ロコロコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロコロコ
ジャンル アクション
対応機種 プレイステーション・ポータブル
開発元 SCEジャパンスタジオ
発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
人数 1人
メディア UMD
発売日 欧州連合の旗2006年6月23日
(NZ)2006年6月30日
日本の旗2006年7月13日
アメリカ合衆国の旗2006年9月5日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
OFLC Australia: G
PEGI: 3+
その他 バージョン2.70以降対応
(ハロウィン体験版2.82,
クリスマス体験版3.02以降対応)
テンプレートを表示

ロコロコ(LocoRoco)は、2006年7月13日ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンから発売されたPSP専用ゲームである。

2007年9月21日にはプレイステーション3版『おいでよロコロコ!! BuuBuu Cocoreccho!』(後述)がダウンロード販売されたほか、2008年12月4日には続編の『ロコロコ2』(PSP版)が発売された。

概要[編集]

スライムのようなキャラクター「ロコロコ」をゴールまで導くアクションゲーム。

2006年夏のPSPのキラータイトルとして、テレビコマーシャル表参道駅でのプロモーション展示[1]など巨額の広告費をかけて大々的に宣伝した(後期のテレビCMには篠原涼子が出演)。体験版のネット配信や、PSP(1000シリーズ)とセットのLocoRoco得々パックも発売された。また、ハロウィンクリスマスといった時期にはスペシャルステージの無料配布が行われた。売り上げ本数は約15万本(初週3万2634本)。

操作方法[編集]

ロコロコのキャラクターを操作するのではなく、惑星そのものをLRボタンを使い傾けてロコロコを転がしてアクションさせる。

  • Lボタン 画面を左に傾ける。
  • Rボタン 画面を右に傾ける。
  • L+Rボタン 地面を揺らしてロコロコたちをジャンプさせる。
  • ○ボタン 短く押すとロコロコたちが分裂する。長く押すと分裂したロコロコが合体。

なお、テレビコマーシャルでは、『傾けて、転ばして、遊んじゃお!』や『※マジで動きます!』とテロップが出ていたため、傾きセンサー搭載ソフトと誤解する視聴者が多かった。

ものがたり[編集]

とある惑星にはロコロコと呼ばれる歌の好きな不思議な生物が住んでいました。ロコロコたちは赤い実を食べると成長する性質を持っています。ところが、惑星さんがチョットお昼寝をした隙に宇宙からモジャ軍団がやってきて惑星を侵略してしまいました。惑星さんはモジャ軍団を退治し、元の平和な惑星を元にもどすことができるでしょうか?

キャラクター[編集]

ロコロコ
この星の住人。歌が好きでスライムのような流体生物。7種類おり、(黄、ピンク、青、赤、黒、緑、紫)赤い「ロコロコの実」を食べることでロコロコが成長する。ロコロコが成長すると大きくなるが、その分重くなり、操作が難しくなる。
ムイムイ
ロコロコと仲の良い妖精。ステージ内のどこかに隠れており、なかなか見つからない隠れキャラクター。(見つけるとアイテムをくれる)サポートしてくれるときもある。
ニョッキ
細長いキャラクター。ロコロコが上に乗ると押し上げてくれるものや、居眠りしているもの、怒っているものなどがいる。
チュッパ
ロコロコを吸いつけて、別の場所に飛ばしてくれるキャラクター。
モジャ軍団
突如宇宙からやってきた侵略者。ロコロコが好物。大きさの違いでそれぞれ「オジャ」「モジャ」「コジャ」に分かれる。
ボンムーチョ
なぞのおじさん。しかし正体はモジャ軍団のボスであり、最後のステージではゴール直前で邪魔をした後、正体を現し、ロコロコを食べたが体内でロコロコに攻撃され敗北し、逃走した。
トゲッチ
命が宿ったトゲ動き回り体当たりしてくる。動かない「トゲ」というものもいる。
ボッチョーロ
ふくろうの様な姿をしており、空を飛びながらトゲを落としてくる。
ホーホー
足が長く、ロコロコを踏み潰してくる。かなりの可能性で頭上に「ロコロコの実」が生えている。
クーナクーナ
雲の様な姿をしており、空中に浮遊しながら寝ている。ロコロコが歌を歌うと起き、体に乗せてくれ、隠しルートに飛んでゆく。

ロコロコのうた[編集]

2006年8月30日には本作のテーマソングで、コマーシャルソングとしても使われた「ロコロコのうた」が発売された。オリコン初登場は33位、翌週は31位であったが、この順位変動はL'Arc〜en〜Cielのシングル再発と発売週が重なったことも起因する(L'Arc〜en〜Cielを除けば初週18位、第2週30位)。

テレビコマーシャルで使われているロコロコ・イエロー・バージョンを歌っているのは、ゲーム内でロコロコ・イエローの声の出演もしているカナダ人と日本人のハーフのメロディー・チューバック

「ロコロコのうた」の作詞は本作のディレクター河野力が担当。歌詞はロコロコ語という架空の言語であり、パ行の音を多用しているのが特徴である。

シリーズ作品[編集]

おいでよロコロコ!! BuuBuu Cocoreccho![編集]

プレイステーション3専用の新作タイトルとして「おいでよロコロコ!! BuuBuu Cocoreccho!」が2007年9月21日に発売された。PLAYSTATION Store専売。価格は800円。

SIXAXISコントローラのモーションセンサーで画面を傾けたり揺らしたりする、という大方の予想とは異なり、ココレッチョというを操作してロコロコを誘導するゲームとなっている。モーションセンサーに反応する仕掛けも用意されている。

ロコロコ2[編集]

ロコロコ ミッドナイトカーニバル[編集]

2009年11月1日より配信開始したPSP専用のダウンロードゲーム。L・Rボタンのみで操作するためPSP goでは操作パネルを閉じたままでもプレイ可能。

外部リンク[編集]