伊達晴宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊達晴宗
Date Harumune.jpg
長谷川養辰「伊達晴宗像」
仙台市博物館蔵)
時代 戦国時代
生誕 永正16年(1519年
死没 天正5年12月5日1578年1月12日
別名 次郎
戒名 乾徳院殿保山道祐大居士
墓所 宝積寺福島県福島市
官位 従四位下左京大夫
幕府 室町幕府奥州探題
氏族 伊達氏
父母 父:伊達稙宗、母:蘆名盛高の娘
兄弟 晴宗大崎義宣実元、玄蕃丸、宗澄、桑折宗貞、葛西晴清葛西晴重養子)、梁川宗清村田宗殖、極楽院宗栄、亘理綱宗亘理元宗大有康甫、七郎
正室:岩城重隆の娘・久保姫
岩城親隆輝宗留守政景石川昭光国分盛重杉目直宗
阿南姫二階堂盛義室)、女子(伊達実元室)、女子(小梁川盛宗室)、彦姫(蘆名盛興室→蘆名盛隆室)、女子(佐竹義重室)

伊達 晴宗(だて はるむね)は、陸奥戦国大名伊達氏の第15代当主。

生涯[編集]

永正16年(1519年)、第14代当主・伊達稙宗の長男として生まれる。天文2年(1533年)、第12代将軍・足利義晴偏諱を受けて、晴宗と名乗った。

天文11年(1542年)6月、父の稙宗がさらに勢力を拡大するため、越後守護上杉定実養子に弟の時宗丸を出そうとした(養子縁組の準備として時宗丸には定実から一字を拝領して実元と名乗らせた)ことと、義兄相馬顕胤に伊達領を割譲しようとしたことに反対し、重臣の中野宗時桑折景長らと共謀して父を西山城に幽閉し、実元の養子縁組を阻止した。ところが、父・稙宗は小梁川宗朝によって西山城から救出され、さらに稙宗が奥州諸侯を糾合して晴宗と争う構えを見せたため、天文の乱が勃発した。この内乱ははじめ稙宗方が優勢で、晴宗方は敗戦続きであったが、天文16年(1547年)にそれまで稙宗を支持していた蘆名盛氏田村氏二階堂氏との対立により晴宗方に寝返ったことから形勢が逆転し、天文17年(1548年)3月の将軍・足利義輝の停戦命令を受けて、同年9月には晴宗方優位のうちに和睦が成立。晴宗が家督を相続して第15代当主となり、稙宗は丸森城隠居した。

当主となった晴宗は米沢城に本拠を移すと、天文の乱により動揺した伊達氏家臣団の統制に着手する。天文22年(1553年)1月17日には、『晴宗公采地下賜録』を作成し、天文の乱の最中に両陣営によって濫発された安堵状を整理して、新たに家臣団の所領と家格の確定を行い、同年には和睦を不服として抗戦を続けていた懸田俊宗義宗父子を滅ぼした。しかし、中野宗時をはじめとする天文の乱で晴宗方の主力を担った家臣には守護不入権などの様々な特権を付与せざるを得ず、晴宗政権は宗時らを中心に運営されていくこととなる。また、晴宗は6男5女(全て正室・久保姫の子)と子供に恵まれ、それらを岩城氏二階堂氏佐竹氏などに送り込んで縁戚関係を結ぶことで勢力の回復に努めた。これらの経緯から、永禄6年(1563年)の室町幕府により認可された全国大名衆50余名の中で、奥州では蘆名盛氏と晴宗だけが大名として認められるという栄誉を受けている。

永禄7年(1564年)、二男・輝宗に家督を譲って隠居した[1]。ただし、この時点では依然として晴宗と中野宗時らが家中を統制していた。同年、蘆名盛氏が二階堂盛義(晴宗長女・阿南姫の婿)と対立し岩瀬郡に進攻すると、二階堂氏救援のために桧原を攻撃したが撃退され、永禄9年(1566年)に盛義が降伏すると、盛氏の嫡男・盛興に四女・彦姫(輝宗の養女となる)を嫁がせる条件で伊達・蘆名間でも和平が成立した。一方、永禄8年(1565年)に丸森城に隠居していた父・稙宗が死去すると相馬盛胤が丸森城を接収し、さらに伊具郡各所を手中に収めていく。このため天文の乱以来の伊達・相馬間での抗争が再燃し、以後およそ二十年間わたって丸森城をめぐる攻防が展開されることとなる。

隠居したとはいえ一向に実権を手放さない晴宗に対して、当主となった輝宗は不満を隠さず、両者の間にはしばしば諍いが生じていたが、永禄13年(1570年)4月、輝宗により中野宗時・牧野久仲父子が謀反の疑い有りとして追放されると、実権は完全に輝宗の手に移り、晴宗は杉目城に閑居する。以後は父子の関係も改善され、晩年には杉目城に一門や家来衆を招いてたびたび宴会を催し、その席では孫・梵天丸が和歌を披露したという。

天正5年12月5日(西暦では翌1578年1月)、杉目城で死去。享年59。

人物・逸話[編集]

  • 晴宗が正室の久保姫を娶った経緯については、当初久保姫は父・岩城重隆の意向で結城晴綱に嫁ぐことになっていたが、久保姫の美貌を知って惚れ込んでいた晴宗が自ら軍勢を率いて輿入れの行列を襲撃して久保姫を連れ去り、強引に正室にしたとされている[2]。晴宗と久保姫の夫婦仲は良く、長男の親隆を岩城氏に入嗣させていたこともあって岳父・重隆との関係も改善され、天文の乱に際して援助を受けている。久保姫は晴宗没後に出家し、宝積寺を建立して亡き夫を供養した。その後は、孫の政宗を頼って宮城郡根白石に移住し、同地で文禄3年(1594年)に74歳で没した。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 長男・親隆を岳父・岩城重隆の養子としていたため、代わって二男の輝宗が世子となっていた。『奥羽永慶軍記』では、天文3年(1534年)に重隆との間で入嗣の約束がなされたとしている。
  2. ^ 寛文7年(1667年)に相馬藩士・中津幸政が編纂した『奥相茶話記』には、久保姫は相馬顕胤(稙宗の婿)が仲人となって晴宗の嫁に迎える約束があったが、重隆がこれを破談にしたために、面目を失った顕胤が岩城領に攻め込んで軍事的衝突に発展したとある。また『塔寺八幡宮長帳裏書』天文3年(1534年)条には、蘆名盛舜が伊達稙宗に同心し、二階堂氏と共に結城領の白河郡新城に出馬したとの記述がある。

出典[編集]

  • 小林宏『伊達家塵芥集の研究』(創文社、1970)
  • 『戦国時代人物事典』(学習研究社、2009) - 「伊達晴宗」「伊達輝宗」の項(伊達宗弘執筆)および「岩城親隆」の項(粟野俊之執筆)

関連項目[編集]