青い春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
青い春
監督 豊田利晃
脚本 豊田利晃
出演者 松田龍平
新井浩文
高岡蒼佑
大柴裕介
音楽 上田ケンジ
THEE MICHELLE GUN ELEPHANT
主題歌 THEE MICHELLE GUN ELEPHANT『ドロップ』
撮影 笠松則通
編集 日下部元孝
公開 日本の旗 2002年6月29日
上映時間 83分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

青い春』は、漫画家・松本大洋の短編集『青い春』を基に豊田利晃監督が実写化した作品。『しあわせならてをたたこう』をベースに、『青い春』に収録された漫画のエピソードやキャラクターの要素を合わせて長編映画にしている。THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの曲が劇中に多く使われている。主な出演者は松田龍平新井浩文高岡蒼佑大柴裕介

ストーリー[編集]

新世代の不良達、それぞれの「青い春」。

男子校・朝日高校。不良グループはいつも屋上に集まっていた。ある日、新3年生になった彼等は柵の外に立って何回手を叩けるかを競う通称「ベランダ・ゲーム」をやっていた。誰よりも多く叩いた者は学校を仕切る事が出来るが、失敗すれば校庭に真っ逆さまという伝説の根性試しゲーム。そしてその日8回という新記録を出したのは物静かな九條という男だった。しかし九條にとっては学校の仕切りもそんなゲームも無意味でどうでもいいことだった…。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]