湘南

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
湘南海岸と江の島
「ここは湘南」の碑(藤沢市片瀬海岸)

湘南(しょうなん)は、神奈川県相模湾沿岸地方を指す名称である。語源は、かつて中国に存在した長沙国湘南県で、現在の湖南省南部地域の地名である[1]

歴史[編集]

国内文献における「湘南」の初出は『倭名類聚抄』で、かつて中国に存在した長沙国湘南県である。中世中国の湘南では禅宗が発展し、そのメッカであった。現在の日本では「湘南」とは主に神奈川県相模湾沿岸を指すが、うち禅宗を保護した鎌倉幕府の拠点「鎌倉」は、現在も禅宗臨済宗建長寺派および臨済宗円覚寺派の大本山「建長寺」・「円覚寺」の所在地であり、鎌倉時代には夢窓疎石らにより日本の禅宗の中心地ともなった禅宗と非常に密接な関係を有する土地でもある。

「湘南」の定義は曖昧だが、鎌倉や江の島などは観光資源が豊富で観光集客力が高く、「海」や「太陽」や「若者」などを連想させ、「湘南」は範囲拡大傾向にある。

「湘南」の由来[編集]

「湘南」とは、もともと現在の中国の湖南省を流れる湘江の南部のことで、かつては長沙国湘南県が存在し、中世には禅宗のメッカとなった。日本における「湘南」も禅宗の流入に伴って広まったと考えられ、「禅宗」を保護した鎌倉幕府の北条得宗家が居し、国内初の禅寺「建長寺」や「円覚寺」を擁した鎌倉周辺の地域が、中国の「湘南」にちなんで名付けられたといわれる[2]。実際に、円覚寺の僧夢窓疎石の周辺には「湘南」を冠する人物・建築が散見される。また、1664年ごろ、室町時代に中国から日本に移住した中国人の子孫が小田原に居してういろう商人となり(崇雪という人物)、自ら創設した大磯鴫立庵に建てた石碑に「著盡湘南清絶地」と刻んだものが、現在の神奈川県周辺域における呼称の起源ともいわれる。この石碑は複製品が作られて鴫立庵の庭にあり、本物は大磯町が管理している[3]

明治期の「湘南」[編集]

江戸期に大磯発祥の命名とされる「湘南」は、明治期に政治結社名や合併村名に用いられた。当時、相模川以西地域が湘南、相模川以東地域は湘東または新湘南という認識だった。明治期の「湘南」は、山と川が織りなす景観を持つ相模川以西地域に限られていたと考えられる[4]

明治維新により、当時西欧で流行していた海水浴保養が日本にも流入し、適した保養地として逗子葉山、鎌倉、藤沢など相模湾沿岸が注目されて別荘地となり、湘南文化が芽生える。

1897年赤坂から逗子に転居した徳冨蘆花が逗子の自然を國民新聞に『湘南歳余』として紹介する。翌1898年、元日から大晦日までの日記を『湘南雑筆』として編纂して随筆集『自然と人生』(1900年)を出版[5]する。これを端緒に「湘南」は、当初の相模川西岸から、相模湾沿岸一帯を表すように変化する。

明治期から戦前までの湘南[編集]

「湘南」の範囲[編集]

湘南の範囲

「湘南」の範囲は人や時代により様々に呼称されており、行政等における範囲を下記する。

行政[編集]

県の行政区域
[6]
気象区分
[7]
ナンバープレート
[8]
推計人口合計
(2014年2月1日)
1,292,360人 1,597,139人 1,644,950人
平塚市
藤沢市
茅ヶ崎市
秦野市 ×
伊勢原市 ×
大和市 × ×
海老名市 × ×
座間市 × ×
綾瀬市 × ×
小田原市 × ×
南足柄市 × ×
寒川町
大磯町
二宮町
中井町 × ×
大井町 × ×
松田町 × ×
山北町 × ×
開成町 × ×
箱根町 × ×
湯河原町 × ×
真鶴町 × ×

その他[編集]

湘南市構想[9]
平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、寒川町、大磯町、二宮町
平成の大合併期の合併推進圏域[10][11]
湘南西圏域…平塚市、秦野市、伊勢原市、大磯町、二宮町、中井町およびその周辺地域[12]
湘南東圏域…鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、寒川町およびその周辺地域[13]
鎌倉湘南学区[14]
藤沢市、茅ヶ崎市、鎌倉市、寒川町
湘南村
現在の相模原市のうち、城山町小倉[15]、城山町葉山島[16]の両地区

「湘南」を冠する主なもの[編集]

教育・スポーツ[編集]

湘南国際村[17]
横須賀市葉山町[18]
神奈川歯科大学
横須賀市
鎌倉女子大学
鎌倉市
湘南工科大学
藤沢市
日本大学 湘南キャンパス
藤沢市
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス
藤沢市
多摩大学 湘南キャンパス
藤沢市
文教大学 湘南キャンパス
茅ヶ崎市
神奈川大学 湘南ひらつかキャンパス
平塚市
東海大学 湘南キャンパス
平塚市
松蔭大学 湘南キャンパス
平塚市
産業能率大学
伊勢原市


松下政経塾[19]
茅ヶ崎市


神奈川県立湘南高等学校
藤沢市
学校法人湘南学園(幼稚園、小学校、中学校、高等学校)
藤沢市
学校法人湘南白百合学園(幼稚園、小学校、中学校、高等学校)
藤沢市
湘南学院高等学校
横須賀市


湘南ベルマーレ(サッカーJリーグのチーム)ホームタウン
平塚市、藤沢市、厚木市、茅ヶ崎市、小田原市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町
湘南シーサイドカントリー倶楽部ゴルフ場
茅ヶ崎市

交通・経済[編集]

湘南モノレール
鎌倉市、藤沢市
湘南電気鉄道京浜急行電鉄の母体会社の一つ)
横須賀市、逗子市[20]
湘南京急バス京浜急行バスの子会社
鎌倉市、逗子市鎌倉営業所、横須賀市堀内営業所 (一部横浜市)
湘南馬車鉄道
秦野市、中井町、二宮町
湘南電車(正式名ではないが、昭和初期には湘南電気鉄道の電車の愛称、戦後は東海道本線の中距離電車の愛称)
鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、大磯町、二宮町、小田原市、真鶴町、湯河原町。列車は静岡県まで直通する。
湘南ライナー(湘南電車のホームライナー
鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、二宮町、小田原市
湘南新宿ライン
鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、大磯町、二宮町、小田原市、逗子市
湘南急行小田急江ノ島線にかつて存在した列車種別)
大和市、藤沢市(小田原線沿線の自治体を除く)
横浜湘南道路
藤沢市(起点の横浜市を除く)
新湘南バイパス
藤沢市、茅ヶ崎市
湘南新道
藤沢市、茅ヶ崎市(神奈川県道30号戸塚茅ヶ崎線
平塚市、寒川町(神奈川県道44号伊勢原藤沢線別線)
湘南遊歩道路
藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、大磯町
湘南道路
逗子市、鎌倉市、藤沢市
湘南信用金庫本店
横須賀市。この名称は旧横須賀信用金庫が鎌倉信用金庫を併合したことによる。

農産物[編集]

湘南ゴールド
神奈川県が開発した柑橘類の品種。
湘南レッド
神奈川県が開発した赤たまねぎ

その他[編集]

神奈川県立 湘南海岸公園
藤沢市
湘南公園墓地 茅ヶ崎霊園
茅ヶ崎市

各地域の特色[編集]

藤沢・茅ヶ崎・寒川[編集]

県の行政区域では「湘南地域」に含まれ、江の島を中心とした海岸風景は、現代の「湘南」の代表的なイメージである。神奈川県立湘南高等学校、私立湘南学園(幼稚園-高等学校)は藤沢市に位置し、江ノ電沿線の大正時代に開発された住宅地である鵠沼片瀬地域では比較的広い邸宅も見られる。

しかし、北部は海からも遠く、現代の「湘南」というイメージとはほど遠い工業・田園地帯である。地理的にも、町の雰囲気からみても、湘南と呼べるのは事実上東海道本線以南の沿岸地域だけといえるが、キャンパスの名称やマンション・アパート名など、大学や不動産業者のネーミング戦略的な理由により、かなり広い範囲で「湘南」が当てられている。

藤沢市北部に小田急江ノ島線・相鉄いずみ野線横浜市営地下鉄湘南台駅があり、その西に慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスと文教大学湘南キャンパスがある。やや南の六会にも日本大学湘南キャンパス(旧・藤沢キャンパス)があるが、いずれも海岸からかなり離れた田園・丘陵地帯に位置する。

藤沢市西部、茅ヶ崎市北部にまたがる区域には「湘南ライフタウン」と呼ばれるニュータウンが存在するが、海岸地域ではなく、北部の丘陵地域を開発したものである。

現代の「湘南」のイメージが一般にも定着している加山雄三は横浜生まれだが茅ヶ崎育ち、またサザンオールスターズ桑田佳祐は茅ヶ崎市の出身であり、現在は茅ヶ崎海水浴場もサザンビーチと呼ばれている。

太平洋戦争末期、もし日本が降伏せずに徹底抗戦した場合、相模川以東で相模湾中央部の長い海岸線を持つという理由から、茅ヶ崎海岸が連合国軍上陸作戦の有力候補地点として想定されていた(コロネット作戦)。戦後海岸地区は一時アメリカ軍を中心とした連合国軍に接収された(在日米海軍辻堂演習場)が、1959年6月25日に返還された。

1940年昭和15年)、藤沢町片瀬町に合併を呼びかけた際、片瀬町が条件として市名を「湘南市」とする案が挙げられたが、実現せず、「藤沢市」となった経緯がある。(片瀬町が藤沢市に合併するのは1947年

1956年(昭和31年)、寒川町藤沢市茅ケ崎市に合併の上「湘南市」とする話を持ち掛けるが実現に至らなかった。

明治期、相模川に接した東側の茅ヶ崎・寒川の一部地域は湘東と呼ばれていた。「湘東」は、湘江に見立てた相模川の東の意味である[21]

平塚[編集]

県行政区域では「湘南地域」に含まれ、県の出先機関である「湘南地域県政総合センター」を始め、湘南ナンバーを発行する「湘南自動車検査登録事務所」など湘南地域を管轄する行政機関が多く所在し、行政的に湘南地域の中心である。政治的にも「湘南市」として合併し政令指定都市を目指す構想の中心的役割を果たすが、リーダー役であった平塚市長が2003年に落選し構想は挫折する。

海岸は急に深くなる地形的理由から海水浴に適さないが、「湘南」のイメージ戦略もあり、海岸工事により近年海水浴場を開設した。相模湾を一望する湘南平は湘南海岸を俯瞰できる場所として知られる。夜景も美しく、湘南地域のデートスポットとして有名である。 関東三大七夕祭りの1つ「湘南ひらつか七夕まつり」が7月7日を中心とした4日間に開催される。サッカーJリーグの湘南ベルマーレの本拠地は平塚競技場である。市西部に東海大学湘南キャンパス・神奈川大学湘南ひらつかキャンパス(旧・平塚キャンパス)が存在する。

大磯・二宮[編集]

県行政区域では「湘南地域」に含まれる。江戸時代、崇雪が大磯の東海道筋にある標石に「著盡湘南清絶地」と景勝を讃えた言葉を刻んだことから、湘南発祥の地とされており、その碑が城山公園内に保存されている。

大磯は、律令以前に豪族の師長(磯長)国造が支配する地域だが、中央集権体制の整備に伴い朝廷に仕えた渡来人が移住したと考えられ、高麗山や高来神社など、大陸からの文化を広めた高句麗からの朝鮮民族渡来人に由来する地名もある。明治以降には伊藤博文吉田茂が別荘を構える。二宮は手狭な海水浴場で観光集客力は高くないが、温暖な気候で交通の便も良く堤義明邸も所在する。

明治期の「湘南」は「山と川が織りなす景観を持つ相模川以西地域」であり、大磯、二宮近辺には湘南馬車鉄道や、大磯町の湘南大磯病院、二宮町の湘南牛乳株式会社、など「湘南」を冠する企業[22]が存在した。

秦野[編集]

県行政区域では「湘南地域」に含まれるが、山に囲まれた秦野盆地にあり、大磯丘陵で湘南海岸地域と分離されており、地理的連携は分断している。経済的にも厚木市や小田原市や松田町、山北町、中井町など足柄上地域と関連深い。1906年に湘南馬車鉄道二宮-秦野間が開通するが、一般に「湘南」の扱いはほぼ無い。

伊勢原[編集]

伊勢原市大山は江戸時代に「湘山」「湘岳」と呼称され、歴史的に湘南海岸方面と連携する。現在は県行政区域上「湘南地域」に含まれるが、経済面では車両交通に優れる平塚市と関連深く、小田急小田原線国道246号で結ばれる厚木市など県央地域と関係が深化している。

鎌倉・逗子・葉山[編集]

県行政区域上「湘南地域」に含まれずに「横須賀三浦地域」と呼称される。現在の逗子市域は昭和初期に湘南電気鉄道沿線となり、戦後横須賀市より分離独立して発足した。「湘南」育ちの印象が強い石原裕次郎は、逗子市で青年期を過ごしている。「歴史の街」や「御用邸」などの印象が強く、「湘南」ではなく「鎌倉」、「逗子」、「葉山」と呼称される。

横須賀・三浦[編集]

県行政区域上「湘南地域」に含まれずに「横須賀三浦地域」と呼称される。相模湾側は1000年以上昔から「湘南」と呼ばれ、鎌倉時代以降は幕府直轄領漁港として繁栄し、東京湾側と一線を引くように逗子市が横須賀市から分離する以前から最寄駅は逗子駅である。横須賀市中心部は相模湾ではなく東京湾に接し、湘南の基本的な定義である「相模湾沿岸」に該当しない。経済活動も横浜横須賀道路や京急線で結ばれる横浜と連携する。相模湾に面する横須賀市や三浦市西部では、長者ヶ崎を挟み葉山に接する秋谷海岸などで「湘南」を訴求する住宅地や避暑地も近年見られる。湘南鷹取湘南国際村湘南信用金庫、横須賀市中心部に所在する湘南学院高等学校など地名や企業名などに湘南を採用する例も多く、古くは昭和初期の湘南電気鉄道がある。プロ野球横浜DeNAベイスターズ二軍チームは、2000年から2010年シーズン終了まで湘南シーレックスとして横須賀を本拠地に活動した。

小田原・足柄下郡[編集]

県行政区域上「湘南地域」に含まれず、大磯 - 小田原間を結ぶ西湘バイパスの様に「西湘地域」と呼称される。温泉宿泊地やキャンプ場、城下町など独自色が強く、保養地や観光地の特色が強い。

明治期の「湘南」のイメージは「山と川が織りなす景観を持つ相模川以西地域」であり、小田原には「湘南」を冠したものが多く存在[23]した。

南足柄・足柄上郡[編集]

県行政区域上「湘南地域」に含まれずに「足柄上地域」と呼称され、一般的に「湘南」として扱われる事は無いが、自動車登録番号標の「湘南ナンバー」適用エリアである。

相模原[編集]

県行政区域上「湘南地域」に含まれずに「県央地域」と呼称される。市内城山町小倉、城山町葉山島の両地区は、かつて湘南村という行政区が存在した。これは1889年に旧小倉村と旧葉山島村の合併で生じ、1955年に旧川尻村、旧三沢村と合併し旧城山町が成立して消滅する。2007年、旧城山町は旧藤野町とともに相模原市に編入され、現在に至る。旧村名の由来は「相模川を文人が湘江と呼んでいることにちなみ、湘江の南側の村」[24]である。現在、1906年に創立された城山町小倉の小学校名[25]にその名を留める。

大和・海老名・座間・綾瀬[編集]

県行政区域上「湘南地域」に含まれずに「県央地域」と呼称され、一般的に「湘南」の扱いは殆ど無いが、気象予報区における二次細分区域「湘南」適用エリアである。

厚木[編集]

県行政区域上「湘南地域」に含まれずに「県央地域」と呼称され、一般的に「湘南」の扱いは殆ど無いが、湘南ベルマーレのホームタウンの一つである。

国道134号[編集]

海沿いに伸びる国道134号は様々な映画、ドラマ、楽曲で取り上げられ、葉山御用邸、鎌倉高校前駅、江の島、烏帽子岩など「湘南」をイメージとさせる地点も多く、有数のドライブコースとして知られる。

湘南・鎌倉地域による合併案[編集]

鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、寒川町およびその周辺地域の合併が、神奈川県推進の「期待されている合併の一つ」に湘南東圏域として[26][27][28]紹介されている。

湘南を舞台とした作品[編集]

小説[編集]

漫画[編集]

アニメ[編集]

ゲーム[編集]

音楽[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 倭名類聚抄
  2. ^ この地域が、景勝地でもある湘江の南部並みの絶景であったという説や、相模国の南部のため本来「相南」と略称するべきところ、佳字を当てる意味もあって中国の湘南にちなんだという説もある。
  3. ^ 語源は仏教語であるともいわれる。中国の湘南地方(洞庭湖湖南の地域)は仏教が発展した地方であることから、禅に関連した古典や事象に「湘南」の文字を見ることができる。碧巌録、湘南葛藤録、西芳寺湘南亭など
  4. ^ 「湘南社」(大磯を本拠地とする自由民権運動のための政治結社)、「湘南村」(現相模原市城山町小倉、城山町葉山島両地区)など(出典「『湘南』はどこか」)
  5. ^ 蘆花がこの随筆の中で描写した自然の一例として、「逗子から相模湾越しに望んだ富士山や相豆の山並み」が挙げられる。
  6. ^ 神奈川県の出先機関である「湘南地域県政総合センター」の所管区域
  7. ^ 横浜地方気象台の二次細分区域。横浜地方気象台市町村別区域一覧
  8. ^ 関東運輸局神奈川運輸支局の出先機関である「湘南自動車検査登録事務所」の管轄区域
  9. ^ 2005年までの合併を目標としていたが、参加自治体の首長交代などにより白紙化され、事実上消滅
  10. ^ 神奈川県の市町村合併推進時における「圏域」
  11. ^ 「神奈川県における自主的な市町村の合併の推進に関する構想」
  12. ^ ただし、中井町は県西圏域と重複
  13. ^ ただし、鎌倉市は三浦半島圏域と重複
  14. ^ 県立高校の学区神奈川県立湘南高等学校も1980年まで属していた。この学区は1981年の学区細分化によって「鎌倉藤沢学区」と「茅ヶ崎学区」に分割され、2005年には県立高校学区自体が撤廃された。ただし、地区校長会や部活動の地区としては残っている。
  15. ^ 「しろやまちょうおぐら」。郵便番号は220-0115
  16. ^ 「しろやまちょうはやまじま」。郵便番号は220-0114
  17. ^ 総合研究大学院大学や民間企業の研修所を含む国際研究拠点
  18. ^ 横須賀市と葉山町にまたがっているが、郵便番号は240-0107で横須賀市の一部として扱われている。
  19. ^ 公益財団法人
  20. ^ 起点の横浜市を除く。
  21. ^ 1883年、寒川・茅ヶ崎地域の資産家を出資者とする貸金会社「湘東社」が設立。1925年、「高座郡茅ヶ崎町湘東耕地整理組合」の名にも用いられ、現在は「湘東橋」という橋名に残っている。(出典「『湘南』はどこか」)
  22. ^ (出典「『湘南』はどこか」)
  23. ^ 湘南煙草合名会社(小田原市)、湘南度量衡器製作株式会社(小田原市)、湘南介立社(小田原市)など(出典「『湘南』はどこか」)
  24. ^ 出典「角川日本地名大辞典」
  25. ^ 湘南小学校「『湘南』とは?」
  26. ^ 「湘南東圏域」
  27. ^ 鎌倉市は他にも三浦半島圏域案にも上っている
  28. ^ 「神奈川県における自主的な市町村の合併の推進に関する構想」