ピンポンダッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピンポンダッシュとは、他人の家屋呼び鈴を鳴らして逃げるいたずらである[1]。鳴らされた側は迷惑する。空き巣[2]やストーカーなど犯罪行為にかかわる事前調査として、在宅・不在の確認手段に利用される場合もある。

名称の由来は、「ピンポーン」と呼び鈴を押して、「ダッシュ」で逃げることにある[1]。「ピン逃げ」や「押し逃げ」、「ピンポン逃げ」、「サイレンダッシュ」、また単に「ピンポン」と呼ばれることもある。

内容[編集]

主に小学生が行う。学校からの帰宅途中に行われることが多い。多人数の方が盛り上がるというが、その反面逃げる際に見つかってしまう危険性も上がる。

メンバーが集まると、次に狙う家屋を選別する。この時、人通りが少なく、曲がり角の近くだったり、マンションアパートの場合玄関が階段エレベーターに近い場所にあるとより狙われやすくなる。が極端に広く、呼び鈴を押された後に人が出てくるまでの時間が遅れそうな場所も狙われやすくなる。

人がいそうな家を狙って呼び鈴を押す。もし人がいた場合、見つかれば怒られる他、学校家族、もしくは最悪のケースとして警察に連絡される恐れもある。

チャイムを押した後、逃げずに歩く人もいて、被害者の反応を見る人がいる。

チャイムが無い場合、コンコンダッシュと呼ばれることがある。

北国ではチャイムの代わりに雪球を使用することもある。

テレビモニター付きインターホンホームセキュリティの普及等により、減少傾向にある。

防止策[編集]

近年はドアチャイムは玄関前に付けられる事が多く、このいたずらは困難になっている。

題材とする作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “ピンポンダッシュ”, 大辞林goo辞書 (第二 ed.), 三省堂, (1995-11-03), ISBN 4-385-13902-4, http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/226759/m0u/ 2009年10月21日閲覧。 .
  2. ^ 事例
    • 『産経新聞』平成15年(2003年)11月14日付大阪本社朝刊27面。
    • 『朝日新聞』2010年(平成22年)2月23日付名古屋本社朝刊35面。

関連項目[編集]