋本昌和 佐藤育郎 伊藤岳史 神戸洋行
ねこまたや
20th Reaction 窓をひらいて 吉永亜矢 坂田純一 阿保孝雄 石田可奈 ねこまたや
21st Reaction 凍りついた河 鈴木やすゆき 須永司 森邦宏 川元利浩
小平佳幸
22nd Reaction 闇に瞬く 吉永亜矢 安田賢司 菅野宏紀
高橋久美子
23rd Reaction 最後の光 入江泰浩
吉永亜矢
入江泰浩 笹木信作 小森高博
24th Reaction さよならの前に 入江泰浩
佐藤育郎
伊藤岳史

放送時期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ KURAU DVD Vol.1特典 8Pブックレット

関連項目[編集]

外部リンク[編集]