葛西

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記Katsushika-Katsu.pngと異なる可能性があります。

葛西(かさい)は、現在の東京都東部の地名である。広義にはかつての武蔵国葛飾郡を指し、狭義には東京都江戸川区南部の地区である。本記事ではこの両者について記述する。

広義の葛西[編集]

広義の葛西は、武蔵国葛飾郡を指す。

地域[編集]

現在の行政区分では、東京都墨田区江東区葛飾区江戸川区の地域にあたる。なお中世までは本所地区の牛島(向島、吾妻橋、東駒形ほか)、深川地区の永代島(永代、佐賀、福住)は除外され、概ね東京府時代の南葛飾郡一帯が葛西に一致する事になり、近世以降に本所地区、深川地区が含められている。[1]

中世においての中心地は葛飾区の青戸(青砥)付近であったと見られており、中世の武将である葛西氏はこの付近に館(葛西城?)を構えていたと見られる。

歴史[編集]

下総国武蔵国の国境はもともとは現在の隅田川付近を流れていた利根川であった。両国という地名の由来である。

最近になってこの地域の古代の戸籍帳(下総国葛飾郡大嶋郷戸籍)が発見されており、その中に「トラ」「サクラ」という兄妹の名前が見出せることが話題となった。

また平安時代には伊勢物語にこの地域の記述が見られる。東武伊勢崎線の業平橋駅(現・とうきょうスカイツリー駅)の由来はこの故事にちなむものとされている。

平安時代末期に至ると桓武平氏の内秩父氏の一派がこの地域に寄り、葛西氏を名乗った。葛西氏は源頼朝の蜂起に呼応してこれに合流し、現在の宮城県から岩手県にかけての地域の所領を手に入れる。後に葛西氏は東北地方の戦国大名となり、現在東北地方に多く見られる葛西姓の由来になっている。

中世を通じて葛西氏が、また葛西氏が東北へ本拠を移した後は千葉氏がこの地域を支配してきたが、千葉氏の勢力が衰退して後北条氏の勢力が大きくなると、千葉氏は後北条氏に服属してこの地域は実質後北条氏の武将が治める様になる。古河公方が分裂した際に後北条氏に擁立された古河公方足利義氏がこの地で元服している。

豊臣秀吉による関東征伐後は徳川家康の支配に置かれた。その後江戸時代に利根川の大規模な治水工事が行われ、利根川の水流の大部分を渡良瀬川と合して旧鬼怒川から銚子に、一部を太日川に流すようになった。これが現在の江戸川である。江戸川の誕生は葛飾地域の一体性を大きく分断し、西側の葛西は江戸の近郊地域と化した。1683年(貞享3年)また一説によれば寛永年間1622年-1643年)には上流部とともに武蔵国に移管され、武蔵国葛飾郡の一部となった。葛西地域の西隣では、貯木場となる木場が置かれ、元禄年間には深川本所の江戸の市街地化が進んだ。

またこの頃になると、この地域を中川をおおよその境に東西に分けて「東葛西領」と「西葛西領」と呼ばれるようにもなった。東葛西領をさらに「上之割」・「下之割」に、西葛西領を「本田筋」と「新田筋」に分け、4地域に区分される場合もあった。

明治時代になるとこの地域は東京府下に置かれ、1889年、大半は行政区分上、南葛飾郡になった。昭和に入り1932年には南葛飾郡が東京市に編入(向島区、城東区、葛飾区、江戸川区)され、1943年の東京市廃止・都制施行を経て、1947年に本所区、深川区とあわせ、現在の墨田区・江東区・葛飾区・江戸川区の4つの特別区にまとめられた。

大正時代までは本所、深川以東は市街地化が進んでおらず、水田や畑の多い、のどかな田園風景が広がっており、小松菜(古くは葛西菜とも呼ばれた)に代表される大都市近郊農業が営まれていた。しかし、隅田川がたびたび氾濫し、この地域のみならず高度化しはじめた都心の被害も甚大になり始めたため、対策として昭和5年に荒川放水路が完成してからは、宅地化や工場移転により人口流入が急速に進み市街化した。以降は、この荒川放水路以東が葛西と認識されるようになる。

昭和末期まで残っていた都県境付近の農地も、バブル期にその多くが宅地化された。バブル崩壊後、昭和前半に建てられて職住近接型の地域経済を形成していた工場や倉庫の多くが都外に移転し、跡地は大規模商業施設あるいは住宅地に転用され、千葉県など都外の住宅地から人口流入がみられている。

関連項目[編集]

狭義の葛西[編集]

狭義の葛西は、東京都江戸川区南部、旧東京府南葛飾郡葛西村を中心とする地名である。面積は約14平方km。世帯数107,728。人口241,790人(平成20年1月1日現在)[2]。現在では「葛西」というとこちらを指す場合が多い。

地域[編集]

東京都江戸川区の南部の地域(厳密には江戸川区役所葛西事務所の担当エリア)を指す。住所は東葛西西葛西南葛西北葛西中葛西の5つに分けられているが清新町臨海町などの埋立地域も合わせて「葛西」と呼ばれることが多い。なお、旧江戸川中州である妙見島は東葛西3丁目の一部である。

この地域は江戸時代は桑川村と長島村、東宇喜田村(東葛西まで)、西宇喜田村に分かれていた。1889年(明治22年)に町村制が施行され、4つの村が合併して葛西村となった。1895年(明治28年)、千葉県東葛飾郡堀江村(現・浦安市の一部)の江戸川以西の飛び地が葛西村に編入された。堀江の地区名は今も東葛西、南葛西に残っている。1932年(昭和7年)の市郡合併により、江戸川区が誕生。桑川町などが設けられた。1934年(昭和9年)には、小島町(1丁目・2丁目)や新田(1丁目・2丁目)、葛西3丁目が作られた。1969年(昭和44年)、営団地下鉄(現東京地下鉄東西線葛西駅開業。駅の所在地である「葛西」という地名が前面に押し出され、1978年(昭和53年)以降の住居表示の実施により、その他の町も東西南北と中葛西に再編された[3]宇喜田町は住居表示をせず、現在も地番を使用している。1982年(昭和57年)、葛西沖開発事業により造成された、清新町と臨海町が加わった。

歴史[編集]

700年以上前からこの地域は漁村であったといわれている。東京湾に面した沿岸地域は海藻や貝類が豊富だった。また遠浅の海岸には渡り鳥などが群生し、自然豊かな地域であったようである。

昭和20年代に入ると、工場の排水や生活廃水などで荒川江戸川が汚濁し、葛西の海岸も荒川や江戸川から流れてきた汚水で汚濁した。本州製紙(現王子製紙)江戸川工場による水質汚染(1958年)および、日本化学工業小松川工場の六価クロムの不法投棄(1975年発覚)は大きな問題になった。そのため漁業は縮小し、東京湾の自然も破壊されることとなった。

1969年営団地下鉄東西線(当時)の葛西駅ができると、それまで陸の孤島であった葛西は都心に非常に近い住宅地として発展した。1979年には西葛西駅も開業し、ますます発展した。この頃から埋立地(現在の住所表示で清新町・臨海町など)も広がっていった。また、かつて自然が破壊された反省などから、葛西の臨海地域に葛西臨海公園葛西海浜公園が整備された。現在、そこでは野鳥保護などに取り組んでいる。

葛西と海苔

葛西浦の海苔採取は寛永時代から行われていた。この地域でとれる「葛西海苔」(別名「浅草海苔」)は海苔のブランドとして有名だった。

一時期衰退していたが、1881年(明治14年)頃、東宇喜田村の森興昌(雷の名主)が海苔の研究を行い復興させた。1891年(明治24年)には、深川大島町や浦安村などと共同で越中島沖合いに10万坪の海苔養殖場を作った。養殖産業は大正時代にかけて活況を呈した。

葛西浦の漁業は1962年(昭和37年)に終了したが、現在でも中葛西には白子のりの本社がある。

葛西の名所[編集]

脚注[編集]

  1. ^ スカイツリー634m 一考 - 武蔵・下総の国境、隅田川
  2. ^ 葛西地区の紹介”. 2008年7月29日閲覧。
  3. ^ 【住居表示新旧対照表案内図】(中央図書館)”. 2008年1月11日閲覧。

関連事項[編集]