マインド・ゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マインド・ゲーム
漫画
作者 ロビン西
出版社 マガジンハウス
発売日 2004年6月23日(再版)
発表期間 1995年 - 1996年
映画
監督 湯浅政明
制作 STUDIO 4℃
封切日 2004年8月7日
上映時間 103分
テンプレート - ノート

マインド・ゲーム』(Mind Game)は、ロビン西漫画作品、及びそれを原作としたアニメ映画

概要[編集]

1995年から1996年にかけて、マガジンハウスの『コミックアレ!』で連載されていた。コミックスはマガジンハウスより全3巻(絶版)、飛鳥新社より全1巻として再刊(2004年6月23日発行 ISBN 4870316226

あらすじ[編集]

ある日、西は電車内に飛び込んできた初恋の相手・みょんと再会を果たす。彼女の案内で姉・ヤンの経営する焼き鳥屋に案内されたが、そこで彼女がりょうと婚約している事を知り、落ち込む。その時、突如借金取りのヤクザが押しかけ、それに巻き込まれた西は、お尻の穴から銃弾を撃たれて脳天破裂という、何とも無様な形で死んでしまった。しかし、現世に未練残りの西は、神様の意志に逆らい、自らの意思で生還したのであった。

登場人物[編集]

西(声:今田耕司
本作の主人公。20歳。漫画家になるためにフリーターをしているはずが、実際は漫画すら描かずに曖昧な日々を送っている。元恋人のみょんと再会し、彼女が働く焼鳥屋に行くが、そこに現れたヤクザにお尻の穴から銃弾を撃たれ死亡。何かと未練を残し易く不甲斐ない性格だったが、「とことんやる」と神様に誓い、現世に戻る。
みょん(声:前田沙耶香
本作のヒロイン。西の幼馴染みで元恋人。高校生の時、父親が多額の借金を抱えたために家族と共に夜逃げをする。現在は、ヤンと共にひっそりと焼鳥屋で働いており、その最中に常連客・りょうと婚約した。
じーさん(声:藤井隆
鯨の中で30年以上も生活しており、片言の日本語を話す謎の老人。脱出が困難な為、鯨が飲み込んだ生活品を利用して快適な生活を送っている。性格は妙に明るい一方、期せずして置いてきた妻子の身を心配している。
ヤン(声:たくませいこ
みょんの姉。借金取りから逃れ、現在では焼き鳥屋を経営している。家族の中では1番のしっかり者であり、家事全般は彼女が担当している。
りょう(声:山口智充DonDokoDon))
みょんが働く焼き鳥屋の常連客で、彼女の婚約者。職業はトラック運転手。気さくで温厚な体育会系の男性。頭髪にある秘密があるらしい。
みょん、ヤンの父(声:坂田利夫
裕福な家庭に生まれ育ち、事業も快調で、一時は名を馳せたが、バブル崩壊を機に多額の借金を抱え、家族と共に夜逃げする破目になる。焼鳥屋の経営はヤンに任せっきりで、自身はサラ金で知り合ったリコという名前の女性(実はアツの恋人)と共にひっそり隠居しながら暮らしている。自由奔放な性格。
やくざのボス(声:島木譲二
借金取り暴力団のボス。刑務所に収容されていた時にサッカーに嵌って以来、大のサッカーファンとなる。業界人によるサッカーリーグを開催したこともある。
アツ(声:中條健一
みょんの家族が経営する焼鳥屋に押しかけてきた借金取り暴力団の1人で、少々キレ気味。自分の恋人をみょんの父に寝取られてしまい、彼に復讐しようともくろむ。
やくざ(声:西凛太朗
アツと共に焼鳥屋に押しかけてきた借金取り暴力団の1人。名前は不明。眼鏡をかけており、頬がこけている。実は大阪駅に駆け落ちする女性が待っている。アツとの会話から彼の方が立場が上である模様。
神様
西が死んだ時に出会った神様。尚、名前は記号であって、本当は何と呼んでも構わないらしい。人型から異形の生物まで、様々な姿に変化する(本人曰く「西のイメージがコロコロ変わるから」)。西に現世から消える様に勧めたが、彼が自分の意思に逆らってまで生き返ろうとする姿勢を見て、現世に戻ることを許す。なお、一瞬だけ人間姿の神様が映るのだがそれは総作画監督の末吉裕一郎である。

アニメ映画[編集]

マインド・ゲーム
監督 湯浅政明
脚本 湯浅政明
原作 ロビン西
製作 田中栄子
出演者 今田耕司
前田沙耶香
藤井隆
たくませいこ
山口智充DonDokoDon
坂田利夫
島木譲二
中條健一
西凛太朗
音楽 山本精一
編集 水田経子
配給 アスミック・エース
公開 日本の旗 2004年8月7日
上映時間 103分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2004年8月7日、アスミック・エース系にて公開された。湯浅政明の初監督作品。文化庁メディア芸術祭アニメーション部門をはじめ数々の賞を受賞した。

なお、本作に吉本の有名芸人達が多くクレジットされているのは、スタッフが作品に大阪の雰囲気を大いに出すために吉本興業へ申し出たところ、「どうせやるなら」と気前良く出演させてくれたことに由来する[要出典]

スタッフ[編集]

  • 原作:ロビン西
  • 監督・脚本:湯浅政明
  • 総作画監督:末吉裕一郎
  • 原画:伊東伸高西見祥示郎、浦谷千恵、柿田英樹、金井次朗、多田雅治、西村博之、小倉陳利、高橋英樹、山口賢一、関根昌之、宮野都、佐藤雅弘、鍋田香代子、玉川真人、野村和也、高口弘、芦野芳晴、中山大輔、安彦英二、笹嶋啓一、山田誠、追崎史敏、坪内克幸、田中雄一、関口英樹、中西寛、田澤朗、竹本直人、千葉ゆみ、青木康浩、海谷敏久、大平晋也(クレジットなし)
  • 設定・作画監督補:久保まさひこ
  • 美術監督:ひしやまとおる
  • 美術補佐:新林希文
  • 背景:藤井和子、田崎万里子、野崎佳津、末広由一、西川増水、臼田安成、春日井直美、板倉佐賀子、西田稔、本間匠、森川篤、木下和宏、吉崎正樹、海老沢一男、荒井和浩、田村せいき、アトリエブーカ、PAC
  • CGI監督:笹川恵介
  • CGI:安田大地、成毛久美子、坂本拓馬、伊藤真由、川村晃弘、草木孝幸、高橋和歌子、杉田直子、塩竈信幸、廣田裕介、平野弘樹、寺尾実
  • 色彩設計:鷲田知子
  • 色指定:青木桃江、伊東美由樹
  • デジタルインク&デジタルペイント:大槻ひろ子、金内順子、鈴木香代子、佐藤実麻、澤村祐子、松尾めぐみ、一瀬美代子、宮原奈緒子、細川和美、伊藤俊幸、中村早智、森田都世、猪原奈緒子、南龍介、店崎小百合、小柳寿志、和田尋、西脇洋平、樫原ひとみ、吉井亜弥、岡田幸恵、西陰秀美、森末晶子、西上麻友美、溝口久美子、中村千香子、三原有美子、佐藤由希子、佐藤しのぶ、浅輪ともみ、小林弘美、上田裕子、丸山鮎美、菅川裕美、合田慧子、トレーススタジオM、スタジオ・タージ、スタジオギムレット、武遊
  • 動画監修:梶谷睦子
  • 動画検査:韮塚沙絵
  • 動画:堀口理代、高橋祐子、原口ちはる、原佳寿美、楠知津子、加来由加里、岩柳恵美子、堤章江、鈴木富美子、山本尚志、讃岐順子、椎名律子、石塚裕介、木村和也、角雄崇、柴田絵梨子、新留理恵、桂仁志、田中一史、市原真智、大下知之、木村都彦、松浦麻耶、井上慶子、小梶慎也、菅田朋子、大野大樹、横田晋一、長谷川知世、高橋瑞香、肥田貴行、川口宜之、斎藤言栄、加藤恵子、木下美香、関川成人、松下将太、佐藤仁実、木宮亮介、佐川芳実、飯野誠、大村慎一、井本俊一、上戸幸生、上谷公要、大曲健克、中島弘晶、中野洋平、塚本歩、渋谷勤、館山富美子、磯部智子、可児里未、吉松靖祐、一居一平、外間亮、清水佳子、井本良子、村松さつき、船本優美、井野真理恵、渡辺幸枝、杉山典子、石渡清美、早川加寿子、佐野勝、佐々木洋平、外谷章、中村和也、内山絵里子、藤井瞳、青木あさ子、藤下あゆみ、橋口隼人、出野善則、談議祐子、市原圭子、有井美和、岡田知華、小西亜希子、北口大輔、大源可奈子、三宮有加里、平野勇一、藤本正利、小松温、真鍋明日香、中嶋洋祐、西川真人、五十川礼、増田伸孝、日根野優子、塩田学、伊藤愛美、古保里祐子、大橋圭、尾山景子、堀金薫、今牧千世、坂口貴嗣、浜田佳子、谷口義彦、菊池一真、佐古宗一郎、清水明日香、多村名津美、石原彩子、神山裕子、松浪健期、金澤英美、寺野勇樹、横峯克晶、簾畑由実、藤田雄己、齊藤緑、貞森早紀、手塚智司、冷水由紀絵、井本由紀、蔭山武彦、木本茂樹、前泊みづき、植村三保、ヤマモトミカ、河部光実、下牧さやか、佐々木美奈子、白石亜由美、長部州太、戸田さやか、高島教子、渡辺亜彩美、肥塚正史、堀江真理子、安藤佳子、松村舞子、斎藤みどり、千原美穂、飯沼亜希菜、小林亜希、永澤理佳、梶谷明史、大坪雄一郎、吉本税、橋本健司、岩田幸子、井上信重、石井邦俊、山本浩代、中野礼恵、古野慶子、スタジオギムレット、Production I.G、I.G新潟、スタジオ・ライブエムアイスタジオ・ムーアニメアールフロントライン、スタジオワンパック、J.C.STAFFサテライトガイナックスビィートレインきのプロダクション、マウス、AICRADIX動画工房中村プロダクション、アニメスポット、スタジオコクピット
  • 編集:水田経子
  • MAエンジニア:薮原正史
  • ARディレクター:大石幸平
  • 音楽:山本精一
  • 音楽プロデューサー:渡辺信一郎
  • ミュージカルピアノ演奏:菅野よう子
  • サウンドエフェクト:笠松広司
  • 映像制作協力:鈴木ゆたか
  • ARスタジオ:スタジオT&T 木澤秀昭、加藤紀子
  • レコーディング・スタジオ:東京テレビセンター 高木創、今泉武
  • MINDGAME REMIX Director:森本晃司
  • MINDGAME REMIX 制作:畑田里香
  • MINDGAME REMIX 編集:武宮むつみ、斉藤亜規子
  • アソシエイトプロデューサー:松尾宗俊、豊島雅郎
  • エグゼクティブプロデューサー:日下孝明、椎名保、田中栄子
  • プロデューサー:田中栄子
  • 制作協力:吉本興業
  • 企画・制作:STUDIO 4℃
  • 製作:レントラックジャパン、アスミック・エース エンタテイメント、Beyond C.

受賞[編集]

外部リンク[編集]