グッドスマイルレーシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社グッドスマイルレーシング
Good Smile Company
Tokyo Skytree East Tower 2012.JPG
グッドスマイルレーシングの本社機能がある
東京スカイツリーイーストタワー
種類 株式会社
市場情報 未上場
略称 GSR
本社所在地 日本の旗 日本
131-0045
東京都墨田区押上1-1-2
東京スカイツリーイーストタワー17F
設立 2009年4月
業種 その他製品
事業内容 玩具の企画・制作・製造・販売
代表者 安藝貴範
資本金 300万円(2010年9月30日現在)
関係する人物 大橋逸夫(元取締役)
外部リンク http://www.goodsmileracing.com/
テンプレートを表示

株式会社グッドスマイルレーシング(GOODSMILE RACING、略称GSR)は、東京都墨田区に所在する、車関係のホビー商品を取り扱う企業。本記事では同社及び同社が運営するレーシングチームを記述する。

概要[編集]

フィギュアメーカー、グッドスマイルカンパニーを母体として2009年に設立。主にアメリカ車のミニカー、既存のスケールモデルラジコンカーを痛車仕様にするためのデカール等のアクセサリー、プラモデルの製作やデカール貼り付け用に使う道具などを取り扱う。

主な商品[編集]

  • GSRカーズ・アメリカンレジェンド・シリーズ
  • GSRキャラクターカスタマイズシリーズ
  • GSR Gear サイクルアパレルシリーズ

レーシングチーム[編集]

グッドスマイルレーシング
国籍 日本の旗 日本
チーム代表 安藝貴範
関係者 鈴木康昭(Studie代表)
片山右京(監督)
大橋逸夫(ゼネラルマネージャー)
活動期間 2010年 -
カテゴリ SUPER GT(GT300)
チームズ
タイトル
SUPER GT(2011
ドライバーズ
タイトル
SUPER GT(2011,2014
公式サイト http://www.goodsmileracing.com/
備考 ※2010年-2013年はStudieと提携
※2011年以降はTeamUKYOと提携
2014年のSUPER GT(GT300)
エントリー名 GSR & TeamUKYO
レーサー 日本の旗 谷口信輝
日本の旗 片岡龍也
マシン 4. グッドスマイル 初音ミク Z4
タイヤ ヨコハマ
テンプレートを表示

クリプトン・フューチャー・メディアの協力の下、バーチャルアイドル初音ミク』のイラストをボディにあしらった痛車仕様のレーシングカーでSUPER GTGT300クラスに参戦している。2009年以前はメインスポンサーとしての参加だったが、2010年よりチームオーナーとして参加、2014年からはエントラントとして参戦するようになった。

2010年[編集]

2009年までStudie GLAD Racingが運営してきたチームが、2010年も「AS StudieRacing」として参戦する予定だったが、突如チームオーナーだったアドバンスステップが継続参戦を断念し、これまで通りのチーム運営ができなくなった。そこで急遽メインスポンサーだったグッドスマイルレーシングがチームオーナーとなり、支援チームもコックスに変更、エントラント名称は「GOODSMILE RACING with COX[1]となった。Studie代表の鈴木康昭はスポーティングディレクターとして残留、総監督には大橋逸夫を起用した。合わせてレースカーもこれまでのBMW・Z4からポルシェ996GT3RSRへと変更、第5戦からは997GT3Rを投入した。

これまでの基本コンセプトはそのまま継承し、初音ミクをあしらったレーシングカー、個人スポンサー制度などはそのまま行われる形となった。また新たに「レーシングミク」としてイラストレーターのredjuiceが新規デザインをてがけた。後にねんどろいどぷち用にレーシングリンとレーシングルカもデザインされ、さらに『初音ミク -Project DIVA- extend』で、レーシングメイコが新たに書き起こされている。

タイヤはハンコックを使用し、ドライバーは番場琢佐々木雅弘で参戦した。第6戦の鈴鹿700kmでは、GT300クラスに#33 HANKOOK KTRで参戦し、ハンコックタイヤの開発ドライバーを務めている木下みつひろがサードドライバーとなり、予選4番手のタイムを記録した[2]

戦績は予選最高2位、決勝最高9位(共に第8戦)、10位も2回記録し、チームポイント16でランキング16位に入った[3]

2011年[編集]

2010年12月4日に鈴木スポーティングディレクターが再びBMW・Z4での参戦をブログで表明し[4]、同月6日に行われたグッドスマイルレーシングの忘年会で正式にグッドスマイルレーシングとStudieによる体制で参戦すると発表された[5]

2011年2月6日に行われた体制発表会でその詳細が発表され、鈴木スポーティングディレクターがチーム代表に復帰、大橋逸夫が監督を継続し、グッドスマイルレーシング(グッドスマイルカンパニー)代表の安藝貴範がスーパーバイザーを務める。さらに片山右京率いる「TeamUKYO」がジョイント参加、エントラント名称を「GSR&Studie with TeamUKYO」としたほか、片山もスポーティングディレクターとなる。また、グッドスマイルカンパニーとパーソナルスポンサー契約を結んでいる小林可夢偉もスペシャルサポーターとしてチームを支援することとなった[6]

ドライバーは前年参加していた番場琢に加え、新たに谷口信輝が参加、メンテナンスガレージもRE雨宮のメンテナンスを担当していたRSファインが手がける。マシンはBMW Z4 GT3を投入することも発表された[6]。なおカラーリングは「原点回帰」のコンセプトで09年仕様の物となっており、また今回の「レーシングミク」のイラストは村上ゆいちによるものを使用している[7]

6月18〜19日にセパンサーキットで行われた第3戦では初のポールポジションを獲得、さらに決勝もそのまま逃げ切り、Studie GLAD Racing時代から数えて4年目にして初優勝を達成[8]。さらに、9月10〜11日の第6戦富士スピードウェイでは、90kgのウェイトハンデと性能調整(リストリクター径の縮小)を受けながらトップを快走。ポールトゥウィンで今季2勝目、国内戦の初優勝を飾り、ポイントランキングでも首位に浮上する[9]。10月1〜2日の第7戦オートポリスで首位の座を明け渡すも[10]、10月15〜16日の最終戦ツインリンクもてぎで3度目のポールトゥウィンで優勝、ポイントランキングで逆転し初のシリーズチャンピオンを獲得した[11]。さらに、11月11〜13日に行われた富士スピードウェイでの特別戦(JAFグランプリ)でも、12日に谷口が[12]、13日に番場が優勝し、スプリント戦も制覇する結果となった[13]

2012年[編集]

第4戦菅生にて(前から2台目の車輌)

2012年2月12日に体制発表会が行われ、前年同様BMW Z4 GT3を使用するが、チームとしては初の2台体制での参戦を発表した。チーム体制としては大橋が総監督に就任し、チーム代表の鈴木、スポーティングディレクターの片山、スーパーバイザーの安藝と前年と同じ首脳陣となる[14]。また、BMWのカスタマー向けレースプログラム、『BMWカスタマーレーシング』のチームとしてBMWのサポートを受けることとなり[15]、さらに第4戦以降はBMWジャパンからもサポートを受けることとなった[16]

チャンピオンナンバーを付ける0号車は2011年版のZ4 GT3の新車を投入、ドライバーは前年のAドライバーの谷口に加え、2009年のGT300クラスのチャンピオンで、2008年にスーパー耐久で谷口とコンビを組んでZ4でチャンピオン獲得経験のある片岡龍也が加入、監督は大橋総監督が務める。マシン名称は「GSR初音ミクBMW」となり、カラーリングはこれまでのレーシングミクのカラーリングを継承、今回のレーシングミクのデザインはGANが担当、コスチュームデザインをフィギュア原型師の浅井真紀が手がける。第4戦からは2012年仕様にアップデートを実施、これにより、2012年仕様が基準となっていたBOP(バランス・オブ・パフォーマンス)が2011年モデルに行われ、負担となっていた状態が改善される見込みとなる[17]

前年のゼッケンナンバーを付ける4号車は前年使用車両を2011年版にアップデートしたZ4 GT3を使用し、ドライバーは前年のBドライバーだった番場がAドライバーとなり、2010年以来の復帰となる佐々木雅弘とのコンビが復活、監督は片山スポーティングディレクターが務める。こちらはグッドスマイルカンパニーのフィギュア「ねんどろいど」のデザインを元にしたセガのゲームソフト「初音ミク and Future Stars Project mirai」とタイアップを行い、マシン名称は「GSR ProjectMirai BMW」となり、カラーリングはオレンジをベースとしたものとなる。

万全を期してシーズンに望んだが、このシーズンの性能調整で使われるFIA GT1世界選手権でのBOPに苦しめられることとなる[18]。0号車は第2戦富士で優勝するも[19]、第3戦セパンではゴール間際に[20]、第5戦鈴鹿ではレース序盤で[21]いずれも燃料切れが起きるなどトラブルが発生した。4号車も第2戦で大クラッシュを起こし[22]、修理費捻出のために個人スポンサーに「修理コース」を設けるという一幕もあった[23]。全体として精彩を欠く結果となり、0号車は優勝1回3位1回を含む入賞6回の52ポイントで5位(チームランキング73ポイント4位)、4号車は第5戦の7位が最高で入賞2回6ポイントの22位(同22ポイント15位)で終わった。

2013年[編集]

2013年2月10日に体制発表会が行われ、「王座奪還」をテーマに1台体制に戻して参戦することを発表した[24][25][26]。首脳陣はそのまま維持され、ドライバーは前年0号車を担当した谷口・片岡のコンビが務める。BMWのサポートも強化され、開幕戦からのフルサポートを受けられるようになるほか、第5戦の鈴鹿1000kmでは第3ドライバーとしてBWMのワークスドライバーであるヨルグ・ミューラーが起用されることも発表された。

4号車となるマシンは開幕からZ4 GT3の2013年モデルを使用、今回描かれる「レーシングミク」のデザインはsaitomが、またコスチュームデザインは島崎麻里が手がけている。また、セパン戦限りのレーシングミクもある。

この年も性能調整や他チームとの性能差に苦しみながらのレース展開となっていった。第1戦で2位に入るも、以後上位入賞ができず、第4戦ではノーポイントとなる。さらに第5戦では2位に入ったが、レース後の車両検査でリストリクターの規定違反が判明し失格となってしまう[27]。しかしその後の第6戦、第7戦と連勝、最終的にはドライバーズポイント70、チームポイント87を獲得し、いずれの部門でも3位でシーズンを終えた。なお、アジアン・ル・マン・シリーズの第5戦にGT300クラスの車両が出場できたが、谷口・片岡の2人とも同日開催のスーパー耐久に出場している事に加え、チームとしてもマシンを酷使する事で今後のトラブルに対応できなくなると判断し、出場していない[28]

2014年[編集]

2013年12月23日に体制発表が行われ、これまでエントラントとしてプロジェクトに参加していたStudieが離脱、独立したチームを立ち上げる事を明らかにした。これに伴いGSRがエントラントとなって参戦する事を発表、エントラント名称も「GSR & TeamUKYO」に変更し、首脳陣は安藝がエントラント代表、片山がチーム監督、大橋がゼネラルマネージャーにそれぞれ就任、ドライバーは前年から引き続き谷口と片岡が担当する。メンテナンスもRSファインが継続して担当し、同じくメンテナンスを担当するStudieの新チームとの間でセッティング情報の共有を行う[29]。なお、これまでエントラントを務めていたStudieに変わって新チームとして発足したため、レギュレーション上ではシード権等の権利はStudieが保持する事になる。ただし、ゼッケンナンバーの「4」についてはStudie側から譲渡を申し入れ、GSR側も承諾したため、GSRが付ける事となった[30]

マシンはZ4 GT3の2014年モデルを使用、今回描かれるレーシングミクのデザインはおぐちが担当し、アートディレクターをコヤマシゲトが担当するほか、Z4 GT3がロボットに変形する「モータロイド」の車体機構デザインを河森正治がそれぞれ担当する[29][31]

2014年シーズンは第1戦岡山、第2戦富士500kmと開幕から2連勝して幸先のいいスタートを切ったが、この2勝でウェイトハンデが80kgとなり負担となる。オートポリスの第3戦では500クラスとの接触でタイヤがバースト、菅生での第4戦では雨に翻弄され、ポイント圏外となる。第5戦の富士300kmもポイント獲得したものの、11号車のGAINER DIXCEL SLSがポイントを重ね、ランキング2位に転落する。しかしその後の第6戦鈴鹿1000kmで5位、第7戦ブリーラムで3位となりランキングトップに戻り、最終戦もてぎでは3位に入り、優勝したGAINERとは78点で同点になるも、2勝したGSRが優勝回数の差で3年ぶりのドライバーズタイトル獲得となった。一方チームポイントは96となり、GAINERが1ポイント差で逆転、2位となっている。

レーシングミクサポーターズ[編集]

グッドスマイルレーシングのレースクイーンは「レーシングミクサポーターズ」という愛称がつけられており、コスチュームもその年度に描かれたレーシングミクのものを着用している。Studie GLAD Racing時代の「ミクミクギャルズ」を継承しており、ミクミクギャルズ時代のメンバーが継続して参加、またはスタッフに転身している。このため、ここでは便宜上ミクミクギャルズ時代から記載することとする。

なお、グッドスマイルレーシングのレースクイーン経験者ではないが、2011年からはレースクイーン出身の竹沢友美がチームマネージャーを担当している。

SUPER GT以外のレース活動[編集]

ここではSUPER GT以外でグッドスマイルレーシングが関わっているレース活動について触れる。なおグッドスマイルカンパニーがスポンサードしている事項についてはグッドスマイルカンパニー#モータースポーツを参照。

マン島TTレース
電気自動車の開発会社MIRAIによる、TT Zero Challenge(電動バイククラス)に参戦する日英共同チーム「KOMATTI-MIRAI RACING」に賛同、車体に2013年版のレーシングミクをペイントしたバイクで参戦した[32]。本レースでは松下佳成が別クラスの予選走行中に事故死し、急遽イアン・ロッカーによる代走となったが[33]、6位完走した。
パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム
上記のマン島TTレースで参戦したMIRAIとのコラボレーションを2014年も継続し、レースを変更してパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムのエキシビションパワースポーツクラスに、2014年版のレーシングミクをペイントしたバイクで参戦する[34]
ニュルブルクリンク24時間レース
鈴木チーム代表が2014年のニュルブルクリンク24時間レース参加を計画している事を明らかにした。新規にチームを立ち上げるのではなく、現在SUPER GTに於ける体制を出来る限り維持しつつ、BMW・Z4GT3の開発担当チームであり、同レースへの参加経験も豊富であるシューベルトモータースポーツの協力を仰ぐ形での参戦を計画しているという[35]
GAZOO Racing 86/BRZ Race
2013年から開始されているワンメイクレースで、谷口が個人的に神戸トヨペットと組んで同社所有の86で参戦しているが、同年のJAFグランプリで行われたレジェンドカップ(このレースではグッドスマイルカンパニーが冠スポンサーとして協賛していた)において、この86を2013年版レーシングミクのカラーリングを施して参戦(別名ミク86)。2014年シーズンは同チームの新車納車までこのカラーリングのまま参戦していた[36]

脚注[編集]

  1. ^ 実質的な運営母体はHANKOOK KTR
  2. ^ #33 HANKOOK KTRは第6戦・鈴鹿700kmには参加していなかった。
  3. ^ スペシャルラウンドではGSRはスポンサーせず、PORSCHE JAPANがスポンサード。
  4. ^ ヤッタァァァァァーーーーーッ!!!、Studie +YOKOHAMA- BLOG、2010年12月4日
  5. ^ 来期は小林可夢偉が走る!? GSR忘年会でビッグサプライズ!、ASCII.jp、2010年12月6日。
  6. ^ a b 3代目ミク号はZ4 GT3! 谷口&右京SDが新加入、AUTO SPORT Web、2011年2月6日
  7. ^ チーム紹介
  8. ^ SGTセパンはウイダー完勝! GT300はミクZ4が悲願達成、オートスポーツweb、2011年6月19日
  9. ^ ZENT SC430が劇的逆転V! 地元富士で2年ぶり勝利、オートスポーツweb、2011年9月11日
  10. ^ GTオートポリスはMOTULが逆転V! GT-Rがワンツー、オートスポーツweb、2011年10月2日
  11. ^ MOTUL勝利もS Roadが王座! 300はミクZ4が戴冠、オートスポーツweb、2011年10月16日
  12. ^ JAF GP:GT300は最終周のドラマを制し谷口V、オートスポーツweb、2011年11月12日
  13. ^ GT300は番場が逆転勝利! ミクZ4がJAF GPを制圧、オートスポーツweb、2011年11月13日
  14. ^ 初音ミクBMW、今年は2台体制に。片岡が加入,AUTO SPORTS,2012年2月12日
  15. ^ グッドスマイルR、今季“BMWカスタマーチーム”に,AUTO SPORTS,2012年2月12日
  16. ^ BMWジャパン、初音ミクBMWの2台の活動を支援へ,AUTO SPORTS,2012年7月17日
  17. ^ マレーシアに届け! SUPER GTセパン戦は日本でも熱かった!,ascii.jp,2012年6月24日
  18. ^ GT1でのBOPがそのまま流用され、2011年仕様の車両にも適用された。GT1ではZ4を使用したチームが優勝を重ねていたこともあり、その分が重量負担増などの性能調整として日本でも適用される結果となった。
  19. ^ SGT第2戦富士:GT300はミクZ4が逆転で今季初勝利,オートスポーツweb,2012年5月4日
  20. ^ ウイダーHSV-010、セパンで2年連続の勝利を達成,オートスポーツweb,2012年5月4日
  21. ^ スーパーGT第5戦鈴鹿は序盤から波乱の様相に,オートスポーツweb,2012年8月19日
  22. ^ SGT第2戦開幕。荒天のFPはWedsSportがトップ,オートスポーツweb,2012年5月3日
  23. ^ 大波乱の富士戦を振り返る! ミクとイカの生放送レポ,ascii.jp,2012年5月17日
  24. ^ GSR、今季は谷口&片岡組の1台体制で参戦,オートスポーツweb,2013年2月10日
  25. ^ 初音ミクBMW、王座奪還を狙う…2013年SUPER GT参戦体制を発表,Response,2013年2月10日
  26. ^ 初音ミク : 新型“痛レーシングカー”お披露目 13年もスーパーGT参戦,毎日新聞,2013年2月10日
  27. ^ GSR初音ミクBMW、車検不合格。2位を失う,オートスポーツweb,2013年8月18日
  28. ^ 王座奪還あるのみッ!!!,GOODSMILERACING 広報ブログ,2013年9月10日
  29. ^ a b GSRが14年体制を発表。スタディは別チームに,オートスポーツ,2013年12月24日
  30. ^ GSR、今季も『4』を使用。その仕組みは?,オートスポーツ,2014年2月10日
  31. ^ GSR&TeamUKYO、今季のカラーをお披露目,オートスポーツ,2014年2月9日
  32. ^ バイクレースの聖地・マン島を、レーシングミクが駆ける! MIRAI社のチームの電動バイクに初音ミクが描かれる ファミ通.com 2013年3月18日
  33. ^ ““マン島TTレース、松下ヨシナリの代走にイアン・ロッカー選手”. レスポンス自動車ニュース. (2013年6月1日). http://response.jp/article/2013/06/01/199161.html 2013年7月12日閲覧。 
  34. ^ 2014年 TEAM MIRAI レース活動について,未来NEWS,2014年2月9日
  35. ^ 世界一の草レース「ニュルブルクリンク24時間レース」への参戦を応援第一弾! CAMPFIRE 2013年8月8日
  36. ^ ミク86は2014年6月で退役したが、ミク仕様でない新車がクラッシュに巻き込まれたため9月に現役復帰、最終的に谷口はミク86で2014年年間王者となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]