侵略!イカ娘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
侵略!イカ娘
ジャンル コメディー
漫画
作者 安部真弘
出版社 秋田書店
掲載誌 週刊少年チャンピオン
レーベル 少年チャンピオンコミックス
発表号 2007年35号 -
巻数 既刊16巻
アニメ:侵略!イカ娘(第1期)
侵略!?イカ娘(第2期)
原作 安部真弘
総監督 水島努(第2期)
監督 水島努(第1期)
山本靖貴(第2期)
シリーズ構成 横手美智子
脚本 横手美智子、水島努、満仲勧、山本靖貴
キャラクターデザイン 石川雅一
音楽 菊谷知樹
アニメーション制作 ディオメディア
製作 海の家れもん(第1期)
海の家れもん2号店(第2期)
放送局 放送局を参照
放送期間 第1期:2010年10月4日 - 12月20日
第2期:2011年9月26日 - 12月26日
話数 第1期:全12話
第2期:全12話
インターネットラジオ:
金元寿子×イカ娘 イカすラジオ(第1期)
配信期間 2010年9月28日 - 2011年1月11日
配信サイト 公式サイト
配信日 毎週火曜日
配信回数 全9回
配信形式 ストリーミング
パーソナリティ 金元寿子
インターネットラジオ:
金元寿子×イカ娘 侵略ラジオ 聞かなイカ?(第2期)
配信期間 2011年4月9日 - 2012年3月31日
配信サイト 超!A&G+、公式サイト
配信日 毎週土曜日20:00 - 20:30
配信回数 全40回
パーソナリティ 金元寿子
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

侵略!イカ娘』(しんりゃく!イカむすめ、The invader comes from the bottom of the sea!)は、安部真弘による日本漫画作品。『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて2007年35号から連載されている。

概要[編集]

海からの侵略者「イカ娘」と、彼女が上陸した海岸にある海の家「れもん」の関係者を中心としたギャグ漫画。当初は全5話の短期集中連載の予定だった[1]が、人気が出たためにそのまま正式に週刊連載が決定した[2]。安部にとっては初めての長期連載作品である。各話のサブタイトルの語尾は「○○なイカ?」となっている。

2010年19号および公式サイトにてテレビアニメ化が発表され、2010年10月から12月まで、原作と同タイトルで全12話が放送された。アニメ化によって知名度が上昇し、インターネット上でもイカ娘の語尾「〜イカ?」と「〜ゲソ」が流行し、2010年度ネット流行語大賞銅賞(3位)を受賞した[3]2011年にも9月から12月までテレビアニメ第2期『侵略!?イカ娘』が放送された。また、オリジナルアニメDVDが単行本第12巻限定版、第14巻限定版および第17巻限定版に付属している。

連載開始までの経緯[編集]

『週刊少年チャンピオン』での連載開始以前から安部は自身のホームページ上でイカ娘のイラストや漫画を掲載していたが、安部は「WEB漫画のイカ娘はプロトタイプなので、いま連載しているイカ娘とはキャラが違います」とコメントしている[4]

主人公であるイカ娘の名前の由来は、安部が専門学校時代の友人2人と伊豆へ旅行した際、旅館で「せっかく伊豆に来たんだから海産物の擬人化をしてみないか」という提案が出てその場の思いつきで描いたのが始まり。その時に描いたキャラクターを気に入り、その後色々とキャラ付けして現在のイカ娘になったという[5]。主人公がイカになったきっかけは、作者が単純に「〜イカ?」という駄洒落を気に入り、「女の子が突然墨を吐いたら面白いな」と考えたことによる[6]。「侵略者」という設定にしたのは、「僕は、ゴミのポイ捨てがとても嫌いで、このキャラならば海にたくさん不法投棄する人間にきっと腹を立てる」と思ったため[7]

連載に至ったきっかけとして、週刊少年チャンピオン編集長である沢考史が新人作家の連載企画用カットを見ていたところ、イカ娘を見て気に入り、タイトルを確認すると「イカ娘」というそのまんまのネーミングであった事が面白かったという理由で連載が決定した。編集部内でもイカ娘の語尾が流行り、アンケート人気も相まって正式連載となった[8]

特徴および舞台設定[編集]

扉絵が存在しない[9]ため、単行本第1巻では話ごとの区切りが非常に分かりづらくなっている(これは、16版でもそのまま)。このため、第2巻からは各話ごとに「第○○話・おわり」と入るようになった。

作中の季節はで固定されているが、例外的に他の季節のエピソードが描かれることもある。以下にその一覧を記す[10]

  • 「侵略!イカ娘 in Winter」 - 冬の海岸を舞台にした話(コミックス第3巻収録)。
  • 「侵略!イカ娘 in 5月」 - こどもの日の相沢家の様子を描く(第4巻収録)。
  • 「侵略!イカ娘 in 10月」 - 相沢家の栗拾いの様子を描く(第5巻収録)。
  • 「侵略!イカ娘 in Spring」 - 「卒業」になぞらえて、相沢家のメンバーがそれぞれ何かにキリをつけることを考える話(第6巻収録)。
  • 「侵略!イカ娘@ハロウィン」 - ハロウィンの夜、イカ娘が家々を回ってお菓子をもらう話(第7巻収録)。
  • 「侵略!イカ娘 in Xmas」 - イカ娘がサンタクロースの衣装を着て、家々を回ろうとする話(第8巻収録)。
  • 「侵略!イカ娘 in 4月」 - イカ娘が「エイプリルフールなら、どんな嘘をついても許される」と嘘をつきまくり、騒動を巻き起こす話(第9巻収録)。
  • 「侵略!イカ娘 in お正月」 - 元日のイカ娘と相沢家の様子を描く(第11巻収録)。
  • 「侵略!イカ娘@スキー場」 - スキー場でのイカ娘と相沢家、早苗の様子を描く(第13巻収録)。
  • 「侵略!イカ娘 in 6月」 - イカ娘が長雨の降りしきる中を散歩する話(第14巻収録)。
  • 「侵略!イカ娘 in 運動会」 - イカ娘が清美の学校の運動会に参加する話(第15巻収録)。
  • 「侵略!イカ娘 in march」 - イカ娘がひな祭りと節分を間違える話(第16巻収録)。

原作では年数・月日が経過しておらず、イカ娘が連載当時の(現実の)月にカレンダーを変えようとしたり、栄子が「体感的に3年ほど夏が続いているような」とメタフィクション的な発言をすることもある。登場人物の年齢や学年に変化はなく、上記の内「in Winter」の後再び夏が来たと書かれているが、本編では「イカ娘が上陸してからまだ1年の12分の1(1か月)ってところ」という発言(第286話)があり、時間はほぼ経過していないことがうかがえる。アニメでは第1期の第12話で1年経過しているという描写があるが、第2期でも登場人物の学年や年齢に変化はない。

本作の舞台である海の家「れもん」の所在地は神奈川県湘南海岸であるが、地名は「倉鎌市」(第229話)という架空の地名になっている(由来は鎌倉市)。場所については栄子が現在位置として神奈川県の地図の海辺を指し示す(第47話)、千鶴と悟郎が鎌倉駅前と酷似した場所をデートの待ち合わせ場所とする(第91話)といった描写がある。アニメでは「れもん」のある海水浴場が由比ヶ浜であることが示されている[11]

あらすじ[編集]

イカ娘は、海洋汚染を続けてきた人類を懲らしめるべく、地上世界を侵略するために陸上へとやってきた。しかし、最初の侵略拠点として目をつけた海の家「れもん」すら制圧できず、結局そこで働かされるはめに。果たして、イカ娘が人類侵略を達成する日は来るのだろうか。

この物語は、イカ娘とその周りの個性豊かな人間達が繰り広げるドタバタコメディである。

登場人物[編集]

「声」はアニメ版およびドラマCDにおける担当声優

主人公[編集]

イカ娘(イカむすめ)
声 - 金元寿子
主人公。海を汚す人類を侵略すべく、深海から地上にやってきた少女。ところが、最初の侵略拠点と定めた海の家「れもん」で壁を壊してしまい、現在はその修理代の弁償という名目で「れもん」従業員として超低賃金でこき使われている[12]。「れもん」を経営する相沢姉妹の指示で日々仕事をこなすが、面白そうな事があるとすぐそちらにかまけてしまう。上陸後しばらくは「れもん」で寝泊りしていたが、後に千鶴の提案により相沢家に居を移す(コミックス第2巻より)。
身長不明[13]だが栄子の目の高さぐらいの高さで、清美とほぼ同じかやや低いぐらい。一時期、周囲の人間よりも身長が低いのを悩むことがあった。なお等身は5.5頭身(帽子含まず)。体重は可変(後述)。年齢も不明で本人すら把握していないが、外見上の年齢は13 - 14歳とのこと[14]
「イカ娘」は種族名にして彼女自身の固有名でもある。同族の存在は不明だが、イカ帽子を被っていると彼女から「同胞」の扱いを受ける。一応家族はいるらしく、第69話で父親(と思われる)の存在を示唆している。人間には症例のない、種族特有の病気(ゲソニンムルゴボング病、イカモスロップソン病)に罹ってしまうことがある。また、しゃっくりを30回すると触手がグロテスクな形に変形して無差別に周囲の人を襲う(らしい)。熱中症や光化学スモッグ虫歯など人間の病気にもかかり、そのために何度か倒れているため実は虚弱なのではと栄子に疑われている。
服装は白地で、スカート部分のすそに青でイカの吸盤をあしらい、上半身部分はノースリーブ(袖なし)でVネック、開口部をスカートの模様と同じ青で縁取りしたシンプルなワンピースを着用。中には常に白いスクール水着を着用している。入浴時にのみ水着も脱ぐ(脱いだ姿は人間の少女そのもの)。着衣はこのワンピースか水着が基本だが、浴衣を着る事もある[12](第146話)。日焼けしようとすると服が日焼けする(理由不明)。また早苗に無理矢理(まれに自発的に)コスプレをされ、撮影される場合も多々ある。また、この服には破けたりしても、汚れがついたりしても数分立てば元通りになるという現代の科学では考えられない驚異の機能性がある[15]
両腕に装着した青い腕輪は体重を増減させる機能を持っており(原作では、手首から肘の間をスライドさせて調節する(手首方向は加重、肘方向は軽減)。アニメでは、位置は変えず回転させて調節する(手の方から見て時計回りで加重、反時計回りで軽減)[16])、触手の威力を増減したり、海中での沈降・浮上速度を上げるために使用する。加重すれば100kgにも達する一方、極限まで軽減すればドライヤーの風で宙を舞うほど軽くなる[17]。腕輪と同じデザインの足輪は、靴と一体化しており、靴を脱ぐ場面(室内など)では足輪も外れている。また靴も服と同じように汚れがついても落ちる仕組みがあるが、イカ娘以外の人が履くと脱げにくいようである。
イカの胴部に似た白い帽子状の頭頂部はれっきとした身体の一部で、外すと死ぬ(らしい)。人型部位との接合は脆弱で、記憶喪失になった際に自ら外そうとして死にかけ、寸でのところで危うく回避したこともある(このとき、記憶は戻った)。また、日焼けしようとすると服と同じくこの部分も日焼けするようである。 帽子側面のエンペラ(三角形のヒレ、「耳」、作中では「ピコピコ」とも)は自分の意思で動かせる(無意識で動くこともまれにある)。威力はかなり強く、外敵(ほとんどの場合、早苗)に対する武器としても機能する。もっともイカ娘本人は蚊を退治する際に自らもダメージを負い、「こんな能力要らない」とも発言している。
作者の絵柄の変化もあってか現在は初期に比べると帽子が短く前髪の量も増え、胸も小さく細身になっている(公式ファンブックのリテイク版)。
頭髪と一体化した10本の青い触手は、イカ娘の最大の武器であり、スピード・パワー・リーチ[18]を兼ね備えている。ふだんは腰の位置までの長さだが、それ以上に縮める(人間のショートヘアー位)ことも可能(第10巻より)。また水泳、捕食、物の運搬、大道芸、タイピング(アニメでの描写)等、文字通りイカ娘の手足として非常に器用に動くほか、原木から製材して小屋を作るなど、物を切断する鋭利さと精密さを兼ね備えている。触手で似顔絵を描くと非常に写実的な物に仕上がるが、特定のイメージや感情を持つ人間はイカ娘の主観がそのまま出てしまう(らしい)。たとえ切断されても瞬時に元通りになるという脅威の触手再生能力もある[19]。本来のイカの触手の場合は痛覚はないが、アレックスやリスに噛まれて「痛!」と叫ぶ場合もある。一時的に動かなくなった時にショックで短く切ったことがある。ほぼ全ての作業が触手で事足りるため、人間の手足にあたる部分はむしろ不器用で本人曰く「蛇足」(ただし、下手ではあるが箸の扱いや筆記やジャンケンはできる)。触手を使えないと泳ぐことすらままならず、触手を使えないサッカーも苦手。
口からイカ墨を噴ける。美味(千鶴談)であるそうで、これを利用したイカスミパスタ[12]が海の家のメニューに加わった。かなり大量に出せるが、一定量を越せば憔悴してしまう。クシャミの時にも無意識に出る。相手を攻撃する際に武器(嫌がらせ)として使う事もある。このイカ墨で植物を栽培すると異常な速度で成長する(スイカの種を庭にまき、イカ墨をかけたことによって、相沢家全体がスイカの山になってしまったことがある)。こけた時など血の代わりに出ることも多い(第11巻の描写より)[20]
ホタルイカの原理で、全身から光を発する事ができる[12]。発光力は非常に強く、周囲の人間がまぶしく感じるほど[21]。発光量は調節できないが、点滅はできる。
ドラマCDでは超音波による共鳴を起こしてガラスなどの物質を破壊する能力を披露した。ただし、原作でこの能力が使用可能かは不明。
初上陸時から日本語が堪能で、慣用句なども知っている。しかし字は下手で漢字はおろか原作ではひらがな以外の文字は書いていない(前述)[22]。ただしこれは手を使った場合であり、触手を使えば漢字などもきれいな字でしっかり書ける(第144話)。会話では必ず「〜でゲソ」「〜なイカ?」等の語尾を付けて話す[23]。また「〜するもんか!」は江戸弁調に「〜するめイカ!」と言う。態度はやや尊大で、他人の名前は常に呼び捨て。(ただし古川蛍子に対してはさん付けで読んでいる。)二人称には「お主」や「お前」を使う。
本人曰く「海では博識な方」らしいが、地上関連の知識は非常に限定的で、強力な兵器の存在を全く知らず、人類の総数(第1話が掲載された2007年時点で64億人)も1,000人程度と思っていた。そのため、地上での生活は未知との遭遇の連続であり、好奇心豊かな性格も手伝い、なにかと積極的に首を突っ込んでは様々な体験をしていく。
一方で多方面に優れた学習・適応能力を発揮し、英会話や大学レベルの数学、機械類(ゲーム機携帯等)の操作方法も短期間で習得した。特に数学は東大合格も楽勝のレベルで、アニメではフーリエ変換ポアソンの和公式すら楽々理解している。数式の解析には人類とは異なる独特の方式を用いる。アニメでは極めて短い時間(試合中)に野球が上達した。
なお、視覚情報の認識能力にはやや難が見られ、人間には通常分別できる存在同士(上述のイカ帽子を被った人間のほか、共に日焼けしている悟郎と磯崎、自分自身と偽イカ娘、自分自身と普通のイカ等)を混同、ないしは区別がつかないことがある。
エビが大好物で、嫌いな食べ物はない(本人曰く「海で生きるなら好き嫌いなど出来ない」)。ただし、長期間エビを食べないと憔悴する。また、極端に辛い物を食べると「辛~!」と火を吹いて泣き叫ぶこともある。
海中での捕食者(サメシャチ)を何よりも苦手とするが、地上に上がってからは千鶴が更なる恐怖の対象となった。幽霊は当初恐怖の対象としてみていなかったが、実物を見て以降は恐れている(原作のみ)。
蚊や蠅には何度も翻弄されているため嫌っているが、ゴキブリは平気で触れる。人間を刺したクラゲに対し最初は加勢しようとしたが、自分も刺されたため「無差別に危害を加える無法者」として処分する側に回っている。
趣味はテレビの視聴とコンピューターゲーム。テレビは将棋の対局、天気予報時代劇通販番組など、ほぼ何を見ても楽しめる。居を「れもん」から相沢家に移したきっかけも「れもん」のテレビが故障した際に千鶴が気を利かせたことから。ゲームはパズルゲームなら栄子にも負けない。
本人の意思とは関係なく、子供達から絶大な人気を得ており、たけるたちのグループと遊ぶことも多い。また、初対面の人間に対しても物怖じせずおおむね気軽に接することができる。しかし、海を汚す存在として、未だ人類への不信感は完全に消えておらず、毎回失敗しつつも折に触れて侵略者としての行動を繰り返している。
本人は侵略者として恐れられることを望んでおり、海水浴客らを恐怖させた[24]時は得意がり、また「侵略者にふさわしい」派手なメイクで脅そうしたこともある(ただ、実際には周囲から気持ち悪がられた。)。しかししばしば自分が侵略者である事を忘れ、地上に何をしに来たのか解らなくなることがある。そのことで唯一イカ娘を侵略者として恐れている渚からすら「(侵略を)やる気があるのかないのかはっきりして欲しい」などと言われてしまう始末。またアニメでは「侵略者の割にフレンドリーで今ではすっかりみんなの人気者になっている」(6話C)ことを自覚し、それを他人から渚に暴露されることを心配している。なお、侵略行為には営業時間が存在する模様で、昼間限定のようである。
比較的涙もろく、恐怖などに対して涙を見せることが非常に多い。栄子からも「泣き虫」と指摘されている。
相沢家の姉妹からは当初冷ややかな扱いを受けていたが、相沢家に居候するようになってからは徐々に家族の一員としての扱いをされるようになる。一たび優位に立てるチャンスがあると見るや攻撃的姿勢に転じたりもする一方、次第に家族として他のメンバーに気遣いを見せることも多くなっていく。
清美やその後輩と友好的な関係を築いており、イカ娘の思いつきで作った「侵略部」に共に加盟し「侵略」と称して皆でいろいろなところへ遊びに出かけている。
劇中では「上陸するまでみんなとともに遊ぶという経験がなかった」とも発言しており、触手が使えなくなっても千鶴から家族として受け入れられた時は泣きじゃくっており、栄子から「支配者になって対等な人間がいなくなれば孤独になる」という事実を突きつけられた時は動揺するなど、孤独になることを恐れている描写もある。
また、ザリガニを飼育した時には愛情を注いで世話をし、金魚すくい金魚や採集されるセミの命の心配をするなど、生命に対する強い感受性を持っている。侵略についても人類を奴隷にすることは考えているが、命を奪うことは考えていない。栄子が死についてほのめかす発言をすると驚愕することも多い。
「れもん」では給仕と共に子供や男性客を呼び込む看板娘の役割を果たしている。男性客曰く「新鮮で可愛い」とのこと。その人気を当て込んで、「れもん」でイカ娘のキャラクター商品が発売されたこともある(しかし、早苗が開店わずか1分で完売させてしまった。後述)。基本的には真面目な仕事ぶり[25]だが、時々思いつきでお客に対してすら大胆な振る舞いに出ることもある。
自己について持つイメージはクラーケンのような巨大な海の怪物。

海の家「れもん」[編集]

イカ娘が海から初めて上陸した際、最初の侵略拠点として占拠しようとした海の家。この作品における舞台。店名は作者のハンドルネーム「レモン」が由来。相沢姉妹が経営している。営業時間は8:00から17:00までで、看板はレモン色[26]。従業員のユニフォームのTシャツは、原作・アニメともにレモン色だがデザインが異なり、原作では胸の中央に「海の家 れもん」と書かれているが、アニメでは左胸にレモンのワンポイントマークがあしらわれた非常にシンプルなデザインとなっている。 原作とアニメでは外観と内部の構造が大きく異なっている。例えば、原作では短いテーブルがいくつか置かれているがアニメではテーブルは長く座敷もある。また、メニューの内容も大きく異なっている。さらに、イカ娘が壁にあけた穴も原作ではきれいに無くなっている(その後千鶴があけた穴も1話たたずに無くなっている)のに対し、アニメでは板で繕われておりそのままになっている。原作第278話では仮設のカウンター席が設置されたが、以降の話では設置されていない。

相沢栄子(あいざわ えいこ)
声 - 藤村歩
相沢家の第2子・次女。身長不明、体重46kg前後[27]。16歳。O型。高校生で、倉鎌高校の1年に在籍[28]。「れもん」では給仕[29]を担当。
イカ娘のみならず、周囲のあらゆるキャラクターに対するツッコミ役で、作中ただ1人といっても過言ではない常識人。イカ娘が壊した「れもん」の壁の修理代を出させるために低賃金(壁の修理代を完済するまで5、6年くらい働く必要があるらしい)でコキ使う。
言動や性格は相当男勝りであり、直情径行な気質で、負けず嫌い。正義漢で、不正や不埒な行為する者を懲らしめ、困っている人には手を差し伸べることを常とする。
一応イカ娘を侵略者と認識しているが、脅威は感じておらず、自分の部屋にイカ娘を寝泊りさせたり、しばしば一緒に行動したりしている。イカ娘に地上のことをいろいろ教えたり困ったときに助言してやったりと何かとかまってやることが多く頼りにされている。記憶喪失になったイカ娘に姉呼ばわりされた時や、腕枕の話をしてイカ娘に密着された時は赤面して抵抗を示している。公式ファンブックでもツンデレ扱いされている。
ヘアスタイルはストレートなショートボブで、前髪の一部分が独特の跳ね方をしている。オレンジがかった茶髪。毛先をきっちりそろえているためイカ娘には「ヘルメット」のように見えているようだが本人はそう言われると怒る。また、 普段着はTシャツとジーンズまたはパンツルックが基本。女性的な服装が苦手で、浴衣やロリータファッションには難色を示している。
運動能力は千鶴には及ばないもののかなり高く、ボウリングでは悟郎以上のスコアを出している。
勉強は全体的に不得意で進級に危機感を覚えるほどであり、特に数学が苦手。英語は中学1年生レベルの英会話が理解できず、小学3年生のたけるにすら及ばない。
趣味はコンピューターゲームで「ゲームを卒業するときは人生を卒業するときだ」と断言するほど。小学生の時から愛用していたゲーム機(ファミコム)が壊れたときにはかなり落ち込み、しばらくしてゲーム用の貯金を発見した(第264話)後も新しいゲームを買うことができず、つなげていないコントローラーを弄っていることがある。アニメではメガドライブの名前が載った雑誌を読んでいたり、セガのゲームをプレイしている描写が特に多い。ゲーム(エキサイトバ●ク)の影響でバイクには憧れがあり、第284話では原付運転免許を取得している。
食べ物ではトマトが嫌いで食べられなかったが、イカ娘に同情されて彼女のプライドが許さず、見事克服した。
単行本おまけのコマでは3バカが巨大化させたフジツボを見て驚愕しじんましんを出している。
イカ娘が栄子に対して持つイメージは「単眼のアンドロイド」。
イカ娘同様、連載開始前のプロトタイプの時期から存在するキャラで作者のHPでは彼女のイラストも数点公開されている。前髪の特徴がないなど容姿は現在と若干異なる。プロトタイプでは身長の設定もあった(156cm)。
イカ娘の呼び方は「イカ娘」。
相沢千鶴(あいざわ ちづる)
声 - 田中理恵
相沢家の第1子・長女。年齢不明。身長・体重ともに不明だが本人は常に体重を気にしており、ダイエットのためにランニングしている。両親が不在(理由不明)の相沢家における最年長者。「れもん」では厨房担当。
基本的には温厚でめったに怒らないが、いったん怒らせるとめちゃくちゃ怖くなる。また、外見とは裏腹に腹黒くて抜け目がない面もある。人(特にイカ娘)を翻弄して面白がることもある。以上のような性格と後述する能力の数々が原因で、他の人物からは人外(宇宙人ないし怪物)のような扱いを受けているが、本人は「ちょっと力みがちなだけで本当はシャイでナイーブな普通の女の子」のつもりでいる(第216話)。
大変な家族思いであり、家族に害を及ぼす者に対しては容赦なく制裁をかける。他方、家族(基本、イカ娘)の行動が他人に迷惑を及ぼす場合も、時に突拍子もない方法も交えつつ、たしなめたり制止したりする。
経営者としては度胸が据わったアイデアウーマンであり、初対面のイカ娘がくしゃみの拍子に噴き出したイカ墨を全身に浴びるも全く動ぜず「ちょっとイカ気味なのね」と評し、しかもそのイカ墨を味見してイカスミスパゲッティを作る事を考案して「れもん」の看板メニューにするなどしている。また、何か問題が起こったときそれを逆手にとってコンテストを開催し参加者の協力を得て解決を図るなど、イベントを実施することも多い。
髪は(見かけ上はパープル)のロングヘア。栄子とは前髪の形がやや違うがやはり一部分が独特の跳ね方をしている。眼は近視だが、普段は眼鏡やコンタクトレンズを使用せず、細目にすることで対処している[30]。本気で怒った場合に目を見開く事が多い為、コンタクトレンズをしてパッチリ目になったときはイカ娘や栄子からは恐れられ、ほとんどの人からは本人だと気づいてもらえなかった。
戦闘能力は常識では考えられないほど高く、「れもん」を乗っ取ろうと本気で仕掛けたイカ娘の触手による超高速の攻撃を軽くかわし、手刀[31]で全て切り落とす、蚊を潰そうとして店の壁に素手で大穴を空ける[32]など、イカ娘以上の力を見せている。イカ娘のツボを押し間違えて昇天させかけたり(第112話)、「相手の秘孔を狙う」方法を知っていたり、相手の殺気を感じることができるなど(第178話)と、北斗神拳のような暗殺拳を扱える模様。ただ、原作においては栄子がイカ娘に対して「お前が本気だしたら私どころか姉貴だってやられる」と発言しており(第175話)決して無敵でないことがうかがえる。その戦闘能力はしばしば周囲で発生するトラブルを収束させる。
戦闘能力を裏付ける身体能力もやはり常識では考えられないほど高いことが伺え、25kmのマラソン後にそのまま階段と坂道と山道を駆け上がり(本人曰く「散歩」だが、普段から体を鍛えている悟郎にすら「行軍」と称される。しかしもう少し走らないとダイエットにならないらしい)、イカ娘が1ヶ月かけて歩いた距離を2日足らずで歩く持久力、ボウリングでオールパーフェクトが出せるほどの運動能力を持つ。
一方、イカ娘が投げ飛ばしてしまった食器や蠅たたき・ドッキリなどを回避できず意外にも隙が多い。まれにタイミングが悪い登場をすることもある。
趣味はコーヒー缶のコレクション。ただし本人が発言するまで妹の栄子すら気付かなかった。また家事をすることが生き甲斐となっており、イカ娘たちが彼女を休ませるために家事をすべて行ったときは珍しく気分を悪そうにしておりイカ娘が落とした皿を片づけた時はうっとりとした表情を浮かべていた。
好きな食べ物はシュークリーム。肉も好物でかなりの量を食べる(公式ファンブックでは肉のみが好物扱いになっている)。
なぜか自前の戦闘服を持ち、兵器類の価格に詳しいなど、軍事関係に造詣が深い。
アニメでは、日常会話程度の英会話なら普通に話せる。
店の衛生面もあって虫が嫌いで、ゴキブリや蚊に対して必要以上の力で攻撃したり、3バカの光線で巨大化したフナムシを見たときには恐怖から通常の10倍の力を発揮して粉砕している。
イカ娘が千鶴に対して持つイメージは「なまはげ」。
イカ娘の呼び方は「イカ娘ちゃん」。アニメではまれに「イカちゃん」と呼ぶこともある。
斉藤渚(さいとう なぎさ)
声 - 片岡あづさ
アルバイト店員の高校生。サーフィンが趣味で、元々は仕事ついでにサーフィンがしたいという理由で「れもん」でのバイトを志望した。給仕担当。
たけるの担任教師の愛子の妹。
イカ娘を初対面の時から「明らかに人間ではない」と認識するや非常に狼狽し、「危険な能力を持つ侵略者」と認識して恐怖に陥り、以後作中で、唯一イカ娘のことを脅威を感じて恐れている。
さらにはイカ娘を警戒して、侵略を阻止すべく「人類のため」にバイトを続けている。
しかしイカ娘を恐れるあまりその能力や思惑を過大に評価しがちで、かえって侵略行為を期待するかのような思考に至ってしまうこともある。話が進むとなかなか侵略しようとしないイカ娘に対して怒りを覚えて叱咤したり(さすがのイカ娘もこれには恐怖を覚えたのか泣いてしまう)、侵略方法を指南したりとだんだんと立場が逆転しつつある。
イカ娘を恐れる態度は、初めて自分を侵略者として扱ってくれた人間としてイカ娘を大いに喜ばせ、以後侵略者としてのプライドの拠り所となっており、大変気に入られている。
目元がすっきりした美形の女性だが、黒髪で髪型がショートカットのボーイッシュな外見で、時々男性と間違えられる。そのため、女性客が少ない時には男装し、女性客の集客に一役買う事もあったが、その後色々と思うところがあり男装はやめてしまった。
人当たりは柔らかく、温厚で控えめな性格。言葉遣いも丁寧だが、サーフィンを軽んじる発言にはめちゃくちゃ厳しい。
溺れていたところを助けてくれた悟郎に対して恩を返そうとしているが、悟郎からは「これが仕事だから」と遠慮されている。イカ娘に対する態度や恩返しのためにやったことなどが原因で周囲(特に栄子)からは悟郎に恋心を抱いていると誤解されている。
過去に一度原付の免許をとろうとして試験に落ちており、第284話で取得した。
イカ娘が渚に対して持つイメージは「天使」。
イカ娘の呼び方は「イカの人」。また、イカ娘を恐れていないかのようにフレンドリーに振舞うときは「イカ娘先輩」[33]

イカ娘の友人達[編集]

相沢たける(あいざわ たける)
声 - 大谷美貴
相沢家の第3子・長男。小学3年生。
好奇心旺盛な性格で、イカ娘のことを遊び相手としてとらえている。イカ娘の触手やイカ墨を全く怖がらない(というより楽しんでいる)。
細やかな心遣いの出来る優しい少年で、イカ娘がよその少年たちとトラブルを起こした時には間に立って事を収めたり、イカ娘がたけるの持ち物を壊して謝った時にも内心の動揺を隠して笑顔で許したりなどしている。小学生ながら対人関係にも長けており、イカ娘が突拍子も無い事を言い出しても適当に調子を合わせている。イカ娘にも「空気の読める男」と扱われている。純真な性格のためか小学生にありがち(?)な下ネタを言っただけで他の姉妹が困惑するほどである。
努力家で勉強にも意欲的に取り組み、夏休みの宿題を早く終わらせたり、英語も簡単な英会話くらいならできるが、さらに上達すべくシンディーに教えてもらったりしている。
ボウリングでイカ娘の特訓の結果として前方伸身宙返りで投球するクセがつくなど、相沢家長男の名に相応しい(のかどうなのかはちょっとわからないが)身体能力も持つ。元々泳げなかったが「海の近くに住んでいるのに泳げないのは恥ずかしい」と悟郎に水泳を習った。サッカーが得意。
髪はトゲトゲ状に直立し、普段着は「GO!」と書かれたTシャツを着ていることが多い。見た目には相沢家の他の姉妹と似ている部分が無く(例えば、栄子と千鶴には前髪の形が同じという共通点があるが、たけるにはそれがない)、イカ娘が「本当に姉弟なのか」という疑問を持った時は当の本人とイカ娘を差し置いて必死で共通点を探された。
カレーライスが大好物で、苦手なのはグリーンピース。
イカ娘からは「単純な顔」「特に特徴が無いから」と変わったイメージは持たれておらず、「何か次元の壁を超えた」リアルなイラストを書かれた。
イカ娘の呼び方は「イカ姉ちゃん」。イカ娘がシンディーに洗脳されてイカ星人と呼べと言われたが、たけるのみ「イカ姉ちゃん」のままだった(ただし、アニメでは「イカ星人姉ちゃん」と呼んでいる)。
長月早苗(ながつき さなえ)
声 - 伊藤かな恵
栄子の幼なじみで友人、同級生。16歳。栄子と同じく倉鎌高校の1年に在籍。
イカ娘に一目惚れし、以降は恋愛対象として異常なほどの執着を見せるようになる。イカ娘には迷惑がられているが、早苗本人は全く気にしていない。
その言動及び愛情表現は過激で百合と言えるほど。異性には興味がない。(と言うかイカ娘しか興味が無い。)しかも時として常軌を逸脱する事から、イカ娘本人から非常に疎まれ、恐れられている。当初はイカ娘に好かれることを強く望み色々と努力したが、後には自分の欲求に忠実に行動することを選んだ。
あらゆるチャンスを利用してイカ娘とのスキンシップに持ち込もうとするが、結局は失敗してばかりいる。その際は必ずと言っていいほどイカ娘の触手やヒレ(ピコピコ)に叩きのめされたり、縛られて振り回されたりするが、ドMなので、こうした攻撃に対してすら強烈な快感を覚えている[34]
イカ娘に関わる際の行動力は凄まじく、多額の出費も惜しまず、資金面には特に困っている様子もない。撮影用のカメラ買い換え、「れもん」でイカ娘のキャラクター商品を発売した際は全て早苗が買い占め(前述)、渚に対しイカ娘に好かれる方法を金で教えてもらおうとしたり、栄子と違いゲーマーではないがゲーム好きのイカ娘のため次世代ゲーム機を2台購入、アニメでは(イカ娘とほぼ関係のない)クラゲ取り大会で勝利するために他の参加者が捕獲したクラゲを買おうとしたりと、金で物事を解決しようとする傾向もしばしばみられる。場合によっては法的な逸脱すら躊躇せず、例えば「監視カメラを付ける」と言って、実際に付けたのは自宅でなく、イカ娘が住む相沢家だった(このとき、相沢家に入った空き巣を見事確保することに成功している)。また、イカ娘に関する話題になると所構わずいきなり登場するなどストーカーと思しき行動もしている。
イカ娘に危険が迫った際には捨て身の覚悟で助けようとする勇敢さも持ち合わせている。栄子に頼まれてイカ娘の危機を救う事もある(ゲソニンムルゴボング病に罹患したイカ娘をエビの着ぐるみを着てイカ娘に抱きつかせた[35]。しかし、本人は桃源郷に旅立った[36])。また、イカ娘のSPを自ら買って出て就寝中のイカ娘を守ったが、イカ娘の最大の敵は他ならぬ早苗自身であり、自ら攻撃してボロボロになった。
趣味はイカ娘の写真撮影。当初はイカ娘のコスプレ写真を撮影していたが、現在はコスプレ写真を撮ることはやめた模様(第88話)[37]。しかし写真撮影は今後もするつもりでアルバムはそのために分厚くしている。食卓にも写真を飾っており「3杯はいける」とのこと。イカ娘グッズを多数保有しており、その中には「れもん」で買ったキャラクターグッズだけでなく抱き枕など自作したと思われるものも含まれている。
イカ娘と親しく接する女性(清美など)によく嫉妬する。それは空間が大きく歪むほど凄まじい。しかし、清美とその後輩たちがイカ娘と親しむ様子を見てからは、イカ娘は慕われることが自然な人柄であるとの思いを持ち、多少は現況を受容する気になった。また、清美を通じてイカ娘と親しくなるチャンスをうかがっているためむしろ仲良くしようと心がけ、清美に対してはその変態性を知られまいと努力している。
性格は「ちょっと引っ込み思案で恥ずかしがり屋」(本人談)。栄子からは「天然ボケ」「変態」「危険人物」、イカ娘からは「間違いの塊」とまで言われている。本人も一応そのあたりを自覚している。
髪の色は栗色で、髪型はショートカット、常に白い無地のカチューシャを着用している。服装はキャミソールをよく着用する。
イカ娘に関しては千鶴も目をみはるほどの運動能力を発揮、イカ娘を追いかける際の走力はオリンピック選手並[38]、泳力はイカ娘をも上回るほど。但し、持久力がないのかイカ娘関連ではないせいか、清美からバドミントンを教わった時は10分でバテている。イカ娘に対しては嗅覚も特別な威力を発揮するようで、たまたま商店街に買い物に来ていたイカ娘を匂いで発見した(アニメ1期第4話)。
いわゆる如何物食いの傾向があり、小学生の時にはイモムシ、中学生の時にはジグモを「カワイイ」と言っていたが、イカ娘への執着がこの延長なのかは不明。ドラマCDでの発言を見るに今でもこれらのものについてかわいいと思っている模様である。
コスプレ衣装や抱き枕などの裁縫は得意だが、その他の家事や日曜大工は不得手で料理は特に下手。また第284話でスクーターを購入してから原付免許をとろうとしているが、矢印の標識でイカ娘しか思い浮かべることができず落ちている。
「れもん」が人手不足になると応援要員として働く事もある。
イカ娘が早苗に対して持つイメージは“ゾンビ”。
イカ娘の呼び方は「イカちゃん」。
イカ娘や栄子と同様にプロトタイプが存在する。そちらでは身長や趣味などの設定がされていた(身長154cm)。
紗倉清美[39](さくら きよみ)
声 - 菊池こころ
近所の家の女の子で、イカ娘の友達。中学3年生で長谷中学校に在籍。
イカ娘が出来心でピンポンダッシュしようとしたのがたまたま彼女の家だったことからイカ娘と知り合った。悪戯が千鶴に知られるのを恐れたイカ娘に友達のふりをしてくれるよう頼まれたが、「ふり」を断り、本当の友達になった。
温厚かつ朗らか、またその名に恥じない清らかな性格で、イカ娘に対するときもごく穏当に友達づきあいを楽しんでいるほか、イカ娘のことを千鶴・栄子の妹と認識する一方で、イカスミが吐ける存在であることも受け入れている(第145話)。早苗とも友人になろうとしており、スキンシップにも抵抗を感じていなかったが、早苗の変態性にはまだ気づいていない。
また、間違っていると感じた言動に対しては毅然として直言する気丈さと正義感も持ち合わせている。
学校ではバドミントン部の部長を務める。中学生としてはかなりの実力の持ち主(練習試合で県大会優勝者に勝ったことがある)。
アニメでは女子野球部キャプテンで背番号は「9」。本来のポジション(背番号からライトと推測される)ではないが、ピッチャーファーストを務めた。プライベートでは部員全員揃った時のみ活動する「侵略部」の部員である。
黒(アニメでは茶色)のロングヘアを後ろで2つに束ねたヘアスタイルで、眼鏡をかけている。
胸が小さい事を悩んでおり、若干コンプレックスに陥ることがある。イカ娘に胸を触られ、そこに「あるはずのものがないということを体験したかっただけでゲソ」と言われてしまい、相当なショックを受けていることや、七夕の短冊にかける願い事に「県大会にみんなといけますように」のほかに、胸のことを書いていた[40]ことから、胸について相当悩んでいることが伺える。侵略部全員でイカ娘の目を隠して遊んだ際も、触手で胸を触られることで清美と判別されている。
イカ娘の呼び方は「イカちゃん」。
望月知美(もちづき ともみ)
声 - 内山夕実
バドミントン部員(プライベートでは侵略部部員)で、清美の後輩。アニメでは女子野球部部員。髪型はツインテール
清美と共に行動することが多く、よく一緒にイカ娘を遊びに誘いに来る。
作者の別のバドミントン漫画からキャラクターを引用している[41]。その漫画ではお色気要員だった。
その影響か本作でも露出度の高い衣装でいる事が多く、またファッションセンスに優れる。
イカ娘の呼び方は「イカ先輩」。
西村由佳(にしむら ゆか)
声 - 杉浦奈保子
バドミントン部員(プライベートでは侵略部部員)で、清美の後輩。アニメでは女子野球部部員。髪型は外はねのショートヘア。
知美と同様に清美と共に行動することが多く、彼女らと一緒にイカ娘を遊びに誘いに来る。
元々は知美と同じく、作者の別のバドミントン漫画のキャラクターで、その作品では主人公だった。
侵略部発足にあたり活動内容を考えるなど、侵略部の活動をよく主導する。
渡辺綾乃(わたなべ あやの)
声 - 織部ゆかり
バドミントン部員で、清美の後輩。アニメでは女子野球部部員(プライベートでは侵略部部員)。
原作で名前は登場しないが、アニメ第2期で名前が判明した。

ライフセーバー[編集]

嵐山悟郎(あらしやま ごろう)
声 - 中村悠一
海の安全を守る事に強い使命感と生き甲斐を持つ熱血漢。栄子の幼なじみで、千鶴に対して好意を抱いている(栄子と渚にはばれている)。
隠し撮りした千鶴の写真を多数所持しており、携帯電話の待ち受け画面も千鶴の写真である(結果的にばれたが、千鶴には「悪用だけはしないでね」と放免してもらった)。女性にモテるが千鶴一途のため興味が無い。
性格は単純で、しばしば千鶴をダシにして栄子に使われるほか、イカ娘にもやり込められている。手先も恋愛もめちゃくちゃ不器用。しかし仕事に対する責任感・正義感が強く、ライフセーバーが休みの日も欠かさずトレーニングしている。
イカ娘とは「海を守る者」という概念[42]から一度は意気投合したが、イカ娘が悟郎の代わりに溺れた子供を助けた[43]際、勝手にライバル視された。イカ娘によれば「子供を救助したことで悟郎に崇められるはずが、逆に格下に見られて褒められてしまった」のが気に入らないようである。イカ娘からたびたび勝負を挑まれるが、勝負の結果は二の次になることが多くそのたびにイカ娘から反感を買っている。
悟郎自身は「海を見守っている者」としてイカ娘に一目置いており、その後の関係はおおむね良好。千鶴とデートする事になった際には彼女の衣服の好みで悩み、イカ娘に千鶴の好みを聞き出すよう依頼している。
長身で筋肉質。また仕事柄日焼けしており、イカ娘が人間を真似て日焼けしようとした際、栄子から「日焼けの完成形は悟郎が良い例」と聞き、イカ娘は“日焼けするとムキムキになって完全体になれる”と勘違いした[12]
好物は千鶴の作るエビチャーハン。しかしエビの好きなイカ娘にしょっちゅうエビだけつまみ食いされている。
ライフセイバーとしては頼り甲斐のある一面を見せるが、一方でお化けや宇宙人といった人外の類が苦手(イカ娘はなぜか平気)。
イカ娘が悟郎に対して持つイメージは“水泳帽をかぶった完全に真っ黒な人間”[44]
自宅はアパートで、母親(後述)と暮らしている。
イカ娘の呼び方は「イカ」だが、まれに「イカ娘」と呼ぶ。
磯崎辰雄(いそざき たつお)
声 - 宮坂俊蔵
悟郎の同僚で、自称「ナンパ成功率100%、イケメンプレイボーイ」の超ナンパ男。仕事中であろうとなかろうと、周囲の女性を片っ端からナンパしようとする。
自称するナンパ成功率と現実のそれとに大きな違いがあっても気にしていない様子。栄子によるとナンパに失敗している理由は大体「ウザイ」「チャライ」「古い」の3パターンらしい。また、携帯電話にはほとんど女性のアドレスは入っておらず、栄子が見つけた女性のアドレスは母親だけだった(第214話)。
悟郎から注意を受けたり千鶴をかけて喧嘩したりすることもあるが、(殴り合いの結果悟郎に譲る羽目になった)千鶴とのデートについて、快くアドバイスをしてやるなど気の好い面もあり、仕事以外でも良く2人でつるんでいる。
原作ではビーチバレー大会の決勝戦で悟郎と共にイカ娘と栄子のチームを下して(本当は、イカ娘のサーブでイカ娘&栄子チームが勝った。ところが、「危険なので失格」になってしまい、悟郎と磯崎のチームに優勝の座を譲ってしまった)以来、栄子に敵視されている。
鮎美に少なからず関心を持っているが、アプローチのたびに栄子に制止されてしまっていた。鮎美がメリケンサックを着用しているのを目撃して以降、少し距離を置いている模様。
髪を金色に染めている、アクセサリーを多用するなど、不良のような外見からか、イカ娘たちとケイドロに参加していたところを警察官に誤解され、交番に連れて行かれたことがある。
イカ娘と直接関わり合うことは少なく、「人間ではないらしいから」との理由でナンパの不成功も正当化している一方、「最強のライフセーバー」と評するほどにイカ娘の人命救助の能力については認めている。
イカ娘の呼び方は「イカの子」。

米国地球外生命体対策調査研究所[編集]

「れもん」がある浜辺近くの洞窟の中に拠点を構える宇宙人研究組織。メンバー全員がM.I.T.を首席で卒業した経歴を持ち、高い知能と技術力を誇るが、宇宙人の研究以外には全く関心がない。しかも、メンバー全員、宇宙人にはまだ一度も遭遇した事がない(なお宇宙人の存在そのものは劇中で何度か示唆されている)。彼らは日本支部という形で置かれているが、ほとんど成果を見せないため第269話では強制帰還させられかけたことがある。

シンディー・キャンベル[45]
声 - 生天目仁美 (日本語) / 国分絵麻 (英語)
髪をポニーテールにした金髪美人。調査担当。イカ娘を宇宙人として認定し、研究したがっている。
幼少期から宇宙人に対して憧憬の気持ちを持ち続けており、情報収集や直接的アプローチに熱心である。しかしおもちゃのUFOを目撃しあわてる悟郎を見るまで3バカトリオ以外には宇宙人の存在を信じてくれる人がいなかったとのこと。そのためか友人と言える人物は一人もいない(3バカはあくまで「仲間」という認識で友人ではない)。また、陳腐な合成写真や3バカ製作のおもちゃのUFOと同じく3バカ製作の本当に乗れるサイズのUFOにあっさり騙されている。
行き過ぎた所もあり、宇宙人であることを否定するイカ娘の言葉は全く無視。そればかりか、洗脳を施してでもイカ娘を宇宙人に仕立てようとする。
目的は違うものの、イカ娘に異常な執着を示す点は早苗と共通であり、時には協力してイカ娘への接近を図る。当然ながら当のイカ娘本人には早苗とともに鬱陶しがられているため、イカ娘がシンディーに対して持つイメージは“ゾンビ”(早苗と同等)。アニメ版では3バカトリオ(後述)とともに異なる怪物のイメージで描かれており栄子から「ある意味早苗と同類」といわれている。
「れもん」の近辺によく姿を見せるが、イカ娘や「れもん」のメンバーに接触する以外に調査活動をしている様子は見られず、本人も「ヒマ」と言っている。第183話では「夏休みのバカンスでここにいるのでヒマでも問題ない」とのこと。第280話では「イカ娘の調査」という「れもん」に来店する本来の目的を忘れかけている。
自身はアメリカ人であると言っているが、簡単な挨拶も疑問符交じりに言っているところから、母語(第一言語)は英語ではない可能性がある。相沢家に英語を教えに行く際は予習までしていた。教師としてやることには難色を示しており、通訳も責任が重すぎるという理由から嫌がっている。
「れもん」の近辺では、白地にパステルグリーンのストライプ柄ビキニに赤いパーカーを羽織った姿でおり履物はビーチサンダルを履いている[46]。相沢家に家庭教師として訪れた際には露出の少ない普通の服装をしており、栄子には「一応常識はある」と評された。
近視であり、普段はコンタクトレンズを着用している。
早苗同様、「れもん」が人手不足になると応援要員として働く事もある。
第284話では日本の原付免許を取得している。
イカ娘の呼び方は「イカ星人」。
3バカトリオ
研究所の研究員。シンディーと同じくイカ娘を実験、かつ研究したがっている男性3人。3人共かなりバカな性格な為、3人まとめて「3バカトリオ」と呼ばれる。
英語風なまりのカタコト日本語を話す。3人連れ立って、あるいは時として単独で「れもん」を訪れる。
技術力は恐ろしいほど高度で、現代科学のレベルを超える程である。しかし宇宙人の研究以外には興味がないため、人類に役立つ発明をしても公表しない。栄子はこれを「才能の無駄遣い」と揶揄している。
実際に開発するメカは胡散臭く、本業であるはずの宇宙人の研究とは関係のないメカばかり開発しており、武器に該当するものまで作っている。中には明らかに犯罪になりそうなものまである(無限に金が増殖する貯金箱など)。
またメカ自体も必ず何かが間違っており、彼らが主張する機能とは全く異なる作用をする事ばかりで、必ず「れもん」や相沢家に厄介ごとをもたらす元になる。
例としては“頭の良くなる弾”(アニメでは“侵略者の威厳が身に付く弾”)と称して物体消滅弾を持ちこみ、「れもん」の建物を消滅させた(おまけのコマでは別の弾で復活している)。
また、イカ娘がたけるのラジコンカーを壊してしまった際、栄子に頼まれて3バカが修理したが、余計な機能(ジェットエンジンロケットエンジン)を取付け、却って問題を拡げる結果となった(おまけのコマでは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のごとく白亜紀にタイムスリップした描写がある)。
アニメでは、M.I.T.を首席で卒業した事をことさら誇りに感じているようで、何か話す際に一々「M.I.T.を首席で卒業した〜」と自慢したがる(シンディーは自慢しない)。
3バカトリオ自体もそのメカも身内のシンディーにすら信用されていない。渚からも「人類にとっての本当の脅威」とまで言われている。
宇宙人とコンタクトをとったことを既成事実化するためにイカ娘に宇宙人と認めるよう土下座して頼み込んだために、栄子に「ロマンはあってもプライドはない」と評されたことがある。これに限らず困ったときには3人揃って土下座して問題の解決を図ることが珍しくない。
「エリート研究員の主張」と称し、常に白衣を着用。海水パンツを着用する時でさえ白衣だけは着ており、イカ娘や栄子から「変態」と呼ばれた。
「3バカトリオ」とはシンディーが揶揄をこめて呼んだ通称だが、間もなく他のキャラの間でも使用されるようになった。また、アニメの次回予告(9話ED)で登場した際には自ら「3バカトリオ」と名乗っている等、自分達がバカな性格である事(またはそう呼ばれている事)を全く気にしていない。
ハリス
声 - 佐々木誠二
「3バカトリオ」の中で一番長身の黒人。実験担当でイカ娘を実験したがる。兄と妹がいる。
肉体的には3バカの中で最も強靭な模様で、千鶴のサンプルは自ら透明化して回収に向かうなどアクティブな行動も見せる。
滑舌が悪いようで、クラークの発明品の効果を確かめるのに実験台になった。
クラーク
声 - 勝杏里
痩せた白髪の白人。「3バカトリオ」の中で唯一暗い顔をしており、「3バカトリオ」の中で背は中くらい。やや虚弱な様子で「自然光はつらい」との事で、常に暗い顔をしているのは、これが原因だと思われる。開発担当でイカ娘を実験したがる。自作のメカを持って単独で「れもん」を訪れることが多い。弟がいる。
3バカの危険な発明品のほとんどが彼によるもので、特に光線銃がお気に入りらしく「増殖光線銃フエール銃」「脳を爆発させーる銃」「パワー満点銃」などを所持している。南風の店長と組んで新型偽イカ娘の制作に技術提供したこともある。
3バカのなかでも特に活躍の場面が多く、一人で物事をすべて解決してしまうため荷物にしかならないと感じた二人によって解散することが宣言されたが、彼と離れた二人は宇宙人がいないために真価を発揮できずクラークの説得もあって元の鞘に収まった。しかし、この二人を何度も実験台にしているために友情には若干暗いものも見られる。
マーティン
声 - 後藤哲夫
太った黄色人種で「3バカトリオ」の中で最も身長が低い。研究担当でイカ娘を研究したがる。六角形の眼鏡を掛けている。一人っ子。
千鶴を宇宙人と疑ってサンプルを回収する際、発明品を使わずファンを名乗って髪の毛と血液を回収するという暴挙に出たが、見事に成功し呆れられた。
アニメでは何度もクラークの発明の実験台になっているらしく、侵略者の威厳が身に付く弾の実験台に選ばれた際に不満を漏らす場面がある。また第2期第1話では光線を浴びて引き締まった体系になったが、すぐに効果が切れて元以上にたるんでしまった。
気分が悪くなるとよく吐いてしまう。目覚めが悪く、クラークの目覚まし光線銃でやっと起きる様子。

海の家「南風」[編集]

隣町の海水浴場(モデルは藤沢市江ノ島東浜海水浴場)にある海の家。店名は「なんぷう」ではなく「みなみかぜ」と読む。舞台ステージがあるなど「れもん」よりも規模が大きく、店長曰く「うちはここ(「れもん」)と違ってメニューが多いのが売り」であると豪語している。また従業員も「れもん」よりも多く、「一人ひとりが店長レベルに達しているので、店長がいなくても店を任せられる」という。営業時間は「れもん」より長く、夜間も開いている。

南風の店長(みなみかぜのてんちょう)[47]
声 - 小山力也
本名不明(娘の名から姓は「常田」と推測される)。「れもん」でのイカ娘人気に便乗してイカ娘の頭を模した被り物を作り、自分の娘に着せて客寄せに使う。
被り物のメカニズムによる手際の良い料理作りを披露したりして、自分の造形師としての腕前を誇示する態度をとる。被り物の実用性を重視しているもののセンスが伴っていないので見た目がひどいことになるパターンが多い。原作第181話で3バカトリオとすれ違った際、「クリエイターの魂が共鳴した」とのことでクラークと友人になり、新型の開発に技術提供してもらっている。
周囲との協調を全く意に介さず、突発的、断定的、一方的に物事を仕切ったり指図したりして、しばしば周囲を戸惑わせる。例えば「れもん」一同を思いつきで自宅に招待するが、その事は当然鮎美さえ知らされておらず、また座ったとたんに「何か話せ」と命令したり、栄子たちが帰ろうとすると「誰が帰って良いと言った?」などと言う一方で、時間になったからと「今すぐ帰ってもらおうか!」と何かと自分ルールで無茶振りをする。本人曰く「無駄な事が大嫌い」とのこと。
公式ファンブックでは「娘が無茶ぶりにもかかわらず実家のために働いたのに本物のイカ娘と交換しようとした無情な生き物」扱いされているが、一応娘の鮎美に対してそれなりに思うところはあり、被り物も本人の意向を汲んだものである。また、鮎美が「れもん」で働く事で恥ずかしがりの性格を改善できた事には感謝している。アニメ2期第2話ではコスプレによって客と対等に接することができるようになった鮎美に対し「それでは被り物と変わらない」と一喝している。一方、「れもん」の一同が鮎美のためによかれと思ってやった行動が裏目に出ている[48]こともあり、それに対する誤解も相まって娘との距離が徐々に遠のき始めている。
「南風」の経営の他に、祭の際に夜店の出店も行っている。原作では偽イカ娘のお面を売っているが、全く売れていない。早苗からも「イカ娘ファンとしてこれは買うべきか怒るべきか」と迷われるほどであった(おまけのコマでは結局購入し、イカ娘に襲いかかっている)。アニメ第2期最終話では金魚すくいの出店をやっており、イカ娘を挑発して金魚すくいをさせている一方、偽イカ娘にたこ焼きの屋台もやらせている。
性格面や造形のセンスなどで難のある部分は多いが、料理人としての能力は非常に高く、客の顔を見ただけで欲しい料理を把握しかつ期待以上の出来で出すことが可能。千鶴も彼の家に招待された際にはその味付けを参考にしようとしていたほどである。
犬が苦手(曰く「怖くない犬などいない!」「犬にかまれて喜ぶ奴がどこにいる?」)。野良犬相手に偽イカ娘4号で立ち向かったときも自分は高い木に上っており、単行本おまけのコマではアレックスを塀の上に載って回避している。
常田鮎美(ときた あゆみ)[49]
声 - 川澄綾子
店長の娘で、「南風」で店員として働いている。
赤いビキニ姿でイカ娘型の被り物をかぶり、「偽イカ娘」として子供たちの人気を集める。
非常に美人でスタイルが良く、栄子は「素顔の方が良い」と言っている。
名前を呼ばれただけで赤面してしまうほどの内気な性格。素顔では口数が極端に少なく、相手の目を見て話すのが苦手なため、被り物をしないと落ち着けずまともに話せない位だった。「れもん」で働く事によって徐々に声が出せるようになり、表情も良くなった。第255話ではその性格の原因が本人の劣等感にあると気づいた栄子により、アイドルとして仕立て上げられ、周囲の男性客を人間以外のもの(豚)だと思い込むことで克服した。しかし未だ「れもん」の外では人が苦手。
当初は内気な性格の改善のために時々「れもん」で働き、その時はイカ娘が代わりに「南風」で働くという約束を父親と相沢姉妹の間で交わしていたが、連載が進むにつれ彼女が働いているときでもイカ娘が「れもん」にいるときが多くなった(イカ娘によると「向こうには偽物がいるため」)。
人間ではないもの(犬のアレックスなど)とは「優劣を気にしなくていい」という理由で普通に接することが可能で、本人いわくアレックスとも会話可能。人型でも「人間でない」と認識している人物には緊張せず接することができ、イカ娘と二人きりになった時にはやたら饒舌になったほか、人間離れした能力を披露した千鶴や早苗に対しても同様に接することができるようになっている。イカ娘と違い、お化け屋敷なども平気。しかし、自分が人外として扱われることは嫌がっている。なお、「イカ娘をさばいて食べることはできるのか」という栄子の疑問については「食べるより眺めている方が好き」と答えている。
髪はブラウンのセミロング。2本のアホ毛を生やし、前髪をシャギーにし、サイドとバックはボリュームの多い髪を、先端部のみフロントで2箇所、バックで5箇所、それぞれ短い縦ロールでまとめた独特のヘアスタイルをしている。
作中最大の巨乳キャラ[50]で「れもん」で最初に働いた時にはその美貌とともに巨乳で男性客を集めた。男性客いわく「イカの娘も新鮮で可愛いけどこっちはロマン(巨乳)がある」。
イカ娘の呼び方は「イカさん」。
被り物をしている時、普段の恥じらい様とは対照的に、普通に声を発する。アニメではさらにおどけた仕草をしたり、爪楊枝でビーチバレーの対戦相手を攻撃したりと態度が大胆になる。
アニメの描写では、被り物の種類で声の調子が変わる。
偽イカ娘(子供に人気のあるバージョン)
偽イカ娘第1作でプロトタイプ。顔がギャグアニメのキャラクター調で、触手が動くほか、鼻を押すと口からイカ墨状の液体が出る。機能を詰め込んだため異様に大きい(他の偽イカ娘も同様)。頭との固定が甘いらしく、走った時に被り物が回転して視界ゼロとなり、転んで外れた。そのため顔が裏返しの姿や、触手をうごめかしながら生首状態で砂浜に転がる頭が子供たちにトラウマを生み付けてしまった。アンパンマン調のコミカルな声色になる。
偽イカ娘(リアルバージョン)
偽イカ娘第2作で改良版。「仕事が出来る事」をテーマに作られた。造型は中国の被り物そのもの。瞳は左右に動き、色も赤と青に変化可能。主に厨房での活動を念頭に置き、触手から包丁、眼からオイル、鼻から青海苔、口からはソースを出せるほか、バーベキュー(原作では炙り物)用に火を吹く事もできる。しかし口から火を吹いた際に消すことが出来ず、眼から出ていたオイルに燃え移って壊れてしまった。声色は大山のぶ代版ドラえもんのようになる。
偽イカ娘3号・4号・5号
3バカトリオの一人、クラークが技術協力して作られた偽イカ娘。このタイプのみ鮎美が被るのではなく、頭部に直接触手が接続された形態で自律して動く。眼と頬がまるくて大きく、某機関車のキャラクターにそっくり。また顔の色も肌色ではなく、緑がかった色になっている。いずれも同型で顔もほぼ同じだが、4号だけ左目の下に泣きぼくろがある。
TVのリモコンで操作することもできる(専用のリモコンは「たくさんあったらどれか絶対なくす」という理由で作られていない)。護身用に自爆装置が搭載されており、TVのリモコンの電源ボタンがそのキーになっている。3号はイカ娘のリモコン操作により自爆してしまい、4号は野良犬撃退のために爆破された。
偽イカ娘(気が利くバージョン)
アニメでのみ登場。造型は黒いおもちゃのロボット。触手は温かいおしぼり(冷たいおしぼり[51]も可)、口からは食べるラー油と爪楊枝を出せるが、なぜかそれら全てを使って相手を攻撃する事もできるようになっている。せりふが無いため声色は不明、ただし動く際にロボットのようなガシャガシャとした動作音が鳴る。ビーチバレー大会に参戦するも、「れもん」チームに敗退して機能停止。
偽イカ娘(アニメEDバージョン)
アニメ第1期最終話のエンディングで登場。テディベア型・こけし型・鎌倉大仏型の3種が登場。それぞれ一瞬姿を見せたのみのため、詳細な機能は不明。

その他[編集]

アレックス
声 - 伊藤かな恵[52]
長月家の飼い犬。白みがかった毛色の日本犬らしいが、具体的な犬種は不明。
早苗には家族の一員として可愛がられているが、早苗がイカ娘に恋しているため嫉妬しており、イカ娘に対して攻撃的になっている。相沢家では栄子に特にかわいがられている。強がりだが実は臆病。けっこう利発で、空気を読んで早苗の希望に沿った行動をとることもある。口を使って知恵の輪を解く事ができる。
りさ
声 - 須藤菜々子
イカ娘が近所の公園でときどき出会う少女。イカ娘に求められて三輪車を貸したり、自ら誘ってままごとをするなど遊び相手の一人になっている。昼ドラが大好き。
たけるの友人達
たけるの遊び仲間。イカ娘を慕っており、彼女が遊びに参加すると喜ぶ。イカ娘が遊びについていけず落ち込んだ時も、その都度フォローしている。
黒石翔太(くろいし しょうた)
声 - 西墻由香
たけるの友人グループ(通称・イカ娘親衛隊)のリーダー役である駐車禁止マークのTシャツを着た少年。イカ娘に対し細やかな気配りをする。
松本ユウタ(まつもと ユウタ)
声 - 三瓶由布子
たけるの友人の一人。イカ娘に対して好戦的な態度を取る。原作に登場するセミレギュラーの男児キャラは、アニメではしばしばユウタとたけるに差し替わっている。
双子(名前不明)の父親(アニメではユウタの父親)
声 - 楠大典
プロの造型師。息子たちに良い所を見せようとして、イカ娘の作った砂の城に対抗して砂で安土城(原作では名古屋城)を作るが、イカ娘の“動く城”(触手を仕込んで操作した)を見て自信を失くす。原作では双子の男児の父親であったが、アニメではユウタの父親役としての登場であり、双子の片割れはたけるに差し替わっている。
田辺 梢(たなべ こずえ)
声 - 神田朱未
海浜でイカ娘に話しかけてきた見知らぬ女性。侵略が進展せず落ち込むイカ娘に優しく語りかけた。タコの頭のような奇妙な帽子、彼女の名乗った氏名[53]、彼女が話した内容などから、彼女もまた海からやって来た存在であるような印象を残しつつ、その場を立ち去る。
バドミントン部員達
清美が部長を務める長谷中学校バドミントン部の部員達。イカ娘のことを、清美と対等に話していることから、3年生相当の存在とみなしている。触手で自在にラケットを操るテクニックに感嘆して、親しく接するようになる[54]
ミニイカ娘(ミニイカむすめ)
声 - 金元寿子
単行本第2巻に収録されている「ひと口サイズ! イカ娘」で登場した手乗りサイズのイカ娘。体長は最大で約5cmでホタルイカほどしか無い。寿命は約150年。エビ(エビであれば伊勢エビをはじめとする大型のエビでも完食する)が好物。イカであるのにもかかわらず、泳げない。しかしイカ墨はイカ娘と同様に吐ける。イカ娘同様、サメなどの「海の捕食者」が嫌い[55]。通常の言語は話さず「ゲショ」や「ビャー」などの鳴き声を発する。
原作、アニメ共に登場人物の夢の中で登場しており、(作中世界において)現実にいる生物と言うわけではない。原作では目が覚めて起き上がった早苗が「欲しい」というのみであった。
アニメでは第1期「飼わなイカ?」で初登場。早苗は夢の中でミニイカ娘が栄子に飼われていたことが気に入らないらしく、翌日栄子に愚痴をこぼしていた。その後「好かれなイカ?」で、早苗の禁断症状による幻影として多数登場。また、第2期第4話Cパート「流れなイカ!?」では本編中としては初めて早苗の想念以外のシーンで登場した。第2期第6話Cパート「冒険しなイカ!?」では早苗の夢の中ではなく、悟郎の夢の中で登場している。第1期のBD&DVD特典映像[56]では主役となっている。ただし、第6巻のストーリーは「飼わなイカ?」と同じく早苗の夢によるものである。
遊園地のおじさん
声 - 中博史
第79話「遊園地に行かなイカ?」に登場。入園者の減少、それに伴う土地売却のため、遊具がコーヒーカップのみになっても、ただ一人営業を続けてきたが、相沢家一家来園の日をもって閉園することになった。閉園後は、クラブ営業を始めた模様。
遊具がコーヒーカップだけになっても、営業時間はネズミーランドとの対抗上、夜23時までとしていた[57]
アニメでは、第2期「遊園地に行かなイカ!?」に登場。
位置関係、閉園までの過程から、運営していた遊園地は隣町にあった遊園地がモデルと思われる[58]
司会者
声 - 斉藤佑圭
由比ヶ浜で司会を務める金髪碧眼、ツインテールのお姉さん。衣装はブーツやリボンを含めてピンク系で統一している。
「ヒーローショーじゃなイカ?」では、観客である子供達がイカ娘につられて、ヒーローでなく、悪役のイカ魔人を応援するというアクシデントを懸命にアドリブで取り繕っていたが、イカ娘の暴走と能面ライダー般若の登場によりショーの段取りが完全に崩壊したため、フォローを放棄。喫煙しつつ(アニメでは清涼飲料)、「もう、どーでもいいわ」とやさぐれていた。
アニメ(1期12話A「戦わないイカ?」)では“第18回由比ヶ浜ビーチバレー大会”において司会のほか、試合の解説や進行も務めている。また、2期(9話B「予定じゃなイカ!?」・10話C「寒くなイカ!?」)では、報道番組などで現場からのリポーターを務めた。
「くらかま幼稚園」の先生でもある。白椙看護師の高校時代からの友人でかつてはヤンキー(不良)仲間だった。
能面ライダー(のうめんライダー)
声 - 野田順子
劇中作、能面ライダーのヒーロー。変身前の姿もスーツアクターも女性の設定だが、ヒロインでなくヒーローである。文化遺産という設定の女面(能面)を被り、緑色のツナギとプロテクターを纏っている。
イカ魔人
声 - 宮下栄治
能面ライダーの敵役。黒タイツ軍団を従えた悪の組織所属の怪人との設定。ヒーローショーで能面ライダーと戦ったが、スーツアクターがアクシデントの対処を相談している隙に、イカ魔人に感情移入したイカ娘に着ぐるみを奪われて舞台上で暴走されてしまう。
能面ライダー般若(のうめんライダーはんにゃ)
声 - 田中理恵
般若の面(鬼面)を被った、ヒーローショー(というより由比ヶ浜)限定のヒーローで正体不明。イカ娘を軽くあしらう実力を持つ。本人曰く、「略してHN」。髪は動きやすいように束ねている。
アニメ(「戦わないイカ?」12話A)では怪我をした栄子の代わりに栄子を名乗って参加、イカ娘に協力した。
ジョニー&デップ
声 - 小西風優[59](ジョニー)、 小林正宗(デップ)
「人形じゃなイカ?」に登場。アメリカンテイストな、バタ臭い造形をした男女ペアの西洋人形。ジョニーが女の子でデップが男の子。恋人同士という設定である。栄子が幼い頃に親にねだって買ってもらった物だがなぜかデップしかなく、栄子はジョニーを持っていたのは早苗だったと思い込んでいたが、時を経て意外な形で再会する。
それぞれ「おはよう」(ジョニー)「おやすみ」(デップ)と喋り、底部に回転台。内部に時計や赤外線センサー(らしき物)といったカラクリが仕込まれており、アンティークな外見に反して意外とハイテク。しかし、放置された時間を考えると電池の寿命はとうに尽きているはず(特にジョニー)で、最終的に安置された棚ではメモリーされていない台詞[60]まで喋っていた。
人形の名前は俳優のジョニー・デップより。人形自体に実在のモチーフ等は特になく、デップは普通の赤ちゃん人形を、ジョニーは複数の呪いの人形を、それぞれ参考に創られた本作のオリジナル[61]である。
校長
声 - 西村知道
栄子や早苗が通う倉鎌高校の校長。眼鏡とバーコード頭の中年男性。甲殻類アレルギーでエビが食べられず、「お主は何を楽しみに生きているのだ!」と、イカ娘を驚愕させた。アニメではビーチバレー大会で審判も務めている。
斉藤 愛子(さいとう あいこ)
声 - 牛田裕子
渚の姉。たけるの担任の教師。たけるを含め受け持ちのクラスの子どもたちを溺愛しており、子どもたちに人気のあるイカ娘に激しい敵愾心を抱いている。イカ娘からは侵略者らしく敵が出来た、として大いに喜ばれている。東大卒。虫が大の苦手。
初登場時(2巻)と再登場時(10巻)でデザインが変更されている[62]
イカ娘の呼び方は、「イカ女」。ただし、1度だけ「イカ少女ちゃん」と呼んでいる[63]
田中(たなか)
声 - 小松未可子
アニメ版のみ登場。女子野球の強豪校・大相模中学(東海大相模のパロディ、モデルは第92回全国高等学校野球選手権大会で準優勝投手となった一二三慎太投手(現・阪神タイガース)だと思われる)[64]の選手で、全国屈指の強打者(打順は6番)。サイドスローのエースピッチャーでもあり、背番号は「1」。右投左打。中学野球選手には珍しく、木製バットを使用している。釣り目の精悍な顔立ち。
清美率いる長谷中と対戦した。助っ人で試合に参加したイカ娘の技量に惚れ込み、自チームへ勧誘する。
リリーフに入ったイカ娘の本気の豪速球をジャストミートできるほどの才能の持ち主[65]
嵐山悟郎の母
声 - 愛河里花子
気さくだが口さがなく無遠慮な人柄。そのため、他人に余計なことを言わないかと悟郎をハラハラさせている。ダイエットに関しては一応ファイターエクササイズをしているが、大食いのため非常に恰幅がよい。
イカ娘のことを大変気に入っている。
白椙 留夏(しろすぎ るか)
声 - 牛田裕子
「れもん」と同じ海水浴場にある救護所に勤める看護師。治療の腕前は良いが強面で高圧的。
「救護所の存在が海で遊ぶ者たちの油断につながっている」と考えているため患者に対する態度も厳しくなりがちで、海水浴客から敬遠され気味である。
高校生のときはヤンキーで、上述のとおり後に司会者となった女性とつるんでいた。当時より古川蛍子から素行を注意されており、現在も苦手としている。
アニメ第2期では放映当時原作で名前が判明していなかったため、「女医」名義でクレジットされている。
古川 蛍子(ふるかわ けいこ)
声 - 福圓美里[66]
女性警察官。「れもん」近辺をよくパトロールしている。うかつな行動の多いドジっ娘
左目に泣きぼくろがあり、さらにスタイルも抜群で、水着になるとグラビアアイドルと勘違いされるほどである。
第275話で初登場、第279話で本名が明かされた。
「れもん」に不審人物がいるとの通報を受けて訪れて以降しばしば顔を出して張り込みし、墨を吐くイカ娘やスイカをゼリーにする3バカに嫌疑をかけるもいまだに誰が不審人物か特定できないでいる。
職務熱心で現行犯の刑事犯にも恐れず立ち向かうが、うっかりミス(間違えて自分の手に手錠をかける、水着姿になって警察手帳を忘れる等々)もしばしば。その都度イカ娘に助けられたためイカ娘を侵略者ではなく善良な協力者と見なしており、警察手帳を奪われても「冗談」と言われればすぐに納得してしまうほど信用している。なお3バカについてはスイカをゼリーに変えた件で追いかけまわしていたが、その後栄子に指摘されてもその話を完全に忘れ去っている(栄子は3バカが何かしたと考えているが真相は不明)。
高校時代は生徒会長を務めるまじめな生徒だった。当時同じ学校のヤンキーだった白椙にも素行不良をたびたび注意していた上、自身のドジから偶然白椙に頭突きをかましたという因縁浅からぬ間柄で、いまだに白椙から疎まれている(第289話では海岸をパトロール中に熱中症になってしまい、イカ娘に連れられて救護所に行くも白椙に受け入れ拒否されかける)。
白椙をライバル視していたため、ヤンキーをやめて正業に就いている白椙には喜びと共に落胆もしている。
イカ娘の呼び方は、「イカ娘さん」。
黒ミニイカ娘(くろミニイカむすめ)
声 - 金元寿子
アニメ第1期第5巻BD&DVD特典映像「ミニイカ娘 ショートストーリー その1」でミニイカ娘と共演[67]した黒いミニイカ娘。
ミニイカ娘に非常にそっくりだが、イカ帽子部と服装が黒くなっているところが普通の白いミニイカ娘との大きな違いである。栄子の部屋の窓(と推測される)からミニイカ娘のベッドに入り込んでおり、無理やりミニイカ娘に起こされてしまったことに腹を立て、意地悪をするも、窓から落ちて犬に襲われそうになったところをミニイカ娘に助けられたことで仲直りした。
アニメ2期OPにも登場している。

単行本[編集]

巻数 初版発行日(奥付) 発売日 ISBN 収録話
安部真弘 『侵略!イカ娘』 秋田書店少年チャンピオンコミックス
第1巻 2008年4月5日 2008年3月7日 ISBN 978-4253214018 プロローグ、第1 - 19話
第2巻 2008年8月20日 2008年8月8日 ISBN 978-4253214025 第20 - 38話、「ひと口サイズ!イカ娘」
第3巻 2009年1月20日 2009年1月8日 ISBN 978-4253214032 第39 - 57話、「侵略!イカ娘 in Winter」
第4巻 2009年5月20日 2009年5月8日 ISBN 978-4253214049 「侵略!イカ娘 in 5月」、第58 - 76話
第5巻 2009年10月20日 2009年10月8日 ISBN 978-4253214056 「侵略!イカ娘 in 10月」、第77 - 95話
第6巻 2010年4月20日 2010年4月8日 ISBN 978-4253214063 「侵略!イカ娘 in Spring」、第96 - 114話
第7巻 2010年10月20日 2010年10月8日 ISBN 978-4253214070 「侵略!イカ娘」@ハロウィン、第115 - 133話
第8巻 2010年12月20日 2010年12月8日 ISBN 978-4253214087 「侵略!イカ娘」in Xmas、第134 - 152話
第9巻 2011年4月20日 2011年4月8日 ISBN 978-4253214094 「侵略!イカ娘」in 4月、第153 - 171話
第10巻 2011年10月20日 2011年10月7日 ISBN 978-4253214100 第172 - 190話
第11巻 2012年1月20日 2012年1月6日 ISBN 978-4253214124 「侵略!イカ娘」in お正月、第191 - 209話
第12巻 2012年8月20日 2012年8月8日 ISBN 978-4253181792(オリジナルアニメDVD付限定版)
ISBN 978-4253214131(通常版)
「侵略!イカ娘」in Summer、第210 - 228話
第13巻 2013年1月20日 2013年1月8日 ISBN 978-4253935685 「侵略!イカ娘」@スキー場、第229 - 247話
第14巻 2013年6月20日 2013年6月7日 ISBN 978-4253181815(オリジナルアニメDVD付限定版)
ISBN 978-4253214155(通常版)
「侵略!イカ娘」in 6月、第248 - 266話
第15巻 2013年10月20日 2013年10月8日 ISBN 978-4253214162 「侵略!イカ娘」in 運動会、第267 - 285話
第16巻 2014年3月20日 2014年3月8日 ISBN 978-4253214179 「侵略!イカ娘」in March、第286 - 304話
第17巻 2014年9月20日 2014年9月8日 ISBN 978-4253214186 「侵略!イカ娘」@お月見、第305 - 323話


  • 8巻・10巻と12巻DVD付限定版にはアニメイト限定版が存在する。単行本本体や価格は通常販売のものと同じだが、イラストの異なるカバー[68]がもう1枚上からかけられている。
  • アニメイトやコミックとらのあなをはじめとする一部アニメショップでは初回特典として、作者描き下ろしのメッセージペーパー等が同梱される場合もある。

テレビアニメ[編集]

2010年10月よりテレビ東京系列(TXN)にて全12話を放送。テレビ東京での放送枠(月曜26時枠)が深夜アニメになるのは2年ぶりとなる。Webラジオ『金元寿子×イカ娘 イカすラジオ』第3回内にてアニメが1クールの放送であることが発言された。時折挿入されるナレーションは加瀬康之

またテレビ放送から1週間遅れでネット配信されており、 ニコニコ動画内に設けられている「テレビ東京あにてれちゃんねる」にて第1話は無料、第2話以降は配信から1週間のみ無料で、1週間を過ぎると有料での視聴となる。

2010年3月下旬にアニメイトが単行本第6巻の特典ペーパーの画像を掲載した際、ペーパーに書かれていた「アニメ化する」という趣旨の作者のコメントが消されなかったため公式の発表よりも前にアニメ化が判明。本来は4月8日発売の『週刊少年チャンピオン』誌上及び、同日発売の第6巻で公開する予定だった。

アニメは1話3パート制を採用したが、原作が1話あたり8ページと短いため類似・関連する2話を1パートにまとめて構成した例が多かった。

また第1期での原作の採用は第128話までであるため、偽イカ娘の本名(第138話で判明)などその後の設定が反映されていない[69]

2011年2月24日発売の『週刊少年チャンピオン』にてテレビアニメ第2期の制作が発表された[70]。『侵略!?イカ娘』のタイトルで、2011年9月から12月まで全12話が放送された[71]。制作会社は第1期に続きディオメディアである。[72]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 安部真弘(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載中)
  • 総監督 - 水島努(第2期)
  • 監督 - 水島努(第1期)、山本靖貴(第2期)
  • シリーズ構成 - 横手美智子
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 石川雅一
  • プロップデザイン - 井出直美
  • 色彩設計 - 坂本いづみ
  • 美術監督 - 舘藤健一
  • 撮影監督 - 濱雄紀、伊藤康行(OAD2-3)
  • 編集 - 西山茂、岡祐司(OAD2-3)
  • 音響監督 - 若林和弘原口昇(第2期)
  • 音楽 - 菊谷知樹
  • プロデューサー - 石黒達也、小池克実、蔵本健太郎、田中利明(第2期)
  • アニメーション制作 - ディオメディア
  • 製作 - 海の家れもん(第1期)、海の家れもん2号店(第2期)、海の家れもん2.5号店(OAD1)、海の家れもん2.6号店(OAD2)、海の家れもん2.7号店(OAD3)

主題歌[編集]

第1期
オープニングテーマ「侵略ノススメ☆
作詞 - 月宮うさぎ / 作曲・編曲 - 小池雅也 / 歌 - ULTRA-PRISM with イカ娘(金元寿子
  • OPアニメは途中から一部が修正されている(後述)。
  • 第1期では第10話にてインストゥルメンタル版が、第2期では第2話にて歌唱版が、第7話にてインストゥルメンタルとの併用版が挿入歌として使用されている。
  • OAD第3弾ではアウトロ部分が使用されている。
エンディングテーマ「メタメリズム
作詞・作曲 - アツミサオリ / 編曲 - marble / ストリングスアレンジ - 菊谷知樹 / 歌 - 伊藤かな恵
  • EDアニメは本編の内容にちなんだアレンジがされており、12話全てで異なっている。
挿入歌「能面ライダーのテーマ」(第6話)
作詞 - 水島努 / 作曲・編曲 - 菊谷知樹 / 歌 - 樫原伸彦
第2期
オープニングテーマ「HIGH POWERED
作詞 - 畑亜貴 / 作曲・編曲 - 山元祐介 / 歌 - スフィア
  • OPアニメは第6話 - 第8話と第10話で一部のカットがそれぞれ異なるアレンジをされたものに変更されている[73]
エンディングテーマ「君を知ること
作詞・作曲 - アツミサオリ / 編曲 - 菊谷知樹 / 歌 - イカ娘(金元寿子)
  • 第1期と同様、EDアニメには本編の内容にちなんだ各話で異なるアレンジがされている。
挿入歌「レディオ体操の歌」(第3話)
作詞 - 水島努 / 作曲 - 菊谷知樹 / 歌 - Hikaru, Sen, Melo-J (Lumiere)
  • OAD第2弾にてインストゥルメンタル版が使用されている。
挿入歌「レディオ体操第1」(第3話)
作詞 - 水島努 / 作曲 - 菊谷知樹 / 歌 - 櫻庭裕士
  • インストゥルメンタル版と併用して使用されている。
挿入歌「レディオ体操第2」(第3話)
作詞 - 水島努 / 作曲 - 菊谷知樹 / 歌 - 櫻庭裕士
OAD
オープニングテーマ「Let's☆侵略タイム!
作詞 - 月宮うさぎ / 作曲・編曲 - 小池雅也 / 歌 - ULTRA-PRISM
エンディングテーマ「パズル」(OAD1-2)
作詞・作曲 - アツミサオリ / 編曲 - 菊谷知樹 / 歌 - 伊藤かな恵
エンディングテーマ「マイザーズドリーム」(OAD3)
作詞・作曲 - アツミサオリ / 編曲 - 菊谷知樹 / 歌 - 伊藤かな恵
OAD第3弾エンディングテーマ

各話リスト[編集]

海の中から出てくるサブタイトルは3DCGで描かれ、背景は昼間の晴天が基本だが、エピソードに合わせて雨天バージョンや夜間バージョンも時々使われる。最終エピソード「もっとピンチじゃなイカ?」のみ、この手法は使われなかった。

第2期ではサブタイトルが海に落ちる演出がなされており、最後の部分が「なイカ!?」という形式になっている。

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
第1期『侵略!イカ娘』
第1話 侵略しなイカ? 横手美智子 水島努 石川雅一
同胞じゃなイカ?
最強じゃなイカ?
第2話 仲間じゃなイカ? 山本靖貴 高原修司
祝わなイカ? 星野浩一
遊ばなイカ? 高原修司
第3話 怖くなイカ? 水島努 大脊戸聡 本多美乃
天敵じゃなイカ? 國澤真理子
新入りじゃなイカ? 水島努
第4話 買わなイカ? 横手美智子 筑紫大介 橋本和紀
乗りこまなイカ? 西村理恵
ニセモノじゃなイカ? 橋本和紀
第5話 宇宙人じゃなイカ? 津田尚克 小菅和久
学校に行かなイカ? 畑博之 るたろー
飼わなイカ? 水島努 井出直美
第6話 ヒーローショーじゃなイカ? 水島努 東出太
勉強しなイカ? 國澤真理子 きみやしげる 西村理恵
恋じゃなイカ? 高原修司
第7話 狙われなイカ? ヤマトナオミチ 阿部智之
研究しなイカ?
働かなイカ?
第8話 病気じゃなイカ? 横手美智子 山本里織 山本靖貴 本多美乃
新能力じゃなイカ? 山本靖貴 高原修司
ささなイカ? 本多美乃
第9話 ピンポンダッシュしなイカ? 國澤真理子 大脊戸聡 松本麻友子、小菅和久
メイクしなイカ? 西村理恵
秘密兵器じゃなイカ? 小菅和久
第10話 てるてる坊主じゃなイカ? 横手美智子 津田尚克 阿蒜晃士
好かれなイカ? 水島努 津田尚克 星野浩一
野球しなイカ? 満仲勧 佐藤寿子
第11話 人形じゃなイカ? 横手美智子 浅野勝也 平牧大輔
疑惑じゃなイカ? 國澤真理子 櫻井親良
登山しなイカ? 浅野勝也
第12話 戦わなイカ? 水島努 本多美乃
ピンチじゃなイカ? 横手美智子 松本麻友子
もっとピンチじゃなイカ? 石川雅一
第2期『侵略!?イカ娘』
第1話 侵略しなイカ!? 横手美智子 山本靖貴 石川雅一
恋敵じゃなイカ!? 松本麻友子
クラゲじゃなイカ!? 井出直美
第2話 小学校に行かなイカ!? 満仲勧 菅井翔、古宇田英之、服部憲知
コスプレじゃなイカ!? 國澤真理子 牧野吉高 半澤淳、関口雅浩
軽くなイカ!? 奥野浩行、半澤淳
第3話 散歩しなイカ!? 山本靖貴 山本里織 藤原佳幸 大田謙治
体操しなイカ!? 水島努[74]
助けなイカ!? 國澤真理子 きみやしげる
第4話 Englishじゃなイカ!? 津田尚克 石川雅一、小菅和久
止めなイカ!? 横手美智子 浅野勝也
流れなイカ!? きみやしげる 本多美乃
第5話 ラジコンじゃなイカ!? 國澤真理子 大脊戸聡 田畑壽之
七夕じゃなイカ!? 横手美智子 るたろー
ひとり遊びしなイカ!? 山本靖貴 井出直美、本多美乃
第6話 ジョギングしなイカ!? 國澤真理子 畑博之 小野田将人
SPじゃなイカ!? 浅野勝也
冒険しなイカ!? 横手美智子 山本靖貴 松本麻友子
第7話 もてなさなイカ!? 宮崎なぎさ 北條史也 内田孝
記憶喪失じゃなイカ!? 北野幸広
入部しなイカ!? 竹上貴雄
第8話 留守番しなイカ!? 國澤真理子 牧野吉高 藤田正幸
断たなイカ!? 飯野誠、佐々木貴宏
熱中症じゃなイカ!? 古川英樹
第9話 おままごとしなイカ!? 櫻井親良 鈴木大
予定じゃなイカ!? 岸友洋
遊園地に行かなイカ!? 横手美智子 きみやしげる 平牧大輔 井出直美
第10話 焼かなイカ!? 畑博之 横田拓己
護らなイカ!? 畑博之 平牧大輔 津島桂
寒くなイカ!? 山本靖貴 畑博之 石川真理子
第11話 催眠術じゃなイカ!? 満仲勧 松本麻友子
組まなイカ!? 浅野勝也
ふたりきりじゃなイカ!? 國澤真理子 藤原佳幸 井出直美
第12話 訓練しなイカ!? 横手美智子 山本靖貴 松本麻友子
祭りじゃなイカ!? 井出直美
やっぱり祭りじゃなイカ!? 石川雅一、小菅和久、本多美乃
OAD『侵略!!イカ娘』
OAD
第1弾
壊さなイカ? 横手美智子 山本靖貴 井出直美
普通じゃなイカ? 水島努 本多美乃
隠れなイカ? 池端隆史 松本麻友子
OAD
第2弾
ビニールプールじゃなイカ? 水島努 野田康行
母ちゃんじゃなイカ? 山本靖貴
メッセージボトルじゃなイカ? 草川啓造
OAD
第3弾
助っ人じゃなイカ? 三沢伸
バレなイカ? 森脇真琴
警察官じゃなイカ? 稲垣隆行

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 系列 備考
第1期
関東広域圏 テレビ東京 2010年10月4日 - 12月20日 月曜 26:00 - 26:30 テレビ東京系列  
愛知県 テレビ愛知 2010年10月7日 - 12月23日 木曜 26:58 - 27:28
大阪府 テレビ大阪 2010年10月9日 - 12月25日 土曜 26:55 - 27:25
日本全域 ニコニコチャンネル 2010年10月12日 - 12月27日 月曜 12:00 更新 ネット配信 第1話のみ無料、以降は有料(最新話のみ配信から一週間無料)
AT-X 2010年11月11日 - 2011年1月27日 木曜 11:30 - 12:00 CSチャンネル リピート放送あり
滋賀県 びわ湖放送 2011年1月11日 - 3月29日 火曜 26:50 - 27:20 独立UHF局
日本全域 BSジャパン 2011年8月26日 - 9月30日 金曜 23:00 - 24:00 BSデジタル放送 2話連続放送
Aパート冒頭に注意テロップあり
キッズステーション 2012年5月5日5月12日5月19日 日曜 26:00 - 28:30 CSチャンネル 5話連続集中放送
ディズニー・チャンネル 2014年8月11日 - 8月26日 平日 23:00 - 23:30 CSチャンネル
第2期
関東広域圏 テレビ東京 2011年9月26日 - 12月26日 月曜 26:00 - 26:30 テレビ東京系列  
愛知県 テレビ愛知 2011年10月13日 - 12月29日 木曜 27:00 - 27:30
大阪府 テレビ大阪 2011年10月15日 - 12月24日 土曜 26:55 - 27:25 最終2話は連続放送
日本全域 ニコニコチャンネル 2011年10月4日 - 2012年1月3日 月曜 24:30 更新 ネット配信 第1話のみ無料、以降は有料(最新話のみ配信から1週間無料)
AT-X 2011年10月15日 - 12月31日 土曜 9:00 - 9:30 CSチャンネル リピート放送あり
ディズニー・チャンネル 2014年8月27日 - 9月12日 平日 23:00 - 23:30 CSチャンネル
侵略!!イカ娘 2012 SUMMER
日本全域 AT-X 2013年2月24日 日曜 22:30 - 23:00 CSチャンネル リピート放送あり
侵略!!イカ娘 2013 SUMMER
日本全域 AT-X 2014年6月22日 日曜 22:30 - 23:00 CSチャンネル リピート放送あり
  • テレビ東京では2011年10月24日11月7日の放送を休止(何れの週も放送機器メンテナンスにより26:00に放送を終了)。系列局のテレビ愛知・テレビ大阪とAT-Xでは該当週も休止せず放送したため、テレビ東京からの2週遅れを解消し追い付く形になっている。
  • ニコニコチャンネルは1期と2期で配信チャンネルが異なっている(1期がテレビ東京あにてれちゃんねる、2期が侵略!?イカ娘(第2期))。また、テレビ東京の放送休止に該当する週を休止しているため常に1週遅れとなっている。
テレビ東京 月曜26:00枠
前番組 番組名 次番組
侵略!イカ娘
(2010.10.4 - 12.20)
一狩りいこうぜ!
(2011.1.31 - 3.28)
【バラエティ枠】
テレビ東京 月曜26:00枠
ゆるゆり
(2011.7.4 - 9.19)
侵略!?イカ娘
(2011.9.26 - 12.26)
男子高校生の日常
(2012.1.9 - 3.26)

映像特典[編集]

  • DVD/Blu-ray第5巻・第6巻収録の、ミニイカ娘が主人公のミニエピソード。第5巻では黒ミニイカ娘が初登場する。
  • この映像特典は第5話Cパート「飼わなイカ?」とともに、「ミニイカ娘3部作」と題して公式ファンブックにフィルムコミックが掲載された。
巻数 話数 サブタイトル 作画監督 総作画監督 脚本・絵コンテ・演出
第5巻 第1話 ミニイカ娘 ショートストーリー その1 松本麻友子 石川雅一 水島努
第6巻 第2話 ミニイカ娘 ショートストーリー その2 井出直美
石川雅一
満仲勧

OAD[編集]

侵略!!イカ娘』はDVD付限定版に収録されたOAD。第1弾は2012年8月8日発売のコミックス第12巻に収録。原作はそれぞれ第7巻、第12巻、第11巻に収録。第2弾は2013年6月7日発売第14巻に収録。第3弾は2014年9月8日発売の第17巻に収録が決定している。なお第3弾ではこれまでのDVDではなくBlu-rayでの収録となっている。

関連商品[編集]

Blu-ray Disc / DVD[編集]

第1期
2010年12月24日から2011年5月18日まで発売。 ジャケットイラストはキャラクターデザインを手掛けた石川雅一の描き下ろし。BD、DVD共通特典として侵略リーフレットが同梱された。
映像特典として収録話のエンディングアニメーション、音声特典としてキャラクターコメンタリー『イカ娘の独りよがりな独り語り』が収録された。 BD限定の音声特典としてインターネットラジオ『イカすラジオ』が収録された。

発売日 収録話 収録ラジオ BD初回限定生産特典 規格品番
BD DVD
1 2010年12月24日 第1話 - 第2話 第4回 1/1スケール触手切り落とし&缶バッジ PCXG-50051 PCBG-51751
2 2011年1月26日 第3話 - 第4話 第5回 イカ娘蛇足泳ぎ観察カード
偽イカ娘缶バッジ×2個
PCXG-50052 PCBG-51752
3 2011年3月2日 第5話 - 第6話 第6回 1/1スケールミニイカ娘フィギュア
BD全巻収納BOX
PCXG-50053 PCBG-51753
4 2011年3月16日 第7話 - 第8話 第7回 侵略イベント参加応募券 その1
イカ娘涙ぽろりんコレクション
早苗缶バッジ&渚缶バッジ
PCXG-50054 PCBG-51754
5 2011年4月20日 第9話 - 第10話 第8回 侵略イベント参加応募券 その2
栄子缶バッジ&千鶴缶バッジ&ミニイカ娘缶バッジ
PCXG-50055 PCBG-51755
6 2011年5月18日 第11話 - 第12話 第9回 ジャケットイラスト・クリスタルプリント
侵略イベント参加応募ハガキ
PCXG-50056 PCBG-51756
第2期
2011年12月21日から2012年5月16日まで発売。ジャケットイラストはキャラクターデザインを手掛けた石川雅一の描き下ろし。BD、DVD共通特典としてオールカラーリーフレットが同梱された。
映像特典としてノンテロップオープニング・エンディングアニメーション、音声特典としてキャラクターコメンタリーを収録。

発売日 収録話 BD初回限定生産特典 規格品番
BD DVD
1 2011年12月21日 第1話 - 第2話 侵略者ステッカー3枚
クリアシートコレクション4枚
PCXG-50101 PCBG-51761
2 2012年1月18日 第3話 - 第4話 1/1スケール黒ミニイカ娘&ブラックタイガー号 PCXG-50102 PCBG-51762
3 2012年2月15日 第5話 - 第6話 BD全巻収納BOX
1/1スケール朝顔ドレスを着たミニイカ娘
PCXG-50103 PCBG-51763
4 2012年3月21日 第7話 - 第8話 シリアル番号入りイカ娘公認「侵略応援カード」
クリアシートコレクション3枚
PCXG-50104 PCBG-51764
5 2012年4月18日 第9話 - 第10話 シリアル番号入り長月早苗公認「イカちゃん応援カード」
クリアシートコレクション3枚
PCXG-50105 PCBG-51765
6 2012年5月16日 第11話 - 第12話 夏祭り思い出カード7枚
侵略者ステッカー3枚
PCXG-50106 PCBG-51766

CD[編集]

発売日 タイトル 規格品番 備考
2010年12月15日 これが海への愛じゃなイカ! LHCM-1085 キャラクターソング
2010年12月22日 侵略!イカ娘 オリジナルサウンドトラック LHCA-5122 サウンドトラック
2011年1月26日 ドラマCDじゃなイカ? LHCA-5123 ドラマCD
2011年4月20日 いイカ☆いイカは☆イイでゲソ! LHCM-1090 キャラクターソング
2011年6月8日 ドラマCD2じゃなイカ? LHCA-5128 ドラマCD
2011年7月6日 イ・カ・ア・イ・ス 食 べ な イ カ? LHCA-31093(初回限定盤)
LHCM-1093(通常盤)
キャラクターソング
2011年9月7日 金元寿子×イカ娘 侵略ラジオ 聞かなイカ? ラジオCD ラジオCD
2011年11月16日 君を知ること LHCA-31093(初回限定盤)
LHCM-1093(通常盤)
キャラクターソング
2011年12月7日 IKA LOVE LASA-5098 イメージソングアルバム
2011年12月21日 A,B,C,Dynamitegirl! LASM-4129 キャラクターソング
2012年3月14日 ドラマCD3じゃなイカ? LASA-5113 ドラマCD
2012年4月18日 金元寿子×イカ娘 侵略ラジオ 聞かなイカ? ラジオCD2じゃなイカ? ラジオCD

その他のグッズ[編集]

富士フイルムがアニメ版のワンカットを光沢のある印画紙に印刷したものを「生写真」と題して2010年10月12日から販売している[75]。これは早苗がイカ娘を隠し撮りした写真という設定で郵送販売されたもので、毎週十数点分の画像が従来の商品よりも比較的安価で販売され、芸能人を扱った同種のサービスと同等の売り上げを記録した[76]

株式会社ディオメディアがオリジナルノートPCを2012年8月末までの期間限定で販売していた[77][78]。株式会社ユニットコムも「侵略!!イカ娘 ビジュアライズノートパソコン」を2012年12月31日締め切りの受注生産で販売した[79]

Webラジオ[編集]

金元寿子×イカ娘 イカすラジオ(1期)[編集]

番組概要
  • タイトル - 「金元寿子×イカ娘 イカすラジオ」
  • パーソナリティ - 金元寿子
  • 配信サイト - 公式サイト内
  • 配信期間 - 2010年9月28日 - 2011年1月11日(毎週火曜更新)
コーナー
  • 「私、○○に侵略されています」
  • 「私、○○を侵略しています」
  • 商品化しなイカ?
  • 明日への活力・ゲソのムチ
  • 明日への希望・ゲソウィスパー
  • お主が参謀
ゲスト

金元寿子×イカ娘 侵略ラジオ 聞かなイカ?(2期)[編集]

番組概要
ゲスト
  • #14(2011年8月20日)[81] 片岡あづさ(斉藤渚 役)、大谷美貴(相沢たける 役)
  • #20(2011年10月1日)大谷美貴
  • #26(2011年11月12日)[82]大谷美貴、片岡あづさ、菊池こころ(紗倉清美 役)
  • #27(2011年11月19日)田中理恵
  • #32(2011年12月24日)藤村歩(相沢栄子 役)
  • #33(2011年12月31日)大谷美貴、菊池こころ
  • #38(2012年3月3日) 伊藤かな恵(長月早苗 役)
  • #40(2012年3月31日)大谷美貴、片岡あづさ

ラジオCD[編集]

  • 侵略ラジオ 聞かなイカ? ラジオCDじゃなイカ? - 第12回までの音声と新規収録 
  • 侵略ラジオ 聞かなイカ? ラジオCD2じゃなイカ? - 第22回までの音声と新規収録

アプリ配信[編集]

列記しておらず扱っていないが、各社にて、携帯きせかえツールなども配信されている。

侵略!イカ娘 侵略時計でゲソ
2010年12月21日、ポニーキャニオン、目覚ましアプリ。
イカ娘を釣らなイカ
2011年6月19日、ムービック。ミニゲームアプリ。
イカ娘!? ARアプリケーション
2012年1月26日、バンプレスト。ARで表示、撮影できるフォト機能のアプリ。
嫁コレ
2012年4月3日、ビッグローブ。ボイスカードコレクション「嫁コレ」。
イカ娘電卓
2012年4月13日、ゲームゲート。「イカ娘」の声で数字を読み上げる電卓アプリ。
イカ娘タイピング
2013年12月10日、ゲームゲート。録り下ろしのオリジナルボイスを収録したタイピングゲームアプリ。

ソーシャルゲーム[編集]

『飼わなイカ? ミニイカ娘』
2011年8月24日からGREEから配信。プレイヤーは、ミニイカ娘の飼い主となって、エビをあげたり、塩水で遊んであげたり、着替えをさせたりして飼育していく、ソーシャル育成ゲーム。
2011年12月8日よりMobageからも配信が開始されている。いずれもフィーチャフォン版。
2012年7月末をもって、GREE版、Mobage版共にサービス終了。
『侵略!イカ娘☆コレクション』
2011年10月6日からGREEから配信。プレイヤーは、イカ娘の部下となって、アニメのストーリーに沿って展開するエピソードを攻略してお宝アイテムを収集していく。
2013年10月18日をもって、サービス終了。

コラボレーション[編集]

共演
痛車
  • 2011年のSUPER GTに於いてGT300クラスより参戦しているLMPモータースポーツのフェラーリ・F430にイカ娘のカラーリングが施され、[85][86]第6戦富士までは山岸大山内英輝組が、第7戦と最終戦は山内に代わり、第6戦までエヴァ弐号機ポルシェに乗っていたカルロ・ヴァン・ダムがドライブしている。チーム監督に水島努が就任。サーキット・パドックのホスピタリティテントは、作中の「海の家れもん」が再現されているなど、徹底的にイカ娘の世界観をサーキットで演出している。また、初音ミクBMW(グッドスマイルレーシング)同様個人スポンサー制度を展開している。2011シーズンでは事実上開幕戦の第2戦富士でいきなり予選スーパーラップ進出。[87]第3戦マレーシア・セパンで3位表彰台[88]、第6戦富士での、HANKOOK PORSCHE・JLOCガヤルド・イカ娘F430の夢の直線3ワイド対決など、2011年年間王者の初音ミクBMW Z4に並ぶ活躍をしている。[89]2012年も継続してSUPER GTシリーズへ参戦する。
トレカ
  • 2010年12月19日に開催されたプレシャスメモリーズフェスタ内にてカードゲーム化が発表され、2011年5月27日に発売された。なお、カードゲーム化に先立って、キャラクタースリーブが発売されている。TCG『プレシャスメモリーズ』イカ娘ではスターターデッキ・ブースターパックが発売されており、プロモーションカード付コンプリートガイドが発行されている。
フード
  • 2010年11月9日 - 12月8日に関東近郊のカラオケチェーン「パセラ」にて侵略!イカ娘×パセラボがコラボした。2期にあわせて2011年11月16日より再度開催している。期間中は部屋がイカ娘仕様に飾られた他、パセラオリジナルのフードメニューが注文できた[90]。注文者には特典も配布している。
  • 駄菓子「よっちゃんイカ」とのコラボレーションで、「カットよっちゃん×侵略!イカ娘」が関東・東海・近畿地区のミニストップ限定で発売された[91]。ミニストップとは2011年にコラボキャンペーンも行っており、同社のPB商品である「おやつラボ」を中心とした展開をしている。
  • 2011年10月7日 - 11月13日にナムコ・ナンジャタウンにて、「ナムコ×侵略!?イカ娘キャンペーン!」が開催された。アニメの原画展が行われた他、ゲームコーナーでイカ娘関連グッズが多数配され、施設内各所の飲食店でイカ娘にちなんだ期間限定メニューが販売された。
ゲーム
  • 携帯サイト『アニメTVモバイル』のマイページの利用者アバターにイカ娘が登場している。
  • MMORPG『トリックスター』においてコラボレートイベントが行われ、イカ娘のペットやアイテムなどが登場した。
  • MMORPG『ドラゴナ』においてコラボレートイベントが行われ、イカ娘のペットや「海の家れもん」などが登場した。
  • ソーシャルゲーム『狩りとも』においてコラボレートイベントが行われ、侵略!?イカ娘ガチャなどが登場した。
  • オンラインゴルフゲーム『スカッとゴルフ パンヤ』にイカ娘をモチーフにしたコスチュームや、ゴルフクラブなどが登場。
コンビニエンスストア
  • 2011年7月にはセーブオンの東日本の一部店舗にて、オリジナルくじで「イカ娘」グッズプレゼントを実施。
  • ミニストップの国内のミニストップ店舗にて2011年10月までの時点で3度の侵略キャンペーンを実施。

脚注[編集]

  1. ^ 檸檬のなる部屋 集中連載安部真弘2007年6月19日配信。
  2. ^ 檸檬のなる部屋 ど、どうしよう・・・、安部真弘、2007年8月1日配信。
  3. ^ ネット流行語大賞2010決定 1位は「そんな装備で大丈夫か?」、MSN産経ニュース、2010年12月2日配信。
  4. ^ 檸檬のなる部屋 生存報告、安部真弘、2007年10月9日配信。
  5. ^ 月刊ニュータイプ2010年11月号。ちなみに友人2人が描いたのは「サザエ娘」と「カニ娘」だったという。
  6. ^ 単行本第1巻の作者あとがきより。
  7. ^ 朝日新聞2011年11月19日夕刊より。また、侵略がうまくいかないのは「最初からかわいく無邪気なキャラだったので、うまくいかないほうが“らしい”」との考えから。
  8. ^ 漫画脳: デジタルハリウッド大学公開講座 週刊少年チャンピオンの沢編集長の講座を聞きに行ってきました!、2012年10月5日配信より。
  9. ^ チャンピオンでは、ほぼ全ての漫画に扉絵が入っていない。このため、センターカラーの時のみ収録されるパターンが圧倒的に多い。しかしイカ娘の場合は、単行本に収録される時でも扉絵は入らない。
  10. ^ この欄に書かれているもの以外にも、第12巻に「侵略!イカ娘 in summer」が収録されているが、このストーリーは季節が夏という設定のため、ここには入れないこととする。なお1巻には「プロローグ」とオマケ漫画が、2巻には「ひとくちサイズ!イカ娘」が収録されている(10巻には未収録)。
  11. ^ 「宇宙人じゃなイカ?」と「もっとピンチじゃなイカ?」などは看板。「戦わなイカ?」では横断幕にそれぞれ表記がある。
  12. ^ a b c d e いずれのシーンもアニメのオープニングに採用されている。
  13. ^ プロトタイプでは135cmという設定だったが、現在は「同年代に比べやや低め」というイメージはあるが明確に設定されておらず読者の想像に任せる形となっている。角川書店発行の書籍では135cmと明記されているが、公式ファンブックでは記載されていない。
  14. ^ 単行本第4巻あとがきに書かれた作者コメントより(作者はイカ娘の実年齢については「秘密です」と書いている)。また、そのためか作者は「胸の塩梅が難しい。(中略)絶対に巨乳に見えてはいけない」というこだわりを持ち、胸の作画では苦心したそうである(檸檬のなる部屋 久しぶりに 2007年10月26日配信)。
  15. ^ 雑誌掲載時は「よくわからない深海のテクノロジー恐るべし」とのコメントもあった。
  16. ^ 原作でも本来は回転させることで体重を変化させる設定だったが、止め絵だと回転がわかりづらいために上下移動に変更したとTwitterでの作者本人の発言(2011年10月4日ツイート)で語られている。
  17. ^ アニメでは0.5gから20tまで調節できる。
  18. ^ アニメでは、スピードは超音速。パワーは缶飲料を潰して海上の小島を破壊。リーチは1km以上は届くと思われる描写がなされている。
  19. ^ たけるにサカマタの浮き輪を投げつけられた時に、外敵襲来を感じて瞬時に触手を再生させて対応した(第23話)。
  20. ^ 白黒の漫画だと血の色がイカ墨と同じベタでの表現となってしまうため初めて噴いたときにも栄子から吐血と勘違いされた。
  21. ^ アニメでは40,000ルクス相当とされる。
  22. ^ アニメでは「イカむすめ」とカタカナ交じりのサインをしている(1期12話A)が、原作ではひらがなで「いかむすめ」とサインしている(第48話)。
  23. ^ アニメ12話Cでは一時期、ゲソ口調から「〜だわ」を語尾に使う、本人曰く「イカ娘マークII」仕様の口調へと変えていた。原作では1回だけ、「~でエビ」と話している
  24. ^ 実際はイカ娘が乗っていたサーフボードの下にいたサメのせいでパニックになっていたのだが、イカ娘はサメの存在自体に気付かなかった(第117話)。
  25. ^ 七夕の際千鶴が短冊に、「イカ娘ちゃんがずっと海の家「れもん」で働いてくれますように」という願い事を書いている(第144話)。
  26. ^ 店名の他に右から「焼きそば」「ラーメン」「カレーライス」「ビール」「たこ焼き」「パスタ」と、メニューが縦書きで記されている。
  27. ^ アニメ第2期第2話より。
  28. ^ ただしアニメの次回予告(2話ED)では「17歳、高校2年」と言っている。
  29. ^ ただし、原作では何度か厨房もやっている時があるため、はっきりしない。
  30. ^ この設定が明かされる前の原作第2話では一コマだけ眼を開いているシーンがある。
  31. ^ 原作第5話では包丁
  32. ^ その瞬間を3バカが秒間百万コマのカメラで撮影したが映っていなかった。実際に行うと、物凄い空気抵抗で「海の家」が全焼したり、至るところに被害が及ぶと推定されるが、劇中でそのようなことは起こらなかった
  33. ^ ただし、このように呼んだことがあるのは、コミックス第13巻時点で1度だけである。
  34. ^ もっとも、ケイドロで仲間外れにされたときは、さすがにたそがれていた(第111話)
  35. ^ その直前、イカ娘はエビの絵が描かれた皿を触手で真っ二つにするほど錯乱しており、近づくのが危険な状態だった。
  36. ^ 至福の表情で忘我の状態にあった早苗を見ての栄子のコメント。
  37. ^ もっとも、その時、「生まれたままの姿のイカちゃんはもっと素敵だと思ってるの」という、さらに危険な台詞を言っている。
  38. ^ 砂浜にビーチサンダル履きという悪条件にもかかわらず12秒88を叩きだした。尚、2010年時点での女子100mの世界記録は10秒49
  39. ^ アニメでの表記。原作でも“紗倉”と表記されているが、作者の直筆では、“沙倉”とも表記される。
  40. ^ 原作のおまけのコマでは「もっと胸」まで書いた上に線を引いて消してから県大会の願いを書いており、アニメでは裏に最後まで書いていたようだがイカ娘と栄子に見つかりそうになって必死で塗りつぶした。
  41. ^ 原作単行本第7巻のP.112より。「作者の別のバドミントン漫画」とは、「第66回週刊少年チャンピオン新人漫画大賞」で奨励賞を受賞した「羽根憑き」と思われる。
  42. ^ ただし両者で概念は全く異なり、悟郎は「の危険から人間を守る」、イカ娘は「海を人類(の海洋汚染)から守る」で正反対。この考え方の違いでの争いが後にイカ娘と悟郎を不仲にしてしまうきっかけになる。
  43. ^ 実際には、悟郎に恥をかかせようとして、子供の救助に向かっていた悟郎の足をイカ娘が触手で引っ張って溺れさせようとしたが、「あの子を助けるんだ!」という悟郎の気迫に押されて代わりに助けた。
  44. ^ ただしアニメでは“水泳帽”だけになっている(これは、人種差別に該当する危険に配慮したものと推測される)。
  45. ^ アニメ公式サイトでの表記は「シンディ」と「シンディー」が混在する。
  46. ^ アニメ12話Cでは、真冬でもビキニスタイルのままだった。
  47. ^ チャンピオン誌上や公式ファンブックなどのキャラクター紹介では「南風のおっさん」と表記されている。
  48. ^ メイド姿にメリケンサックというコスプレをさせる、護身術を教えるなど。
  49. ^ 登場から長らく名前が付けられておらず、名乗ったのは原作第138話が初めてであり、アニメ第1期のエンドクレジットの表記では最後まで“偽イカ娘”のままだった。
  50. ^ 作者いわく「精一杯の巨乳キャラです。描くのが難しいです」(単行本第6巻P.112)
  51. ^ 作中では特定業界の用語である“つめしぼ”と呼んでいる。
  52. ^ 侵略!?イカ娘第二巻オーディオコメンタリーの発言より
  53. ^ アニメでは自己紹介せずに終わり、EDで名が流れるのみ。頭文字が「た・こ」になることや、梢という漢字が蛸(たこ)を連想させる。
  54. ^ アニメにおける女子野球部員も、イカ娘と親しくなったことが最終回のEDで描かれている。
  55. ^ アニメでは、サメのキーホルダーが自分の目の前に置かれたため、イカ墨を吐くという描写がある。
  56. ^ 第5巻、第6巻に収録されている「ミニイカ娘 ショートストーリー その1」と「その2」。
  57. ^ ネズミーランドの営業時間は一部店舗を除き、夜22時まで。
  58. ^ アニメサイドでも、モデルと思われる遊園地の話題が取り上げられ[1]、アニメでは一部ロゴが酷似しており、入場料も800円と同じ。
  59. ^ アニメ11話のエンドロールでは「小西 風」と誤記されている。
  60. ^ 「愛してるよ」(デップ)を受けて、「愛してるわ」(ジョニー)と答えた。なお、アニメ版ではこの順番が逆になっている。
  61. ^ Twitterでの質問に対する作者本人の回答(2010年12月26日14時38分ツイート)による。
  62. ^ 原作10巻の作者あとがきでもそのことについて触れられている。
  63. ^ コミックス第13巻時点。
  64. ^ 原作では、アニメ第1期放映終了後の第179話で登場する。
  65. ^ ただし木製バットだったため粉砕し、結果は三振。
  66. ^ 週刊少年チャンピオン 2014年28号で、OAD第3弾への登場と、担当声優が発表された。
  67. ^ 2011年3月7日「海の家れもん」業務日誌より。
  68. ^ 10巻・12巻のイラストはイカ娘がアニメ店長のサンバイザーとエプロンを着用したものになっている。
  69. ^ 第2期ではこのエピソードがアニメ化されており、クレジットでも「常田鮎美」と表記されている。
  70. ^ 「イカ娘」アニメ第2期制作!よっちゃんイカとのコラボも
  71. ^ 「侵略!?イカ娘」(第2期)公式ファンサイトより(2011年8月25日閲覧)。
  72. ^ diomedea:会社沿革
  73. ^ 第6話・第10話での変更点は本編の内容を反映したものになっている。
  74. ^ 作中のレディオ体操振り付けも担当。
  75. ^ 「侵略!?イカ娘」イカ娘生写真直売所 2号店
  76. ^ “侵略!イカ娘:アニメ“生写真”サービスが人気 高品質印画紙でアイドル顔負け?”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2010年1月3日). http://mantan-web.jp/2011/01/03/20101231dog00m200035000c.html 2010年1月3日閲覧。 [リンク切れ]
  77. ^ コミケ82特設サイト”. ディオメディア (2013年1月18日). 2014年2月25日閲覧。
  78. ^ “ディオメディア、「侵略!!イカ娘」デザイン天板仕様のノートPC発売 - ITmedia PC USER”. ITmedia. (2012年7月9日). http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1207/09/news093.html 2014年2月25日閲覧。 
  79. ^ ASCII.jp:なかなかカワイイじゃなイカ!? 「侵略!!イカ娘」のノートPCが誕生”. ASCII.jp (2012年11月22日). 2014年2月25日閲覧。
  80. ^ 超!A&G+”. 2011年3月31日閲覧。
  81. ^ 2011年8月14日に行われた公開録音の模様が配信された(『金元寿子×イカ娘 侵略ラジオ!?聞かなイカ?』公開録音オフィシャルレポート)。
  82. ^ 2011年11月5日に早稲田大学で行われた公開録音の模様が配信された。[2]
  83. ^ 正確にはニコニコ動画に投稿された『禁書』のオープニング映像にイカ娘をコラージュした動画が元であり、主人公曰く「なんとか動画で勝手にオープニングに侵略してきたイカ的な」。
  84. ^ コラボといっても、登場人物がコマの一部に出ているだけである。
  85. ^ LMP、『イカ娘』とのコラボを正式発表。山内英輝が加入
  86. ^ イカ娘はスポンサーではなく、イカ娘に侵略されたチーム側の依頼で版権元から承諾の上、イカ娘のラッピングが施されている。詳細は[3]を参照。
  87. ^ スーパーラップに進出した際、イカ娘フェラーリの予選アタック中に流す音楽として「侵略ノススメ☆」 が富士スピードウェイの場内に鳴り響いた。(JSPORTの予選の生放送でも一部場内の音声が流れている)
  88. ^ 第3戦セパンでは、痛車GTの代表、初音ミクBMWZ4が悲願の初優勝をしている。
  89. ^ JSPORTの生放送で実況の下田アナが「これはちょっと抜かれたんじゃなイカ娘!」「ここで行っちゃったんじゃなイカ?イカ娘!」などとイカ語を出すのが話題になった。
  90. ^ 【パセラボTV】侵略!?イカ娘 コラボメニュー
  91. ^ アニメ第2期ではよっちゃん食品工業は提供スポンサーになっており、よっちゃんイカとイカ娘のコラボCMも作られた。

外部リンク[編集]