穂積八束

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
穂積八束
穂積八束(1912年)

穂積 八束 (ほづみ やつか、1860年3月20日安政7年2月28日) - 1912年10月5日)は、日本法学者東京帝国大学法科大学長。貴族院議員法典調査会査定委員。

民法典論争に際し発表した論文『民法出デテ忠孝亡ブ』で非常に有名である。また、日本法律学校(現在の日本大学)の設立に参画したことでも知られる。

人物[編集]

父・重樹は伊予伊達藩家老(維新後、鈴木姓から穂積姓に改名)。重樹の三男。長兄の重頴は第一銀行頭取。民法起草者の一人である穂積陳重は次兄。正三位勲一等。妻は浅野総一郎(初代)の長女まつ。

経歴[編集]

系譜[編集]

 ∴
饒速日命
 ┃
 :
 ┃
 ┣━━━━┓
 :    ┃
 ┃   弟橘姫━━日本武尊
鈴木重麿
 ┃
穂積重樹
 ┃
 ┣━━━━┳━━━━┓
 ┃    ┃    ┃
穂積重頴 穂積陳重 穂積八束
           ┃
 ┏━━━━┳━━━━┻┳━━━━━┳━━━━━┳━━━┳━━━┓
 ┃    ┃     ┃     ┃     ┃   ┃   ┃
穂積重威 穂積秀二郎 穂積義三郎 穂積隆四郎 千鶴子 万亀子 寿賀子
 ┃
 ┣━━━━┳━━━━┳━━━━┓
 ┃    ┃    ┃    ┃
穂積重憲 穂積英夫 穂積信夫 穂積忠夫

家族[編集]

著書[編集]

  • 『大日本帝国憲法講義』全11冊(法律研究会、1889年(明治22年))
  • 『法律及勅令ニ就テ』(安井秀真刊、1892年(明治25年))
  • 『憲法大意』(八尾書店、1896年(明治29年))
  • 『行政法大意』(八尾書店、1896年(明治29年))
  • 『国民教育 愛国心』(八尾書店、1897年(明治30年))
  • 『憲法提要』二冊(有斐閣、1910年-1911年(明治43年-明治44年))
  • 『皇族講話会に於ける帝国憲法講義』(協同会、1912年(明治45年))
  • 『国民道徳の要旨』(国民教科書共同販売所、1912年(明治45年))
  • 『穂積八束博士論文集』(有斐閣、1913年(大正2年))(本書には、高橋作衛の手になる略伝・年譜が搭載されている)

参考文献[編集]

  • 『穂積八束集』長尾龍一(信山社、2001年(平成13年))

脚注[編集]

  1. ^ 明治17年留学生のメンバーは森林太郎片山国嘉丹波敬三長與稱吉田中正平宮崎道三郎隈川宗雄萩原三圭穂積八束飯盛挺造、の10名、鴎外がこの10名を日東十客ノ歌を書いている。(鴎外留学始末、1999年、5項)
  2. ^ 民法典論争は1889年5月の法学士会意見書に始まるものであり、八束が起こしたものではない(富井政章『訂正増補民法原論第一巻総論』第17版67頁(有斐閣書房、1922年)、穂積陳重『法窓夜話』97話)。
  3. ^ 潮見俊隆利谷信義編『日本の法学者』法学セミナー増刊99頁(長尾龍一執筆)(日本評論社1974年

外部リンク[編集]