初音ミクのメディア展開

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初音ミク > 初音ミクのメディア展開

初音ミクのメディア展開(はつねミクのメディアてんかい)では、 クリプトン・フューチャー・メディアから発売されている音声合成ソフト『初音ミク』のメディアミックスについて記述する。

関連商品への対応[編集]

2007年8月に、音楽製作用のソフトとして発売された初音ミクではあるが、ネットで人気を集めると、発売元のクリプトン・フューチャー・メディア(以下クリプトン)には関連商品の商品化の企画が多数寄せられるようになった[1]。後にヒット商品となるグッドスマイルカンパニーのキャラクターフィギュア「ねんどろいど 初音ミク」や、セガのゲームソフト「初音ミク -Project DIVA-」については、発売翌月の2007年9月には既に企画が持ち込まれていた[2][3]。同時期にはアニメ化の企画も持ちかけられ、2億円を提示されたというが、これはクリプトン側の方向性とは異なるため成立しなかった[4]。ユーザーによる創作物それぞれにユーザーごとのイメージする初音ミクが存在しているという状況を踏まえ、クリプトンは、公式アニメや公式コミックの制作については、初音ミクのイメージを収束させてしまう懸念から否定している[5]。商用利用については「クリエイターの創作の場」として調整するようにしており、自社のポリシーにそぐわない場合は商品化を断っていると言う[6]。ゲームソフト「初音ミク -Project DIVA-」では、初音ミクユーザーの作った楽曲だけでなくコスチュームの公募を行ったり、初音ミクの派生キャラクターを登場させるよう要請するといったように、関連商品へネットでの流行の取り入れを求めることも行われている[3][6]

なお、初音ミクでは音楽を作成するソフトとしての使用については、製品パッケージにおいて商用利用も含めて許諾されているため、キャラクター画像やキャラクター名を含まない歌声のみでの商用利用については、基本的には改めてクリプトンの許諾を受ける必要はない[7][注 1]

ユーザーの楽曲の権利処理[編集]

多くのユーザーがネット上で初音ミクを用いた作品を発表するといった流行の形は、それまでの音楽業界の常識からは外れる部分が大きかった[11]。音楽業界関係者からは、プロデューサーと音楽事務所が仕掛けた仮想アイドルプロジェクトだといった誤解をされることも多かったという[11]。従来の音楽業界とは異なる環境から生まれた人気作品については、商品化の際に、作詞作曲者の持つ楽曲の権利についても従来とは異なる権利処理が求められることになった。

ユーザーコミュニティでは、楽曲の商品化に伴って著作権を日本音楽著作権協会(JASRAC)の管理に委ねることに対し、他のユーザーが歌ったりPVを付けたりといった二次利用が難しくなる懸念や、JASRACそのものへの不信、商業主義への迎合を嫌う風土等から、特に流行の当初は拒否感が強かった[12][13]初音ミク#初音ミク楽曲のJASRAC信託と着うた配信に関する騒動も参照)。2008年には作品発表の場となっていたニコニコ動画がJASRACとの間で管理楽曲の利用についての包括契約を結び、ニコニコ動画内での二次利用についてはJASRACへ信託されても支障なくなったものの、ブログなどニコニコ動画外での利用といった問題が依然残されており[14]、ネットでの人気楽曲のカラオケ配信や、メジャーレーベルによるCDの発売の際にも、関係各社は著作権の信託を伴わない形で商品化を進めていった[12]

しかし、商品化が進んでゆく中、カラオケについてはカラオケ店からの利用料の徴収が事業規模の大きいJASRAC以外には出来ないために、曲が盛んに歌われても作詞作曲者が著作権収入を得られないという問題が生じた[12]。2010年7月にクリプトンが行った、初音ミクなどのVOCALOIDを使った楽曲を発表している作家へのアンケートでは、回答者の過半から「自らが自由に楽曲を利用できるかたちで、カラオケなどの楽曲の商用利用によって発生する著作権使用料を得られるようにしたい」との回答を得ていた[15]。JASRACでは理事長自らがニコニコ動画のインターネット放送に出演[注 2]して、著作権の仕組みについての説明を行った[17]

次第に権利信託の必要性を認める機運も生まれ、そうした流れに対応する形で、2010年末に、クリプトンや、通信カラオケ大手エクシングの子会社エクシング・ミュージックエンタテイメント、ニコニコ動画運営元の関連会社のドワンゴ・ミュージックエンタテインメントが、楽曲の用途を限定して信託を請け負う音楽出版事業を始めた[16]音楽出版社を通して曲の権利を信託する場合は、曲ごと、支分権ごとに信託する範囲を調整することが出来るため、これらの業者の音楽出版事業では、インターネットでの利用にかかわる支分権の「インタラクティブ配信」を信託しないように出来るなどの配慮が行われている[16]。クリプトンについては、インタラクティブ配信をJASRACではなくジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)に委託し、営利目的利用に限定して著作権使用料を徴収するという独自の仕組みを取り入れている[16]

こうして作詞作曲者の権利については整備が進められているが、一方でキャラクターのイラストや映像と音楽がセットになって流行が広がってきたという状況から、イラストや動画を作成する作者への利益配分の仕組みについて課題を残す形となっている[18]

主な音楽CD[編集]

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(ウムラウト)が含まれています詳細

以下は、初音ミクが用いられている音楽CDの中で、CDあるいは収録曲のアーティスト名などの中に初音ミクの名前が明記されているもの。これら以外に、初音ミクをボーカルとして使用しているが、初音ミクの名前が記されていないCDも存在する[19]

2000年代[編集]

タイトル アーティスト レーベル 発売日 チャート[注 3]
星のカケラ 初音ミク フロンティアワークス 2008年1月25日 アルバム61位
公式デモソング「星のカケラ」のフルバージョンを収録。
第73回コミックマーケットにて先行販売。
ウタトラ t.Komine feat. 初音ミク&鏡音リン・レン AKIBA RECORDS 2008年3月6日 圏外
Re:package livetune feat.初音ミク ビクター 2008年8月27日
2010年9月15日
(再発・SHM-CD盤)
アルバム5位
初音ミクのイラストや名称などを使用したCDで初のメジャーレーベルからのリリース。
桜ノ雨 absorb featuring 初音ミク 日本クラウン 2008年11月26日 シングル32位
みくのかんづめ OSTER project feat.初音ミク MOER 2008年12月3日 アルバム21位
supercell supercell feat.初音ミク ソニー・ミュージック 2009年3月4日 アルバム4位
Vocarhythm オムニバス EXIT TUNES 2009年3月4日 アルバム14位
Re:MIKUS livetune feat.初音ミク ビクター 2009年3月25日
2010年9月15日
(再発・SHM-CD盤)
アルバム18位
unformed doriko feat.初音ミク MOER 2009年3月25日 アルバム26位
恋空リサイクリング[注 4] のみこ ランティス 2009年3月25日 シングル152位
new;Fable ave;new ave;new 2009年4月17日 圏外
THE VERY BEST
OF デッドボールP
デッドボールP loves 初音ミク EXIT TUNES 2009年5月20日 アルバム18位
Vocalostar オムニバス EXIT TUNES 2009年6月17日 アルバム10位
初音ミク -Project DIVA-
Original Song Collection
Project DIVA feat.初音ミク ランティス 2009年7月22日 アルバム16位
Toy Box OneRoom feat. 初音ミク MOER 2009年7月29日 アルバム21位
8 bit darling project
 ; DELUXE
Sweet Vacation meets 初音ミク Bug Music 2009年8月19日 アルバム171位
初音ミク ベスト
〜memories〜
オムニバス ソニー・ミュージックダイレクト 2009年8月26日 アルバム5位
初音ミク ベスト
〜impacts〜
オムニバス ドワンゴ・エージー・エンタテインメント アルバム4位
Hatsune Miku Orchestra HMOとかの中の人。(PAw Lab.) JOINT RECORDS 2009年8月26日 アルバム17位
SHIBUYA BECCA feat.初音ミク JOINT RECORDS 2009年8月26日 シングル92位
君のいる景色 WhiteFlame presents feat. 巡音ルカ ティー ワイ エンタテインメント 2009年9月2日 アルバム33位
Heartsnative MOSAIC.WAV×鶴田加茂 feat. 初音ミク エンターブレイン 2009年10月21日 アルバム14位
THE COMPLETE BEST
OF ラマーズP
ラマーズP feat. 初音ミク EXIT TUNES 2009年11月18日 アルバム44位
THE COMPLETE BEST
OF azuma
azuma feat.初音ミク EXIT TUNES 2009年12月2日 アルバム53位
THE COMPLETE BEST
OF 164 from
203soundworks
164 from 203soundworks feat.初音ミク EXIT TUNES 2009年12月16日 アルバム39位
RAINBOW SNOW
〜オーロラにえがいたLove Letter〜
王族BAND feat. 初音ミク 日本クラウン 2009年12月16日 アルバム57位
Miku-Ro Adventure! エイプリルズ feat. 初音ミク Pヴァイン・レコード 2009年12月23日 アルバム259位

2010年代[編集]

タイトル アーティスト レーベル 発売日 チャート[注 3]
Vocalolegend オムニバス EXIT TUNES 2010年1月20日 アルバム8位
ANIME HOUSE PROJECT
〜萌えselection vol.1〜
オムニバス メディアファクトリー 2010年1月27日 圏外
ボーカロイドは終末鳥の夢を見るか? sasakure.UK JOINT RECORDS 2010年3月3日 アルバム51位
magnet -favorites plus- minato(流星P) feat. 初音ミク&巡音ルカ MOER 2010年3月10日 アルバム18位
VL-SCRAMBLE オムニバス キングレコード 2010年3月24日 アルバム116位
相愛性理論 DECO*27 UMAA / Joint Records 2010年4月21日 アルバム42位
Vocalogenesis オムニバス EXIT TUNES 2010年5月19日 アルバム1位
シンデレラ・サマー ショウタ&チュウタ feat.初音ミク 日本クラウン 2010年6月2日 アルバム127位
イドへ至る森へ至るイド Sound Horizon キングレコード 2010年6月16日 シングル2位
姉うた
-80~90's GIRL POP NON-STOP COVER-[注 5]
オムニバス avex trax 2010年6月30日 アルバム294位
初音ミク -Project DIVA Arcade-
Original Song Collection
オムニバス MOER 2010年7月7日 アルバム30位
こっち向いて Baby/Yellow ryo(supercell) feat. 初音ミク / kz(livetune) feat. 初音ミク ソニー・ミュージックダイレクト 2010年7月14日 シングル9位
feat.PLUS[注 6] pal@pop ビクターエンタテインメント 2010年7月14日 アルバム54位
VOCAROCK collection オムニバス FARM RECORDS 2010年7月21日 アルバム19位
初音ミク -Project DIVA- 2nd
NONSTOP MIX COLLECTION
オムニバス ソニー・ミュージックダイレクト 2010年7月28日 アルバム16位
初音ミクの消失 cosMo@暴走P feat. 初音ミク EXIT TUNES 2010年8月4日 アルバム6位
MOER feat.初音ミク
-2nd anniversary-
オムニバス MOER 2010年8月11日 アルバム45位
VocaL@ntis
〜初音ミクがランティスのネ申曲を歌ってみた〜
Lantis feat.初音ミク ランティス 2010年8月25日 アルバム65位
ミクの日感謝祭39's Giving Day 初音ミク 5pb.Records 2010年9月1日 アルバム18位
四季彩の星 ゆうゆ feat.初音ミク、鏡音リン・レン 日本クラウン 2010年9月15日 アルバム32位
Vocaloanthems オムニバス EXIT TUNES 2010年9月15日 アルバム5位
VOCALOID LOVESONGS Girls Side オムニバス MOER 2010年9月22日 アルバム109位
初音ミク sings ハルメンズ オムニバス ビクターエンタテインメント 2010年10月20日 アルバム116位
Cinnamon Philosophy OSTER project feat.初音ミク 5pb.Records 2010年10月27日 アルバム32位
ロミオとシンデレラ doriko feat.初音ミク 5pb.Records 2010年11月24日 アルバム25位
VOCAROCK collection 2 オムニバス FARM RECORDS 2010年12月15日 アルバム18位
愛迷エレジー DECO*27 UMAA 2010年12月15日 アルバム11位
護法少女ソワカちゃん Remix! 改の巻 護法少女ソワカちゃんfeat.初音ミク LOiD 2010年12月15日
Märchen Sound Horizon キングレコード 2010年12月15日 アルバム2位
ぼーかろいど みんなのうた オムニバス MOER 2010年12月22日 アルバム183位
悪ノ王国 〜Evils Kingdom〜 mothy_悪ノP feat.鏡音リン、鏡音レン EXIT TUNES 2010年12月22日 アルバム10位
ニコニコ東方見聞録 原曲集 オムニバス BinaryMixx Records 2011年1月5日 アルバム280位
Vocalonexus オムニバス EXIT TUNES 2011年1月19日 アルバム1位
教室 桃(from Superduper Radio Next Generation)×yusukeP feat.初音ミク スターダスト音楽出版 2011年1月19日
未来コココンピィ オムニバス ティー ワイ エンタテインメント 2011年1月26日 アルバム152位
インパーマネンス[注 7] アゴリア UMAA 2011年2月23日
Unplugged Stray ジミーサムP 5pb.Records 2011年3月2日 アルバム34位
VOCALO LOVERS オムニバス ドリーミュージック 2011年3月2日
VOCALO★POPS BEST オムニバス avex trax 2011年3月9日
Symphony buzzG feat.初音ミク×VOCALISTS ビクターエンタテインメント 2011年3月9日 アルバム38位
カラフル×メロディ ちーむMOER feat.初音ミク&鏡音リン MOER 2011年3月9日 シングル22位
DJ Lily Presents SUPER VOCALOID オムニバス avex tune 2011年4月27日
ヤイクス![注 8] ロンドン・エレクトリシティ UMAA 2011年4月27日
VOCALOID BEST from ニコニコ動画(あか) オムニバス ソニー・ミュージックダイレクト 2011年6月22日 アルバム13位
VOCALOID BEST from ニコニコ動画(あお) オムニバス ドワンゴ・ミュージックエンタテインメント アルバム14位
ハートフルシーケンス EasyPop ドワンゴ・ミュージックエンタテインメント 2011年6月22日 アルバム125位
超絶原宿乙女革命 木村優 kokokim 2011年6月22日
機械の花ラボラトリ kous UMAA 2011年6月22日 アルバム145位
Vocalonation オムニバス EXIT TUNES 2011年7月6日 アルバム6位
小さな自分と大きな世界 40mP feat.初音ミク EXIT TUNES 2011年7月20日 アルバム9位
WORLD MUSIC COVERS[注 9] ABC Project feat.巡音ルカ ワーナーミュージック・ジャパン 2011年7月20日 アルバム167位
初音ミクGT Project Theme Song Collection オムニバス ソニー・ミュージックダイレクト 2011年8月3日 アルバム75位
Cosmo-Loid オムニバス U-Rythmix records 2011年8月12日 アルバム231位
積乱雲グラフィティ/Fallin' Fallin' Fallin' ryo(supercell) feat. 初音ミク / Dixie Flatline feat.初音ミク ソニー・ミュージックダイレクト 2011年8月31日 シングル19位
THE VOCALOID produced by Yamaha オムニバス VOCALOID RECORDS 2011年9月14日 アルバム33位
THE BEST OF Dios/シグナルP Dios/シグナルP feat. 鏡音リン・鏡音レン・GUMI
初音ミク・巡音ルカ・KAITO
EXIT TUNES 2011年9月21日 アルバム18位
VOCALOID民族調曲集 オムニバス ビクターエンタテインメント 2011年9月28日 アルバム41位
universe オムニバス BinaryMixx Records 2011年10月5日 アルバム166位
Vocalocluster オムニバス EXIT TUNES 2011年10月19日 アルバム4位
GOSSIP CATS[注 10] OSTER"BIG BAND"project BALLOOM 2011年10月19日 アルバム127位
初音ミク -Project DIVA Arcade-
Original Song Collection Vol.2
オムニバス dmARTS 2011年10月26日 アルバム28位
初音ミク sings ニューウェイヴ オムニバス ビクターエンタテインメント 2011年10月26日 アルバム252位
Glorious World 蝶々P feat.初音ミク EXIT TUNES 2011年11月2日 アルバム9位
初音ミク-Project DIVA- extend
Complete Collection
オムニバス ソニー・ミュージックダイレクト 2011年11月9日 アルバム10位
V love 25〜Aperios〜 オムニバス BinaryMixx Records 2011年11月16日 アルバム22位
初音ミク ライブパーティー 2011 LIVE CD オムニバス 5pb.Records 2011年11月16日 アルバム52位
Noёl-Loid オムニバス U-Rythmix records 2011年11月18日 アルバム280位
MIKUNOPOLIS in LOS ANGELES オムニバス セガ 2011年11月30日 アルバム156位
アコミク with VOCALOIDS The 39s BALLOOM 2011年11月30日 アルバム133位
VOCAROCK collection 3 オムニバス FARM RECORDS 2011年12月7日 アルバム25位
初音ミク DANCE REMIX vol.1 オムニバス ビクターエンタテインメント 2011年12月7日
アゴア ゴー ゴー ゴー アゴアニキ BALLOOM 2011年12月14日 アルバム74位
初音ミク plays 月光下騎士団 plusico Produced by Thomas O'hara KNZ x LR2 2011年12月14日 アルバム213位
太鼓の達人 オリジナルサウンドトラック
「ドンダフル!」[注 11]
サウンドトラック 日本コロムビア 2011年12月21日
THE BEST OF otetsu otetsu feat.巡音ルカ・神威がくぽ・初音ミク・GUMI EXIT TUNES 2012年1月11日 アルバム15位
VOCALO APPEND オムニバス FARM RECORDS 2012年1月11日 アルバム36位
Vocalodream オムニバス EXIT TUNES 2012年1月18日 アルバム5位
OSTERさんのベスト OSTER project feat.初音ミク dmARTS 2012年1月18日 アルバム24位
VOCALO SMILE オムニバス Full Moon 2012年1月18日
VOCALO TEARS
花束 doriko feat.初音ミク dmARTS 2012年1月25日 アルバム33位
electric love 八王子P ソニー・ミュージックダイレクト 2012年2月1日 アルバム24位
Nyan Cat daniwellP feat.初音ミク、桃音モモ EXIT TUNES 2012年2月1日 アルバム40位
ボカロダンス〜ベスト・アゲ!トラックス〜 オムニバス EMIミュージックジャパン 2012年2月29日
坊歌ろいど 〜地の巻〜 オムニバス U-Rythmix records 2012年2月29日
5150 ダルビッシュP ビクターエンタテインメント 2012年3月7日 アルバム117位
Lots of Love feat.初音ミク Grand Muse 2012年3月7日
ミクロティカ ニューロティカ feat. 初音ミク U-Rythmix records 2012年3月9日
Tell Your World EP livetune feat.初音ミク トイズファクトリー 2012年3月14日 アルバム4位
V love 25〜Brave Heart〜 オムニバス BinaryMixx Records 2012年3月14日 アルバム26位
ボカ☆フレ!-VOCALOID™ FRESHMEN- オムニバス VOCALOID RECORDS 2012年3月14日
小室哲哉 meets VOCALOID オムニバス avex trax 2012年3月28日 アルバム33位
Vocalogemini[注 12] オムニバス EXIT TUNES 2012年4月4日 アルバム6位
幻実アイソーポス sasakure.UK UMAA 2012年4月11日 アルバム18位
ゆめゆめ DECO*27 feat.初音ミク ソニー・ミュージックダイレクト 2012年4月18日 シングル24位
花楽里漫葉集 オムニバス HPQ 2012年4月25日 アルバム36位
坊歌ろいど 〜火の巻〜 オムニバス U-Rythmix records 2012年4月27日
TwinTail・TwinGuiter 初音ミクvs海賊王×[TEST] Royal Records 2012年5月1日
世迷言ユニバース ゆうゆ 日本クラウン 2012年5月23日 アルバム48位
ELECTLOID オムニバス FARM RECORDS 2012年6月6日 アルバム44位
V love 25〜cantabile〜 オムニバス BinaryMixx Records 2012年6月13日 アルバム26位
from Neverland 〜Best of Nem〜 Nem feat. 初音ミク、GUMI、鏡音レン EXIT TUNES 2012年6月20日 アルバム21位
Casino! ゆちゃP feat.初音ミク・GUMI・巡音ルカ・鏡音リン アルバム18位
人畜無害 さつき が てんこもり feat.初音ミク dmARTS 2012年6月27日 アルバム76位
VOCALOUD 00 オムニバス ヤマハミュージックコミュニケーションズ 2012年6月27日
Obscure Questions ピノキオP feat. 初音ミク EXIT TUNES 2012年7月4日 アルバム19位
坊歌ろいど 〜水の巻〜 オムニバス U-Rythmix records 2012年7月6日
渋谷系 オムニバス ワーナーミュージック・ジャパン 2012年7月11日
初音ミクGT Project Theme Song Collection 2012 オムニバス ソニー・ミュージックダイレクト 2012年7月18日
I love Visualizm マチゲリータ feat.初音ミク ビクターエンタテインメント 2012年7月25日 アルバム52位
初音ミク 5thバースデー ベスト
〜memories〜
オムニバス ソニー・ミュージックダイレクト 2012年8月1日 アルバム9位
初音ミク 5thバースデー ベスト
〜impacts〜
オムニバス ドワンゴ・エージー・エンタテインメント アルバム8位
Vocaloconnection オムニバス EXIT TUNES 2012年8月1日 アルバム5位
星ノ少女ト幻奏楽土 cosMo@暴走P feat. 初音ミク・GUMI EXIT TUNES 2012年8月15日 アルバム9位
ODDS&ENDS/Sky of Beginning ryo(supercell) feat. 初音ミク/じん(自然の敵P)feat. 初音ミク ソニー・ミュージックダイレクト 2012年8月29日 シングル14位
Weekender Girl/fake doll kz(livetune) feat.初音ミク/八王子P feat.初音ミク トイズファクトリー 2012年8月29日 シングル21位
初音ミク ミクの日大感謝祭 LIVE CD キャラアニ 2012年8月29日
Birthday Songs For 初音ミク オムニバス U-Rythmix records 2012年8月31日
電脳旅団-サイバーブリゲイド- PolyphonicBranch BinaryMixx Records 2012年9月5日
ALL THAT 千本桜 オムニバス dmARTS 2012年9月12日
V love 25〜Desire〜 オムニバス BinaryMixx Records 2012年9月19日 アルバム48位
ボカロ超ミックス39 feat. 初音ミク オムニバス EMI 2012年9月26日
Story of Hope ゆよゆっぺ VOCALOID RECORDS 2012年9月26日
ミク★パンク 創世編 オムニバス ビクターエンタテインメント 2012年10月24日
ミクパンク 80'S オン キャプテンレコード オムニバス ウルトラ・ヴァイヴ 2012年10月24日
Heartsnative 2 MOSAIC.TUNE feat. 初音ミク ジェネオン・ユニバーサル 2012年11月7日 アルバム24位
VOCAROCK collection 4 オムニバス FARM RECORDS 2012年11月28日 アルバム41位
増殖気味 X≒MULTIPLIES HMOとかの中の人。(PAw Laboratory.) U.M.A.A 2012年12月19日 アルバム21位
POP★sTAR the VOCALOID オムニバス VOCALOID RECORDS 2012年12月19日
EndlessroLL ひとしずく×やま△ feat. 鏡音リン、鏡音レン EXIT TUNES 2012年12月19日 アルバム14位
Noel-Loid2 オムニバス U-Rythmix records 2012年12月21日
イニシエーション 渋谷慶一郎+東浩紀 feat. 初音ミク ソニー・ミュージックダイレクト 2012年12月26日
V Love 25 〜Exclamation〜 オムニバス BinaryMixx Records 2013年1月9日
初音階段 非常階段 starring 初音ミク U-Rythmix records 2013年1月16日
イーハトーヴ交響曲 冨田勲 日本コロムビア 2013年1月23日
天響ノ和樂 オムニバス VOCALOID RECORDS 2013年1月23日
vocantabile 〜storia〜 オムニバス TEAM Entertainment 2013年1月30日
Vocalosensation オムニバス EXIT TUNES 2013年2月20日
初音ミク -Project DIVA- F Complete Collection オムニバス ソニー・ミュージックダイレクト 2013年3月6日
5th ANNIVERSARY BEST 黒うさP feat.初音ミク HPQ 2013年3月6日
シンタイソクテイ 40mP feat. 初音ミク、GUMI EXIT TUNES 2013年3月20日
みんな幸せにな〜れ! うたたP feat.初音ミク、MAYU、結月ゆかり EXIT TUNES 2013年4月17日
僕は初音ミクとキスをした みきとP feat. 初音ミク EXIT TUNES 2013年4月17日
V Love 25 〜Fortune〜 オムニバス BinaryMixx Records 2013年4月24日
突然段ボロイド 突然段ボール U-Rythmix records 2013年5月8日
Reboot ジミーサムP feat.初音ミク、巡音ルカ EXIT TUNES 2013年5月15日
トラボティック・シンフォニー トラボルタ feat.初音ミク、鏡音リン、鏡音レン、巡音ルカ EXIT TUNES 2013年6月5日
VOCALOID超BEST
-memories-
オムニバス ソニー・ミュージックダイレクト 2013年10月2日(予定)
VOCALOID超BEST
-impacts-
オムニバス ドワンゴ・エージー・エンタテインメント

音楽CDとしての発売ではないものとして、2008年2月28日発売のゲームソフト「トリノホシ 〜Aerial Planet〜」の特典CDに「feat.初音ミク」名義のイメージソング4曲が収録されている。また、2010年2月3日にグッドスマイルカンパニーと音楽レーベルMOERによる、冬をテーマとした楽曲のCDと雪の結晶をあしらった ねんどろいど「雪ミク」のセット「VOCALOID SEASON COLLECTION 〜SNOW SONGS〜 ねんどろいどぷち 雪ミクセット」が1万セット限定で発売されている[20]

ミュージック・ビデオ[編集]

タイトル アーティスト レーベル リリース 販売形態
初音ミクDVD〜impacts〜 オムニバス ドワンゴ・ミュージックエンタテインメント 2010年2月10日 DVD
初音ミクDVD〜memories〜 オムニバス ソニー・ミュージックダイレクト DVD
初音ミクVision オムニバス ポニーキャニオン 2011年7月20日 DVD
Vocalo Vision オムニバス ポニーキャニオン 2011年12月21日 DVD
創造Endless 三重の人 ジェネオン・ユニバーサル 2012年11月28日 DVD
Best Selection of わかむらP わかむらP ソニー・ミュージックダイレクト 2013年2月6日 Blu-ray Disc
DVD

ライブ・ビデオ[編集]

タイトル レーベル リリース 販売形態
ミクの日感謝祭 39's Giving Day 5pb.Records 2010年9月1日 Blu-ray Disc
DVD
UMD
初音ミク ライブパーティー 2011 角川書店 2011年11月16日 Blu-ray Disc
DVD
MIKUNOPOLIS in LOS ANGELES “はじめまして、初音ミクです” セガ 2011年12月21日 Blu-ray Disc
DVD
初音ミク ミクの日大感謝祭 初音ミクライブパーティー2012(ミクパ♪) セガ 2012年8月29日 Blu-ray Disc
DVD
初音ミク ミクの日大感謝祭 初音ミクコンサート 最後のミクの日感謝祭
HATSUNE Appearance ムービック 2013年4月26日 Blu-ray Disc
初音ミク ライブパーティー 2013 in Kansai(ミクパ♪) 角川書店 2013年8月30日 Blu-ray Disc
DVD
初音ミク HATSUNE Appearance 夏祭初音鑑 角川書店 2014年1月26日 Blu-ray Disc
DVD

KarenTによる配信[編集]

以下はクリプトン・フューチャー・メディアのレーベル「KarenT」によりiTunes StoreAmazonMP3、moraなどから販売されている初音ミクを用いたコンテンツ。なお、これらの他に、KarenT以外により初音ミクの名前が明記されない形でiTunes Storeから販売されている楽曲[21]もある。

アルバム[編集]

2008年・2009年[編集]

タイトル アーティスト リリース日
トラボティック・チューン トラボルタ 2008年12月18日
Interlude North-T
NEXT(Ver.i) feat. 初音ミク そそそ(津久井箇人)
鮭Tunes Shake Sphere 2009年1月8日
Voice Electronique Chiquewa
Resound OneRoom
Fragments Dixie Flatline 2009年2月19日
Virtual Songs 匿名希望の東京都在住
SIGNALOID BOX シグナルP 2009年3月11日
delicious minato 2009年3月25日
羽糸 Clean Tears 2009年4月1日
ハジメテノオト/未来の歌 malo 2009年4月3日
ライカ 彩音 〜xi-on〜 2009年4月14日
STYLE.TUNE SHUN 2009年4月17日
Utopia otetsu 2009年5月1日
Colorful Light DopeRabbit 2009年5月13日
電彩想歌 ヤスオ 2009年5月20日
春告草 稲敷常州 2009年5月22日
Tennessee Tunes もちーべP 2009年5月27日
Various Feelings "shu-t's Works" shu-t 2009年5月27日
Synthesis Tripshots 2009年6月11日
CAUTION tetsuo
Evils Theater mothy 2009年6月17日
period 1 Re:nG 2009年6月19日
希望ノ花束 - starry tunes - minao 2009年6月24日
ephemera ryuryu
星を掴もうとした緑髪少女。 月面。 2009年7月1日
卓上青空 GonGoss 2009年7月3日
Butterfly のりぴー 2009年7月8日
UMOREMIX ONLINE ブンガP
傲音 MOL 2009年7月15日
crow's-nest U-ta/ウタP
インカーネイション(feat. 初音ミク) HSP 2009年7月22日
No Image Kots Beirne 2009年7月29日
しゅがー☆ぱーてぃくる ShibayanRecords 2009年8月5日
キミノコエ Yoshihi
時空ポケット gomezkei 2009年8月12日
SPiCa とくP
ロミオとシンデレラ doriko 2009年8月19日
Intolerant Space ElektLyze 2009年8月26日
COLOR とくP 2009年8月31日
Magic Chiquewa
4 on the floor Clean Tears
No answer otetsu
link Re:nG
wktk_hello SHUN
M.A. shu-t
future Tripshots
創世記 U-ta/ウタP
愛の翼-Eternal song- feat. 初音ミク そそそ(津久井箇人)
マジックハンド ライブP
Survivor-Manual Edit Ver.- 匿名希望の東京都在住
[It's not] World's end 月面。
RiNG My BeLL とくP
STARLET otetsu 2009年9月9日
CORE AVTechNO! 2009年9月16日
聖調ぶりる歌曲集 ぶりる 2009年9月23日
Tennessee Tunes 2 もちーべP 2009年10月1日
732日 malo 2009年10月1日
Harmonia P∴Rhythmatiq 2009年10月7日
I love loop / 単調 AVTechNO! 2009年10月14日
アンバランスジャージディスコミュニケーション SWANTONE
CHOM-P BEST TRAX! TakeponG 2009年10月20日
We are POP☆CANDY! Runo 2009年10月21日
vostok E.P. あつぞうくん 2009年10月21日
残響のピース apple41
エクスプロリズム X-Plorez 2009年10月28日
うわのそら 浮気P
冬のさくら。 AVTechNO! 2009年11月4日
カプセル バルP & 束子P 2009年11月11日
Volatile バルP & 束子P
トウキョウエンドロウル ゆに 2009年11月18日
connect U-ske 2009年11月25日
Heartful Cookie BIRUGE 2009年12月2日
Rise of Dark 〜 MRH featuring VOCALO FAMILY いーえるP @ TinySymphony 2009年12月9日
First Contact AETA(イータ)
二人のX'mas Night ROY 2009年12月11日
君よミクの望みの喜びを AVTechNO! 2009年12月16日
E-ROiRO AVTechNO!
ローリーズルーム すこっぷ
キンクマブルース 磯P 2009年12月23日
Tripster yusuke

2010年[編集]

タイトル アーティスト リリース日
Dive Into Sky High /Degenerate -デジェネレイト- テラ小室P 2010年1月6日
誰よりもHappyDay feat.初音ミク 匿名希望の東京都在住 2010年1月13日
A to the world モノローグP
創造 AVTechNO! 2010年1月20日
NELNELNEL AVTechNO!
バイビーベイビーサヨウナラ saiB 2010年2月3日
青に溶けてゆく ミナグ
いつもより泣き虫な空 れるりり 2010年2月10日
DYE AVTechNO!
刹那魔術(セツナ・マジック) 刹那P 2010年2月17日
Stray Light wintermute 2010年2月24日
ほらご覧 フナコシP
ハナガノビール ピノキオP 2010年3月3日
NextOne -KrnT edit- Re:nG 2010年3月10日
ワールドアウトサイド / 二人の虹 arata 2010年3月17日
brand new day U-ske 2010年3月24日
桜花繚乱 マチゲリータ
さくら いろな
夕暮れと明日の唄 〜Graduation〜 BIRUGE
一度きりの物語 いーえるP @ TinySymphony
さくらだより Clean Tears
Sailing to Hope バルP
はるかぜ、ふわり。 ムスカP(狐夢想)
サクサクラッキーガール EP Studio IIG
Telepathy Ohnuma 2010年3月26日
阿部犬の日曜日のあさ。 AVTechNO! 2010年4月1日
9ronicle+ monaca(10日P) 2010年4月7日
てのひらの青 つるつる
Favor Hal 2010年4月21日
night drive e.p effe
rhythm symphony river 2010年4月23日
ウォーター あつぞうくん 2010年4月28日
オトメ☆純情☆発信中 ぶりる
Day to Day SHUN P
AIMS shu-t 2010年5月4日
怠慢アンソロジー ∀studio 2010年5月7日
Neko seT daniwellP
CORE-KrnT edit- otetsu 2010年5月10日
SHELL otetsu
eKlosioN m@rk 2010年5月21日
tautology m@rk
falldown ←P 2010年5月26日
宇宙ラジオ-STARDUST MIX- ←P
Little Wings-type B- Caz 2010年5月31日
ほんのきもち フナコシP 2010年6月2日
ディスコ・ファンタジカ / CLOUDY SWANTONE
雨どきラバー ぶりる 2010年6月9日
in the rain テラ小室P
雨音、既視感 X-Plorez
坂の町と雨 稲敷常州
Rainy Day バルP
ヘクトパステル 束子P
雨、彩れば。 Wato
Rain*Sweet*Umbrella U-ske
ネガポジサイクル / 藍と真 疾風P 2010年6月11日
サピエンティア・ステラエ ブンガP
CABA AVTechNO! 2010年6月16日
69 AVTechNO!
あなたはどのミクに恋をしますか 恋竹林
いくつもの夜を越えて れるりり 2010年6月18日
私は私を騙したい フナコシP
stellar place e.p. そらいろくらぶ 2010年6月23日
cosmic tones yusukeP
Arrive You koyori 2010年6月30日
Dive'N'Arrive 磯P
ネギさま!Bravo☆ runo 2010年7月7日
夏色列島 ムスカP(狐夢想)
クルクルシーソーゲーム Studio IIG
キコエテイマスカ… G@POPO
Last Scene e.p そらいろくらぶ 2010年7月9日
Contradiction AVTechNO! 2010年7月14日
forest, refrain PHOENIX Project
思慮するゾンビ FICUSEL
C AVTechNO! 2010年7月21日
Feminity 〜素直なわたし〜 AVTechNO!
feminity project"EATA"
sss e.p. effe 2010年7月28日
REBOOT feat. 初音ミク そそそ (津久井箇人)
ユリカゴカラハカバマデ nakanoise 2010年8月4日
スターライトトラベラー スターライトP / Benjamin
EVILS FOREST mothy 2010年8月10日
サクハナ チルハナ ブンガP 2010年8月11日
サイケな夢 牛心隊長amin
比較対象 バルP 2010年8月18日
Live my Life KulfiQ 2010年8月25日
朝顔節 VOCALOTUS 2010年8月31日
Astronaut あルカP(M@SATOSHI)
黒のツバサ そそそ(津久井箇人)
まぜてよ☆生ぶりる ぶりる
KVLR AVTechNO!
シンカーソングライター AETA(イータ)
エンカウンター Re:nG
あなたのいる場所 -Important Place- shu-t
眩壊グレイアウト S TakeponG
ミクのヒミツノート ジェバンニP
Set digital Clean Tears
ユメロケッツ-Remix- 匿名希望の東京都在住
Earth Song だいすけP
トゥインクル×トゥインクル EasyPop
Puzzle 恋竹林 2010年9月15日
幻術ビニールハウス カオスP
キミノソバニ AVTechNO! 2010年9月22日
ウタカタ studio balabushka
一時、迷いのおままごと フナコシP 2010年9月29日
a song for your melancholic sleep おず(単色P) 2010年10月6日
retimer なぎみそ 2010年10月11日
はなゆりかご iroha (sasaki) 2010年10月13日
彩花 iroha (sasaki)
moon iroha (sasaki)
H!!gh $pё¢ ℃Θmp∪tεЯ himawari 2010年10月15日
アキアカネ andromeca 2010年10月20日
Fomalhaut Studio IIG
畦道を行こう BIRUGE
秋の想い、春の声 てとてと@情熱P
音のない部屋の中で whoo 2010年10月22日
ネオロマンチスト Re:nG 2010年10月27日
Knife れるりり 2010年10月29日
parallel†unbalance Studio IIG
THE HEART SUTRA (サンスクリットによる般若心経) VOCALOTUS 2010年11月2日
マンボウが見てたゆめ 家の裏でマンボウが死んでるP
待ちぼうけサンセット 字も絵も下手っP
やり過ごせるだろ フナコシP 2010年11月10日
Tone color AVTechNO!
楓 -ver.2.0 Clean Tears 2010年11月17日
Homeland ryuryu
嵐の予感! ムスカP(狐夢想) 2010年11月19日
ハロ / ハワユ ナノウ
Vista そらいろくらぶ 2010年11月24日
±(Plus Minus) AVTechNO! 2010年12月1日
SCENE OF ATTRACTION himawari 2010年12月3日
P∴Rhythmatiq Darkside P∴Rhythmatiq
ソングス ホワホワP 2010年12月8日
スピニング・ロータス VOCALOTUS 2010年12月10日
ソノ雨ハ音モ無ク るなちゅ
ai るなちゅ
おやすみなさい ムスカP(狐夢想)
非対称ARTs バルP&束子P 2010年12月13日
ぴったんこ 空中分解 2010年12月14日
アンテナガール 空中分解
素直になれたら featuring 初音ミク ミュー・クリップス
Quarter Junky 2010年12月15日
T-POCKET T-POCKET
emergenc U-ske
聖夜、愛犬がビデオデッキに詰まる 家の裏でマンボウが死んでるP 2010年12月17日
世界の種を抱いて VOCALOTUS
つぶやきの魔法 VOCALOTUS 2010年12月20日
なんて小粋な常套句 フナコシP
秘密警察 ぶりる

2011年[編集]

タイトル アーティスト リリース日
Hopeless Track / Innersoul Studio IIG 2011年1月5日
透明水彩 retake ヤスオ 2011年1月12日
Liberator 〜解放者〜 いーえるP @ TinySymphony
スピニング・ロータス VOCALOTUS
LENS otetsu 2011年1月17日
AVTechNO↑ AVTechNO! 2011年1月19日
セピアレコード ぽわぽわP 2011年1月21日
ミュージックガンガン!2 オリジナルソング feat.初音ミク ミュージックガンガン!2オリジナル 2011年1月26日
TKp product pure テラ小室P
OYASUMI EP ONIKO
Boringman DANCE フナコシP 2011年2月2日
COLORS NATARIE IN THE DREAM
Planet Dance U-ji aka 霊長類P 2011年2月4日
Chip Tears U-ji aka 霊長類P
poncotsu ピノキオP 2011年2月9日
Alato minimo フェイP 2011年2月14日
涙色アルバム フェイP
ブロッサムスパイス 家の裏でマンボウが死んでるP 2011年2月18日
Draw the Emotional × AVTechNO! AVTechNO! 2011年2月23日
惑星 whoo
Progressive Android YS
entrance 糞田舎P 2011年2月25日
The raingazer's song 36g 2011年3月2日
プラチナ -shinin' future mix- monaca:factory 2011年3月9日
おニューのかさぶた、ペットに食われろ 家の裏でマンボウが死んでるP 2011年3月16日
Abyss SHUN 2011年3月23日
アストロ ←P 2011年3月30日
徒夢 ←P
Actress Again ver.2 SHIKI
Pray for you feat. 初音ミク そそそ (津久井箇人) 2011年4月1日
想うの事 フナコシP 2011年4月6日
火星にゆれる水声 monaca:factory
バフォメット kiichi
やしまユニテ kiichi
自転車とスケッチブック BIRUGE 2011年4月13日
アーパスの独り言 ムジカデリク
nostalgia ムジカデリク
春の一歩 BUNGALANGIT 2011年4月15日
P 鬱P
ワンステップ・レイヤード Last Note.
サクラ*スノウドーム minao 2011年4月20日
少女未遂 古墳P
できること AVTechNO! 2011年4月27日
The Endless Love HSP 2011年4月28日
colors 骨盤P
iDOLLA ELECTROCUTICA
カガリビト millstones
バベル ATOLS
メテオ じょん
太陽と月のロンド PolyphonicBranch 2011年5月11日
すべてが終わってしまう前に arata 2011年5月18日
パラドックスガール ゆに 2011年5月25日
恋のアルゴリズム クヌースP
clocks 虹原ぺぺろん 2011年5月30日
プラチナロマンス Re:nG
Strobe Last.EP ぽわぽわP 2011年6月1日
リセットサンセット ∀studio 2011年6月8日
ラストエフェクト Last Note. 2011年6月15日
タイガーラブズドラゴン 家の裏でマンボウが死んでるP
Re: フェイP
Artificial Rainbow Clean Tears 2011年6月20日
プラネタルーム / 茜射す SWANTONE 2011年6月20日
審問少女 VS 青春の殺人者 EP kiichi
Smile Knight EP kiichi
Till Tears Overflow EP Sevencolors 2011年6月24日
Tired of the World YS
グルームリミット ぶりる
雛逃げ はんにゃG
ハローワールド ゆちゃP 2011年6月29日
アシタディスク k_zero+A
freesiafarm D.R.G. G@POPO
HEROINES ep Caz 2011年7月6日
Four seasons ROY
Re-collect 彩音 〜xi-on〜 2011年7月13日
原罪と未来のジレンマ / Only a little 疾風P
ブルーエッグ幻想曲 / Between The Real and Fairy tale. 疾風P
change of seasons- ミュムP
LIFE AS MUSIC ONIKO 2011年7月20日
Electronic Circuits クヌースP 2011年7月27日
黄昏ホリック millstones
DigiStyling Dios/シグナルP 2011年8月3日
DDDDDDDDDDDLP daniwellP 2011年8月10日
A+D SENSATION daniwellP
不確定性シンパシー AETA(イータ) 2011年8月31日
Chaining Intention Re:verse mix ELECTROCUTICA
流星サウンド Sevencolors
レッドパニッシュメント Sevencolors
Ready to Fight for yourself... ミナツキトーカ(パンドリストP)
chameleon Sevencolors
ラストスロープ Sevencolors
スウィートビター Sevencolors
パラダイムシフト Sevencolors
恋のベーカロイド G@POPO
NEXT DOOR/Promised wind テラ小室P
CHIP TEARS E.P. U-ji aka 霊長類P
To be style Clean Tears
Mine Re:nG
いままでもこれからも D.S.L
Let's go! あルカP(M@SATOSHI)
私の世界 くちばしP
So much loving you★ 古墳P
GROW feat. 初音ミク そそそ (津久井箇人)
ESP Chiquewa
神曲 おにゅうP
宙ノ未来 Studio IIG
NEVERLAND -君はピーターパン- U-ji aka 霊長類P
どえむ ぶりる
ミクの夏休み ジェバンニP
Toy Box!! himawari
見えない黒に堕ちてゆけ kaoling
爺Temptation SHUN
花物語 クヌースP
Nyanyanyanyanyanyanya! daniwellP
箸休め 箸休
夢見人 だいすけP
R 恋竹林e 2011年9月2日
EVILS COURT mothy
NUDE otetsu 2011年9月5日
CRYONICS AVTechNO! 2011年9月21日
おとぎ話 ゆちゃP
Trump ゆちゃP
ナガレモノノ儀 nakanoise 2011年9月28日
ARCA ELECTROCUTICA
アンラッキー・ガール クヌースP
Re:quiem [Melas] ELECTROCUTICA 2011年10月12日
(っ*'ω'*c) AVTechNO!
紅茶と甘さと好きの分量 オレジナルP 2011年10月24日
Summer Driver ちえ
黄昏の空 箸休
call me テラ小室P
Sweet Love ぱんだっち
ブラックコーヒー U-ji aka 霊長類P
あたしタマゴ クヌースP 2011年10月26日
止まった時を旅する少女 D.S.L 2011年11月9日
インディケーション デスティネーション D.S.L 2011年11月16日
プロレマティック X-Plorez 2011年11月30日
プラネタリウム Heavenz 2011年12月7日
Imitation Heavenz
Just call my name Heavenz
妄想デイトリッパー Heavenz
ユラメク Heavenz
piano android おず(単色P) 2011年12月9日
ただ、今は君が好き / Request! arata 2011年12月14日
maging Cross Sympathy 〜交差する想像共感 SIDE-M〜 U-ji aka 霊長類P
初音ミク TEAR AVTechNO!
短剣と冒険者の服 ゆにめも 2011年12月21日
uniStage ゆにめも
夢みることり はやや
Season's キッドP
SONG LINE T-POCKET 2011年12月26日
Sweet Logic 古墳P

2012年[編集]

タイトル アーティスト リリース日
Dead Ball Project vol.1 デッドボールP 2012年1月6日
Sonorous Clean Tears
Light Falls yuxuki waga 2012年1月11日
World of Musical himawari
暗闇のスキャナー クヌースP
Solar stream Studio IIG
Dead Ball Project vol.2 デッドボールP 2012年1月18日
Dead Ball Project vol.3 デッドボールP
Dead Ball Project vol.4 デッドボールP
Dead Ball Project vol.5 デッドボールP
a Northern Song ムスカP(狐夢想) 2012年1月19日
あしあとふたつ バルP
Snowbound Studio IIG
恋のEXPRESS TRAIN runo
luminosity D.S.L
BRaNE WoRLD スターライトP/Benjamin 2012年1月20日
さよならサリンジャー SWANTONE 2012年2月1日
月西江 solpie 2012年2月8日
Plankton Luna
戦国図 solpie
8秒 AVTechNO! 2012年2月14日
ラプンツェルに迎えは来ない/龍の卵 ブンガP 2012年2月15日
月光燈 ブンガP
Sign ep yuxuki waga 2012年2月22日
千本桜 黒うさP 2012年2月29日
カンタレラ 黒うさP
ラティメリアは夢を魅る monaca:factory 2012年3月2日
一心不乱 梅とら 2012年3月23日
アカツキアライヴァル Last Note. 2012年3月28日
君がそばにいるように/僕らのつづき じょん 2012年3月29日
まほらま つるつる
ラウンドアラウンド Heavenz
ぼくらのレットイットビー はりーP
百年夜行 PolyphonicBranch 2012年4月4日
オメガ ATOLS
Fines ep whoo 2012年4月20日
Nyan Cat EX daniwellP 2012年4月27日
UNDER otetsu 2012年5月1日
カラココロ EP ELEGUMI TOKYO 2012年5月7日
KISS ME BABY!!! EP ELEGUMI TOKYO
Jailbreak from the Sunday Morning!! もっふーP 2012年5月7日
TrioLine -トリオライン- 彩音 〜xi-on〜 2012年5月14日
Systemind Paradox Heavenz
アコゥスティカ BIRUGE 2012年5月16日
My fair lady 恋竹林e 2012年5月18日
飛ぶ教室 Plutonius(ハヤカワP)
はじまりのおわり ばぶちゃん
激情トラジェディー Re:nG 2012年5月23日
VOCALO.ID VOCALO.ID
NADIA D.S.L 2012年6月15日
We are friends,aren't We? 宮沢もよよ
HAPPY COLOR GUMMY YS 2012年6月26日
風待ちハローワールド add9(ヘリP) 2012年6月27日
Casino! ゆちゃP 2012年7月4日
ジェムシリカ D.S.L 2012年7月6日
こちら、幸福安心委員会です。 t.Komine (うたたP)
semitranslucent andromeca 2012年7月13日
きくおミク きくお
曇日 kiichi 2012年7月25日
aster 骨盤P 2012年8月1日
IVVVI AVTechNO! 2012年8月2日
STARLiT−心の居場所− Luna 2012年8月6日
flowertone 古墳P 2012年8月8日
〆 -Deadline Clean Tears 2012年8月22日
ハジメテノオト Strings ver. KARENT 2012年8月31日
Sunrise Clean Tears
seeds of affection AETA(イータ)
大好きだよって言えたらいいのに koushirou
優刻の街 オレジナルP
残滓 -ZANSAI- Ebot
運命の歯車を廻して feat. 初音ミク そそそ (津久井箇人)
ハッピースウィートプロセッサー amyu
ね・ぎ・ら・う・よっ! U-ji aka 霊長類P
最終鬼畜少女 ぶりる
ウマデミック・パラダイス X-Plorez
純情ボーイミーツガール ∀studio
悲しみのプロローグ/願い キセノンP
螺鈿の骨 ばぶちゃん
アグレマティック shu-t
妖精族のむすめ YS
Resonant Gene Re:nG
夏の絵日記 彩音 〜xi-on〜 2012年9月5日
DIVINE -神曲- キセノンP
スケープゴート・アンプリファー Re:nG 2012年9月19日
TKp product wing テラ小室P
ドラマチックメモリー デスおはぎ 2012年10月10日
永遠に幸せになる方法、見つけました。 t.Komine (うたたP) 2012年10月17日
Robot Rock feat.初音ミク ELEKI 2012年10月24日
Daybreak Rockers KITOTAN 2012年10月29日
ハロウィンパティスリトリカトルカ マチゲリータ 2012年10月31日
パンプキンヘッドスプーキィダンス マチゲリータ
ドリィムメルティックハロウィン マチゲリータ
今では y0c1e 2012年11月1日
la la la la Chiquewa 2012年11月9日
KOLLECTION+OI ELECTROCUTICA 2012年11月10日
きくおミク2 きくお 2012年11月14日
The Rockafeller Skank feat.初音ミク エレキ 2012年11月21日
しせつかんや Solpie p
夕暮ファインダー 彩音 〜xi-on〜
魂のルフラン feat.初音ミク 守屋くん 2012年12月5日
Sevencolors 1st mini album Infrared Sevencolors
Sevencolors 2nd mini album apricot carol Sevencolors
Sevencolors 3rd mini album Yellow Star Airlines Sevencolors
LAST CHRISTMAS feat.初音ミク エレキ 2012年12月14日
四季郷音 SolPie p 2012年12月18日
Evergreen yuxuki waga 2012年12月26日

2013年[編集]

タイトル アーティスト リリース日
Your AVTechNO! 2013年1月9日

ミュージック・ビデオ[編集]

タイトル アーティスト リリース
Nebula Tripshots 2009年6月3日
VOiCE・PV ラヴリーP/ニョホホ 2010年7月16日
火葬曲 No.D/ 上野悠仁
捨て猫ロシアンブルー SHUN P
EX-GIRL くちばしP/ミロ 2010年11月12日
SilentNight エナメルP 2010年12月22日
Chaining Intention ELECTROCUTICA&MASATAKA 2011年8月31日
【MMD】glow【PV】 ねるどら

ライブイベント[編集]

以下のもの以外にも、初音ミクユーザーによるクラブイベントや生ライブといった催しが個人主催も含め多数開催されている[22][23]

2009年[編集]

Animelo Summer Live 2009
2009年8月22日にさいたまスーパーアリーナで開かれたドワンゴ文化放送が主催のアニメソングライブイベント「Animelo Summer Live 2009」に初音ミクがアーティストとして出演。姿形はスクリーン上のアニメーションにて表現された[24]
ミクフェス '09(夏)
2009年8月31日に初音ミク発売2周年を記念し東京・新木場のライブハウス「STUDIO COAST」にて開催されたインクストゥエンター主催のライブイベント。初音ミクの姿はディラッドボードという透明なスクリーンに投影して表現され、参加アーティストが初音ミクの歌とダンスに合わせ演奏を行った(デッドボールPについてはステージパフォーマンスを披露)[25]。参加アーティストは「鶴田加茂(ika)&MOSAIC.WAV」、「デッドボールP」、「ちーむMOER」(OSTER projectdoriko、19's sound factory)、「livetune」、「supercell」。
アニメフェスティバルアジア2009
2009年11月21日と22日にシンガポールで開かれた東南アジア最大規模のアニメフェスティバル「アニメフェスティバルアジア2009」で21日に行われたコンサートに出演[26]。姿形はスクリーン上のアニメーションにて表現され、「みくみくにしてあげる♪」など3曲を披露した[26]。なお、この公演への出演は、当時は初音ミクの「海外初公演」として報じられたが[26]、2012年現在は初音ミクの海外公演として数えられてはおらず、2011年7月にアメリカで開催された「MIKUNOPOLIS」が初の海外公演として扱われている[27]

2010年[編集]

ミクの日感謝祭 39's Giving Day
2010年3月9日に3月9日を「ミクの日」と称して東京のZepp Tokyoで行われた、ミクの日感謝祭/セガ主催の初音ミクのソロコンサート。当初は「Project DIVA presents 『初音ミク・ソロコンサート 〜こんばんは、初音ミクです。〜』」として夜一公演のみが開催予定であったが、チケットの購入希望が予想を大きく上回ったことから同日昼に「ミクの日感謝祭 39's Giving Day Project DIVA presents 『初音ミク・ひるコンサート 〜こんにちは、初音ミクです。〜』」が追加公演として加わり昼夜2部構成となった[28]。初音ミクの他に鏡音リン・レン、巡音ルカも登場し、アンコールも合わせて計39曲を披露[29]。キャラクターの姿はディラッドボードに投影して表現された[29]
同公演については2010年8月31日にフィルムコンサートが「ミクの日感謝祭 39's Giving Day初音ミク・フィルムコンサート 〜ありがとう、初音ミクです。〜」として日本国内10カ所の劇場で同時開催されたのをはじめ、日本国内外でフィルムコンサートが催されている[30][31]。2010年9月1日にはBlu-ray、DVD、CD、UMDで『ミクの日感謝祭 39's Giving Day Project DIVA presents 初音ミク・ソロコンサート〜こんばんは、初音ミクです。〜』が発売され、Blu-ray版が9月13日付オリコンミュージックBDランキングで1位を獲得した[32]
また、このライブで演奏された楽曲の一部は、音源とモーションデータを利用して2011年11月10日発売のリズムゲーム「初音ミク -Project DIVA- extend」にも収録されている。

2011年[編集]

初音ミク ライブパーティー 2011 -39's LIVE IN TOKYO-
2011年3月9日に3月9日を「ミクの日」と称して東京のZepp Tokyoにて5pb.の主催で行われた。これ以降日本国外を含め複数回開会されることとなる「初音ミク ライブパーティー(ミクパ♪)」の初公演[33]。日本国内15箇所の劇場への中継するライブビューイングも行われた[34]。初音ミクの他に鏡音リン、鏡音レン、巡音ルカも登場し、アンコールも合わせて計39曲を披露[35]、キャラクターの姿は前年のミクの日感謝祭のような透明なスクリーンではなく、ステージ上に設置された黒いスクリーンに投影して表現された[36]。黒いスクリーンの使用については、ライトの映り込みも無く姿が鮮明になり、演出の幅も広がった一方、黒いスクリーンの場所がステージの上で浮いてしまい、実際に存在するかのような感覚は薄れてしまったとも言われる[36]
2011年11月16日に本公演と同年8月の札幌でのミクパ♪の模様を収録したBlu-ray、DVD、CDが発売された。
MIKUNOPOLIS in LOS ANGELES
2011年7月2日(日本時間3日)にアメリカ合衆国ロサンゼルスノキアシアターにて、日本のアニメ・漫画のイベント『Anime Expo 2011』の一環として開催された、日本国外で初の単独ライブ[37]。当初は1階席3500席分のチケットが用意されていたが、2週間で売り切れたため、追加分を含め6000席が用意され(ノキアシアターは最大7100席だが、ディラッドボードの視認性の都合から端の席は販売されていない)[38][37]、約5000人の観客を集めた[39]。2010年3月9日に行なわれた『ミクの日感謝祭』をベースに改良を加えたもので[38]、初音ミクの他に鏡音リン、鏡音レン、巡音ルカも登場し、アンコールも合わせて計23曲を披露した[37]。2011年11月にライブCDが、12月にはBlu-ray、DVDと公式写真集が発売された。
この公演は、2012年3月に社団法人デジタルメディア協会(AMD)の、優秀なデジタルコンテンツなどの制作者を表彰する「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー'11/第17回AMDアワード」で、大賞/総務大臣賞を受賞した[40]
初音ミク ライブパーティー 2011 39's LIVE IN SAPPORO
2011年8月16日、17日の2日間にわたり札幌市教育文化会館にて開催された。17日の公演についてはライブビューイングも行われ、日本国内のほか台湾香港、韓国の劇場へも中継された[41]。同年3月に東京で解されたミクパ♪とは内容が異なり、キャラクターの姿にはディラッドボードと東京公演で使われたスクリーンが併用され、曲は計27曲を披露した[42]
2011年11月16日に本公演と同年3月の東京でのミクパ♪の模様を収録したBlu-ray、DVD、CDが発売された。
HATSUNE MIKU LIVE PARTY in Singapore 2011
2011年11月11日に行われたミクパ♪のシンガポール公演。東南アジア最大規模のアニメフェスティバル「アニメフェスティバルアジア2011」内のイベントとして開催され、2300人の観客を集めた[43]

2012年[編集]

ミクの日大感謝祭
2012年3月8日、9日に、東京のTOKYO DOME CITY HALLにて、「初音ミクライブパーティー2012 ひる(ミクパ♪)」(8日昼)、「初音ミクライブパーティー2012 よる(ミクパ♪)」(8日夜)、「初音ミクコンサート 最後のミクの日感謝祭」(9日昼)、「初音ミクコンサート 最後のミクの日感謝祭 ファイナル」(9日夜)の計4公演が行われた。8日と9日で異なる内容となっており、8日の「初音ミクライブパーティー2012 ひる(ミクパ♪)」、「初音ミクライブパーティー2012 よる(ミクパ♪)」では、ディラッドボードとプロジェクタースクリーンを上下に配して、初音ミクの他、鏡音リン、鏡音レン、巡音ルカ、KAITOが登場し、計34曲を披露[44]。9日の「初音ミクコンサート 最後のミクの日感謝祭」、「初音ミクコンサート 最後のミクの日感謝祭 ファイナル」は、舞台中央にディラッドボードを配して、初音ミクの他、鏡音リン、鏡音レン、巡音ルカ、MEIKOが登場し、計28曲を披露した[注 13][45]。ミクの日感謝祭については、定例化して開催することは考えられていなかったが、前年にロサンゼルスで行われた『MIKUNOPOLIS in LOS ANGELES』の凱旋としてもう一度日本での公演を行いたいという意向から、「最後の」ミクの日感謝祭として開かれることになったものである[46]
4公演あわせて計1万人を動員したのに加え[47]、両日とも夜の部はインターネット放送と、日本国内の24館、上海、香港、台湾の映画館に中継された[48]
2012年8月29日には公演を収録したBlu-ray、DVD、CDが発売され、両公演を同梱した『初音ミク ミクの日大感謝祭 2DaysコンプリートBOX【Blu-ray+CD】 初回受注生産限定盤』については、9月10日付週間BDランキングで、総合では初となる1位を獲得した[49]
初音ミク 香港&台湾ファーストコンサート“ミクパ♪”
2012年10月2日に香港のKITEC Star Hallで、6日に台湾のTaipeishowにて開催された[27]。両地域とも始めての公演であったが、これ以前にはライブビューイングが2011年7月の「ミクパ♪札幌公演」、2012年3月「ミクの日大感謝祭」の際に映画館で行われていた[27]。日本ではTOKYO MXにて台湾公演のテレビ生中継が行われた[50]

2013年[編集]

初音ミク ライブパーティー 2013 in Sapporo (ミクパ♪)
第64回さっぽろ雪まつりに合わせ、2013年2月9日、10日に札幌市の札幌市民ホールにてMAGESの主催で開催された[51]。2011年より開催されてきた2年間の「ミクパ♪」の集大成と位置づけられ、前年の香港・台湾公演をベースに新曲を追加している[52]。NTTドコモのスマートフォン向け放送NOTTVでの生中継も行われている[53]
初音ミク ライブパーティー 2013 in Kansai(ミクパ♪) -39's Spring the 3rd Synthesis-
2013年3月9日に関西初の公演として和歌山県和歌山市和歌山ビッグホエールにて開催された[54]。主催はMAGES.とWOWOWで、WOWOWでの生中継も行われている[54]
2013年8月に公演を収録したBlu-ray、DVDが発売された[33]
マジカルミライ2013
2013年8月30日に横浜アリーナで開かれた初音ミクで過去最大級の複合型イベント『マジカルミライ2013』にてライブを開催[55]。このイベントは「『初音ミクのすべて』を1日で体験できるユーザー参加型文化祭」と銘打ったもので、ライブを行った「マジエリア」の他に、初音ミクの創作の文化の展示とワークショップの「カルエリア」、コラボレーション企画やグッズコーナーの「ミライエリア」が設けられた[56]。ライブは昼、夜の2公演で計1万4千人を動員し、また翌31日に日本国内外の映画館にて夜公演のライブ・ビューイングが行われた[55][57]TOKYO MXクリプトン・フューチャー・メディアが共同で主催。
2014年2月に公演を収録したBlu-rayが発売された。[55]

2014年[編集]

Project DIVA Presents MATSURI DA DIVA
2014年3月9日、TOKYO DOME CITY HALLで開かれた『Project DIVA Presents MATSURI DA DIVA』にて、ライブを開催[58]

カラオケ配信[編集]

初音ミクを用いて発表された人気楽曲の業務用カラオケでの配信については、まずJOYSOUNDにおいて『みくみくにしてあげる♪』(歌手名『ika_mo feat.初音ミク』)の2007年12月8日からの配信と『恋スルVOC@LOID』(歌手名『OSTER project feat.初音ミク』)の2007年12月15日のからの配信が決まり[59]、その後多数の曲が配信されるようになっている。ただし、上記2曲より後に配信された曲については、クリプトンからのキャラクター名使用の許諾を受けて歌手名に「feat.初音ミク」の表記が付けられるようになったのは2009年からである[60]。また2009年以降でも、初音ミクの表記をつけるかどうかは作者側が選択する形になっているため、初音ミクで発表された曲であっても歌手名に初音ミクの名前が無い場合もある[60]。カラオケでは特にJOYSOUNDではユーザーからの配信のリクエストを受け付ける「リアルタイムリクエスト」の仕組みを通じて多数の曲が配信されており、初音ミクなどのVOCALOIDで発表された曲がランキングの上位にも登場、2010年末にはJOYSOUND運営会社エクシングの子会社エクシング・ミュージックエンタテイメント社内に、これらの楽曲の使用料を管理するための音楽出版事業を行う「第二事業部」を設立している[60][61]。また、通信カラオケ最大手のDAMもJOYSOUNDを追う形で2010年10月よりVOCALOID関連楽曲の配信を開始し[62]、2011年にはピアプロとコラボしてカラオケ機種「LIVE DAM」ので使用する背景映像の一般募集も行っている[63]

書籍[編集]

漫画[編集]

メーカー非公式 初音みっくす(作:KEI、出版:ジャイブ
月刊コミックラッシュ』2008年1月号から連載が開始され、2010年12月号で連載終了。作画は初音ミクのキャラクターデザインを行ったKEI自身が手がけるが、キャラクターのイメージを固定しないよう非公式として扱われている。そのため、毎回設定が異なるオムニバス形式の単発ストーリーになっているのが特徴。2010年11月までに全3巻が発行された。
はちゅねミクの日常 ろいぱら!(作:おんたま、出版:角川書店
月刊コンプエース』2008年2月号より連載中の、デフォルメキャラクターのはちゅねミクを主人公にした4コマ漫画。作者の「おんたま」はOtomania(原案)とTamago(作画)によるユニットである。
初音ミク アンソロジーコミック(ジャイブ
多数の作家によるアンソロジーコミック。2巻まで発売されており、ピアプロとの連動企画で一般公募のイラストなども使われている。
みくよん(作:なぎみそ、出版:イースト・プレス
2008年10月30日発売。初音ミクをモチーフとした人工少女ミクを主人公とする連作の4コマ漫画。新装版が2014年4月17日発売。
週刊はじめての初音ミク(作:林健太郎、出版:集英社
週刊ヤングジャンプ』2010年40号から連載が開始され、2013年34月号で連載終了したギャグ4コマ漫画。単行本は全3巻。この漫画に登場する初音ミクの目は瞳がない白目の状態になっている。雑誌公式サイト内に作者ブログ「めざせ日刊 はじめての初音ミク」もある。
ちびミクさん(作:みなみ、出版:マイクロマガジン社
初音ミクをデフォルメした「ちびミク」を主人公とする4コマ漫画。連載はWEB上で行われ、2011年9月にコミック第1巻が発売された。
カンタレラ~碧の毒薬~ (原作:黒うさP、作画:壱加、出版:富士見書房
黒うさPが初音ミクとKAITOを用いて発表した曲「カンタレラ」の漫画化。2012年4月から『エイジプレミアム』で連載された。初音ミクをモデルにしたキャラクター「ルクレツィア」が登場する。
未来デリバリー ちいさなアシモフと緑の忘れ物(漫画:深山フギン、脚本:大塩哲史、出版:KADOKAWA/角川書店)
「初音ミク」をモチーフとした、SFロードムービー。2013年9月号から『コンプティーク』で連載された。
誰でもいいから付き合いたい(原作:卓球少年、作画:夢乃ハルカ、出版:PHP研究所)
卓球少年が鏡音レンを用いて発表した楽曲「誰でもいいから付き合いたい」を元にした漫画。初音ミクをモデルにしたキャラクターが登場する。2014年4月発売。

小説[編集]

悪ノ娘」ノベルシリーズ(作:悪ノP(mothy)、出版:PHP研究所
悪ノP(mothy)が鏡音リン・レンを用いて発表した「悪ノ娘」をはじめとする楽曲の小説化。2010年8月から2012年3月にかけて全4冊が刊行された。初音ミクをモデルにしたキャラクター「ミカエラ」が登場する。
桜ノ雨(原作・原案:halyosy、著:藤田遼、スタジオ・ハードデラックス(1巻)、雨宮ひとみ(2巻・スピンオフ)、出版:PHP研究所)
halyosy(森晴義)が初音ミクを用いて発表した曲「桜ノ雨」の小説化。初音ミクをモデルにしたキャラクター「未来」が登場する。2012年3月から2013年8月にかけて全3冊が刊行された。
初音ミクの消失-小説版-(原作:cosMo@暴走P、著作:cosMo@暴走P、阿賀三夢也、出版:一迅社
cosMo@暴走Pが初音ミクを用いて発表した「消失」シリーズの楽曲の小説化。2012年7月に発売。
秘蜜〜黒の誓い〜(作:ひとしずくP、出版:PHP研究所)
ひとしずくPが鏡音リン・レンを用いて発表した曲「秘蜜〜黒の誓い〜」の小説化。初音ミクをモデルにしたキャラクター「ミク」が登場する。2012年9月に発売。
秘密警察(原作:ぶりる、著:石沢克宜、出版:PHP研究所)
ぶりるが初音ミクを用いて発表した楽曲「秘密警察」を元にした小説。初音ミクをモデルにしたキャラクター「ハツネ・ミク」が登場する。2012年11月に発売。2作目が2014年1月に発売。
悪ノ大罪 ヴェノマニア公の狂気(作:悪ノP(mothy)、出版:PHP研究所)
悪ノP(mothy)が神威がくぽ等を用いて発表した楽曲「ヴェノマニア公の狂気」を元にした小説。初音ミクをモデルにしたキャラクター「ミクリア=グリオニオ 」が登場する。2012年12月に発売。漫画化されている。
こちら、幸福安心委員会です。(原作:うたたP、著:鳥居羊、出版:PHP研究所)
作詞鳥居羊、作曲うたたPにより初音ミクを用いて発表した楽曲「こちら、幸福安心委員会です。」を基にした小説。女王サイレンなど初音ミクをモデルにしたキャラクターが登場する。2013年1月から2014年1月にかけて全3巻が発売された。
悪ノ大罪 悪食娘コンチータ(作:悪ノP(mothy)、出版:PHP研究所)
悪ノP(mothy)がMEIKOと鏡音リン・レン等を用いて発表した楽曲「悪食娘コンチータ」を元にした小説。初音ミクをモデルにしたキャラクター「プラトニック」が登場する。2013年9月に発売。
千本桜(原作:WhiteFlame/黒うさP、著・イラスト:一斗まる、出版:アスキー・メディアワークス)
黒うさPが初音ミクを用いて発表した楽曲「千本桜」を元にした小説。初音ミクをモデルにしたキャラクター「初音未來」が登場する。第1巻が2013年3月に発売。第2巻が2013年10月に発売。
二次元ドリームフィーバー(原作:PolyphonicBranch 、著:箕田貞利、出版:アスキー・メディアワークス)
PolyphonicBranchが初音ミクを用いて発表した楽曲「二次元ドリームフィーバー」を元にした小説。初音ミクをモデルにしたキャラクター「七吹奏」が登場する。2013年9月に発売。
スキキライ(原案:HoneyWorks、著:藤谷燈子、出版:角川書店)
HoneyWorksが鏡音リン・レンを用いて発表した楽曲「スキキライ」「泣キ虫カレシ」「ハジマリノサヨナラ」を元にした小説。初音ミクをモデルにしたキャラクター「未来」が登場する。2013年10月発売。
東京電脳探偵団(原作:Polyphonic Branch、著:石沢克宜、イラスト:MONO、出版:PHP研究所)
PolyphonicBranchが初音ミク等を用いて発表した楽曲「東京電脳探偵団」を元にした小説。初音ミクをモデルにしたキャラクターが登場する。2013年10月に発売。
桜前線異常ナシ(協力:ワタルP 、著:美波蓮、絵:たま、出版:ポプラ社
ワタルPが初音ミクを用いて発表した楽曲「桜前線異常ナシ」を元にした小説。初音ミクをモデルにしたキャラクター「初音未来」が登場する。2013年12月に発売。
先生と少女騒動(原案:マイナスP・ワンダフル☆オポチュニティ!、著:美雨季、出版:KADOKAWA/角川書店)
ワンダフル☆オポチュニティ!が鏡音リン・レンを用いて発表した楽曲「先生と少女騒動」を元にした小説。初音ミクをモデルにしたキャラクター「初音美来」が登場する。2013年12月に発売。
ポケットの中の絆創膏(協力:みきとP、著:藤咲あゆな、絵:naoto、出版:ポプラ社)
みきとPが初音ミクAppendを用いて発表した楽曲「ポケットの中の絆創膏」を元にした小説。初音ミクをモデルにしたキャラクターが登場する。2014年2月に発売。
歌に形はないけれど(協力:doriko、著:濱野京子、絵:nezuki、出版:ポプラ社)
dorikoが初音ミクを用いて発表した楽曲「歌に形はないけれど」を元にした小説。初音ミクをモデルにしたキャラクターが登場する。2014年2月に発売。
ハジメテノオト(協力:malo 、著:田部智子、絵:Nardack 、出版:ポプラ社)
maloが初音ミクを用いて発表した楽曲「ハジメテノオト」を元にした小説。初音ミクをモデルにしたキャラクターが登場する。2014年4月に発売。
メランコリック(原作:Junky、著:ココロ直、出版:PHP研究所)
Junkyが鏡音リンを用いて発表した楽曲「メランコリック」を元にした漫画。初音ミクをモデルにしたキャラクター「MIKU」が登場する。2014年5月発売。

その他[編集]

初音ミクMIXING BOX (講談社
2008年9月25日発売。ピアプロで公募された楽曲やイラストを収録したDVD、ファンブック、フィギュアが収録されている。
電撃レイヤーズ bible Vol.2 VOCALOID(アスキー・メディアワークス
2010年2月5日発売。コスプレ衣装の作り方や、派生衣装の設定画などが詰まった1冊。
初音ミクGraphics VOCALOID ART & COMIC(角川書店)
初音ミクGraphics 2 VOCALOID ART & COMIC(同上)
2010年2月27日(1)、11月30日(2)発売。イラストレーターによるイラストや、コミックを収録。
初音ミクGraphics Character Collection CV01 初音ミクedition(角川書店)
2011年9月1日発売。初音ミクGraphics CVシリーズの3部作で、初音ミクのイラストを収録。
ポップ・ザ・初音ミク(宝島社
2011年8月5日発売。初音ミクをはじめとするボーカロイドシーンを解説するムック。ボーカロイドで発表された人気楽曲や、J-POPのカヴァーなど14曲を収録したCDを付属。
KEI画集 mikucolor(角川書店)
KEIによる初音ミクのイラストを収録。初音ミク発売5周年に当たる2012年8月31日発売。
Photoshopで描く! 初音ミク イラスト入門(アスキー・メディアワークス)
Adobe Photoshopを使用した初音ミクのイラストの描き方を解説する。2013年2月19日発売。
MIKU-Pack(アスキー・メディアワークス)
2012年12月から刊行された、不定期刊の雑誌。毎号オリジナル楽曲を収録した音楽CDが付属する。
初音ミク オフィシャルブック ミクペディア(マガジンハウス
2013年3月9日発売。初音ミクを徹底解説するムック。

ゲーム[編集]

2013年現在。コンシューマハードはWiiニンテンドーDSニンテンドー3DSPlayStation PortablePlayStation VitaPlayStation 3Xbox 360で何らかの形で登場している。

主演ソフト[編集]

初音ミク -Project DIVA-セガ
初音ミクコンシューマソフト初主演。2009年7月2日にPlayStation Portable用ソフトとして発売。続編として2010年7月29日に「初音ミク -Project DIVA- 2nd」が、2011年11月10日に「初音ミク -Project DIVA- extend」が、PlayStation Vita版として2012年8月30日に「初音ミク -Project DIVA- f」が発売された。PlayStation 3では本作の連動作品として「初音ミク -Project DIVA- ドリーミーシアター」、Project DIVA 2ndの連動作品として「初音ミク -Project DIVA- ドリーミーシアター 2nd」、Project DIVA extendの連動作品として「初音ミク -Project DIVA- ドリーミーシアター extend」が配信されている。PlayStation 3版の「初音ミク -Project DIVA- F」がパッケージ化として2013年3月7日発売。fの続編となる「初音ミク -Project DIVA- F 2nd」が3月27日に発売予定。また、アーケード版「初音ミク -Project DIVA- Arcade」が2010年6月23日より稼動され、バージョンアップ版となる「初音ミク -Project DIVA- Arcade Future Tone」が2013年11月21日より稼働開始。
初音ミク ボカロ×ライブ!(クリプトン)
プロデューサーとして初音ミクをはじめとするVOCALOIDのキャラクターを育成する携帯電話向けの育成型シミュレーションゲーム[64]Mobageで2010年5月20日より[64]GREEで同年8月10日より[65]提供されている。
初音ミク ぐらふぃコレクション(クリプトン)
VOCALOIDのキャラクターたちを題材とした携帯電話向けのカード育成型シミュレーションゲーム[66]。Mobageで2012年2月20日より提供されている[66]。mixiで2013年3月11日より提供されている[67]
初音ミク and Future Stars Project mirai(セガ)
2012年3月8日発売のニンテンドー3DS用音楽ゲーム。デザインがグッドスマイルカンパニーの販売しているデフォルメフィギュア「ねんどろいど」シリーズに沿っており、AR機能にも対応。
ミクフリック(セガ)
iOS用アプリ。初音ミクのPVに合わせフリック入力で歌詞を入力するリズムゲーム[68]。2012年3月9日に「ミクフリック」が発売、2012年8月10日に「ミクフリック/02」が発売された[69]
初音ミク ライブステージ プロデューサー(セガ)
ライブハウスのプロデューサーとして初音ミクを育成するスマートフォン向けのシミュレーションゲーム[70]。2012年11月22日にAndroid版が[70]、2012年12月6日にiOS版が[71]配信された。

その他コンシューマソフト[編集]

13歳のハローワークDS(デジタルワークスエンターテインメント)
初音ミクコンシューマソフト初出演となる、2008年5月29日に発売されたニンテンドーDS用ゲームソフト。ミュージシャンとして登場し、主人公の加藤ミク(初音ミクとは同名だが関連はない)の職業体験を案内する[72]
バーチャファイター5 Rセガ
2008年7月から稼動されたアーケード用格闘ゲーム。キャラクターに装着できるカスタマイズアイテムの1つとして初音ミク、鏡音リン&レンのぬいぐるみ(ねんどろいどと同一デザイン)が追加された。アイテムを装着したキャラクターが相手に勝ったり負けたりすると、状況にあった音声が流れる。
ファンタシースターZEROセガ
2008年12月発売のニンテンドーDS用ゲームソフト。特典アイテムに「Project DIVA」のコラボで「みっくみくのネギ」が登場。
ころがしパズル塊魂バンダイナムコゲームス
2009年3月25日に配信開始のニンテンドーDSiウェアころがしパズル塊魂のテーマ曲(ステキソング)として初音ミクによる楽曲「愛のカタマリー」を使用[73]
ファンタシースターポータブル2同インフィニティセガ
2009年12月3日発売のPlayStation Portable用ゲームソフト。特典アイテムに初音ミクのコスチュームが登場。
テイルズ オブ グレイセス、同エフ(バンダイナムコゲームス
2009年12月10日発売の任天堂Wii(無印)、SCE PlayStation 3(エフ)用RPGゲームソフト。ヒロインキャラクターのソフィ用のダウンロードコンテンツとして初音ミクの衣装が400Wiiポイントで配信される[74]
らき☆すた ネットアイドル・マイスター角川書店
2009年12月23日発売。初音ミクが登場するシーンがあるほか、後述のOVAで登場した、初音ミクのコスチュームをまとった柊かがみがでてくる場面がある。また、初回限定版特典の1つに「“泉こなた×初音ミク”ネットアイドル・コラボTシャツ」が含まれている。
太鼓の達人ぽ〜たぶるDX(バンダイナムコゲームス)
2011年7月14日発売。セガとのコラボとして「初音ミク -Project DIVA-2nd」に収録されている「初音ミクの激唱」を収録[75]。背景に初音ミクが登場するほか、和田どん・和田かつの初音ミク衣装も収録する[75]
THE IDOLM@STER 2(バンダイナムコゲームス)
発売と同時の2011年10月27日配信のDLC「ミクオリジナル」で、アイドルマスターのキャラクターが着ることの出来る初音ミクの衣装と、ステージシーンで歌って踊る初音ミク本人を登場させることが出来る[76][75]。ミクの持ち歌は「ワールドイズマイン」で、他のキャラクターは使用できない。協力としてセガと「初音ミク -Project DIVA-」がクレジットされている[75]
2012年2月1日にはDLC「ミクアペンド」が配信され、「ミクオリジナル」同様にアイドルマスターのキャラクターと初音ミクが着ることのできる衣装と、「メルト」を歌って踊るステージシーンの閲覧が可能となる[77]
セブンスドラゴン2020(セガ)
2011年11月23日発売。三輪士郎がデザインした「初音ミク2020」が謎の歌姫としてゲーム中に登場する。主題歌「SeventH-HeaveN」を初音ミク2020が歌うほか、ゲーム中のBGMの初音ミク2020が歌うバージョンも用意されている[78]
龍が如く5 夢、叶えし者(セガ)
2012年12月6日発売。月見野で、「Project mirai」の初音ミクの雪像が登場。また、ゲームセンターではUFOキャッチャーで初音ミクのフィギュアをゲットできたり、澤村遥が初音ミクのコスプレをしてダンスバトルを仕掛けてくる。

オンラインゲーム・各種ゲームサービスとのコラボレーション等[編集]

まいにちいっしょ/週刊トロ・ステーションソニー・コンピュータエンタテインメント
PlayStation 3ソフト『まいにちいっしょ』で配信されている情報番組トロ・ステーションの第373回(2007年11月16日)にデフォルメキャラクターの「はちゅねミク」がゲスト出演し、歌声も披露した[79]。また、この登場からちょうど1年後「まいにちいっしょ2周年企画 トロステ24時間マラソン」の第15区(2008年11月16日配信)に鏡音リン・レンとともにゲスト出演した。この回では通常の大きい姿で出演したが、「はちゅねみく」の姿も登場している[80]
釣りパラダイス!(SEモバイル・アンド・オンライン)[注 14]
オンラインゲーム。2007年12月21日から2008年1月25日までの間、「釣りパラダイスfeat初音ミクキャンペーン」と銘打ちゲーム中に初音ミクが歌うテーマソングを流したり、ゲーム中に使用できる初音ミクコスチューム、ねぎ釣り竿などの配布が行われた[81]
ゲムトモ(Razest)
2008年3月に期間限定で初音ミクのアバターの配信、クリプトンの運営する携帯電話用サイト「まぜてよ★生ボイス」へ初音ミクを題材にしたモバイルゲームの提供が行われた[82]。2009年4月には期間限定で初音ミクと巡音ルカの登場するモバイルゲームの提供が行われている[83]
スカッとゴルフ パンヤGMOゲームポット
2008年5月に期間限定アイテムとして初音ミクのコスチュームが販売され[84]、ガチャっとポンタ(有料くじ引き)のレア景品としてネギクラブセットが実装された[85]。2009年6月にも同じ衣装が再発売され[86]、また、同年7月には同ゲームの韓国版でも初音ミクの衣装が販売された[87]。2011年11月には、アペンド衣装と雪ミクの衣装が販売され、Webガチャのレア景品として冷凍ネギクラブセットが実装された。2014年には雪ミク2014がルーシア向けに実装され、後に雪ミク2012もクー向けに実装された。なお、雪ミク2013はスカートの丈が長く、技術上の理由により実装は見送られた。
トキメキファンタジー ラテール(GMOゲームポット)
2009年11月に期間限定アイテムとして初音ミクのコスチュームが販売され、ねんどろいど ぷちの初音ミク、鏡音リン・レン、巡音ルカが実装された[88]。2011年3月にもコスチュームの販売が行われた[89]
2014年には歴代雪ミクが実装予定である。
ミュージックガンガン!タイトー
2010年4月26日稼動のバージョンアップ版「ミュージックガンガン!曲がいっぱい☆超増加版!」で、初音ミクがゲストキャラクターとして登場し、ユーザーから募集した楽曲とロード画面のイラストが収録される[90]。また、続編である「ミュージックガンガン!2」にも初音ミクが登場している。
R-TUNED:Ultimate Street Racingセガ
ゲームを進めると初音ミクのキャラバイナルが登場する。初音ミクが描かれている車はマツダ・RX-7(FD3S)、トヨタ・セリカホンダ・S2000スバル・インプレッサ三菱・エクリプス
TinierMe、アットゲームズジークレスト
セルフィ(動くアバター)のアイテムが登場するほかスペシャルステージで楽曲を配信するライブイベントを開催。英語版のTinierMeで2010年7月20日より[91]、日本語版のアットゲームズでは8月3日より開始[92]。また、KarenTのジャケットを集めるイベントが開催された。
第2弾以降は-Music Festa-と題し、PVに登場する衣装が販売された。
  • 第2弾 -Music Festa-「1925」(とみー(T-POCKET)/イラスト:ちほ)、「ワールドイズマイン」(supercell)
  • 第3弾 -Music Festa 2-「サイハテ」(小林オニキス)、「夢みることり」(はやや)、「カンタレラ」(WhiteFlame(黒うさ))
  • 第4弾 -Music Festa 3-「忘却アリス」(PolyphonicBranch/BUZZ)、「VOiCE」(ラヴリーP/動画:ニョホホ)
  • 第5弾 -Music Festa 4-「千本桜」(黒うさ/イラスト:一斗まる/動画:三重の人)、「グロリアス・ワールド」(蝶々P)、アペンド衣装、雪ミク[注 15]
  • 第6弾 -Music Festa 5-「からくりピエロ」(40mP)、「恋愛フィロソフィア」(黒うさP/イラスト:一斗まる/動画:三重の人)、「キャットフード」(doriko/イラスト:nezuki)
  • 第7弾 -Music Festa 6-「雪ミク2013」(虹汰)、「ロミオとシンデレラ」(doriko/イラスト:nezuki)、Bad ∞ End ∞ Night(ひとしずく×やま△)
ai sp@ceドワンゴ
メグッポイドとともに2010年9月7日[93]よりアイテムを集めることで初音ミクのコスプレ衣装との交換が可能なキャンペーンが開催された。
電脳戦機バーチャロンシリーズ(セガ)
月刊ニュータイプ』2011年2月号の誌上で、同作に登場するフェイ-イェンを初音ミク風にアレンジしたイラスト「フェイ-イェンHD」が登場。『初音ミク -Project DIVA- extend』ではコラボモジュールの一つ「フェイ-イェン スタイル」でフェイ-イェン風のコスチュームを初音ミクが着ることになる。フェイ・イェンHDは2013年3月14日発売のゲーム『スーパーロボット大戦UX』にも登場している。
Ameba Pico Virtual World(サイバーエージェント
2011年11月25日より2012年1月26日までコラボレーションが開催された。ボーカロイドのキャラクターに仮装できるバーチャル上のアイテムが入手できる「初音ミクガチャ」、設ステージにキャラクターが現れるイベントが行われるほか、ポイント交換によるアイテム「初音ミクうちわ」なども配布。
マビノギ(ネクソン)
2013年1月17日より2月14日までまでコラボレーションイベント、アイテムの販売などを実施[94]
ファンタシースターオンライン2(セガ)
2012年7月4日にPC版、2013年2月28日に発売のPSVITA版。コラボアイテムとして初音ミクの髪形と衣装、ミクダヨーのマグが登場。
モンスターハンターフロンティアG(カプコン)
2013年4月17日発売開始。キーボードを模した狩猟笛とメガホンを模したハンマー及び初音ミクの衣装の防具のセット。なお、男性ハンター用の防具も用意されているが、女性用のものとほぼ同じデザイン(ツインテールの髪型及びノースリーブの上着にミニスカート)である。
狩りとも(GMOゲームポット)
コラボレーションイベントが催され、2013年6月27日にキャラクター・ボーカル・シリーズのユニットをGETできるガチャが登場し、7月31日まで利用可能だった[95]
攻城戦記◆バハムートグリード(コアエッジ)
2013年9月19日より9月22日までコラボレーションイベント「囚われし歌姫たち~1~」[96]、10月7日より10月14日まで「囚われし歌姫たち~2~」が開催されカードが配布された[97]
三国志パズル大戦(Cygames
ネイティブアプリ『三国志パズル大戦』で2013年12月16日~29日にかけてコラボレーションを実施。ゲーム進行中に『三国志パズル大戦』のキャラクター衣装に身を包んだ「鏡音リン」、「鏡音レン」、「巡音ルカ」、そして最後に「初音ミク」が現われる。「初音ミク」は、三国志の世界に舞い降りた可憐な仙女という設定になっている。[98]。2014年2月3日~16日にかけて第2弾が実地され「雪ミク」も登場致した。
Paperman(GMOゲームポット)
2014年1月から開始され、初音ミク、鏡音リン・レン、巡音ルカ、KAITO、MEIKO V3、雪ミク2014の各衣装と武器が実装された。
神撃のバハムートGREE
2014年1月からコラボキャンペーンが開始され、初音ミクのカードが配信された。カードはオリジナル楽曲を視聴することができる[99]
ファンタジーアース ゼロ(GMOゲームポット)
2014年5月23日から開始され6月23日の定期メンテナンス開始まで、『初音ミク』をはじめとしたボーカロイドたちをモチーフとした衣装(防具やアクセサリー)が登場した他、コラボレーション期間中、ゲーム内の「システム>オプション>操作」タブから、『初音ミク』がデザインされたチャットエモーションに変更することができた[100]
ディバインゲート(ガンホー・オンライン・エンターテイメント
2014年6月24日から7月6日にかけてコラボレーションしたイベントエリアが4回あり、『ディバインゲート』のお馴染みのユニットがバーチャル・シンガーに扮した姿で各ダンジョンに登場する[101]。初音ミクとしてはコラボスクラッチのユニットとして配布される[101]。探索シーンとボス戦それぞれのBGMが、初音ミクが歌うオリジナル楽曲になっている[101]。初音ミクとしてはコラボスクラッチのユニットとして配布される[101]。また、「初音ミクコラボ」の各イベントエリアの初級クエストクリア時にそれぞれ1体もれなく「はちゅねミク」が貰えた[101]。また、2014年7月11日から7月14日まで「初音ミク」コラボレーション企画のイベントエリアに、降臨ダンジョン「初音ミクエリアV」が登場する。
ポケットランド(ジークレスト)
2014年6月24日より「初音ミク」らバーチャル・シンガーキャラクターとのコラボレーション企画が開始された。

主なグッズ・関連商品[編集]

ねんどろいど 初音ミク(グッドスマイルカンパニー
2008年3月31日発売。デフォルメフィギュア。通常の表情のほか、付属品としてはちゅねミクフェイスとネギがついている。ブームの「火付け役」ともいえるニコニコ動画では2007年11月26日から午前0時の時報(ニコニコ動画#ニコニコ割り込みを参照)とともにCMが流されたこともあって、フィギュア業界では2000~3000体売れればヒットと言われる中、Amazon.co.jpだけで予約開始から約1日半で1万個以上の予約が入り[102]発売元では急ぎ生産ラインを増やしたがそれでも追いつかず[103]、予約数は数十万単位となり、そうした予想を大幅に上回る人気から初音ミクは「緑の悪魔」とまで呼ばれた[104]。なお、ニコニコ動画の時報を使った企業によるCMはこの商品が初めてである。また、2008年8月3日のワンダーフェスティバル2008[夏]では付属顔がはちゅね顔とのっぺら顔のみという「はちゅねフェイスver.」が発売されている。これはグッドスマイルカンパニーの通販サイトでも期間限定で販売された。2011年3月には、東日本大震災東北地方太平洋沖地震)のチャリティー企画として、応援顔やパーツを加えた「応援ver.」が発売される[105]。また、ニンテンドー3DS用ゲーム「初音ミク and Future Stars Project mirai」には立体視に対応した3Dモデルとして登場し、立体カメラを通したAR機能にも対応した。
同「ねんどろいど」シリーズでは、後述のアニメ作品『らき☆すたOVA』作中で柊かがみが初音ミクのコスプレをする場面を再現した「ミックミクかがみ」も2009年5月に発売された他、『Hatsune Miku Orchestra』のジャケットを基にした「初音ミク アブソリュートHMO・エディション」も2011年2月に発売された。浅井真紀によるデザインの「初音ミク Append」も発売されており、LED台座が付属している。
2013年には、No.300記念商品として、1から作り直した「初音ミク2.0」が発売される予定。
1/6 初音ミク 組立てキット(ボークス
2008年4月12日発売の一般販売に先立ち、2008年2月24日のワンダーフェスティバル2008[冬]で先行販売され、最初の販売された初音ミクのフィギュアとなった。1/6スケール、ウレタン樹脂製・未塗装、未組立ガレージキット。一般販売は予約分だけで完売し[106]、その後「モエコレPLUS 1/6 初音ミク」として2008年9月に発売された同一原型のPVC製塗装済完成品も、2008年4月29日に予約が開始されると予想を上回る注文があり、瞬く間に2次生産分まで予約で完売した[107][108]。その後「モエコレPLUS」版にオプションパーツの追加や修正を施したものが「モエコレPLUS 1/6 初音ミク アンコールパッケージ」として発売されている[109]
初音ミク(グッドスマイルカンパニー)
2008年9月27日発売。完成品の非可動モデル。KEI書き下ろしのデザインを採用しているのが特徴。ワンダーフェスティバル2008[冬]で未着色状態でお目見えし、2008年3月27日から3日間開催の東京国際アニメフェア2008で着色状態が発表された。予約開始後数日で初回生産分が完売する人気商品となった[110]。Amazon.co.jpの「おもちゃ&ホビーストア」における2008年の販売ランキングで3位となっている[111]。1/8スケール、PVC製、塗装済み。
figma 初音ミク(企画・開発:マックスファクトリー、販売:グッドスマイルカンパニー)
2008年9月10日発売。ディフォルメではない可動フィギュア。顔パーツ(計2種)と手首パーツ(計10種)、またネギ2本とマイク及びマイクスタンドが付属する。上記と同じく東京国際アニメフェア2008で発表され、2008年8月30日キャラホビ2008 C3×HOBBYで先行販売されると用意した1000個が1時間で完売するなど人気を集めた[112]。Amazon.co.jpの「おもちゃ&ホビーストア」における2008年の販売ランキングで1位となっている[111]。全高約140mm。塗装済。さらに、ワンダーフェスティバル2009[夏]限定で、同「ライブステージVer.」が発売された。2011年8月には同「Append ver.」が発売される予定である。
また、ねんどろいどシリーズ同様figmaでも、後述の『らき☆すたOVA』作中の柊かがみが初音ミクのコスプレをする場面を再現した「柊かがみ コスプレVer.」の発売された。
2013年には、No.200記念商品として、1から作り直した「初音ミク2.0」が発売される予定。
みくせん(志満秀/MM Agency)
2009年5月25日発売。初音ミクのために老舗の海老煎餅メーカーの志満秀が特別に開発したネギ入りの海老煎餅。パッケージ及びせんべい本体には初音ミク他VOCALOIDキャラクターやQRコード(みくせん公式ページ)が着色料でプリントされている。これらのデザインや商品のテーマソングは2008年末からピアプロ上で行われたコラボ企画で公募された[113]。初回生産分1000個のところを一晩で約800個を販売、発売日を待たずして1,000個全てが完売した[114]。採用されなかったイラストやパッケージデザインも箱内に入っている小冊子や公式サイトに掲載されており、採用されたイラストやパッケージデザイン、テーマソングには志満秀側のコメントが掲載されている。
テーマソングは「ぱりぱっぱ」(ラマーズP作)。曲の長さは14秒。みくせん公式サイトでダウンロードできる。
当初はインターネット通販での予約販売のみの扱いであったが、安定した供給が可能になったため、同年7月18日よりまず香川県高松市にある志満秀高松本店と高松空港店限定で店頭販売が始められ[115]、隠れた香川土産として好評で採算が見込めると判断されたことから2010年3月9日には香川県内の直営店全てに販売店舗が拡大された[116]
ねんどろいどぷらす ぬいぐるみシリーズ01 「初音ミク」(製造・発売:Gift、販売:グッドスマイルカンパニー)
ねんどろいどぷらす ぬいぐるみシリーズ02 「はちゅねミク」(同上)
2009年9月発売。可動式のぬいぐるみ。
ねんどろいどぷち ボーカロイド#01(グッドスマイルカンパニー)
2009年11月発売。デフォルメフィギュアのシリーズ商品で、オリジナルの初音ミクの他、初音ミクから派生した「亞北ネル」、「弱音ハク」、「サイハテミク」もラインナップされており、シークレットの「はちゅねミク」に至っては関節が可動する。
supercell feat.初音ミク ワールドイズマイン(グッドスマイルカンパニー)
2009年12月発売。ニコニコ動画に発表され後にアルバムCDにも収録されたsupercellの楽曲「ワールドイズマイン」の動画に登場する初音ミクを、ヴィネットとして再現したフィギュア。台座の色の違いによる2種類が存在。2009年5月には同フィギュアのテレビCMが放送され、モチーフとなっている初音ミクの楽曲も流れた。1/8スケール、PVC製、塗装済み完成品。
ねんどろいどぷらす ボーカロイド 激走プルバックカー ミク&ネギカー(グッドスマイルカンパニー)
2010年3月発売。キャラクターフィギュアとキャラクターを象徴するアイテムを元にしたプルバックカーのセット。
超合金初音ミク(バンダイコレクターズ事業部、マックスファクトリー、企画協力:グッドスマイルカンパニー)
2010年に ホビージャパン40周年記念企画として開発されたもので、同誌通販限定で販売された[117]。マイクスタンドやキーボードなどに加え「超合金」らしいアイテムとしてロケットパンチパーツが付く[117]
Pullip / VOCALOID ・初音ミク(株式会社グルーヴ)
2011年4月発売。ファッションドール「プーリップ」とのコラボレーションドール。付属品として、ヘッドセットとネギが同梱されている。また、2011年6月には「雪ミク」のプーリップ(限定1,000体)、11月には「LOL -lots of laugh-」バージョン(衣装違い・ウサギの被り物付き)が発売された。
初音ミク×Hello Kitty
2012年1月25日、「初音ミク×Hello Kitty」シリーズとしてハローキティとコラボレーションしたグッズの販売が行われた[118]
初音ミクフレーム切手
2012年2月10日、初音ミクの雪像をイメージした「雪ミク」のオリジナルフレーム切手が北海道の一部郵便局で、同月25日には、郵便局のネットショップで限定発売された[119]
北海道フィギュアみやげ(企画:ケンエレファント 製作:海洋堂
新千歳空港限定で販売されている、北海道を代表する名所や名物のカプセルトイ[120]。全8種類の中に雪ミクがラインナップされている。なお、そのほか7種は、札幌市時計台新巻鮭、スープカレークラーク博士像、DD51形ディーゼル機関車B☆Bの雪像、キタキツネ
2013年にはvol.2が発売された。全7種類の中に雪ミク2013がラインナップされている。なお、そのほか6種は、北海道庁旧本庁舎登別温泉砕氷船おーろら、ヒグマと鮭、いかめしAIRDOの旅客機。
アース ミュージック&エコロジー ジャパンレーベル(earth music & ecology
2012年3月より、「earth music & ecology」の展開する、日本のアニメ・漫画と、ファッションのコラボレーション「アース ミュージック&エコロジー ジャパンレーベル」で、初音ミクをイメージしたイラストをもとに商品を展開している[121]
パワーパフガールズ
日本国内放送開始10周年でグッズ展開の企画が行われた[122]
初音ミク×Tカード(カルチュア・コンビニエンス・クラブファミリーマート
2013年6月11日から11月30日の期間限定で、初音ミクのイラストの入ったポイントカード「Tカード」の発行受付を行っている[123]。TSUTAYAで申し込みの「Tカード」、ファミリーマートで申し込の「ファミマTカード」の2種類がある[123]。「Tカード」、キャラクターと本格的にコラボレーションしたのはこれが初めてだという[124]。音楽やイラスト制作に利用できるハードやソフトのクーポンや、初音ミクグッズに応募できるカード会員限定特典も用意されている[124]
初音ミクリカちゃん(タカラトミー
初音ミクの格好をしたリカちゃん人形[125]。2013年7月に発売。開発チームの独自のユーザー調査により、3歳から6歳の子供にも初音ミクが浸透していると判断され、開発されたという[126]。限定品ではなく通常モデルとなっている[125]

北海道/札幌市関連のコラボレーション[編集]

「雪ミク」ラッピング車両(2011-2012年シーズン)
「雪ミク」ラッピング車両
(2011-2012年シーズン)
「雪ミク」ラッピング車両(2012-2013年シーズン)
「雪ミク」ラッピング車両
(2012-2013年シーズン)
「雪ミク」ラッピング車両(2013-2014年シーズン)
「雪ミク」ラッピング車両
(2013-2014年シーズン)

クリプトン・フューチャー・メディアは所在地である北海道札幌市と、積極的なコラボレーションを執り行っている。2010年12月2日に札幌市とクリプトンの間で交わされた「シティプロモート分野における連携協定」では、市の魅力を発信するために初音ミクとのコラボレーションを活用していくことを謳っている[127]

2010年
2月5日から11日にかけて開催された第61回さっぽろ雪まつりにて、初音ミクの雪像が展示された。これはクリプトンから市に対して「冬のイベントで何かできないか」と持ちかけたのがきっかけである。雪像化を記念し、雪まつり応援キャラクターとして、「雪ミク」も誕生した[128]札幌市営地下鉄栄町駅では「ねんどろいど 雪ミク」や市内交通用乗車カード「共通ウィズユーカード」などのグッズ販売が行われた[128]
2011年
2月7日から13日にかけて開催された第62回さっぽろ雪まつりでは、前回に引き続き雪像を展示。すすきの氷の祭典では氷像が展示された。また、ウィズユーカードなどの「雪ミク」グッズの販売も踏襲された[129]。雪まつり期間に合わせて「スノーフェスティバル」を実施していた札幌市円山動物園では、初音ミク柄の入園年間パスポートと「雪ミク」シロクマ着ぐるみバージョンぬいぐるみが販売された[130]
2月11日には札幌市電3300形電車「雪ミク」ラッピング車両の運行に先立つセレモニーが行われ、車内放送の音声を担当した藤田咲も登場した。ラッピング車両は2月12日の貸切運行、13日の電車事業所での展示を経て、2月14日から3月26日まで通常運用された[131]
2012年
札幌市交通局は前年に引き続き3300形電車を使用した「雪ミク」ラッピング車両を運行する(前回と車両は異なる)。期間は2011年12月19日から2012年3月30日まで。2011年の車両外装はハーフラッピングだったが、本年はフルラッピングになっている[132]。また、2012年2月11、12日開催のイベント「TOYOTA BIG AIR」の初音ミクデザイン特別招待券がもらえるスタンプラリーが、各地下鉄駅や前述の雪ミク車両で実施された。期間は2012年1月7日から2月5日まで[133]
2月6日から12日の第63回さっぽろ雪まつり期間中は前回に引き続き雪像と氷像を展示とグッズ販売のほか、道内のファミリーマート各店で店舗を雪ミクでラッピングし限定商品の販売などが行われている[134]。雪像については、まつり2日目の7日に倒壊し負傷者を出す事故が起き[135]、安全のため構造を変更した上で11日未明に再建された[136]
また、関連イベントとして新千歳空港にて、初音ミクの公式イラストレータKEIの原画展や等身大フィギュアの展示などが行われている[137]
2013年
札幌市交通局は3期連続で「雪ミク」ラッピング車両を運行。使用車両は前回までの3300形電車に代わり210形電車となる[138]。2012年12月16日に内覧会を実施し[138]、2012年12月17日から2013年3月31日までの運行した[139]
2013年の雪まつり応援キャラクター「雪ミク」はピアプロでの公募作品を元にデザインされた白無垢姿となっている[51]
2月5日から11日の第64回さっぽろ雪まつり期間中は引き続き雪像などの展示やグッズ販売が行われ、9日、10日にはライブイベント「初音ミク ライブパーティー 2013 in Sapporo (ミクパ♪)」も催された[51]。新千歳空港でもグッズ販売や展示などが行われている[51]
同年8月には、札幌市の観光プロモーションの一環として、タイ王国の鉄道で初音ミクのラッピング電車が運行されている[140]
2014年
2014年の雪まつり応援キャラクター「雪ミク」はピアプロでの公募作品を元にデザインされた魔法少女姿となっており、パートナーはウサギの「ラビット・ユキネ」である。

ファミリーマートとのコラボレーション[編集]

ファミリーマートと初音ミクのコラボレーションは、2012年の夏に初音ミク発売5周年に合わせ開始された[141]。元々は2011年の秋にくじの景品の企画として持ち上がったもので、ちょうど5周年に近かったことから、それに合わせくじ以外の展開も行うことになったという[141]。初音ミク発売5周年記念のコラボレーション企画「初音ミク 5th Anniversary ミク LOVES ファミマ♪キャンペーン」は、2012年8月14日から同年9月10日まで行われ、初音ミクの派生キャラクターである「はちゅねミク」をモチーフにした「はちゅねミクまん」をはじめ、初音ミクを用いた楽曲「ぽっぴっぽー」にちなんだ野菜ジュースなど全26種のオリジナル商品が発売された[142]。限定グッズが当たるくじや、店頭での動画の配信、さらに『池袋 東池袋セイコービル店』では大規模な店舗ラッピングも実施されている[143]。5周年企画終了後も、ファミリーマートは中長期的にコラボレーションを続けて行く方針を示しており[141]、2012年冬に、くじや菓子、CD、グッズなどの販売がを行う「初音ミク ウィンターフェア」を行うなど[144]コラボレーションを続けている。2013年6月11日には、同年11月30日までの期間限定で、初音ミクのイラストをデザインしたファミマTカードが登場した[123]

なお、ファミリーマートとのコラボレーションの開始は2012年夏となっているが[141]、それ以前の2012年2月にもさっぽろ雪まつりに合わせ、札幌市内のファミリーマート4店舗限定で店舗ラッピングやコラボ商品販売が行われている[134]

モータースポーツ[編集]

初音ミクグッドスマイルBMW (2011年)

SUPER GTのGT300クラスに、2008年シーズン途中からボンネットや側面に初音ミクの姿が描かれた痛車の姿のレーシングカーが出場している。

  • 2008年及び2009年シーズンは「Studie & GLAD with AsadaRacing」(2008年)および「Studie GLAD Racing」(2009年)がBMW・Z4 Mクーペの車両「初音ミク Studie GLAD BMW Z4」で出走した。なお、これらのチームのメインスポンサーはグッドスマイルレーシングであり、クリプトンはスポンサーではなくキャラクター協力という位置づけとなっている[145]
  • 2010年シーズンは前年までのメインスポンサーであるグッドスマイルレーシングがCOXとともに新しく立ち上げたチーム「GOOD SMILE RACING with COX」が、ポルシェ・911(GT3 RSRおよびGT3 R)で参戦した[146]。この年から、プロジェクトの独自キャラクターとして「レーシングミク」が登場した。
  • 2011年シーズンはグッドスマイルレーシングとStudieが組み、新チーム「GSR & Studie with TeamUKYO」がBMW Z4 GT3で参戦している[147]。2011年シーズンでは、第3戦で2008年の参戦から初めての優勝を成し遂げており、その後第6戦・最終戦でも優勝し、シリーズチャンピオンを獲得した。後にJAFグランプリに参加し、2レース共に優勝し、JAFグランプリを獲得した。
  • 2012年シーズンは、2011年と同じチーム体制で、2台体制として参戦した。尚、そのうち1台にProject miraiとのタイアップによる同作のイメージとして参戦した。
  • 2013年シーズンは、1台体制に戻して参戦している。また、同年には、GT300以外に電気自動車の開発会社MIRAIによる日英共同チーム「KOMATTI-MIRAI RACING」の電動レーサーバイク『TT零13』が、グッドスマイルレーシングの協賛により、「レーシングミク」が描かれた痛単車の姿でマン島TTレースの「TT Zero」クラスに参戦した[148]

アニメ作品への出演[編集]

【俗・】さよなら絶望先生
第13話Bパート「大導寺信輔の音声」にて初音ミクが登場し、一言だけではあるが片言で話す姿が描写されている。なお声はソフトウェアで作成したものではなく音声モデルの藤田咲が担当しており、エンドクレジットにも「初音ミク」のキャストとして藤田咲の名前が書かれている。また、同話では他のVOCALOIDとおぼしき色違いのキャラクター数体がモブキャラクターとして登場している(なお、原作漫画の同エピソードである第百十二話では1カットのみのモブキャラクターとして初音ミクとおぼしきキャラクターが描かれていた[149])。
らき☆すたOVA(オリジナルなビジュアルとアニメーション)
初音ミクそのものは登場しないが主要キャラクターの一人・柊かがみ(らき☆すたの登場人物を参照)が初音ミクのコスチュームを纏う場面があり、DVDのパッケージにもこの姿が大きく描かれている。
アキカン!
キャラクターとしては登場しないが、エンディングテーマ「恋空リサイクリング」(各話ごとにアレンジが異なる)の最終話バージョンとして、「のみこ feat.初音ミク」名義の楽曲が最終話ラストシーン及び放送後のミニコーナーに流れた(作中に「ミク」というアニメオリジナルキャラクターが登場しているが姿や設定は別物)。なお、この最終話バージョン(「恋空リサイクリング featuring みっくちゅじゅーちゅ」)が、初音ミクのアニメソング歌手としてのデビュー曲である。
宇宙をかける少女
同作品の映像ソフト(DVDおよびBD)第2巻におけるTV未放送の映像特典に、主要登場人物の一人である神凪いつきが初音ミクの扮装をする場面が収録されている[150]。これと関連して、同映像ソフトのテレビCMのナレーションにも初音ミクが「CV藤田咲 feat.初音ミク」名義で出演しED主題歌の鼻歌を歌ったり、片言で番組への応援メッセージを寄せるなどした[151]。CMにはソフトウェアではなく、藤田咲が演じたものを初音ミク風に加工した音声が使用されている[152]。また、TV放送の最終回ラストシーンにも初音ミク本人として[153]1カットのみ姿を見せた。
このほか番組枠内放送している、初音ミク関連商品を含むグッドスマイルカンパニーのテレビCM[154]にも初音ミクの楽曲が使用されているほか、2009年5月4日には同作品の映像ソフト第1巻の発売を記念したイベントの札幌会場においてクリプトンとのコラボレーションを行い、初音ミクTシャツのプレゼント企画などが行われた[155]
護法少女ソワカちゃん
初音ミクを模したソワカちゃんというキャラクターが主人公の個人製作のアニメーション作品。初音ミクの歌によってストーリーを語る歌劇のような形式の作品となっている。2009年7月15日よりDVDも発売されている。
ブラック★ロックシューター
2012年放送のテレビアニメ版にて、キャラクターとしては登場しないが、オープニングテーマに「supercell feat. 初音ミク」名義の楽曲「ブラック★ロックシューター」が使用されている。この曲は元々supercellがブラック★ロックシューターのキャラクターイラストに触発されて初音ミクで制作し、2008年にニコニコ動画で発表したもので、曲の人気をきっかけにしてその後のブラック★ロックシューターの商品展開が行われるようになった経緯がある[156]
氷菓
キャラクターとしては登場しないが、初音ミクのコスプレをした漫研部員が登場。他にも、鏡音リン・レンと巡音ルカのコスプレをした漫研部員も登場している。

広告[編集]

Windows Live メッセンジャー
2008年9月に開始されたWindows Live メッセンジャーでニコニコ動画を見られるサービス「ニコニコメッセ」のPRを目的に、初音ミクが歌う「ニコニコメッセの歌」が作成され2008年12月17日にニコニコ動画上で公開された[157]。この動画では初音ミクの歌と3Dモデルを使用してニコニコメッセの使用法を解説している。2009年1月10日からは動画の一部を使用したテレビCMがテレビ神奈川のバラエティ番組「ニコバンYME」のCM枠で放映された[158]
たんすケータイあつめタイ\(^o^)/
経済産業省が2009年11月21日から2010年2月28日にかけて行った携帯電話リサイクル促進事業「たんすケータイあつめタイ\(^o^)/」のキャンペーンに起用された[159]。携帯電話に使われるレアメタルの回収促進を目的とした事業で、初音ミクの歌う「たんすケータイの歌」の配信と、ピアプロにて携帯電話のリサイクルを呼びかけるイラストの公募が行われ、イラストの優秀作品はYouTubeの経済産業省動画チャンネルにて公表された[160]
知的財産管理技能検定
知的財産教育協会が2010年11月より新たに始めた国家技能検定試験「知的財産管理技能検定1級(コンテンツ専門業務)」のキャンペーンに起用、「“初音ミク”イラスト・楽曲コンテスト」としてピアプロにてポスターなどに使用するイラストと、楽曲の公募が行われた[161]
トヨタ・カローラ
トヨタ自動車が、アメリカでのトヨタ・カローラ2011年モデルの広告キャンペーンの一環として初音ミクを起用[162]。若年層のアジア系アメリカ人をターゲットとしているという[162]。2011年5月より初音ミクの登場するCM等が公開されているほか[163]、2011年7月2日にロサンゼルスで行われた初音ミクの単独ライブ「MIKUNOPOLIS in LOS ANGELES」への協賛も行っている。
Google Chromeグローバルキャンペーン
GoogleウェブブラウザGoogle Chromeの「Google Chromeグローバルキャンペーン」で、初音ミクを起用したCMが2011年12月16日に公開されている[164]。このCMは世界中のクリエイターやファンの協力を得て制作されたもので、Webがもたらした新しい創作として、初音ミクを用いた創作の広がりを描いているという[164]。livetuneがこのCMのために新たに書き下ろした「Tell Your World」が使用されている。このCMは2012年のカンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバルのダイレクトマーケティング部門で銅賞、ブランデッドコンテンツ&エンターテイメント部門で銀賞を受賞した[165]
なお、Google Chromeの関連では、2009年に初音ミクをあしらったスキンの公開も行われている[166]

その他コラボレーション[編集]

8 bit darling project
Sweet Vacationとクリプトンの共同企画で、著作権管理団体ジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)の協力によりSweet Vacationの「8bit darling」の楽曲素材を2008年12月17日より無料で先行公開、初音ミク、鏡音リン・レンでの実演に限り動画投稿サイトや個人Blogなどの非商用サイトで公開できるようにし[167]、また完成された楽曲を公募、2009年3月11日より公募曲を収録したミニ・アルバム「8 bit darling project」がTSUTAYAでレンタルおよびTSUTAYA online、iTunes、ミクモバで配信されている[168]
また、2009年5月12日からはアルバムに収録するリミックス楽曲の公募[169]が行われ、2009年8月19日に公募曲を収録したアルバム「8 bit darling project」が発売された(8月5日にTSUTAYAにて先行発売[170])。
恋のセオリーReMixコンテスト
2009年5月2日より行われた[171]、初音ミクのコスプレも登場する[172]映画「腐女子彼女。」の主題歌バニラビーンズの「恋のセオリー」のリミックスコンテスト。著作権管理団体JRCの協力により初音ミクを使った楽曲素材が無料で公開されており、コンテストの優秀作は音楽配信などによる商品化が予定されている[173]
akiba:F
秋葉原にマッチした献血ルームとして2009年10月1日にオープンした日本赤十字社の献血ルーム「akiba:F」の展示企画第一弾として、クリプトンの協力のもと「初音ミク未来へ」を2010年1月8日まで開催、初音ミクの立体映像、関連の書籍やフィギュアなどが展示された[174]
SOMESAT
「SOMESAT」(サムサット)は初音ミクやはちゅねミクを宇宙へ送ろうと、ファンによって行われている衛星開発プロジェクト[175]。設立当初のプロジェクト名は「HAXA」(はちゅね宇宙航空研究開発機構)[175]。このプロジェクトの一環として、2010年5月21日に打ち上げられたJAXA(宇宙航空研究開発機構)の金星探査機「あかつき」のキャンペーン「お届けします! あなたのメッセージ 暁の金星へ」[176]に団体応募し、ピアプロで募集された初音ミクおよびはちゅねミクのイラストと、ファンのメッセージが探査機に搭載された[177]。このキャンペーンは探査機のバランスウェイトのアルミ・プレートに応募者のメッセージを縮小印刷するというもので、100人以上の団体応募であればイラストを載せることも出来た。2009年12月6日にメッセージの募集を開始した当初は100人の参加を目標としていたが、次第に大きな盛り上がりを見せ、ピアプロにて搭載用のイラストの公募も行われ、最終的に1月上旬までに1万3849人分のメッセージを集めパネル3枚が専用に割り当てられることとなった[178][179][180]
初音ミクの ミクミクメイクミク!
NTTぷららの映像配信サービスひかりTVで2013年8月から放送されている番組。「初音ミクで“メイク”する楽しさを“ゆる~く”お伝えしていく」というコンセプトで、初音ミクを用いて創作するクリエイターなどのゆかりのゲストもよび、番組オリジナルの「ひかりTV式ミク」が台詞を歌いながら進行する[181]。初音ミクの冠番組は本番組が初である[181]
初音ミク×Baidu IMEコラボスキン
2013年6月27日にVOCALOIDのキャラクターをあしらった「Baidu IME」用スキン「初音ミク×Baidu IMEコラボスキン」が公開された[182]
アメーバピグ ミクミクエリア
2012年9月18日より期間限定で「アメーバピグ」内でコスプレが楽しめるエリア「なりきり通り」内に、「ミクミクエリア」をオープンし、「初音ミク」や「巡音ルカ」「鏡音リン、レン」など各キャラクターになりきるコスプレアイテムや、ギターやシンセサイザーなどの音楽アイテム、部屋に飾るキャラクターフィギュアなど計40種類のピグアイテムを80アメゴールドから販売する。さらに、エリア内では利用者のピグが5人揃って、あるアクションを行うと「初音ミク」が登場する仕掛けも用意されている[183]。また、利用者自身がDJ(ディスクジョッキー)となって、「YouTube」に投稿された音楽動画の中から選択し、他の利用者とともに動画配信を楽しめる「ピグチャンネルフロア」でも、「初音ミク」専用エリアとして「ミクミクフロア」をオープン。利用者は、「初音ミク」になりきりながら、「初音ミク」の音楽動画を他の利用者と一緒に楽しむことができる[183]。2013年2月4日より期間限定で雪ミクバージョンの雪の結晶ミクミクエリアとして復活した[184]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 商用利用ではないが、2010年の参議院総選挙の際、藤末健三議員が選挙運動のためのキャラクターの利用を「特定の政治団体のためには使えない」としてクリプトンから断られたため、初音ミクの使用を明示しない形で音声のみで使用を行ったという例もある[8][9][10]
  2. ^ この放送には、通信カラオケ大手エクシングの担当者や、作詞作曲者側としてデッドボールPも出演した[16]デッドボールP#楽曲の権利も参照。
  3. ^ a b 特に記載がなければオリコン週間チャート最高順位を記す。なお、1位は太字で表記。
  4. ^ TVアニメ『アキカン!』のエンディング主題歌集で初音ミク使用曲は最終話に流れた「恋空リサイクリング feat.初音ミク featuring みっくちゅじゅーちゅ」のみ(歌:のみこ feat.初音ミク)。
  5. ^ 初音ミクの参加はボーナストラックの「SOMEBODY' S VOICE-respect for 姉うた-/N.O.-SYO feat.初音ミク」のみ。
  6. ^ 初音ミクの参加は「今日も1日大好きでした。 / pal@pop feat.初音ミク」のみ。
  7. ^ 初音ミクの参加は日本版限定収録のボーナストラックの「Heart Beating (sasakure.UK "Vocaloid" Mix feat. Miku Hatsune)」のみ。
  8. ^ 初音ミクの参加は日本版限定収録のボーナストラックの「「ラウンド・ザ・ワールド」 feat. Miku Hatsune (millstones “Vocaloid” Mix)」のみ。
  9. ^ 初音ミクの参加はボーナストラックの「行かないで feat. 初音ミク」のみ。
  10. ^ 初音ミクの参加は「ゴシップ feat.初音ミク」のみ。
  11. ^ 初音ミクの参加は「初音ミクの消失 -劇場版-」のみ。
  12. ^ 初音ミクの参加はボーナストラックの「リンちゃんなう!」のみ。
  13. ^ 元々のセットリストは28曲であるが、昼公演の3曲目の「ワールドイズマイン」の途中歌声の途切れるトラブルがあり、最後に再度「ワールドイズマイン」が披露されている[45]
  14. ^ 現在はサービス終了。
  15. ^ 2011年版と2012年版が用意されている。

参考文献[編集]

  1. ^ “クリプトン・フューチャー・メディアに聞く(3):初音ミクが開く“創造の扉” (2/2)”. ITmedia. (2008年2月25日). p. 2. http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0802/25/news017_2.html 2011年4月30日閲覧。 
  2. ^ 「仮想アイドルを手の中に ボーカロイド立体化商品の登場」『ボーカロイド現象』 PHP研究所2011年、100--107頁。ISBN 978-4569796468
  3. ^ a b DTMマガジン×ゲーマガ責任編集 『初音ミク -Project DIVA- マスターブック』 ゲーマガ編集部、ソフトバンククリエイティブ2010年、116-120頁。ISBN 978-4797356601
  4. ^ 「生みの親が語る初音ミクとアングラカルチャー」『ユリイカ 増刊号 総特集 初音ミク ネットに舞い降りた天使』第40巻第15号12月臨時増刊号、青土社2008年、17頁。ISBN 978-4791701872
  5. ^ 渡辺正一「”産業を創る”ーエンターテインメント バーチャル・アイドル編」、『日経コンピュータ』2008年3月24日(700)、日経BP2008年3月、 162-163頁、 ISSN 0285-4619
  6. ^ a b 「生みの親が語る初音ミクとアングラカルチャー」『リスアニ!』8.2、ソニー・マガジンズ、2012年、83-84頁。ISBN 978-4789771610
  7. ^ デジタルコンテンツの知的財産権に関する調査研究:進化するコンテンツビジネスモデルとその収益性・合法性-VOCALOID2、初音ミク、ユーザ、UGMサイト、権利者:報告書』 デジタルコンテンツ協会、2008年3月、47頁。2011年5月1日閲覧。
  8. ^ “ネットで選挙は戦える! 「ネット街頭演説」解禁はできなかったが、秘策あり(2)”. 東洋経済オンライン (東洋経済新報社). (2010年6月28日). http://www.toyokeizai.net/business/society/detail/AC/1a0cf031d6c67d986deb884d2e9d4769/page/2/ 2011年5月2日閲覧。 
  9. ^ “「初音ミク」で選挙活動計画 「政治利用ダメ」で民主議員頓挫”. J-CAST ニュース (ジェイ・キャスト). (2010年6月30日). http://www.j-cast.com/2010/06/30069999.html?p=all 2011年5月2日閲覧。 
  10. ^ “「ネットだけで5万票取れる!」「次こそ初音ミク解禁」開票直前、藤末健三氏がネット選挙に怪気炎!!”. 日刊サイゾー (サイゾー). (2010年7月10日). http://www.cyzo.com/2010/07/5_1.html 2011年5月2日閲覧。 
  11. ^ a b 「音楽業界への影響」『ボーカロイド現象』 PHP研究所2011年、140--143頁。ISBN 978-4569796468
  12. ^ a b c ““ネット発音楽”で新潮流!著作権の「部分信託」で何が変わる?”. 日経トレンディネット (日経BP社). (2011年2月16日). http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20110214/1034478/ 2011年5月2日閲覧。 
  13. ^ 「新春・中の人インタビュー JASRACの中の人」、『Gekkayo』第424号、ゲッカヨ、2011年3月、 26頁。
  14. ^ 「「仮想歌姫」が歌った課題」、『日経ビジネス』2008年1月14日(1424)、日経BP2008年1月、 12頁、 ISSN 0029-0491
  15. ^ “クリプトン、VOCALOIDクリエイター向け音楽出版事業を開始 自由な利用と対価の両立目指す”. ITmedia. (2010年11月29日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1011/29/news095.html 2011年5月2日閲覧。 
  16. ^ a b c d “ネットでの利用制限は論外――音楽出版3社に聞いた著作権管理の行方”. 日経トレンディネット (日経BP社). (2011年3月8日). http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20110304/1034733/?tdi 2011年3月20日閲覧。 
  17. ^ “クラウドへ向かう音楽と権利――JASRAC菅原理事長に聞く音楽著作権の半歩先”. 日経トレンディネット (日経BP社). (2011年2月18日). http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20110217/1034531/ 2011年5月2日閲覧。 
  18. ^ 『Gekkayoボーカロイドfan』 ブティック、2011年、51頁。ISBN 978-4834759259
  19. ^ “「ニコニコ」の名曲CD化 埋もれた「才能」を音楽業界へ”. J-CAST モノウォッチ (ジェイ・キャスト). (2008年8月6日). http://www.j-cast.com/mono/2008/06/12021697.html 2009年3月23日閲覧。 
  20. ^ 『電撃Layers Bible Vol.2 VOCALOID』 アスキー・メディアワークス、2010年、75頁。ISBN 978-4048681735
  21. ^ “NHK BSの「ねとすた」から初音ミク曲発売 iTunesと着うたで”. ITmedia News (ITmedia). (2009年4月3日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0904/03/news068.html 2009年4月11日閲覧。 
  22. ^ 「特集 VOCALOID」、『DTM magazine』(通号 173)2008.8、寺島情報企画、 21-42頁。
  23. ^ 『VOCALOIDをたのしもう3』 ヤマハミュージックメディア2009年、24頁。ISBN 978-4636847574
  24. ^ ““初音ミク”、2万5000人前に初ライブ「はじめまして、初音ミクです!」”. ORICON STYLE (オリコン). (2009年8月24日). http://www.oricon.co.jp/news/confidence/68591/full/ 2009年11月17日閲覧。 
  25. ^ 広田稔 (2009年9月1日). “ボーカロイドを支えた有名Pが集結 初音ミクが歌って踊る! ミクフェス '09(夏)レポート”. Ascii.jp (アスキー・メディアワークス). http://ascii.jp/elem/000/000/456/456009/ 2009年9月1日閲覧。 
  26. ^ a b c “仮想歌手初音ミクに大歓声 シンガポールで海外初公演”. 47NEWS (共同通信社). (2009年11月21日). http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009112101000677.html 2009年11月23日閲覧。 
  27. ^ a b c “「初音ミク」誕生5周年記念。10月に香港と台湾でコンサートが開催に”. 4Gamer.net (Aetas). (2012年7月2日). http://www.4gamer.net/games/153/G015315/20120702059/ 2012年7月4日閲覧。 
  28. ^ “3月9日はミクの日! 追加公演「初音ミク・ひるコンサート」の開催が決定”. マイコミジャーナル (毎日コミュニケーションズ). (2010年1月16日). http://journal.mycom.co.jp/news/2010/01/16/003/index.html 2010年3月10日閲覧。 
  29. ^ a b “モニターから飛び出した歌姫! 「ミクの日感謝祭 39's Giving Day ひるコンサート 〜こんにちは、初音ミクです。〜」リポート”. ITmedia Gamez (ITmedia). (2010年3月17日). http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/1003/17/news068.html 2010年3月17日閲覧。 
  30. ^ 『Vocaloidを楽しもう Vol.5』 ヤマハミュージックメディア、2010年9月、47頁。ISBN 978-4636861327
  31. ^ “米国で初音ミクコンサート満員 ボカロ語る英文ブログ、「胸熱」と話題に”. ITmedia Gamez (ITmedia). (2010年9月22日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1009/22/news064.html 2010年10月14日閲覧。 
  32. ^ “初音ミク、オリコン週間ランキングのミュージックBD部門で首位を獲得”. マイコミジャーナル (毎日コミュニケーションズ). (2010年9月8日). http://journal.mycom.co.jp/news/2010/09/08/003/ 2010年9月8日閲覧。 
  33. ^ a b “初音ミクライブ「ミクパ♪ in Kansai」8月BD化”. AV Watdh (インプレス). (2013年4月26日). http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20130426_597637.html 2013年5月11日閲覧。 
  34. ^ 仮想歌手・初音ミクが全国同時中継ライブ 8千人動員へ”. 朝日新聞社 (2011年3月5日). 2011年3月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年8月21日閲覧。
  35. ^ 5pb.、今年もミクがZEPP東京に降臨! 初音ミクのライブイベント“ミクパ♪”をレポ”. アスキー・メディアワークス (2011年3月11日). 2011年3月24日閲覧。
  36. ^ a b 5pb.、「初音ミク ライブパーティー 2011 -39's LIVE IN TOKYO-」を開催 よりライブ感が増した演出に注目!”. インプレス (2011年3月11日). 2011年3月24日閲覧。
  37. ^ a b c “6000人が燃えた! 『MIKUNOPOLIS in LOS ANGELES』ライブ徹底レポート”. 週刊アスキーPLUS (アスキー・メディアワークス). (2011年7月4日). http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/048/48120/ 2011年7月4日閲覧。 
  38. ^ a b “初音ミクがロサンゼルスで初の海外コンサート! 『MIKUNOPOLIS in LOS ANGELES』開催!!”. 週刊アスキーPLUS (アスキー・メディアワークス). (2011年6月13日). http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/045/45501/ 2011年7月4日閲覧。 
  39. ^ ““奇跡の開催”はいかにして実現したか――初音ミク米国公演への道のりを語る”. ITmedia. (2011年7月28日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1107/28/news114.html 2011年8月21日閲覧。 
  40. ^ “速報! 天使のミクさん、総務大臣賞を受賞――第17回AMDアワード表彰式”. 週刊アスキーPLUS (アスキー・メディアワークス). (2012年3月19日). http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/080/80500/ 2012年4月4日閲覧。 
  41. ^ “初音ミクライブの中継イベント、台湾では10分でチケット完売”. ITmedia. (2011年8月11日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1108/11/news065.html 2011年8月21日閲覧。 
  42. ^ “札幌ミクパ♪、進化した舞台セットと演出で大盛り上がり!”. 週刊アスキーPLUS (アスキー・メディアワークス). (2011年8月17日). http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/052/52793/ 2011年8月21日閲覧。 
  43. ^ “【AFA11レポート1】東南アジア初のミクパ♪がシンガポールで開催!!”. 週刊アスキーPLUS (アスキー・メディアワークス). (2011年11月13日). http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/065/65498/ 2011年11月14日閲覧。 
  44. ^ “ミクパ2012速報! ミクさんがマジで天使になった日”. 週刊アスキーPLUS (アスキー・メディアワークス). (2012年3月8日). http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/079/79322/ 2012年4月4日閲覧。 
  45. ^ a b “『最後のミクの日感謝祭』速報 ビッグサプライズもあった!?”. 週刊アスキーPLUS (アスキー・メディアワークス). (2012年3月9日). http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/079/79425/ 2012年4月4日閲覧。 
  46. ^ 『ボカロplus vol.5』 徳間書店2012年、24-29頁。ISBN 978-4197203505
  47. ^ “天使降臨千秋楽! 『ミクの日大感謝祭』”最後のミクの日感謝祭”レポート”. ファミ通.com (エンターブレイン). (2012年3月10日). http://www.famitsu.com/news/201203/10011345.html 2012年4月4日閲覧。 
  48. ^ “ミクさんの春祭りは2Days――3月8日と9日は『ミクの日大感謝祭』だよ”. 週刊アスキーPLUS (アスキー・メディアワークス). (2012年3月6日). http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/077/77609/ 2012年4月4日閲覧。 
  49. ^ “【オリコン】初音ミク、バーチャルシンガー初のBD総合首位”. ORICON STYLE (オリコン). (2012年9月5日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2016494/full/ 2012年9月5日閲覧。 
  50. ^ “初音ミクの台湾ライブをTOKYO MXで生中継! 10/6午後8時スタート”. はてなブックマークニュース (はてな). (2012年10月5日). http://b.hatena.ne.jp/articles/201210/10918 2012年12月24日閲覧。 
  51. ^ a b c d 「SNOW MIKU 2013 まるごとレポート」、『MIKU-Pack』第1号、アスキー・メディアワークス、2013年4月、 73-73頁。
  52. ^ “電子の歌姫、故郷へ! 初音ミク誕生5周年の“ミクパ♪”札幌で開催決定”. ファミ通.com (エンターブレイン). (2012年12月6日). http://www.famitsu.com/news/201212/06025491.html 2013年5月22日閲覧。 
  53. ^ “初音ミク「ミクパ♪」札幌ライブをNOTTVで完全生中継”. ナタリー (ナターシャ). (2013年1月22日). http://natalie.mu/music/news/83536 2013年5月22日閲覧。 
  54. ^ a b “初音ミク、一日限りのプレミアムライヴを独占生中継”. BARKS. (2013年1月18日). http://www.barks.jp/news/?id=1000086595 2013年5月11日閲覧。 
  55. ^ a b c “「初音ミク マジカルミライ2013」横浜アリーナで15000人が熱狂 2014年2月19日BD発売”. アニメ!アニメ!. (2013年10月21日). http://animeanime.jp/article/2013/10/21/16012.html 2013年11月6日閲覧。 
  56. ^ “どこを見てもミクだらけ! 初音ミク最大規模の複合型イベント,初音ミク「マジカルミライ 2013」の模様をレポート”. 4Gamer.net. (2013年9月3日). http://www.4gamer.net/games/225/G022515/20130903037/ 2013年11月7日閲覧。 
  57. ^ “初音ミクコンサート「マジカルミライ2013」 世界5ヵ国・地域も含んだイベント上映開催”. アニメ!アニメ!. (2013年8月9日). http://animeanime.jp/article/2013/08/09/15122.html 2013年11月6日閲覧。 
  58. ^ , http://www.matsuridadiva.jp/ 
  59. ^ “「みっくみく」「恋スルVOC@LOID」がカラオケに”. ITmedia. (2007年12月3日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0712/03/news087.html 2008年12月14日閲覧。 
  60. ^ a b c 「ランキング席巻! 高まるボーカロイドカラオケ人気」『ボーカロイド現象』 PHP研究所2011年、180--188頁。ISBN 978-4569796468
  61. ^ “カラオケでボカロPにも著作権使用料が「作家が主役」の時代――JASRAC・部分信託で何が変わる?”. ASCII.jp (アスキー・メディアワークス). (2010年12月25日). http://ascii.jp/elem/000/000/579/579159/ 2011年3月20日閲覧。 
  62. ^ 「カラオケDAMのボーカロイド本格参入 ボカロが"カラオケ"にもたらすモノとは」『ボーカロイド現象』 PHP研究所、2011年、189--197頁。ISBN 978-4569796468
  63. ^ “ミク、リン、レン、ルカ…「LIVE DAM×ピアプロ」コラボ・イラストがカラオケ背景映像に登場”. BARKS (ITmedia). (2011年5月16日). http://www.barks.jp/news/?id=1000069798 2011年5月25日閲覧。 
  64. ^ a b “クリプトン、モバゲー用「初音ミク ボカロ×ライブ!」”. GAME Watch (インプレス). (2010年5月20日). http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20100520_368299.html 2010年10月18日閲覧。 
  65. ^ “GREE Platformにソーシャルゲーム第一弾を公開 『初音ミク ボカロ×ライブ!』を提供開始”. ValuePress!. (2010年8月10日). http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=62657 2010年10月18日閲覧。 
  66. ^ a b “クリプトン、Mobage「初音ミク ぐらふぃコレクション」サービス開始 カードになったボーカロイドたちを集めるソーシャルカードゲーム”. GAME Watch (インプレス). (2012年2月20日). http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20120220_513313.html?ref=twrank 2012年2月20日閲覧。 
  67. ^ “mixi Platformにてカード育成型シミュレーションゲーム『初音ミク ぐらふぃコレクション』を開始”. 4gamer.net. (2013年3月12日). http://www.4gamer.net/games/149/G014979/20130312005/ 2013年3月12日閲覧。 
  68. ^ “初音ミク『ミクフリック』配信スタート! iPhoneがミックミクにされる♪”. ファミ通App (エンターブレイン). (2012年3月9日). http://app.famitsu.com/20120309_41490/ 2012年3月10日閲覧。 
  69. ^ “「ミクフリック/02」の配信が本日スタート。追加楽曲パック「Duet_Pack01」「Diva_Pack01」も発売に”. 4Gamer.net (Aetas). (2012年8月10日). http://www.4gamer.net/games/173/G017361/20120810073/ 2012年9月2日閲覧。 
  70. ^ a b “「初音ミク ライブステージ プロデューサー」 Android版の正式サービスを開始!”. GAME Watch (インプレス). (2012年11月22日). http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20121122_574893.html 2011年11月24日閲覧。 
  71. ^ “初音ミク『ミクフリック』配信スタート! iPhoneがミックミクにされる♪”. ファミ通App (エンターブレイン). (2012年12月6日). http://app.famitsu.com/20121206_112688/ 2012年12月7日閲覧。 
  72. ^ ファミ通.com (2008年2月15日). “『13歳のハローワークDS』に初音ミクが登場!”. 2008年3月4日閲覧。
  73. ^ “バンダイナムコゲームス、「サクッとハマれるホリホリアクション ミスタードリラー」「ころがしパズル塊魂」など4タイトルをDSiウェアとして配信決定”. 4Gamer.net (Aetas). (2009年2月24日). http://www.4gamer.net/games/085/G008562/20090224042/ 2009年4月27日閲覧。 
  74. ^ “バンダイナムコ、Wii「テイルズ オブ グレイセス」 初音ミクをモチーフにした衣装称号が登場!”. 4Gamer.net (Aetas). (2009年12月17日). http://www.4gamer.net/games/088/G008879/20091216054/ 2010年1月15日閲覧。 
  75. ^ a b c d “バンダイナムコ、PSP「太鼓の達人ぽ~たぶるDX」セガとのコラボレーションによりドンちゃんがミクに!?”. GAME Watch (インプレス). (2011年6月9日). http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20110609_451655.html 2011年7月15日閲覧。 
  76. ^ “バンダイナムコ、PS3「アイドルマスター2」 アイドルマスターへの道「育てて、」を徹底紹介初音ミクとのコラボ衣装などの新情報も!”. GAME Watch (インプレス). (2011年9月22日). http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20110922_479260.html 2011年11月14日閲覧。 
  77. ^ “「アイドルマスター2」の最新DLCには新楽曲「CHANGE!!!!」を収録。PlayStation 3版には,初音ミクが「ミクアペンド」で再登場!”. 4Gamer.net. (2012年1月27日). http://www.4gamer.net/games/137/G013714/20120117057/ 2014年2月10日閲覧。 
  78. ^ “sasakure.UKさんが主題歌『SeventH-HeaveN』を生披露! PSP用RPG『セブンスドラゴン2020』ステージイベントレポート”. 電撃オンライン (アスキー・メディアワークス). (2011年9月18日). http://news.dengeki.com/elem/000/000/408/408291/ 2011年10月29日閲覧。 
  79. ^ 岡田有花 (2007年12月26日). “トロとクロに聞きました 「ところで、ニコ厨ですか?」”. ITmedia. http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0712/26/news052.html 2008年12月13日閲覧。 
  80. ^ 池谷勇人 (2008年11月17日). “トロたちと一緒に完走!! 全部見せます「トロステ24時間マラソン」”. ITmedia. http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0811/17/news042.html#l_wk_081117hibikore16.jpg 2008年12月13日閲覧。 
  81. ^ “「釣りパラダイス!」でも初音ミク――そして「オレンジねぎ竿」プレゼント”. ITmedia. (2007年11月21日). http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/0712/21/news069.html 2008年12月13日閲覧。 
  82. ^ 株式会社Razest「初音ミク」アバターを「ゲムトモ」で期間限定で無料配信”. Razest (2008年3月). 2009年4月27日閲覧。
  83. ^ 「ゲムトモ」で携帯オンラインゲームやアバターに巡音ルカと初音ミクが共演!【ゲムトモ×まぜてよ★生ボイス】タイアップキャンペーン、再び!”. Razest (2009年4月). 2009年4月27日閲覧。
  84. ^ “「クー」が初音ミクに変身――「スカッとゴルフ パンヤ」”. ITmedia. (2008年5月22日). http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/0805/22/news112.html 2009年1月7日閲覧。 
  85. ^ “こいつしゃべるぞ? 声が出るネギクラブセット登場「スカッとゴルフ パンヤ」”. ITmedia. (2008年5月29日). http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/0805/29/news109.html 2009年1月7日閲覧。 
  86. ^ “『パンヤ』、初音ミク&鏡音リン・レン衣装を期間限定で再販”. 電撃オンライン (アスキー・メディアワークス). (2009年6月11日). http://news.dengeki.com/elem/000/000/170/170486/ 2010年4月21日閲覧。 
  87. ^ “팡야, `보컬로이드` 시리즈 캐릭터 의상 출시” (朝鮮語). 中央日報. (2009年7月7日). http://news.joins.com/article/726/3677726.html?ctg=15 2009年7月9日閲覧。 
  88. ^ 「ねんどろいどぷち」も実装『ラテール』に「VOCALOID」シリーズが登場”. ジーパラドットコム (2009年11月11日). 2009年11月11日閲覧。
  89. ^ 『ラテール』本日3/9より“初音ミク”と再コラボ!今回はルカの衣装も”. ジーパラドットコム (2011年3月9日). 2011年3月20日閲覧。
  90. ^ “タイトー、AC「ミュージックガンガン!曲がいっぱい☆超増加版!」”. GAME Watch (インプレス). (2010年4月23日). http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20100423_363370.html 2010年4月24日閲覧。 
  91. ^ “『初音ミク』×『TinierMe(タイニアーミー)』海外でのタイアップキャンぺーン開始のお知らせ”. 4Gamer.net (Aetas). (2010年7月21日). http://www.4gamer.net/games/042/G004287/20100721036/ 2010年8月3日閲覧。 
  92. ^ “【リリース】アットゲームズ,初音ミクなどのアバターアイテムが本日発売”. 4Gamer.net (Aetas). (2010年8月3日). http://www.4gamer.net/games/031/G003147/20100803030/ 2010年8月3日閲覧。 
  93. ^ “「ai sp@ce」ついに“メグッポイド”と“初音ミク”が夢の共演!?”. 4Gamer.net (Aetas). (2010年9月7日). http://www.4gamer.net/games/048/G004832/20100907055/ 2010年9月7日閲覧。 
  94. ^ “「マビノギ」初音ミクなど,人気ボーカロイドキャラクターとのタイアップイベントがスタート”. 4Gamer.net (Aetas). (2013年1月17日). http://www.4gamer.net/games/007/G000776/20130117036/ 2013年2月11日閲覧。 
  95. ^ “「狩りとも」と「初音ミク ぐらふぃコレクション」がコラボ。初音ミクユニットも登場”. 4Gamer.net (Aetas). (2013年6月27日). http://www.4gamer.net/games/175/G017526/20130627073/ 2013年9月17日閲覧。 
  96. ^ “「バハムートグリード」と「初音ミク ぐらふぃコレクション」のコラボキャンペーンが開催中”. 4Gamer.net (Aetas). (2013年9月20日). http://www.4gamer.net/games/212/G021237/20130920031/ 2014年2月4日閲覧。 
  97. ^ “「攻城戦記◆バハムートグリード」,“初音ミク”コラボイベント第2弾がスタート”. 4Gamer.net (Aetas). (2013年10月7日). http://www.4gamer.net/games/212/G021237/20131007046/ 2014年2月4日閲覧。 
  98. ^ “「三国志パズル大戦」が「初音ミク」とコラボレーションイベントを開催”. GAME Watch. (2013年12月16日). http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20131216_627879.html 2013年12月16日閲覧。 
  99. ^ “「初音ミク×神撃のバハムート」コラボキャンペーン開始!...”. Twitter. (2014年1月31日). https://twitter.com/bahamut_cygames/status/429169702389043200 2014年2月10日閲覧。 
  100. ^ “『初音ミク』×『ファンタジーアース ゼロ』コラボレーション決定!”. ファンタジーアースゼロ イベント. (2014年5月19日). http://www.fezero.jp/notice_eventview.aspx?seq=943 2014年5月19日閲覧。 
  101. ^ a b c d e “ガンホー、『ディバインゲート』で「初音ミク」らバーチャル・シンガーとのコラボが6月24日から開始。登場ユニットの詳細も公開”. ソーシャルゲームインフォ (ガンホー). (2014年6月23日). http://gamebiz.jp/?p=131607 2014年6月26日閲覧。 
  102. ^ “「初音ミク」フィギュアに予約殺到「予想できない数字」に膨らむ?”. J-CAST. (2007年1月28日). http://www.j-cast.com/2007/11/28013890.html 2008年12月13日閲覧。 
  103. ^ 「ねんどろいどを生み出したグッドスマイルカンパニーとは?グッドスマイルカンパニー代表取締役安藝貴範インタビュー」、『ハイパーホビー』2009年1月号増刊、徳間書店、 【別冊付録】VERY GOOD SMILE 初音ミクとねんどろいどなどなど22頁。
  104. ^ 『初音ミク -Project DIVA- マスターブック』 ソフトバンククリエイティブ、2010年、119頁。ISBN 978-4797356601
  105. ^ 「ねんどろいど 初音ミク」に応援バージョン 売り上げの一部を寄付”. ITmedia (2011年3月24日). 2011年3月24日閲覧。
  106. ^ 1/6scale Resin Cast Kit 初音ミク”. ボークス. 2011年3月9日閲覧。
  107. ^ “ボークス初音ミクフィギュア2次生産分まで予約完売-反響に驚き”. アキバ経済新聞 (DHE株式会社). (2008年5月12日). http://akiba.keizai.biz/headline/957/ 2011年3月9日閲覧。 
  108. ^ “初音ミク6分の1フィギュアも“瞬殺” 衰えぬ人気”. ITmedia News (ITmedia). (2008年5月7日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0805/07/news109.html 2011年3月9日閲覧。 
  109. ^ 1/6scale PVC 初音ミク アンコールパッケージ”. ボークス. 2011年3月9日閲覧。
  110. ^ 立山夏行 (2008年5月8日). “初音ミク:フィギュアが大人気 予約殺到で初回分“完売””. まんたんウェブ (毎日新聞社). オリジナル2008年5月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080518044445/http://mainichi.jp/enta/mantan/graph/music/20080508/ 2008年11月19日閲覧。 
  111. ^ a b “Amazon.co.jpの2008年販売ランキング 初音ミクフィギュア人気”. ITmedia. (2008年12月2日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0812/02/news112.html 2009年2月22日閲覧。 
  112. ^ 立山夏行 (2008年9月1日). “初音ミク:人気キャラがアクションフィギュアに 先行販売は1時間で売り切れ”. まんたんウェブ (毎日新聞社). http://mantan-web.jp/2008/09/01/20080901mog00m200017000c.html 2010年5月8日閲覧。 
  113. ^ japan.internet.com編集部 (2008年12月15日). “食べる前に萌える?―QR えびせん仕掛け人が新企画、初音ミクのプリント入りネギ味えびせん”. japan.internet.com (インターネットコム). http://japan.internet.com/ecnews/20081215/3.html 2009年5月28日閲覧。 
  114. ^ japan.internet.com編集部 (2009年5月28日). “初音ミクのネギ入りえびせん「みくせん」が第2次出荷の予約を開始”. japan.internet.com (インターネットコム). http://japan.internet.com/ecnews/20090528/1.html 2009年5月28日閲覧。 
  115. ^ japan.internet.com編集部 (2009年7月17日). “初音ミクえびせんが、老舗「志満秀」で店頭販売開始”. japan.internet.com (インターネットコム). http://japan.internet.com/ecnews/20090717/7.html 2009年7月19日閲覧。 
  116. ^ “目指せ讃岐銘菓/「みくせん」県内全直営店で販売”. 四国新聞. (2010年3月10日). http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/economy/article.aspx?id=20100310000088 2010年4月2日閲覧。 
  117. ^ a b “ホビージャパン40周年記念企画! 「超合金初音ミク」を誌上通販”. マイコミジャーナル (毎日コミュニケーションズ). (2010年4月29日). http://journal.mycom.co.jp/news/2010/04/29/002/index.html 2011年3月8日閲覧。 
  118. ^ “初音ミク×Hello Kitty 北海道限定の「SNOW MIKU」発売決定”. ねとらぼ (ITmedia). (2012年1月17日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1201/17/news068.html 2012年3月23日閲覧。 
  119. ^ “「雪ミク」が切手に 北海道で限定販売”. ねとらぼ (ITmedia). (2012年1月26日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1201/26/news035.html 2012年3月23日閲覧。 
  120. ^ “海洋堂フィギュアが北海道みやげに 時計台に初音ミク”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2012年1月20日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/120120/trd12012017190011-n1.htm 2012年4月4日閲覧。 
  121. ^ “初音ミク×アースのコラボアイテム 開店直後に完売”. Fashionsnap.com (レコオーランド). (2009年3月31日). http://www.fashionsnap.com/news/2012-03-31/hatsunemiku-earth-release/ 2012年4月4日閲覧。 
  122. ^ “初音ミクと『パワーパフ ガールズ』がコラボレーション! 今夏からグッズが展開”. 電撃オンライン (アスキー・メディアワークス). (2012年4月23日). http://news.dengeki.com/elem/000/000/479/479911/ 2012年9月2日閲覧。 
  123. ^ a b c “「初音ミク×Tカード」登場! 貯まったTポイントで限定アイテムの応募も”. マイナビ. (2013年6月12日). http://news.mynavi.jp/news/2013/06/12/013/index.html 2013年7月10日閲覧。 
  124. ^ a b “「作ろう」を、若年層に届けたい 「初音ミク×Tカード」に込めた、クリエイター育成への思い”. ITmedia. (2013年6月26日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1306/28/news034.html 2013年7月10日閲覧。 
  125. ^ a b “カちゃんが「初音ミク」のコスプレをするとこうなる”. ITmedia. (2013年6月14日). http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1306/14/news121.html 2013年7月10日閲覧。 
  126. ^ “「リカちゃん」「初音ミク」バージョン初お披露目 7月13日発売”. マイナビ. (2013年6月14日). http://news.mynavi.jp/news/2013/06/14/150/index.html 2013年7月10日閲覧。 
  127. ^ 「札幌市とクリプトン・フューチャー・メディア株式会社とのシティプロモート分野における連携に関する協定」について (PDF)”. 札幌市 (2010年11月30日). 2011年2月23日閲覧。
  128. ^ a b “さっぽろ雪まつりにミクの雪像 「雪ミク」グッズやライブも”. ITmedia News (ITmedia). (2010年2月1日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1002/01/news095.html 2011年2月23日閲覧。 
  129. ^ 広田稔 (2011年2月7日). “雪ミクが札幌をジャック! さっぽろ雪まつり”. Ascii.jp (アスキー・メディアワークス). http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/033/33092/ 2011年2月23日閲覧。 
  130. ^ “円山動物園 「雪ミク」が年間パスに 開園60周年 ぬいぐるみとセットも”. 北海道新聞 夕刊 地方. (2011年2月9日). p. 9 
  131. ^ 広田稔 (2011年2月12日). “バレンタインに出発進行! 雪ミク電車が札幌を駆ける”. Ascii.jp (アスキー・メディアワークス). http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/033/33627/ 2011年2月23日閲覧。 
  132. ^ 雪ミク電車を運行します。”. 札幌市交通局 (2011年12月27日). 2012年1月13日閲覧。
  133. ^ 「TOYOTA BIG AIR × 初音ミク」オリジナルデザイン特別招待券がもらえるスタンプラリーを実施します。”. 札幌市交通局 (2012年1月6日). 2012年1月13日閲覧。
  134. ^ a b “北海道のファミリーマートが雪ミクとコラボ さっぽろ雪まつりに合わせてラッピング店舗も”. ITmedia. (2012年1月29日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1201/29/news005.html 2012年11月25日閲覧。 
  135. ^ “さっぽろ雪まつりで倒壊した「雪ミク」雪像、再度製作が決定Comments”. ITmedia. (2012年2月8日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1202/08/news036.html 2012年2月9日閲覧。 
  136. ^ “「初音ミク」雪像、再展示へ-「みくみくにされた」ファンでにぎわう”. 札幌経済新聞. (2012年2月11日). http://sapporo.keizai.biz/headline/1220/ 2012年2月11日閲覧。 
  137. ^ 広田稔 (2012年2月10日). “みっくみっくな新千歳空港をまずは激写!【SNOW MIKU 2012】”. Ascii.jp (アスキー・メディアワークス). http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/075/75739/ 2012年2月11日閲覧。 
  138. ^ a b 札幌市電「雪ミク電車」の内覧会開催”. railf.jp(『鉄道ファン』) (2012年12月17日). 2013年1月2日閲覧。
  139. ^ 雪ミク電車を運行しています。”. 札幌市交通局 (2012年12月26日). 2013年1月2日閲覧。
  140. ^ “初音ミクのラッピング電車がタイに登場 雪ミクもいるよ”. ITmedia News (ITmedia). (2013年8月16日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1308/16/news075.html 2013年8月27日閲覧。 
  141. ^ a b c d 「FamilyMart×初音ミク」『別冊spoon.2Di』21、プレビジョン、2012年、4-15頁。ISBN 978-4048941280
  142. ^ “あの「はちゅねミクまん」も登場 ― ファミマで初音ミクキャンペーン実施”. インサイド. (2012年7月31日). http://www.inside-games.jp/article/2012/07/31/58606.html 2012年8月17日閲覧。 
  143. ^ “初音ミク×ファミリーマートの大型キャンペーンついにスタート! 池袋には店内一面みっくみくのラッピング店舗が登場”. ファミ通.com. (2012年8月14日). http://www.famitsu.com/news/201208/14019639.html 2012年9月2日閲覧。 
  144. ^ “ファミマ「初音ミク ウィンターフェア」始まる!“はちゅねミククッション”などが当たる「グッスマくじ」も販売!”. マイナビ. (2012年12月4日). http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/entabe/2012/12/post-40.html 2013年7月9日閲覧。 
  145. ^ 末岡大祐/Webアキバ編集部 (2009年2月25日). “本気の痛車が2009年もSUPER GTに殴り込み!”. ASCII.jp (アスキー・メディアワークス). http://business.ascii.jp/elem/000/000/213/213413/ 2009年5月12日閲覧。 
  146. ^ 初音ミクが今シーズンもサーキットを爆走!”. オートスポーツweb. イデア (2010年2月16日). 2011年3月2日閲覧。
  147. ^ ““4代目”ミク号はZ4 GT3! 谷口&右京SDが新加入”. オートスポーツweb (イデア). (2011年2月6日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=2&no=31846 2011年2月7日閲覧。 
  148. ^ “バイクレースの聖地・マン島を、レーシングミクが駆ける! MIRAI社のチームの電動バイクに初音ミクが描かれる”. ファミ通.com. (2013年3月18日). http://www.famitsu.com/news/201303/18030453.html 2013年7月11日閲覧。 
  149. ^ 久米田康治著 『さよなら絶望先生. 第13集』 講談社2008年、30頁。
  150. ^ 電撃萌王 (2009年5月24日). “神凪いつき、2巻の映像特典でミクになります! 大王7月号の付録には『そらかけ』小冊子も”. 電撃萌王ブログ. アスキー・メディアワークス. 2009年5月28日閲覧。
  151. ^ SPECIAL そらかけ×初音ミク”. 宇宙をかける少女 公式サイト. サンライズバンダイビジュアル (2009年5月). 2009年5月28日閲覧。
  152. ^ 藤田咲 (2009年5月10日). “宇宙をかける少女”. 藤田咲の電子庭園☆〜さっきぃのおはなばたけ. 2009年5月13日閲覧。
  153. ^ 「そらかけ」×「初音ミク」クイズラリー開催決定!!”. 宇宙をかける少女 公式サイト. サンライズ・バンダイビジュアル (2009年6月26日). 2010年4月5日閲覧。
  154. ^ ミカタン (2009年1月5日). “皆様あけましておめでとうございます!グッスマのCMが今日の深夜から放送されるんだお!”. フィギュアメーカー・グッドスマイルカンパニー勤務 ミカタンブログ. グッドスマイルカンパニー. 2009年5月28日閲覧。
  155. ^ クリプトン×宇宙かけコラボ企画も―!「日本をまたにかける少女」開催決定”. とれたて! ほびーちゃんねる. ホビージャパン (2009年4月22日). 2009年5月8日閲覧。
  156. ^ ノトフ (2009年8月28日). “スランプに悩む自分を変えた「ブラック★ロックシューター」”. Ascii.jp (アスキー・メディアワークス). http://ascii.jp/elem/000/000/449/449394/ 2012年4月4日閲覧。 
  157. ^ “「公式やりすぎ」――初音ミクが歌う「ニコニコメッセの歌」人気”. ITmedia. (2008年12月18日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0812/18/news053.html 2009年2月23日閲覧。 
  158. ^ “初音ミクがテレビCM登場 ニコ動番組「ニコ番YME」で”. ITmedia. (2009年11月8日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0901/08/news124.html 2009年2月23日閲覧。 
  159. ^ 関口聖 (2009年12月25日). “経産省の携帯リサイクル事業、初音ミクとコラボ”. ケータイ Watch (インプレス). http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20091225_339674.html 2010年4月2日閲覧。 
  160. ^ 関口聖 (2010年1月25日). “経産省の携帯リサイクル事業、「初音ミク」イラスト優秀作発表”. ケータイ Watch (インプレス). http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20100125_344673.html 2010年4月2日閲覧。 
  161. ^ “知的財産教育協会とクリプトン、“初音ミク”イラスト・楽曲コンテスト結果発表”. BCN. (2010年7月22日). http://bcnranking.jp/news/1007/100722_17706.html 2010年12月23日閲覧。 
  162. ^ a b “米国トヨタ、カローラCMにバーチャルアイドル「初音ミク」起用”. ウォールストリート・ジャーナル. (2011年5月12日). http://jp.wsj.com/japanrealtime/2011/05/12/米国トヨタ、カローラcmにバーチャルアイドル「初/ 2011年5月13日閲覧。 
  163. ^ ““ミク+クルマ”文化がアメリカにも? カローラのCMに”. オートスポーツweb (イデア). (2011年5月6日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=2&no=33346 2011年5月6日閲覧。 
  164. ^ a b “Google「Chrome」新CMに「初音ミク」が登場!”. CDジャーナル (音楽出版). (2011年12月16日). http://www.cdjournal.com/main/news/hatsune-miku/42123 2011年12月16日閲覧。 
  165. ^ HATSUNE MIKU Direct Lions”. カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル公式サイト. 2012年7月16日閲覧。
  166. ^ “Chromeブラウザにアーティストテーマ 初音ミクやけいおん!も”. ITmedia News (ITmedia). (2009年10月6日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0910/06/news029.html 2011年12月16日閲覧。 
  167. ^ “Sweet Vacationと「初音ミク」がコラボ、ユーザー参加型企画実施”. BARKS (ITmedia). (2008年12月16日). http://www.barks.jp/news/?id=1000045715 2009年3月15日閲覧。 
  168. ^ “Sweet Vacation、初音ミクをフィーチャー”. BARKS (ITmedia). (2009年3月15日). http://www.barks.jp/news/?id=1000047868 2009年3月15日閲覧。 
  169. ^ “Sweet Vacationリミックスコンテスト”. DTMマガジン (寺島情報企画). (2009年5月12日). http://www.dtmm.co.jp/archives/2009/05/sweet_vacation.html 2009年5月28日閲覧。 
  170. ^ “スイバケ×初音ミク企画をキーマン2人が解き明かす”. ナタリー (ナターシャ). (2009年8月12日). http://natalie.mu/news/show/id/19836 2009年8月19日閲覧。 
  171. ^ ““アキシブ系”バニラビーンズが『腐女子彼女。』舞台挨拶で熱唱”. BARKS (ITmedia). (2009年5月9日). http://www.barks.jp/news/?id=1000049223 2009年5月31日閲覧。 
  172. ^ “映画化された大人気ブログ「腐女子彼女。」 映画公開前に本編43分を異例のネット公開”. エキサイトニュース (GyaO). (2009年4月27日). http://www.excite.co.jp/News/column/20090427/Trendgyao_78626.html 2010年4月21日閲覧。 
  173. ^ “バニラビーンズ×初音ミクの腐女子リミックス大会”. ナタリー (ナターシャ). (2009年5月7日). http://natalie.mu/news/show/id/16228 2009年5月31日閲覧。 
  174. ^ 野津誠 (2009年9月30日). “初音ミクの立体映像が流れる、アキバに近未来献血ルーム 「fg」協力によるフィギュア展も”. INTERNET Watch (インプレス). http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20090930_318472.html 2009年10月5日閲覧。 
  175. ^ a b “「あなたも宇宙開発を」 “初音ミク衛星”打ち上げ目指す「SOMESAT」”. ITmedia news (アイティメディア). (2009年10月8日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0910/08/news011.html 2010年5月27日閲覧。 
  176. ^ 「あかつき」メッセージキャンペーンの舞台裏 (PDF) 」 、『JAXA's』第31巻、宇宙航空研究開発機構、2010年4月、 9-11頁、2009年5月27日閲覧。
  177. ^ “打ち上げを目前に控えた「あかつき」と「IKAROS」の機体が公開”. マイコミジャーナル (毎日コミュニケーションズ). (2010年3月12日). http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/03/12/planet-c_ikaros/index.html 2010年5月27日閲覧。 
  178. ^ 森岡澄夫 (2010年2月23日). “金星へ飛び立つ「あかつき」と初音ミクパネルを見てきた”. ITmedia news (アイティメディア). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1002/23/news024.html 2010年5月30日閲覧。 
  179. ^ 森岡澄夫 (2010年4月8日). “初音ミク「あかつき」に搭乗! 種子島で実機を見てきた”. ITmedia news (アイティメディア). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1004/08/news044.html 2010年5月30日閲覧。 
  180. ^ 森岡澄夫 (2010年5月21日). “初音ミクついに宇宙へ! 「あかつき」打ち上げ成功”. ITmedia news (アイティメディア). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1005/21/news046.html 2010年5月30日閲覧。 
  181. ^ a b “初音ミクがひかりTVで初冠番組を開始! 歌いながら番組を進行する!?”. アスキー・メディアワークス. (2013年7月18日). http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/158/158336/?rank1w 2013年8月29日閲覧。 
  182. ^ “バイドゥ、“初音ミク”などのVOCALOIDとコラボした「Baidu IME」用スキンを公開”. 窓の社 (Impress Watch). (2013年6月27日). http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20130627_605462.html 2013年9月17日閲覧。 
  183. ^ a b “サイバーエージェントの「アメーバピグ」が「初音ミク」とコラボ…ボーカロイドのコスプレアイテムを発売”. ソーシャルゲームインフォ (Impress Watch). (2012年9月18日). http://gamebiz.jp/?p=75909 2014年6月26日閲覧。 
  184. ^ “ミクミクエリア&フロア復活!期間限定で雪ミクが降臨♪”. アメーバピグ スタッフブログ (Impress Watch). (2013年2月4日). http://ameblo.jp/pigg-staff/entry-11456360642.html 2014年6月26日閲覧。