横浜開港資料館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 横浜開港資料館
旧館
施設情報
館長 上山和雄
事業主体 横浜市
管理運営 (公財)横浜市ふるさと歴史財団[1]
開館 09:30
閉館 17:00
所在地 231-0021
神奈川県横浜市中区日本大通3
位置 北緯35度26分51.25秒 東経139度38分37.872秒 / 北緯35.4475694度 東経139.64385333度 / 35.4475694; 139.64385333
アクセス みなとみらい線日本大通り駅下車徒歩2分
ウェブサイト http://www.kaikou.city.yokohama.jp/
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
新館

横浜開港資料館(よこはまかいこうしりょうかん)は、神奈川県横浜市中区山下公園の近くにある資料館。

概要[編集]

1981年に、元英国領事館(1931年建築、1972年まで領事館として利用された)に開館した。閲覧室に明治から昭和時代までの日本に出版された外国語と日本語の新聞など数々。展示場もある。中庭に植えられているタマクスの木はマシュー・ペリー来航時の記録画にも描かれており(当時の木は1866年の大火や関東大震災にて焼失したが、その度に根元から再び芽を出して元の美しい樹木に育っていった)横浜開港のシンボルとして知られており、開国博Y150のマスコットキャラクター「たねまる」もタマクスの木の精という設定となっている。みなとみらい線日本大通り駅から徒歩2分。

所蔵資料[編集]

幕末から昭和初期に掛けての横浜の歴史や文化・港湾・経済などに関する資料約25万点を所蔵している。

  • 文書記録類 - 個人や団体、行政機関などに残された歴史資料を数多く所蔵。
  • 行政資料 - 主に横浜市や神奈川県が発行した刊行物を所蔵。
  • 新聞・雑誌 - 横浜毎日新聞や横浜貿易新報、横浜商工会議所月報など、主に神奈川県内で発行されたものの複製を公開している。外国人居留地で発行された外国語の新聞・雑誌も所蔵している。
  • 文献資料 - 戦前期に刊行された図書や資料集、人名録などを所蔵。
  • 画像資料 - 瓦版浮世絵写真・芝居番付・絵画絵葉書を所蔵。
  • 地図・図面 - 約300点の地図や横浜市作成の3000分の1地形図、建築図面などが閲覧できる。
  • 個人コレクション - 相原良一や五味亀太郎など個人の収集家が残した資料や蔵書を所蔵。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 横浜市指定管理者一覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]