三人姉妹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

三人姉妹』(さんにんしまい、Три сестры)は、ロシア作家アントン・チェーホフによる戯曲1900年に執筆され、1901年モスクワ芸術座にて初演、大成功をおさめる。

かもめ』、『ワーニャ伯父さん』、『桜の園』とともに「チェーホフ四大戯曲」と呼ばれる。

邦訳(近年)[編集]

  • 安達紀子訳 『三人姉妹 四幕のドラマ』 群像社:ロシア名作ライブラリー、2004年
  • 小田島雄志訳 『三人姉妹 ベスト・オブ・チェーホフ』 白水社白水Uブックス、1999年
  • 福田逸訳 『三人姉妹』 而立書房、1999年-※小田島・福田訳は、英訳版を底本にした上演用の邦訳

オペラ[編集]

ハンガリーの作曲家エトヴェシュ・ペーテルによりオペラ1996年 - 1997年作曲)が作られているが、すべて男性(カウンターテノール)により演じられるのが特徴。

映画[編集]

1970年にイギリスで映画化されている(Three Sisters )。ローレンス・オリヴィエが監督し、アラン・ベイツと共演している。

派生作品[編集]

日本での上演劇団(一部)[編集]

※代表作として日本でも人気があり、当然戦前から現在に至るまで数多くの団体によって演劇公演が行われている。