葛西氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
葛西氏
家紋
三つ柏
本姓 桓武平氏良文
家祖 葛西清重
種別 武家
出身地 下総国葛飾郡
主な根拠地 下総国葛飾郡
陸奥国牡鹿郡石巻登米郡
著名な人物 葛西晴信
支流、分家 柏山氏武家
凡例 / Category:日本の氏族

葛西氏(かさいし)は、陸奥国中部(現在の宮城県三陸沿岸から岩手県南部にかけての地域)を統治した大身(数郡規模の国人領主)。

平泉遠征の結果として、鎌倉時代武蔵国下総国御家人豊島氏の一族である葛西氏が、陸奥国に所領を得て土着した。戦国時代には奥羽の有力な戦国大名に数えられたが、豊臣秀吉奥州仕置の際に大名としては滅亡した。


歴史[編集]

葛西氏初代の葛西清重は、平姓秩父氏一族の豊島氏当主豊島清元(清光)の三男で、下総国葛西御厨(東京都葛飾区葛西城を中心に、江戸川区墨田区などの伊勢神宮荘園)を所領とした。清元・清重父子は源頼朝の挙兵に従って平氏討伐に参加して御家人。清重は奥州合戦で武功を立て、奥州藤原氏が滅ぶと奥州総奉行に任じられ、陸奥国(後の陸前国)に所領を得た。江戸時代の地誌では、奥州に入った清重は、奥州藤原氏の本拠地である平泉ではなく、石巻日和山に城を築いて本拠にしたとされる。だが、清重自身は奥州の安定をみてから鎌倉で幕府重臣として活躍した。この頃の葛西氏の正確な動性は伝わっておらず、石巻と鎌倉を往来する領国経営だったと推測される。

南北朝時代には本拠地を従来の石巻から登米郡寺池に移したと推測される。但し本拠地の移転は鎌倉時代には、既に行っていたとする説もある。また本拠地を石巻から寺池に移転した過程や経緯は、現在をしても全く以って不明であり、推測の域をでない。事実としてはっきりしている事は、この頃に勢威を拡大し、鎌倉時代から引き続き奥州の有力守護としての地位を確保した。

室町時代から戦国時代初期にかけて石巻に本拠を構える「石巻系葛西氏」登米郡に本拠を構える「寺池系葛西氏」に分裂し内紛状態にあったが、寺池系葛西氏であり、葛西家宗主であったとされる葛西満信宇都宮氏広との争いで領地の拡張に成功し、伊達氏と結んで統一を回復すると、隣国の大崎氏と徹底して対立する。

しかしこの抗争は決着がつかず、また伊達氏庶子を養子として迎え入れたためその介入と家臣団の混乱を招き、かえって葛西氏の勢力を衰退させた。

また、有力家臣である浜田氏の独立、浜田氏と熊谷氏(気仙沼熊谷党)との相克と領国における豪族の統制もうまくいかないようになり、第17代当主にあたる葛西晴信のときに豊臣秀吉小田原征伐に参陣しなかった事を咎められ、改易された。

その後慶長2年(1597年)、晴信の死去で大名としての葛西氏は滅亡した。葛西氏の滅亡については異説もあり、晴信は秀吉の奥州平定軍と果敢に戦い、戦死したとも伝わる。

子孫[編集]

その後の葛西氏は、庶子の多くが伊達氏、南部氏を中心に奥州の大名に臣従し現在に至る。臣従した庶子の多くが、それぞれ独自の葛西氏系譜を作成するが、これの多くが独自の口伝、相伝に拠って作成されており今日の葛西氏研究を混乱させている一因である。

葛西氏歴代当主[編集]

系図は初代当主・清重と第17代当主・晴信以外は、誰が正式な当主であったかは、判明していない。

その理由として、

  • 代々内紛が絶えなかった事。
  • 「寺池系葛西氏」と「石巻系葛西氏」がそれぞれ宗家を主張した事。
  • 伊達氏をはじめ、養子縁組等で葛西氏に介入した大名が、介入の正当性を主張した事。
  • 豊臣秀吉の奥州仕置、葛西大崎一揆で葛西氏が所持していた史料が散逸してしまった事。

が原因に挙げられる。

系図は現在、判明している物だけでも二つの系統(俗に言う、葛西氏A系統と葛西氏B系統)を中心に30以上存在し、それぞれが歴代当主の名前、順番が初代と17代以外はバラバラであり裏付け史料が極端に少ない。

但し、一部の当主は鎌倉幕府執権北条氏得宗家)や、その後の足利将軍家から偏諱の授与を受けており(※偏諱を与えた人物は当主の右側に示した)、その順序から年長・年少の判断はできる。


(系図には諸説ある)

  1. 葛西清重【一】
  2. 葛西朝清【二】
  3. 葛西清親【三】
  4. 葛西時清【四】
  5. 葛西清信【五】
  6. 葛西貞清【六】 - 9代執権北条貞時
  7. 葛西高清【七】 - 14代執権北条高時
  8. 葛西詮清【八】 - 2代将軍足利義詮
  9. 葛西満信【九】 - 3代将軍足利義満
  10. 葛西持信【十】 - 4代将軍足利義持
  11. 葛西朝信【十一】
  12. 葛西尚信【十二】 - 9代将軍足利義尚
  13. 葛西政信【十三】 - 8代将軍足利義政
  14. 葛西晴重(稙信)【十四】 - 10代将軍足利義稙、12代将軍足利義晴
  15. 葛西晴胤(高信)【十五】 - 11代将軍足利義高、12代将軍足利義晴
  16. 葛西親信【十六】
  17. 葛西晴信【十七】

庶家[編集]

葛西氏関連人物[編集]

柏山氏[編集]

葛西支族柏山氏

熊谷氏[編集]

東方之騎士(気仙沼熊谷党

及川氏[編集]

列葛西一門・客分格・左之首座

沖田及川党

その他

小野寺氏[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]