ニッケイ新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニッケイ新聞(ニッケイしんぶん、ポルトガル語:Jornal do Nikkey, Jornal Nippak)は、日本語およびポルトガル語で発行されるブラジルの新聞。

概要[編集]

発行元はサンパウロ市に本社を置くニッケイ新聞社。日本語版は週5回の日刊紙であり、ポルトガル語版は土曜日発行の週刊紙である。「パウリスタ新聞」(1947年1月創立)と「日伯毎日新聞」(1949年1月創立)が、1998年に合併・改名して創立された。日本東京支社を置き、日本の地方紙とも提携関係を持っている。発行部数は公称1万部。主な読者は70代以上という。[1]

編集方針[編集]

  • ブラジル日系人社会の世論形成への寄与
  • ブラジルにおける日本人移民の歴史記事の掲載
  • 日本文化の継承および日本語教育への関与
  • 移民社会の変容に関する分析
  • 日本への出稼ぎ(Dekassegui)の分析
  • 日本への情報発信

を挙げている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]