三沢伸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

三沢 伸みさわ しん、本名:三澤 伸(~しん)、1961年7月1日- )は、東京都出身のアニメーション演出家・アニメーション監督である。血液型はO型。

経歴[編集]

横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)を卒業後、岡安編集室(現・岡安プロモーション)の社員の紹介で土田プロダクションに入社。同プロダクションの社員として初めて携わったアニメーションは、テレビアニメ『おじゃまんが山田くん』である。『おじゃまんが山田くん』と『さすがの猿飛』の制作に演出助手として関わった後、『らんぽう』の第2話「クェ~ッ!! 黒コゲの大決闘」で初めて演出を手掛けた。その他、土田プロ在籍時は『あした天気になあれ』や『ハイスクール!奇面組』の演出も担当している。

1986年、土田プロダクションを退社しスタジオコメットに移籍。スタジオコメットへ移籍後は『ついでにとんちんかん』『名門!第三野球部』『ドラゴンクエスト』『ツヨシしっかりしなさい』など、数多くのテレビアニメで絵コンテや演出を担当し、同スタジオを代表する演出家として活躍した。初の監督作品は、『ハイスクールミステリー学園七不思議』。

なお、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の監督を務めていた頃はスタジオコメットを退社し、フリーランスの身であった。

その後、また同スタジオに戻っている。

主な参加作品[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『月刊アニメージュ』(徳間書店刊)1986年1月号記載、『新春横断企画・一線で活躍するアニメ関係者が推薦、’86年のホープを捜せ!』(こちらの文献では、「三沢 伸(読みは「みさわ のぼる」)」と表記されている)。